TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 死亡の通知や報告の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
通知や報告の返信死亡の通知や報告の手紙
通知や報告の返信死亡の通知や報告の手紙
死亡の通知や報告の手紙手続き 死亡の通知や報告の手紙手続き
  死亡通知や報告は、本来の手紙とは異なり、言葉一つまたは一字の違いで受け取り方や感じ方も変化してしまします。つまり、より気を使い丁寧に通知と報告を行うようにしましょう。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
死亡の通知や報告の手紙手続き 死亡の通知や報告の手紙手続き
死亡の通知や報告の手紙
死亡の通知や報告の手紙 死亡の通知や報告の手紙 死亡の通知や報告の手紙
 
死亡の通知や報告の手紙

死亡の通知や報告の手紙
通知や報告の返信死亡の通知や報告の手紙

死亡の通知や報告の手紙の書き方

 

文例 死亡通知

父○○○○儀、かねてより病気療養中のところ薬石効なく、○月○日○○歳で永眠いたしました。

ここに生前の御厚誼を深謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。
なお葬儀ならびに告別式は下記のとおり執り行います。

 一、日時  ○月○日(○)  葬 儀 午後○時〜○時
   告別式 午後○時〜○時
 一、場所  ○○寺     東京都○○市○○町

なお、勝手ながら故人の意志により、御供花、御供物の儀は固く御辞退申し上げます。

平成○○年○月○日
東京都○○市○○町○○
喪主 ○○○○
  妻 ○○○○

 

 

 

文例2

父○○○○儀、かねてより病気療養中のところ薬石効なく、○月○日○○時○○分○○歳で死去しました。

ここに生前の御厚誼を感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。
なお葬儀ならびに告別式は下記のとおり執り行います。

 一、日時  ○月○日(○)  葬 儀 午後○時〜○時
   告別式 午後○時〜○時
 一、場所  ○○寺     東京都○○市○○町

なお、勝手ながら故人の意志により、御供花、御供物の儀は固く御辞退申し上げます。

平成○○年○月○日
東京都○○市○○町○○
喪主 ○○○○
妻 ○○○○

 

 

 

文例3

母〇〇○○儀、〇○月〇日午後〇〇分八十六歳をもって、自宅で大往生いたしました。
生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせいたします。
追って葬儀ならびに告別式は下記のとおり執り行います。

 一、日時  ○月○日(○)  葬 儀 午後○時〜○時
   告別式 午後○時〜○時
 一、場所  ○○寺     東京都○○市○○町

なお、勝手ながら故人の意志により、御供花、御供物の儀は固く御辞退申し上げます。

平成○○年○月○日
東京都○○市○○町○○
喪主 ○○○○
妻 ○○○○

 

 

 

文例4 死亡報告 家族葬編

次女の〇〇が輪禍に遭い、さる○○日午前、享年○○歳と言う短い生涯を終えました。
降ってわいた突然の事故に悲しみにくれている次第です。

生前 多大なるお気遣いにお礼申し上げるとともに、取り急ぎお知らせいたします。
なお葬儀は、身内だけでささやかに営むつもりですので、なにとぞご了承ださい。

 

 

 

文例5 密葬編

父○○○○儀、かねてより入院加療中でした、去る○○月〇日、病状がにわかに悪化し、午後〇○時〇〇分、享年○○歳で他界いたしました。

ここに生前の御厚誼を感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。
通夜、密葬の儀は遺族と近親者のみで行いました。なお故人の遺志を尊重し、葬儀・告別式は行いません。

取り急ぎ、死去のご通知を申し上げます。

 

 

 

文例6 会社編 

弊社取締役社長〇〇儀、〇○日午前〇○時〇〇分、〇〇病院にて、○○歳で永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。

通夜、密葬の儀は近親者にて相営みました。
追って告別式は仏式により社葬として下記のとおり執り行います。

 一、日時  ○月○日(○)  葬 儀 午後○時〜○時
   告別式 午後○時〜○時
 一、場所  ○○寺     東京都○○市○○町

なお、勝手ながら故人の意志により、御香典、御供花、御供物の儀は固く御辞退申し上げます。
万一お届けいただきましても、 お受けいたしかねますので、あしからずご了承ください。

平成〇○年〇○月〇〇日      〇〇都〇〇市〇〇町〇〇
株式会社〇〇       葬儀委員長〇〇

常務取締役〇〇      喪主 〇〇

 

 

 

手紙の目次へ行く

 
死亡の通知や報告の手紙手続きページ

 



通知や報告の返信の手紙の書き方

通知や報告の返信死亡の通知や報告の手紙

死亡通知や報告の遅れお詫びの手紙の書き方

 

 

文例 通知遅れ

父○○○○儀、かねてより病気療養中のところ薬石効なく、○月○日○○歳にて急逝致しました。
早速お知らせ申し上げるべき処でございましたが御通知が遅れました事を深くお詫び申し上げます。

葬儀は近親者にて九月十二日滞りなく相済ませました。
ここに生前のご厚誼を深謝し衷心より御礼申し上げます。

 

 

 

文例1

母〇〇○○儀、〇○月〇日午後〇〇分八十六歳をもって、自宅で大往生いたしました。

早速お知らせ申し上げるべき処でございましたが、御通知が遅れました事を深くお詫び申し上げます。
なお、通夜、密葬の儀は遺族と近親者のみで行いました。

なお故人の遺志を尊重し、葬儀・告別式は行いません。
生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせいたします。

 

 

 

文例2

母○○○○儀 去る○○月○○日 ○○の自宅において○○歳の天寿を全うし永眠致しました
早速お知らせ申し上げるべき処でございましたが、御通知が遅れました事を深くお詫び申し上げますとともに生前故人に賜りましたご厚誼に対し遺族一同心から御礼申し上げます。

なお葬儀は○○月○○日 ○○寺において相済ませましたので併せてご了承下さるようお願い申し上げます。

 

 

 
死亡の通知や報告の手紙手続きページ

 



通知や報告の返信死亡の通知や報告の手紙
通知や報告の返信死亡の通知や報告の手紙

死亡通知への返信の手紙書き方

 

 

文例

お父上様ご他界のお知らせを頂き、ただ驚いております。

御家族の皆様のお嘆きを思いますと胸が痛みますし御遺族の方々にはさぞかしお力落としのことでございましょう。心からお悔やみ申し上げます。

お父上様のような良いお人柄の方を失う寂しさは痛恨の極みであることをお察し申し上げます。

近いうちに御仏前に御焼香に上がりたいと存じます。とりあえず書面を持ちまして御愁傷をお慰め申し上げます。

ご家族の皆様の幸せを、心からお祈りしております。

 

 

 

文例1 

ご主人様のご逝去、謹んでお悔み申し上げます。
この度は、まことに残念でなりません。ご家族様も、お力落としのことと心からお察し申し上げます。

ご主人様にはご生前、誠にお世話になりまして大変残念でなりません。
何をさし置いてもお伺いし、ご仏前に礼拝して最後のお見送りをさせていただきたかったのですが、遠方のためにどうしてもお伺いできず、お詫びを申し上げます。何とぞ事情ご了承賜わりますようお願い申し上げます。

同封のものは心ばかりでございますが、ご霊前にお供えください。
どうぞご家族の皆様もお疲れがでませんように、くれぐれもお体をご大切になさってください 。

 

 

 

文例2

突然の訃報にただ驚いております。

まだまだ◯◯歳これからという若さを思うと悔しさばかりですが、どうかご遺族の皆様もお気持ちを強く持たれますよう心よりお祈り申し上げます。

本来であればすぐにでも弔問にお伺いしたいところでございますが 遠方のためにどうしてもお伺いできず、お詫びを申し上げます。何とぞ事情ご了承賜わりますようお願い申し上げます。

心ばかりのものを同封いたします。どうか御霊前にお供え下さいませ。まずは略儀ながら書中にてお悔やみ申し上げます。

 

 

 

文例3

お父上様のご逝去を知り、驚きました。まだまだお元気でいらっしゃると思ってばかりいましたので、ご家族の皆様のご心痛は計り知れないものと存じます。お互いにあいさつ程のやりとりになっておりましたので、お父様が亡くなられたことも、ご弔問にもお伺いせずに本当に申し訳ありませんでした。
心より、お父様のご冥福をお祈りしたいと思っております。

同封のものは心ばかりですが、御霊前にお供えいただければと存じます。どうぞご家族の皆様も、くれぐれもお体をご大切になさってください。心よりお悔やみを申し上げます。

 

 

 

文例4

株式会社 ○○
常務取締役 ○○○○様


貴社代表取締役社長 ○○様のご逝去のお知らせを承り、ただ驚きと悲しみを深くしております。

ご生前は格別のご厚情ばかりを賜り、なんのお礼も御恩も返していないこと、痛恨の極みでございます。 ご遺族様をはじめ、社内の皆様のご心痛はいかばかりかと拝察いたします。 我社が今日あるのも○○社長のお力添えの賜物と深く感謝するばかりでございます。

本来すぐにでも弔問にお伺いすべきですが、遠路ままならず、略儀ながら書中をもちましてお悔やみを申し上げる次第でございます。 些少ながら心ばかりを同封いたしました。 御霊前にお供えいただければと存じます。
心よりご冥福を心よりお祈り申し上げます。

○○株式会社 
代表取締役  ○○○○

 

 

手紙の目次へ

死亡の通知や報告の手紙手続きページ

 


死亡の通知や報告の手紙 死亡の通知や報告の手紙 死亡の通知や報告の手紙
  死亡の通知や報告の手紙VERY CARDはインターネット申込に特化した電報サービスです。
お急ぎ弔電の豊富なラインナップからお選びいただけます。その数なんと100種類以上。
全国一律1,280円(税抜)〜の格安料金でご利用いただけます。メッセージも350文字まで想いをこめた電報をお贈りします。
 
  HP お悔みお気持ち電報サービス 参考ページへVERY CARD死亡の通知や報告の手紙  
死亡の通知や報告の手紙

 


死亡の通知や報告の手紙
死亡の通知や報告の手紙

死亡の通知や報告を受取った場合に困るのは、ご返信の内容や手紙の持つ感情表現では無いでしょうか。心配りと言う表現の仕方はどの様に書けば良いのか?など、、、、実に繊細な書き方がある事を知っておきましょう。
スポンサード リンク

死亡の通知や報告の手紙
死亡の通知や報告の手紙