TOP > 日常 >密葬の手続き手順> 日常の目次へ

 
近親者だけで行なわれる葬式の手順手続き
近親者だけで行なわれる葬式の手順手続き
.
葬式の手順手続き 葬式の手順手続き
 

密葬とはどの様なものなのか?また、注意点について知っておきたい、葬式の作法や告別式のマナーと基礎知識など。 ここで密葬の手続き手順など解説しますのでシッカリ勉強しましょう。

葬式の手順手続き 葬式の手順手続き
.
葬式の手順手続き密葬とは? 密葬の手順と注意  
密葬に必要な費用は?
 

葬式の手順手続き

近親者だけで行なわれる葬式の手順手続き

近親者だけで行なわれる葬式の手順手続き 密葬・家族葬とは

限られた近親者だけで行なわれる規模の小さな葬儀のことです。

 

葬儀と一言でいいましてもいろいろな種類があります。

葬儀の形式で分けると、特定の宗教による形式と無宗教による形式とに分けられます。

  • また、葬儀の規模で分けると、一般葬家族葬・密葬・社葬・直葬などに分けられます。

このように、葬儀の規模が小さいのが密葬や家族葬です。

 

ここでは、それぞれどのようなものか説明していきます。

 

密葬とは?

密葬は、一般の方を一切誰も呼ばずに、ごく限られた近親者のみで行なう葬儀のことです。

 

  • 本来は、大きい社葬などをあとで行なう予定がある場合に、前もって葬儀を済ませておくことを密葬と呼んでいたのですが、現在では一般葬を行なわずに密葬だけで済ませるというケースが増えているということです。

 

次に

  • 家族葬についてですが、家族葬は近親者のみで行なわれる密葬よりも少し規模が大きく、限られた近親者だけでなく故人と生前親しかった友人や親族もおよびして行なわれる葬儀をいいます。

 

宗教・無宗教を問わず決まった形式があるわけでもないので、葬儀をおこなうものが希望する形式や規模で行なえます。

一般葬と同じで仏式でしたら僧侶をお招きして読経をお願いして葬儀を行ないます。

 

故人をよく知っているものだけで葬儀を行いたいという場合や、葬儀にかける費用を経済的な理由から少しでも減らして行いたいという理由で、最近では増えている葬儀のひとつです。

 

このように密葬や家族葬は規模が小さくて済みますので、一般葬に比べてかなり費用が抑えられます。

経済的にも大きな葬儀は行なえないということで、こうした葬儀を選択されるケースはこれから増加する傾向にあります。

 

・日常手続き目次へ行く

葬式の手順手続きページ

 



近親者だけで行なわれる手順と注意

近親者だけで行なわれる葬式の手順手続き その時が来ても慌てないように

予め密葬の手続き手順や注意点を把握しておこう

 

昔は冠婚葬祭というものは出来るだけ派手に行なう人が大勢いました。

しかし、今では出来るだけお金がかからない方法で、地味に行なうという人も珍しくありません。

芸能人のような人でも業界人をたくさん呼んで派手に行なうのではなく、家族だけで密葬するというのも最近では珍しくなくなっています。

 

そんなお金がかからないということで行う人が増えている密葬ですが、実際にはどのようにして行なうのは知らないといひとも大勢いるでしょう。

 

もし自分で行なうようなことになれば葬儀屋のお世話になればいいと思っている方もいるかと思いますが、葬儀屋の場合には向こうも商売ですのでお金のかからない密葬を喜んで引き受けてくれるとは限りません。

 

 

予めある程度は密葬の手順や密葬の手続きを自分でも把握しておく必要があります。

 

そもそも密葬とはどんなものなのかというと、わかりやすく言えば一般の方を呼ばずに葬儀を行う場合のことを密葬と呼んでいます。

 

そして、その密葬には大きく分けて二つの種類があります。

 

  • 一つは家族葬と呼ばれる方法です。密葬というと主にこの方法が一般的でしょう。
  • 家族や親族だけの近親者のみで行なう葬儀で、場合によっては小さな式場などを借りて行なうこともあります。

家族葬には金銭面でも負担が小さいというだけではなく、様々な利点も存在します。

 

普通、葬儀となると一般の参列者の方々への対応など、やらなければならなことがたくさんあって故人を偲ぶという暇も無いことがあります。

そんな気苦労することなく葬儀を行いたい、そんな場合にも家族葬を選ぶ人が増えているのです。

 

  • また、故人が高齢になればなるほど知人友人の数は減ることになります。
  • そういった場合にも家族葬を選ぶことがあります。

 

故人の遺言で派手な葬儀ではなく、近親者だけの家族葬を望む場合もあるでしょう。

葬儀にかけるお金を出来るだけ減らしたいという場合には家族葬ではなく直葬という方法もあります。

 

密葬とはいえ、家族葬の場合には通夜・葬儀・告別式といった密葬の手順がありますが、火葬のみの簡素なものの場合には直葬ということになります。

 

身寄りが無い方や、近親者が遠方ばかりの場合にはこういった方法になることもあります。

 

  • また、普通の葬儀とは違った密葬の注意点というものもあります。

近親者だけの密葬で行いたいと考えていても、葬儀に参列したいという友人知人が数多くいる場合もあります。

そういった場合には後から焼香させて欲しいと訪問されることもあります。

 

その時になって慌てるのではなく、そういった事態にも予め対応できるように準備しておくことが大事です。

 

結婚とは違い、葬儀というのはいつ行わなければならなくなるのか予想が出来ません。

予め最低限の知識は得ておくようにしましょう。

 

 

・日常手続き目次へ行く

葬式の手順手続きページ

 



密葬に必要な費用は?
近親者だけで行なわれる葬式の手順手続き

密葬に必要な費用について

 

近年、日本人の間で葬儀についての関心が寄せられています。

人生の最期のイベントとして長年親しまれている葬儀ですが、ここ最近では葬儀のためにあまりお金を掛けないことが多くみられています。

 

  • かつては葬儀の際に使う棺にこだわったり、一流の僧侶などを招へいして盛大に送り出すことが一般的となっていたものの、不況や個人のライフスタイルが多様化していることから、葬儀に高額な出費をするのはもったいないという意識が高まっています。

 

 

インターネット上ではあらゆる葬儀の形態についての情報交換が活発に行われており、特に中高年の間では大きな関心ごとのひとつとなっています。

 

そうした中、葬儀の際には多くの訪問者を呼ばないという考えを持っている人が増加しています。

 

中でも密葬は最近の葬儀のトレンドとされており、葬儀費用も比較的リーズナブルな価格でおさえることができます。

 

インターネット上では密葬に必要な費用は?

ということについて興味を示している人が目立っています。

 

  • 密葬に必要な費用はそれぞれの葬儀社によって大きく異なっているために、あらかじめ目ぼしい葬儀社についての情報を収集しておくことが有効です。

 

また、密葬の価格は?

ということについてもそれぞれの家庭の経済的な事情を勘案して決定することが望まれています。

 

密葬を行う場合については関係者を一切呼ばないことについてしっかりと周知をしておくことが求められています。

 

特に密葬を行うことについて周知が不十分であるためには多くの関係者に対して迷惑をかけてしまうケースが生じます。

 

 

密葬を行って故人を快く送り出すためにも万全の体制を親族間で整えておくことが重要です。

 

  • 最近では密葬の際の費用を節約するために僧侶などを招へいしないことも一般的となっています。
  • その場合にはお別れ会という形で故人と遺族との間で最期の時を過ごすことが流行しています。

 

 

インターネット上ではいろいろな葬儀社にメールなどで相談をすることができるサイトが登場しており、生前相談を受け付けている葬儀社もここ数年の間で急増しています。

生前相談は故人の遺志を最大限に反映させることができるために、素晴らしい葬儀を行うためにももってこいの方法となっています。

 

葬儀社は大掛かりな葬儀を手配する件数が少なくなっているために、収益が減少する状況がみられています。

 

そこで、密葬などの小規模な葬儀に特化した葬儀社の人気が高まっており、新たなビジネスチャンスを獲得するために企業努力を行っている葬儀社が首都圏を中心として増加しています。

 

葬儀社に対しては顧客サービスの向上が求められていることもあって、スタッフの研修制度などを整えている葬儀社に注目が集まっています。

 

・日常手続き目次へ行く

葬式の手順手続きページ

 



葬式の手順手続き
ココがPOINT

密葬とは>なんらかの事情や故人の遺言、喪主の要望によって、 亡くなったことを公にしないで行われる葬儀です。 密葬は、やむにやまれぬ事情により、特別に参列者を限定する葬儀です。また、以前は密葬を行なった後日に本葬を行う事が多くありましたが、今日では密葬のみの場合も多くあるのが現状です。
スポンサード リンク

ココがPOINT
葬式の手順手続き