TOP > 日常 > 余寒見舞いの手紙や返信の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
余寒見舞いの書き方手紙の書き方
余寒見舞いの書き方手紙の書き方
余寒見舞いの書き方手続き 余寒見舞いの書き方手続き
  余寒見舞いは、一般的に暦の上で立春以降2月末日ごろまでとされます。また寒中見舞いは1月5日頃から立春2月4日頃までの冬の寒さに、相手を気遣って手紙や葉書を送る見舞い。年内で最も寒さが厳しくなる時期に、疑問符で尋ねることで相手の状況を聞くのに一役買います。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
余寒見舞いの書き方手続き 余寒見舞いの書き方手続き
余寒見舞いの書き方
余寒見舞いの書き方 余寒見舞いの書き方 余寒見舞いの書き方
 
余寒見舞いの書き方

余寒見舞いの書き方手紙の書き方
余寒見舞いの書き方手紙の書き方

余寒見舞いの手紙の書き方

 

 

文例

 

余寒お見舞い申し上げます

立春とは程遠い厳しい寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私のほうは、少しでも寒さをしのごうと温暖な沖縄で休暇をとり万全体制で挑んでおり、お陰さまで毎日元気に過ごしております。
この様な寒さが長続きしますと風邪なども引きやすくなりますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。

平成○○年○月

 

 

 

文例1

余寒お見舞い申し上げます

立春とは名ばかりの厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
お陰さまで私たちは、田舎に帰省しておりましたが、ようやく戻りお便り差し上げた次第でございます。

余寒厳しい折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

平成○○年○月

 

 

 

 

 

文例2

余寒お見舞い申しあげます

実は年末より長く体調を崩し入院を余儀なくされていました為、年始のご挨拶が遅くなり、大変失礼いたしました。
遅ればせながらご挨拶を申し上げます。

お蔭さまで体調も戻りつつありますので、ご安心ください。

新年も皆様にとりまして良い年でありますように願っております。本年もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。

平成○○年○月

 

 

文例3

余寒お伺い申しあげます

立春とは言え堪え難いような寒い日が続いていますが、ご家族の皆様もお元気でしょうか。
年頭のご挨拶頂きまして誠にありがとうございます。

お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。
厳しい寒さが続きますが、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。本年も変わらぬ ご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。

平成○○年○月

 

 

文例4

 

余寒お見舞い申し上げます。

立春とは思えぬ連日の寒さに何故か心も寒そうな思いも致しますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました。年明けまでバタバタと忙しい日々を過ごしていましたが、ようやく落ち着きました。

本年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。春の訪れが待ち遠しいものですね、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。

平成○○年○月

 

 

文例5

余寒お見舞い申しあげます

立春とは名ばかりの寒い日が続く毎日ですが、ご家族の皆様もお元気でしょうか。
昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました。私たち家族は、お陰さまで珍しく風邪も引かずに過ごしております。今年はいつになく冬が寒く感じられるので毛布も1枚多く使用しております。

どうぞ本年も変わらぬ お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。春の訪れが待ち遠しいものですね。
暖かくなりましたら、またお話しでもと思っております。、体調を崩しやすい時期です。どうかご自愛ください。

平成○○年○月

 

 

 

文例6

余寒お見舞い申し上げます

立春とは言え寒い日が続きますが皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。年頭のご丁寧なご挨拶をありがとうございました。
欠礼のお知らせも申し上げず誠に申し訳ありません。実は昨年中は喪中で御座いまして新年のご挨拶を控えさせていただきました。
本年もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上 げます。

平成○○年○月

 

 

手紙の目次へ行く

 
余寒見舞いの書き方手続きページ

 



余寒見舞いの書き方手紙の書き方

余寒見舞いの書き方手紙の書き方

余寒見舞いの返信礼状 手紙の書き方

 

文例

このたびは、御丁寧なお手紙をいただき、誠にありがとうございました。 ○○様はじめご家族の皆様にはお変わりなくお過ごしとのこと、何よりとお喜び申し上げます。
お陰さまで、私どもも家族全員、寒さに負けずに頑張っております。梅園地は賑やかになって来ましたね。近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。心よりお待ち申し上げております。これからもどうぞよろしくお願いします。

末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。

 

 

文例1

先日は御多忙の折にもかかわらずお手紙をありがとうございました。○○様には常日頃から家族ぐるみでお気遣い頂きまして誠にありがたく感謝いたしております。○○様、皆様にはお健やかにお過ごしのご様子、何よりとお喜び申し上げます。
立春とは名ばかりの寒い日が続いておりますが、近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。

末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。

 

 

文例2

先日は御多忙の折にもかかわらず、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。

お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。お陰さまで寒さにも負けず趣味の○○にも更にやる気を出し充実した日々を過ごしています。
ご心配くださる体調もまったく問題はありませんのでご安心ください。

穏やかな春風が吹き始めたころなどにお会いしたいと思います。追って連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。

末筆になりましたが、皆様お健やかに秋をお迎えくださいますようお祈りいたしております。
取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。

 

 

文例3

このたびはお手紙をいただきまして、ありがとうございました。
いつもお世話になりっぱなしの○○叔母様の心温まるお手紙に感動致しました。また、頂きましたお心添えは○○旅行に使わせて頂きました。

お陰さまで今年は家族それぞれ元気に風邪も引かずに過ごしております。また陰で支え応援してくださる叔母様のお蔭と誠に感謝いたしております。

今後とも変わらぬご指導のほど、お願い申し上げます。
立春とは言え寒さ厳しい日が続きますが、くれぐれもご自愛下さい。
取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。

 

 

 

文例4

このたびは、心温まるお手紙を本当にありがとうございました。
○○様はじめご家族の皆様にはお変わりなくお過ごしとのこと、何よりとお喜び申し上げます。
お陰さまでこちら全員防寒対策バッチリで寒さをしのぎましたので、今年は元気に過ごさせて頂いております。

吹く風も暖かくなりもし近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。

末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

 

手紙の目次へ

 
余寒見舞いの書き方手続きページ

 


 

 



余寒見舞いの書き方 余寒見舞いの書き方 余寒見舞いの書き方
  VERY CARDはインターネット申込に特化した電報サービスです。
余寒見舞い言葉を豊富なラインナップからお選びいただけます。その数なんと100種類以上。
全国一律1,280円(税抜)〜の格安料金でご利用いただけます。メッセージも350文字まで想いをこめた電報をお贈りします。
 
  HP デザイン豊富なお見舞い電報サービス 参考ページへVERY CARD余寒見舞いの書き方お見舞い  
余寒見舞いの書き方

 


余寒見舞いの書き方
余寒見舞いの書き方

余寒見舞いは立春を過ぎてからの挨拶。年賀状を出せない理由や遅れを兼ねて安否確認と心の交流行事としての役割を果たしております。またわざわざ頂いたお祝いの手紙には、相手の健康を気遣う言葉で必ずお返事を書くようにしてくださいね。手紙は心の交流とも言われる大事な事です。
スポンサード リンク

余寒見舞いの書き方
余寒見舞いの書き方