TOP > 年金・保険 > 労災保険の使用労災手続き

 
使用労災保険の時の保険適用や該当
使用労災保険の時の保険や該当加入の注意
.
使用労災保険の時の保険適用や該当手続き 使用労災保険の時の保険や該当手続き
  労働者が労働災害により負傷した場合などには、休業補償給付などの労災保険給付の請求を労働基準監督署長あて行ってください。もしもの時のために、それぞれのケースに合わせた必要な手続きをきちんと理解しておきましょう。
使用の時の労災保険や該当手続き 使用の時の労災保険適用や該当
.
使用の時の保険適用や該当を使用労災手続き 使用の時の保険適用や該当に該当しない  
 

.
保険を使用労災手続き

使用の時の保険適用や該当 労災保険の使用の労災手続き

 

病気や事故などに巻き込まれ労災保険を使用する場合があります。

 

そこで労災手続きをどのように行えば良いかについて説明します。

  1. まずは労災手続きに必要な書類を会社の総務部に頼み、用意してもらいます。
  2. 次に書類が届いたら、自分で記入するところがあれば全て書き込みます。
  3. そしてその書類一式をそのまま病院の受付の方に渡すのです。

 

 

病院の労災手続きは一週間以上かかることが多いです。

その後病院から連絡を受け、労災手続きの書類一式をいただけますので、それを持ってそのまま会社の総務部に、再度返却するのです。

 

 

これで、入院費用や治療費が労災保険で使用出来るようになります。

こちらから金銭の(本人)負担するような事がないのです。

 

労災手続きが終わるまでの間も、労災保険で適用の分については一切の金銭支払いをすることがないです。

また、先に立て替えするといったこともないのです。しかし、これは労災保険適用部分のみです。

 

・年金保険手続き目次へ行く

使用の時の保険適用や該当手続きページ

 


 

使用の時の保険適用や該当に該当しない

使用の時の保険適用や該当 労災保険に該当しないのは?

 

では

労災保険に適用されない分とはどういったものかといいますと、一番多いのは差額ベット代です。

 

  1. 入院中は一人の個室でくつろぎたいとか、せめて二人くらいの部屋が良いという方も多いです。
  2. ただ、大体の労災保険の場合、大部屋のみしか適用されないのです。

 

もし個室や少人数部屋が良い場合には、労災保険適用外の部分の差額ベッド代金が加算されるのです。

  • そしてテレビなども有料の場合が多いです。
  • もちろん三食の食事以外で購入する売店での飲食物についても有料になってきます。
  • 洗濯機の使用も有料な病院が多いのです。

このように入院する病院によって労災保険の適用部分が異なってきますが、一般的に多い例を事例として述べさせていただいたのです。

  • もちろん通院の場合も同じことです。

 

病院側から手当として処置される分については労災保険が適用されますが、場所によってはサポーターが必要であったりなどの別での購入費用については適用されないのです。

あくまでも病院内だけのことになるのです。

 

  1. 一番の残念なのは、交通費です。

  2. こちらも労災保険が適用されない部分があるです。

例えば

  • 入院中は家族が衣類など持ってきてくれたりといった、面倒見てくれる部分についての交通費は当然ですが一切出ないのです。

 

そして退院後は自宅から病院への交通費ではなく、あくまでも職場から病院の往復の交通費になってくるのです。

そのため自宅から通う場合は、余計な交通費の部分が加算されることになるのです。

 

つまり、怪我などが長引けば長引くほど、余計な費用が加算されることにつながっていくのです。

また、詳しい業務災害通勤災害について知りたい方は、手続きネット内のページを参考にしてください。

その他の労災保険の手続きページは下記を参考にしてください。

 

・年金保険手続き目次へ行く

使用の時の保険適用や該当手続きページ

 


1位使用の時の保険適用や該当
Topics Topics Topics
 

使用の時の保険適用や該当 使用の時の保険適用や該当万が一事故や病気に遭った時どうなるの?退職後の生活のため、将来どれくらいの資金を準備する?退職後の生活設計における心強い保険この機会に一度、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 
  HP  生命保険ドットコム http://www.seimeihoken.com/使用の時の保険適用や該当  
Topics

ココがPOINT
使用の時の保険適用や該当手続きポイント

療養した医療機関が労災保険指定医療機関の場合には、「療養補償給付たる療養の給付請求書」をその医療機関に提出してください。請求書は医療機関を経由して労働基準監督署長に提出されます。このとき、療養費を支払う必要はありません。 療養した医療機関が労災保険指定医療機関でない場合には、一旦療養費を立て替えて支払ってください。その後「療養補償給付たる療養の費用請求書」を、直接、労働基準監督署長に提出すると、その費用が支払われます。
スポンサード リンク

使用の時の保険適用や該当手続きポイント
使用の時の保険適用や該当手続きポイント下部

年金・保険のカテゴリー

使用の時の適用や該当
・年金の関係 使用の時の適用や該当
・保険の関係 使用の時の適用や該当
・労災保険の関係
使用の時の適用や該当給付の種類や条件
労災保険 労災保険の請求使用労災手続き 使用の時の適用や該当
・医療費控除 使用の時の適用や該当
・その他の保険関係