TOP > 日常 > 退職通知の手紙や返信の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
手紙の書き方退職の報告や通知の手紙
手紙の書き方退職の報告や通知の手紙
退職の報告や通知の手紙手続き 退職の報告や通知の手紙手続き
  退職通知は、どのような理由であれお世話になった方へお知らせや報告を行う事が望ましいとされます。 また挨拶文で尋ねることで相手の状況を聞くのに一役買います。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
退職の報告や通知の手紙手続き 退職の報告や通知の手紙手続き
退職の報告や通知の手紙
退職の報告や通知の手紙 退職の報告や通知の手紙 退職の報告や通知の手紙
 
退職の報告や通知の手紙

手紙の書き方退職の報告や通知の手紙
手紙の書き方退職の報告や通知の手紙

退職通知の手紙の書き方

 

 

文例

 

ご無沙汰しております。

暑い日が続いていますが、○○様いかがお過ごしでしょうか。
私のほうは、暑さ対策も万全に挑んでおり、お陰さまで毎日元気に過ごしております。
さて、このたび私は○月○日付で○○本社を退職し、○○の資格を取得する為に○○へ1年間出向く予定でいます。○○本社在職中は、公私にわたりお世話になり、誠に心から感謝しております。

これを一つのチャンスと捉え、この先の未来性とヤリガイを感じて前向きに頑張る所存でございます。

○○様には、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のますますのご多幸のほどお祈りし、書中をもってご報告ご挨拶申し上げます。

 

 

 

 

文例1

ご無沙汰しております。

こぼれ日豊かな暖かい日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。
お陰さまで私は、元気で毎日を楽しんでいます。
さて、このたび私は○月○日で今まで居ました○○会社を退職し、○○専門に扱う○○株式会社に入社する事になりました。○○会社在職中は、公私にわたりお世話になり、誠に心から感謝しております。

入社する○○株式会社ですが、○○の専門として第一線を走っており、この先の未来性とヤリガイを感じております。

○○様には、暖かいと言っても寒暖差ある折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のますますのご多幸のほどお祈りし、書中をもってご報告ご挨拶申し上げます。

 

 

 

 

文例2

ご無沙汰しております。

暑苦しい日が続いていますが、ご家族の皆様もお変わりありませんでしょうか。
今年は暑い毎日が続くようですが、私たち家族は、お陰さまで疲れも無く元気に過ごしております。

昨年にもまして暑さが厳しく感じられますが、お体を大切にお過ごしください。

さて、このたび私は○月○日を持ちまして○○株式会社を退職する事になりました。私が目指します○○の分野を行うには現在の会社在任では難しく思います。○○株式会社在職中は、公私にわたりお世話になり、誠に心から感謝しております。

今後ですが、しばし海外の○○へ留学兼研究を行う予定でいます。出発は○月くらいと考えています。

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のますますのご多幸のほどお祈りし、書中をもってご報告ご挨拶申し上げます。

 

 

 

文例3

ご無沙汰しております。

暑苦しい日が続いていますが、ご家族の皆様もお元気でしょうか。
お陰さまで私たちは、いつになく元気で過ごしております。

さて、このたび私は○○株式会社を退職する事になりました。このままでは何も出来ずに終わってしまうと言う焦りの様な危機感を感じての退職です。○○株式会社在職中は、公私にわたりお世話になり、誠に心から感謝しております。

新たな出発として○○のお店を○○町に開店しようと思っています。また準備も着々と進んでおり、この先の未来とヤリガイを感じております。また進展がありましたらご連絡ご報告いたします。

○○様には、一層の事お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のますますのご多幸のほどお祈りし、書中をもってご報告ご挨拶申し上げます。

 

 

 

 

文例4

 

ご無沙汰しております。

不快で暑苦しい日が続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
私達の方は相変わらず元気に過ごしております。今年は、新たな家族も一人増え家の中は賑やかです。

さて、このたび私は○月○日まで働いていました○○会社を退職し、○○を扱う○○会社に入社することになりました。○○会社在職中は、公私にわたりお世話になり、誠に心から感謝しております。

入社した○○会社ですが、私が前から希望していました○○を扱う会社であり、この先の未来性とヤリガイを感じます。

○○様には、一層お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のますますのご多幸のほどお祈りし、書中をもってご報告ご挨拶申し上げます。

 

 

 

 

文例5

ご無沙汰しております。

暑さが続く毎日ですが、ご家族の皆様もお元気でしょうか。
私たち家族は、お陰さまで楽しく元気に過ごしております。

暑さも本番となり、体調を崩しやすい時期です。どうかご自愛ください。

さて、このたび私は、○○支社を○月○日で退職いたしました。○○支社在職中は、公私にわたりお世話になり、誠に心から感謝しております。

新たな会社や入社はまだ決まっておりません。しばらく静養を考えておりますが、特別調子が悪いなどは御座いませんのでご安心ください。

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のますますのご多幸のほどお祈りし、書中をもってご報告ご挨拶申し上げます。

 

 

 

 

文例6

ご無沙汰しております。

いつも格別のお引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。
連日の酷暑ですが、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

私共は、皆元気に過ごす毎日で御座いますが、○○様にはお変わりは御座いませんでしょうか。

○○様には、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。

さて、このたび私は○○株式会社の支社を○月○日を持ちまして退職し、○○○○会社に入社することになりました。○○支社在職中は、公私にわたりお世話になり、誠に心から感謝しております。

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
末筆ながらますますのご多幸のほどお祈り申し上げます。

 

 

手紙の目次へ行く

 
退職の報告や通知の手紙手続きページ

 



手紙の書き方退職の報告や通知の手紙

手紙の書き方退職の報告や通知の手紙

退職通知の返信礼状 手紙の書き方

 

 

文例

このたびは、御丁寧なお手紙とご報告をいただき、誠にありがとうございました。 ○○様はじめご家族の皆様にはお変わりなくお過ごしとのこと、何よりとお喜び申し上げます。
お陰さまで、私どもも家族全員、暑さに負けずに頑張っております。

退職されたと言う事、ご希望の会社へ入社出来た事、誠におめでとう御座います。これも○○様の力のなせれる業ですね。

涼しくなりましたら募る話も御座いますので是非お越しください。心よりお待ち申し上げております。これからもどうぞよろしくお願いします。

末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
まずは書中をもちましてご挨拶を申し上げます。

 

 

 

 

文例1

先日は御多忙の折にもかかわらずお手紙をありがとうございました。○○様には常日頃から家族ぐるみでお気遣い頂きまして誠にありがたく感謝いたしております。○○様、皆様にはお健やかにお過ごしのご様子、何よりとお喜び申し上げます。
さて、新たな職場に入社された事を伺いまして心機一転希望に満ち溢れた仕事が出来るんだと羨ましく感じました。

近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。

末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
まずは書中をもちましてお祝い申し上げます。

 

 

 

 

文例2

先日は御多忙の折にもかかわらず、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。

お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。お陰さまで充実した日々を過ごしています。体調もまったく問題はありません。

この度は、新たな職場に入社できたと言う事、誠におめでとうございます。○○様のやる気とバイタリティーのある行動なら何処の職場でも通用する事間違えありません。

また、近いうちにお会いしたいと思います。追って連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。

末筆になりましたが、ご家族様ご一同様に宜しくお伝えくださいますようお願い申し上げます。
取り急ぎ、まずはお祝い申し上げます。

 

 

 

 

文例3

このたびは、お手紙をいただきまして、ありがとうございました。
いつもお世話になりっぱなしの○○様の心温まるお手紙に感動致しておりました。

お陰さまで家族それぞれ暑い日々を元気に過ごしております。また陰で支え応援してくださる○○様のお蔭と誠に感謝いたしております。

今回、手紙に新会社に就職したとあり、行動とやる気に頭が下がる思いで御座います。○○様の活気溢れる行動ならどの配属でも大丈夫で御座います。

私共にも今後とも変わらぬご指導のほど、お願い申し上げます。
暑さ激しい季節です、くれぐれもご自愛下さい。
取り急ぎ、まずはお祝い申し上げます。

 

 

 

 

文例4

このたびは、心温まるお手紙とお品をお贈りくださいまして本当にありがとうございました。
いただいたお品は、美味しく頂かせて貰いました。
お陰さまでこちら全員元気に毎日を楽しく過ごさせて頂いております。

さて、今回入社されたと言う事まずはおめでとうございます。○○様の希望の支店に転任され、さぞや心高ぶる思いでしょう。これから心機一転、頑張る気持ちでトライしてくださいね。

近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。

末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
まずは書中をもちましてお祝い申し上げます。

 

 

手紙の目次へ

 
退職の報告や通知の手紙手続きページ

 


 
退職の報告や通知の手紙
退職の報告や通知の手紙

退職報告の手紙はお世話になった方への報告は必須ですね。現在も同じ職場で働いていると思い連絡事項がある場合もあります。また退職の事情を察し通知や報告を頂いた相手には、必ずお返事を書くようにしてくださいね。手紙は心の交流とも言われる大事な事です。
スポンサード リンク

退職の報告や通知の手紙
退職の報告や通知の手紙