TOP > 日常 >社葬の準備手続き

 
会社の基準に従い行う
会社の基準に従い行う
.
会社の葬儀葬式の準備と流れ手続き 会社の葬儀葬式の準備と流れ手続き
 

社葬とはどの様におこなうのか?社長など企業の人的損失の危機にどのように対処するか?不測の事態に対し担当部署の準備など大変な重圧になります。事前に知識や情報を得る事で慌てずに済みます。ここで社葬の手続き手順など解説しますのでシッカリ勉強しましょう。

会社の葬儀葬式の準備と流れ手続き 会社の葬儀葬式の準備と流れ手続き
会社の葬儀葬式の準備と流れ
会社の葬儀葬式の準備と流れ社葬とは? 会社の基準に従い行うの手順と注意  
会社の葬儀葬式の準備と流れ社葬に必要な費用は?
 

会社の葬儀葬式の準備と流れ
会社の基準に従い行うとは
会社の葬儀葬式の準備と流れ会社の基準に従い行う

社葬とはどういった葬儀であるか?

 

社葬とは?

の質問に対して簡潔に答えると、社葬とは企業が運営の主体になって執り行わる葬儀のことです。

 

通常の葬儀の場合は

故人の長男などが喪主を務め、葬儀の運営は家族が葬儀会社などに委託して行われますが、社葬は喪主は故人の長男など故人の親族が務め、葬儀の運営は企業が行います。

 

  • 企業の代表取締役は葬儀委員長となり葬儀を主催します。

 

社葬が行われるケースとしては、その会社を創設した人物や、その会社の発展に多大な功績を残した人物を称え、会社全体で故人を偲ぶために行われます。

通常、社葬を行うような会社は大企業の場合が多く、企業の社会的地位の優位性を対外的にアピールするという目的もあります。

 

社葬を行う場合は、取締役会の議決で決定され、社葬の決定と同時に代表取締役を委員長とする葬儀委員会が設置されます。

 

実際の葬儀の運営は社員によって行われ、葬儀の参列者に対する案内状の送付や葬儀会場の手配、税務手続きなど、膨大な準備作業の完了後、葬儀が執り行われます。

 

社葬には大勢の参列者が訪れますので、参列者の誘導や接待などは親族ではなく、その会社の社員などが動員され、社員の手によって葬儀が運営されます。

  • 規模の大きな社葬の場合には、全国各地から政治家や経営トップなどの有力者が参列しますので、社葬は時としてこれらの人たちの社交の場にもなります。

 

葬儀の儀式が終わってからも、会場の後片付けや香典の計算など、葬儀委員会の仕事はたくさんあります。

 

・日常手続き目次へ行く

会社の葬儀葬式の準備と流れ手続きページ

 



会社の基準に従い行うの手順と注意
会社の葬儀葬式の準備と流れ会社の基準に従い行う

社葬をするにあたっての説明や手続き手順

 

社葬とは、会社の社長や、会長が亡くなった時に行う葬式の形式です。

 

社葬には、合同葬といって、家族と会社がともに隣り合う場合もあります。

社葬の手順、または、車窓の主な全体的な流れは、合同葬の場合同族会社などで多く見かける葬儀スタイルですが、流れは一般の葬式と同じくお通夜と告別式を行い火葬となります。

 

 

  • また、お通夜と告別式、火葬まで密葬し、その後に会社が主体となり社葬を行うスタイルもあります。
  • このような密葬と社葬の場合、社葬は、密葬から数週間の期間を置いて行うのが一般的です。

 

社葬は、よく派手で盛大にやるものを見かけることがあると思いますが、必ずしも盛大に行わなければならないという決まりはないので、好みで決められます。

 

家族葬や一日葬などと同じくして規模や形式ではなく、亡くなられた人を温かく見送りたいという気持ちを重視して、ホテルなどでは「偲ぶ会」や「お別れ会」という形で希望されるケースも多数あります。

 

次に社葬の手続きについて説明します。

 

社長などがなくなった場合の手続きは、臨時株主総会を速やかに開催して、後任の社長などを選任します。

選任したら、二週間以内に登録の変更をします。

 

変更に必要な書類は

  1. 変更登記申請書
  2. 株主総会議事録
  3. 死亡診断書です。

その次に、業界団体、取引先、組合等に対して新役員の承認を文書で通知します。

 

この他にも、総務部と総理部が行う5つの手続きがあります。

  • 1つめは、亡くなられた所長の家族に退職金を支払うことです。亡くなったとしても、退職扱いにされるので、退職金を支払うことが義務付けられます。
  • 2つめは、社会保険における埋葬料や、遺族年金の手続きを行います。業務上死亡の場合は、労災保険により遺族に補償給与や、葬祭料などが支給されるので、それに関する申請手続きが必要です。
  • 3つめは、故人が団体生命保険に加入している場合は、速やかに生命保険の受給請求を行います。
  • 4つめは、故人が社内預金などを行っている場合は、速やかに生産することです。精算し終えたら、金融機関に連絡します。
  • 5つめは、遺産相続後に、名義変更を行うことです。最後に社葬の注意点、社葬の広告ついて説明します。社葬の広告を新聞に出す場合は、葬儀社に相談します。社葬執行の大綱について広報することで、社内外からの問い合わせを対応しなければなりません。

具体的には、死亡通知上の発送、社内通達の作成と発行、死亡広告の手配などです。

原稿を制作するにあたり文書を担当してくれる人と十分な打ち合わせが必要です。

 

適任者としては、営業などで外出が多い方よりは、内勤者でほとんど離籍しない人が適しています。

社葬に当たり必要な文書は、広告の文面、社葬案内上、会葬礼状などです。

 

・日常手続き目次へ行く

会社の葬儀葬式の準備と流れ手続きページ

 



会社の葬儀葬式の準備と流れ社葬に必要な費用は?

会社の基準に従い行う

社葬の重要性について 会社の葬儀葬式の準備と流れ

死は全ての生物に平等に訪れるものだと言われています。

 

しかし死を弔うと言う概念は人間特有の概念として、古来から特別な意味を持っていると考えられているのです。

その人間固有の死を弔うと言う概念の最たる形の表れが、葬儀と言う儀式です。

 

企業のトップである社長なども例外ではなく、死と言う概念からは逃れることは出来ないのです。

  • 多くの場合にはこのような会社のトップが亡くなったときには、通常の親戚や家族を集めて行われる葬儀ではなく、会社を挙げた大規模な社葬を行うのが一般的です。

そういった社葬を行う場合には、社葬に必要な費用は?

社葬の価格は?などの疑問をもつケースがありますが、一般的に社葬と言うものはその参加人数や会場の確保など、通常の葬儀と比べても費用や価格は桁違いとなるケースがほとんどです。

 

会社のトップの死は一般人の死とは異なり、その死が与える周囲への影響は大きなものとなります。

 

そういった大きな影響を周囲に与える人物の死を弔うためには、より一層盛大な社葬を執り行う必要があるといわれているのです。

 

社葬を執り行う際の、社葬に必要な費用は?

 

社葬の価格は?と言う多くの人々の疑問は、基本的に社葬の費用については一般的な常識では会社の経営費用などで賄われるケースがほとんどなので、家族や親戚はそれほど悩む問題があることはなく、多くの場合には会社の経理担当者の対処する問題となります。

 

社葬は会社の運営基盤の分岐点となる場合も多く、会社のトップの死をどのように弔うかによって、その後の会社の存続の有無が変わって行くといわれています。

 

社葬によって会社の結束が深まりより成長する会社もあれば、社葬後にそのまま倒産する企業も存在します。

 

社葬によって会社の結束を更に深めるためにも、後悔しない社葬を行うことが、会社の存続を維持するために重要なポイントとなるのです。

 

  • 一般的に社葬についての知識やノウハウを知る方法としては、一昔前は年寄りなどの先人の知恵を頼るという方法が一般的でしたが、現在ではインターネットの発展によって、社葬に関するさまざまな知識をインターネットのサイトで知ることができます。

 

インターネット上の社葬に関する情報サイトを参考にしていけば、社葬に必要な費用は?

などという疑問や、社葬の価格は?といった疑問もたちどころに判明すると考えられています。

 

社葬に関するさまざまな疑問の解決に大きな力を与えるインターネット上の情報サイトを有効活用していけば、社葬も成功し会社の運営も維持されていくと言われているのです。

 

大規模な社葬を行えば行うほど、その会社の結束力の高さを外部に広める広報的な役割も担っていると考えられています。

 

・日常手続き目次へ行く

会社の葬儀葬式の準備と流れ手続きページ

 



会社の葬儀葬式の準備と流れ
ココがPOINT

社葬>企業の功労者を偲ぶこと。その志を受け継ぎ、今後の経営姿勢を明確に社内外に示します。業績の維持・向上、増進を目指す事業承継の厳粛なセレモニーとしても、社葬は重要で且つ健全な役割を果たす事になります。
スポンサード リンク

ココがPOINT
会社の葬儀葬式の準備と流れ