TOP > 日常 >葬儀・葬式の準備手続き > 日常の目次へ

 
葬式準備のマナー手続き流れ手順や方法
葬式準備のマナー手続き流れ手順や方法
葬式準備のマナー手続き
葬式準備のマナー手続き 葬式準備のマナー手続き
 

タブーや服装、香典の相場は?正しいお焼香法…の際に知っておきたい、葬式/告別式のマナーと基礎知識など。 大事なこと、ここでは葬儀の手続き手順など解説しますのでシッカリ勉強しましょう。

葬式準備のマナー手続き 葬式準備のマナー手続き
葬式準備のマナー手続き
葬式準備のマナー手続きの手順や流れ 葬式準備のマナー手続き遺族マナー親族マナー  
遺族の香典お布施と焼香あいさつ
 

葬式準備のマナー手続き
葬式準備のマナー手続き葬儀の手順や流れ
葬式準備のマナー手続き流れ手順や方法

葬儀の手続き手順や流れ

 

遺族は悲しむ余裕がないほど慌しく進みます。

葬儀の手順は、遺族が悲しむ間もないほど慌しく進んでいきます。

 

自宅や病院で人が亡くなると、病院から死亡診断書を取り寄せることから始まります。

 

 

病院で人が亡くなると、すぐ病院付の葬儀社の担当が来て事務的に葬儀の打ちあわせの場が設けられます。

家でお世話になっている葬儀社があれば病院付の方は断り、そちらの担当者と相談しながら葬儀の手続きを進めることになります。

 

  1. 遺体は葬儀社によって、自宅か葬儀社の安置所に運ばれます。
  2. 納棺まで北枕に寝かせ臨時の祭壇を作り、水や枕団子を備えます。

 

次に葬儀社と詳細を打ち合わせしていきます。

喪主や世話役、宗派の確認、葬儀の形式や規模、日時、予算などを決めていきます。

 

会葬者の数をある程度予測し、葬儀代やお布施、戒名料、心づけなどの用意もしておきます。

これと並行して、死亡届や寺院、式場、火葬場はの連絡や霊柩車の手配及び親族や関係者への連絡、遺影や会葬礼状の準備その他諸々が決められていきます。

遺体は湯灌で身体を清めた後、化粧をし装束を着せて納棺します。

 

そして葬儀・葬式の流れとしては、まずお通夜から始まります。

 

葬儀社が式場や祭壇の設営をし、遺族は正式な喪服で挨拶、会葬者や僧侶などに振舞います。

祭壇の蝋燭や焼香を絶やさないように、近親者は気をつけます。

お通夜の翌日は葬儀と告別式になります。

 

  • 開式後僧侶の読経が始まり、その間にお焼香をします。
  • 弔辞、弔電の紹介があり、お棺に花や想い出の品を入れてお別れをします。

 

そして、お棺の蓋を親族が釘うちで閉じます。

 

 

  • 喪主の挨拶が行われ、出棺になります。
  • 出棺後は火葬場へ運ばれます。

現在は大きな火葬場が増えており、何体も一緒に火葬できるようになっているので以前に比べると待つ時間が少なくなりました。

 

火葬が終ると近親者が箸でお骨を拾い、骨壷に納めます。

火葬場や収骨に来てもらった方々には、お茶やお菓子、お酒などで接待し精進落としをします。

これで一通りの葬送の儀式は終ります。

 

 

宗派にもよりますが、一般的には葬儀から帰宅すると塩と水でお清めをします。

葬儀後初七日が初めての法事となりますが、葬儀から近い日の為、最近は告別式の日に合わせて行うスケジュールが多くなっています。

 

大切な家族が亡くなって、悲しみが押し寄せている時に多くの事務的な手続きや打ち合わせで遺族の心労ははかりしれないものがあります。

 

参列者が多い事は有難いことですが、近年の葬儀スタイルは本当に親しい関係のみの密葬家族葬が主流になりつつあります。

 

・日常手続き目次へ行く

葬式準備のマナー手続きページ

 



葬儀の遺族マナー親族マナー
葬式準備のマナー手続き流れ手順や方法

葬儀(葬式)のマナーと手続きを知ることの重要性

 

葬儀(葬式)と言うものは頻繁に起こるものではないために、中々葬儀(葬式)についての知識を学ぶ機会と言うものは少ないと言われています。

  • 特に葬儀(葬式)についてのマナーと言うものは初めて葬儀(葬式)に参加する場合には、葬儀(葬式)についての知識不足からマナーが判らないと言う人も多く、時折そのようなマナー不足によって親族間でのトラブルに発展してしまうケースも良くあります。

 

一昔前までは

  • 町内会や親族内に長老的な役回りの人が存在していて、そのような長老的な役回りの人が率先して葬儀などを取り仕切って、若い人たちに葬儀についてのさまざまなマナーを教えていたのですが、最近では近所間の付き合いや親族間の付き合いも疎遠になる社会となっているので、そのような葬儀についての知識やマナーを覚える機会と言うものが無くなってきたのです。

 

しかし

  • 最近ではさまざまな葬儀についてのマナーなどの情報を、インターネット上で検索して学ぶことができるようになってきたので、それらのインターネット上で得られる葬儀の知識を有効活用して、葬儀についてのマナーを事前に調べておくと言うのも有効な手段です。

 

葬儀のマナーと一口に言っても

  • 葬儀の遺族マナーと葬儀
  • 親族マナーとではそのマナーの意味合いが大きく変わっていきます。

 

葬儀の遺族マナーとしては、訪れる親族や葬儀に訪れた人たちへの感謝の気持ちを忘れずに対応を心がけることが第一のマナーです。

 

特に喪主として葬儀に参列する場合には、参列者への挨拶などを行わなければいけないので、事前に参列者への挨拶の内容を作成しておくのが望ましいとされています。

 

また参列者の中には、遠い場所から電車などを乗り継いで葬儀に参列してくる人たちも多く、そのような人たちに対して帰りの電車代を出すなどの配慮も大切ですが、必ずしも必須と言うわけではありません。

 

 

葬儀の遺族マナーとしてもっとも重要なのが、葬儀に参加したお坊さんへのお布施の相場をしっかりと把握することです。

 

お布施の支払いが相場にそぐわない額の場合には、後々お坊さんとのトラブルとなるので注意が必要です。

 

葬儀のマナーには遺族や親族などによって変わる内容から、地域別のしきたりや風習などによってもマナーの様式がさまざまに変化していくので、地域ごとの葬儀の様式やマナーを学ぶことも大切です。

 

親族の場合には遠い地方への葬儀に出席をする場合もあるため、さまざまな地域の葬儀の風習やマナーなどを学ぶと良いでしょう。

 

・日常手続き目次へ行く

葬式準備のマナー手続きページ

 



葬式準備のマナー手続き遺族の香典お布施と焼香あいさつ
葬式準備のマナー手続き流れ手順や方法

遺族の守るべき手続きとマナーについて

 

身内のひとが亡くなった場合

その親族の方はお葬式の準備をしなくてはなりませんが、そのようなお葬式の準備として大切なこととして、遺族がお葬式で守らなければならないルールを事前にしっかりと確認するということがあげられます。

 

そのような遺族が確認すべきお葬式のマナーとして

とくに、遺族が参列者から香典を受け取るときの正しいマナー、お葬式をしてもらうお寺などにおこなうお布施のマナー、遺族が守らなければならない焼香をする際のマナー、遺族が守るべきあいさつのマナーなどをあげることができます。 

 

まずはじめに遺族の香典とお布施のマナーについて説明します。

 

まず遺族がおこなうべき香典をいただいた人に対するマナーとしては、香典返しをするということがあげられます。

  • この香典返しは香典をしてくれた人への感謝の気持ちを表すものですから、現金などではなく品物で送るということが一般的です。

 

一般的に販売されている商品を香典返しとして用いる場合も多いですが、個人にちなんだものを特別につくって、それを香典返しとして送るという場合もあります。 

 

 

次に遺族がお布施をするときのマナーについて説明します。

お布施の金額は自分で勝手に決めた額を渡すという方法はあまり一般的ではありません。

最近ではお経の代金や戒名をつけてもらうための代金が前もって定められているというところもあります。

そのような金額が定められておらず、いくらお布施をすればよいかわからないという場合は、そのお寺の人などに事前に確認した方が良いでしょう。 

 

遺族の焼香マナーとしてあげることができるのは、焼香の正しい方法を事前に知っておくということです。

ただしここで難しい問題があります。

焼香の正しい方法というのは、宗派によって異なるということです。

ですから一般的に正しい方法であると本などを見て勉強をしても、そのお葬式をおこなっているお寺の宗派ではその方法は正しくはないという場合もあります。

 

他の人が違う方法をしているのを見て気付くこともあります。

ですから事前にどのような宗派のやり方でお葬式をおこなうのかということを確認して、その宗派の正しい方法を確認するというのが無難でしょう。 

 

最後に遺族のあいさつマナーですが、いちばん大切なことは丁寧に言葉を選びながらおこなうということです。

 

 

また葬儀に参列してくれた方や、お葬式をしてくれるお寺の方などにはとにかく感謝の気持ちを伝えるということが一番のマナーになります。

 

 

・日常手続き目次へ行く

葬式準備のマナー手続き手続きページ

 



葬式準備のマナー手続き
ココがPOINT

死亡してからの流れは、1.死亡宣告から葬儀・告別式を終えて火葬まで> 〜死亡宣告〜死亡届〜お通夜〜葬儀・告別式〜火葬〜還骨法要
続いて、 2.初七日から年忌法要まで> 〜 初七日〜四十九日・忌明け〜納骨〜初盆〜年忌法要とこのような感じで進んでいきます。
スポンサード リンク

ココがPOINT
葬式準備のマナー手続き