TOP > 年金・保険 > 医療費の還付申請 > 年金・保険の目次へ

 
還付申請の控除
還付申請の控除の手続き
還付申請手続き 還付申請手続き
  医療費には控除がありますが、一体医療費控除の還付申請手続きをすると還付金額はいくらになるのか?ここで医療費の還付申請手続きをしっかり理解しておきましょう。
還付申請手続き 還付申請手続き
.
還付金がある場合は? 還付申請控除額の計算
還付金はいくらになるのか?  
 

・給与所得者の医療費控除用の記載例(医療費控除を受けられる方へ)(※PDFファイル)
.

還付金がある場合は?
還付申請手続きの際に必要

還付金がある場合は?

 

 

還付されるお金があると言う事は、つまり医療費の控除があると言う事です。

医療費を高額に支払ったが支払いっぱなしでは何にもならない。

  • 支払った医療費に対して控除を受けお金を還付して貰えるのが医療費の還付金です。

 

また、医療費控除と言っても控除の対象と対象外があり、予防のための医療費は対象外で、治療のための医療費は対象となるのです。

また、税額が高額支払いの人は、同じ医療費控除額同士の人に比べても還付金に差が出て多く還付を受けられるのです。

●ポイント

世帯を共にしていない家族、単身赴任や別居両親なども全て医療費の合算が出来ますのでレシートや領収書は必ず保管して置くと良いでしょう。

 

 

 

・年金保険手続き目次へ行く

 
還付申請手続きページ

 



還付申請控除額の計算
還付申請手続きの際に必要

医療費控除額の計算

 

 

支払った全てが医療費になると思っている方が多いですが、そうではありません。

1.まず下の計算式で見ると(保険金等で補てんされた金額)とありますが、これは医療費から差し引くべきお金です。

  • 差し引くお金は、例えば(出産育児一時金、高額療養費、生命保険などの支払い保険金、損害賠償金などです)

 

2.下の計算式で見ると10万円もしくは(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)とありますが、これもいずれか低いほうを引きます。

  • 上限を決めているので、10万円もしくは総所得の少ない人を対象とした5%の定義があるのです。

 

結局のところ、医療費を多く支払った人は税金を少なくしますよ、という主旨が医療費控除と思ってください。

  1. 所得金額 2000万円の人=差し引く金額10万円
  2. 所得金額 100万円の人=差し引く金額10万円

これでは、↑不平等な感じもしますね。

なので

  • 所得金額 100万円の5%=5万円
  • つまり100万円の人は5万円越えれば所得控除が受けられる

所得が少なくても結果的に、税金を少なく抑える事が出来る様になっています。

 

 

医療費控除額の計算式を知ろう

医療費控除額=(医療費控除の対象になる医療費保険金等で補てんされた金額) − 10万円もしくは(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%

 

 

 

・年金保険手続き目次へ行く

還付申請手続きページ

 



還付申請はいくらになるのか?
還付申請手続きの際に必要

還付金はいくらになるのか?

 

 

実際の例でみる還付金

手続き続男さんの場合

妻の医療費20万円+母の入院などで30万円かかった場合ですが

  • 妻の医療費→保険会社から補填され2万円になった
  • 母の医療費→保険会社から補填され5万円になった

必要になった最初の医療費は50万円と高額ですが保険が出て結果的に合計7万円の支払いで済んだ。

  • つまり、医療費→7万円

7万円と言う事は還付金の対象者にはなれないと言う事が理解できますね。

 

 

では、手続き続子さん(所得250万円)の場合

夫の年間医療費10万円+母の年間通院代などで10万円かかった場合ですが

  • 夫の医療費→補填されるものは何も無く10万円になった
  • 母の医療費→補填されるものは何も無く10万円になった

つまり、医療費→20万円かかった。

20万円なので還付金の対象者となります。

合計20万円で年間医療費から-10万円引きます=算出された控除額は10万円です。(上の計算式で)

 

 

では、手続き続子さんの還付金はいくらか?

ここで10万円が還付されるんだ。と思っている方が多いですが、チョット違います。まだ計算式が存在します。

 

それは、手続き続子さんの収入(所得に影響します)が問題です。

例えば

  • 手続き続子の(所得が250万円)場合は→10万円X10%=1万円
  • 手続き続子の(所得が2000万円)場合は→10万円X40%=4万円

ここで出て来た(10%や40%)数字は↓以下の所得金額の税率が掛けられているのです。

所得金額の税率%が計算される

  1. 195万円以下は→5%
  2. 195万〜330万以下は→10%
  3. 330万〜695万以下は→20%
  4. 695万〜900万以下は→23%
  5. 900万〜1800万以下は→33%
  6. 1800万〜は→40%

上記でも話しましたが、支払う高額税金によって還付金額も変化してくるのです。

医療費控除をもっと詳しく知りたい方は手続きネットの医療費控除←を参考にしてください。

また医療費控除の申請←仕方も参考になります。

 

 

・年金保険手続き目次へ行く

申請手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

「医療費の還付金」誰でも申請さえしたら貰える?と思っている人が多いですが必ず医療費の支払額の上限がある事を知っておいてくださいね。その上で還付申請を行いお金の還付を受けましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT