TOP > 税金 > MERSマーズから自分で守る対策

 
ウイルス対策をするマーズやウイルス感染の対策方法
マーズやウイルス感染の対策方法
ウイルス対策をするマーズやウイルス感染の対策方法手続き マーズやウイルス感染の対策方法手続き
  MERSマーズと聞いて驚かれる前に正しい知識で自身を守ることが必要です。世界的に広がる前に対策する事で水際で食い止められ自分を守る事に繋がります。ここでもしもの時のMERSマーズ対策の手続きを理解しておきましょう。
ウイルス対策をするマーズやウイルス感染の対策方法手続き マーズやウイルス感染の対策方法手続き
ウイルス対策をするマーズやウイルス感染の対策方法
ウイルス対策をするマーズやウイルス感染の対策方法手続き マーズやウイルス感染の対策方法
 

ウイルス対策をするマーズやウイルスの対策方法とは
マーズやウイルスの対策方法

MERSマーズとは

  • 中東呼吸器症候群(MERS:Middle East Respiratory Syndrome)と言います。

2012年に、確認された新ウイルス
原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばる感染性のウイルスです。

2003年の流行ウイルスSARS(サーズ)の病原体もコロナウイルスの仲間ですが、SARSとMERSは別のウイルスで別の病気です。

※主として中東地域で患者が多く報告されています。

 

 

MERSには、どの様にして感染するか

  • 正確なMERS感染ルートは正直にまだ分かっていません。
  • 感染ルートは、病院での院内感染によるものや感染者による接触感染とされています。

MERSは

  1. 中東のヒトコブラクダが保有動物であるとされ、そこが感染源の原因として疑われています。
  2. 患者の中には動物との接触歴がない人も多くいるため、家族間や、医療機関における患者感染、患者−医療従事者間などの接触者間での感染も報告されています。
  3. 主に感染が考えられるのは、飛沫感染(咳やくしゃみなどによる)であると考えられています。

 

 

MERSに感染した症状は

  • 主な症状は、発熱、せき、息切れなどがあり下痢を伴う場合もあります。
  1. 必ず重症になるのでは無い。
  2. MERS感染しても、症状が現われない軽症の人もいます。

重い症状(重度)になり易い人は、高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人です。
WHOの報告により死亡する割合は、約40%とされています。

 

 

MERSは人から人へ?

  • 人から人への感染は当然報告されています。
  • 患者−医療従事者間などの接触者間での感染も報告されています。

但し、インフルエンザの様な人から人への空気感染はしないと考えられます。

 

 

MERS感染者がいる場所へ出向く場合の対処法

とくに免疫不全などの持病がある方は、感染症にかかりやすいので、旅行の前にかかりつけの医師に相談し、渡航する場合は検討を行う。

渡航前に現地の最新の情報を検疫所ホームページ、外務省 海外安全ホームページなどで確認する。

 

 

MERS感染者のいる地域に入ったら

  • MERSの発生が報告されている地域においては、咳やくしゃみなどの症状がある人との接触は避けるのが条件。

また動物(ラクダを含む)との接触は可能な限り避けることが重要です。

 

※現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療法はありません。患者の症状に応じた治療になります。

 

現地では、常に手を洗う、加熱が不十分な食品や不衛生敵な料理をさける、果物、野菜は食べる前によく洗う通常の衛生対策を行う。

  • 咳やくしゃみの症状がある人や、動物(ラクダを含む)との接触は出来る限り行わない。

 

咳、発熱などの症状が発症した場合。

他者との接触を最小限に、マスクをする、咳・くしゃみはティッシュペーパーなどで口と鼻を押さえ、使用したティッシュペーパーはごみ箱に捨て手を洗う。重い症状がある場合は、医療機関に電話相談の上、受診してください。

 

MERSマーズ患者に接触した場合

※MERS患者などに接触したり、疑いがある場合は、病院へは勝手に出向かない事。

保健所または病院に電話相談する事。

 

MERSマーズ患者に接触した場合は

  • 速やかに、迅速に報告する。また、自身が感染したと疑う場合は、セカンドオピニオンなどの病院から病院へ(梯子)は行ってはいけない。

 

病院等の多くの患者が来院する所で知らずに通常治療を受けることにより、2次感染、3次感染、4次感染へとなりうる可能性があり、その後パンデミックに繋がる脅威に成りうるからである。

もしも、パンデミックなどが起これば大変な事態へと向かうであろう。

 

・年金保険手続き目次へ行く

ウイルス対策をするMERSマーズやウイルスの対策方法手続きページ

 

 

MERSを疑うべき症状などMERSマーズやウイルス感染の対策方法
ウイルス対策をするMERSマーズやウイルスの対策方法

MERSマーズを疑うべき症状とは

  • 38℃以上の発熱や咳を伴う急性呼吸器症状、肺炎、ARDSなどの実質性肺病変が疑われる者。発症前14日以内にMERS感染対象地域に渡航又は居住していた事があるなど。
  • 発熱を伴う急性呼吸器症状を訴える人、発症前14日以内に感染対象地域において、医療機関の受診や訪問した人、MERS確定した感染者との接触歴やヒトコブラクダとの濃厚接触歴がある人など。
  • 感染対象地域の訪問者
  • 発熱又は急性呼吸器症状を訴え、MERSが疑われる患者を診察、看護、介護していた人やMERSと疑われる患者と同居した、入院する病室又は病棟に滞在した人、MERSが疑われる患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた人、MERSと疑われる患者に2メートルを目安となる範囲内で従事した者など

 

 

MERS感染と疑った場合は

都道府県等の検査機関でMERSのスクリーニング検査を実施します。

  • 医師がMERSを疑う場合は、最寄りの保健所に連絡の上、対応について相談します。
  • また検査結果が陽性の場合は、国立感染症研究所において確定検査を行い、ここでも陽性になったものを確定MERS患者とします。

また

  • 疑似症患者の届出が出ると、保健所等による行政対応になり入院勧告、患者の搬送、積極的疫学調査等が開始される様になります。

 

MERS患者対応

  • 医療機関における患者間や患者から医療従事者に対する二次感染の症例が多数報告されていますので、標準予防策や飛沫感染予防策等の徹底をとくに注意します。

 

MERSの潜伏期間

  1. 潜伏期間は2週間です。この期間は要注意期間です。
  2. 2週間の間は、行動や人との接触なども注意を徹底すると言う事を十分に理解してください。

MERSに感染しない対策はどうする

  • 単にすれ違うといった軽度の接触のみでは感染はしづらい。

※例え、医療従事者等であっても標準的な感染防護具(サージカルマスク)(エアロゾル発生の可能性が考えられる場合は、N95マスク)(手袋、眼の防護具、ガウン)を適切に着用し積極的に防衛する事が安全です。

MERSマーズやウイルスの対策方法サージカルマスクはコチラへAmazon.co.jp

MERSマーズやウイルスの対策方法N95マスクはコチラへAmazon.co.jp

MERSマーズやウイルスの対策方法ウイルス対策手袋コチラへAmazon.co.jp

MERSマーズやウイルスの対策方法目の防護コチラへAmazon.co.jp

MERSマーズやウイルスの対策方法防護服コチラへAmazon.co.jp

 

・年金保険手続き目次へ行く

MERSマーズやウイルス感染の対策方法手続きページ

 



  


ココがPOINT
ココがPOINT

MERSに感染すると死に直面する事になり、そのストレスと恐怖は感染した者でなければ理解が出来ないでしょう。MERSマーズに感染する前に感染する知識などを知ることが大切ですし対策方法を必ず知っておいてください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT

年金・保険のカテゴリー

MERSマーズやウイルスの対策方法
・年金の関係 MERSマーズやウイルスの対策方法
・保険の関係 MERSマーズやウイルスの対策方法
・労災保険の関係 MERSマーズやウイルス感染の対策方法
・医療費控除 MERSマーズやウイルス感染の対策方法
・その他の保険関係
MERSマーズやウイルス感染の対策方法
老人クラブ助成金 健康保険被保険者証再交付申請書 生活保護申請方法 ┣MERSマーズ対策