TOP > 家庭生活 > 永代供養 > 家庭生活の目次へ

 
永代お墓のかたち選び方
お墓建立の永代手続き
永代手続き 永代手続き
  なぜ永代供養が求められているのか、永代供養でどの様なメリットがあるのかなど、永代供養にする現代のお墓選びを解説します。自分には何が合っているのか
・・・など、いつか必要な状況が来る事を想定し、一通り勉強しておきましょう。
永代手続き 手続き
.
永代供養が選ばれる理由 永代供養墓の流れと手順
永代供養墓の納骨後と一般的な費用  
 
.

永代供養が選ばれる理由
墓

永代供養墓とは

 

永代供養墓とは、身体の自由が利かずにお墓参りができない人、またお墓参りをしてくれる人がいなくなった場合に、お寺が後の責任を持って貰える。

永代に渡って供養管理をして貰えるお墓の事です。

現代において切実な問題お墓の承継者がいない、または自分の死後に子供や孫に面倒はかけられない。

永代供養墓の一般的には、他人と一緒の納骨堂に納められます。

納骨室の棚に安置され合祀墓(ごうし)・合同墓(ごうどう)・合葬墓(ごうそう)・共同墓(きょうどう)とも呼ばれます。また屋内に置くロッカー形式や仏壇型も人気があります。

 

また、それぞれの寺院でも呼び名や呼び方に違いがありますが基本同じ考えです。

 

永代供養墓が選ばれる理由

まず第一の理由は、一人で入るのなら安い方が良いですし、ほとんどのケース永代使用料を支払えば没後は管理料や御布施が必要なくなる。

楽な場所にあることが多いのですぐに行けるし、承継者がいない又は子供たちに手間を与えたく無い。

全てはお寺で責任を持って供養してもらえるので維持をする手間が必要ないし宗教宗派を問わず誰でも簡単に永代供養墓に入る事ができる。

 

時代背景の光と影

現代の構図と寂しい時代背景がこの様なお墓の形で表れているのではないか、祖父母そして親、子、孫の代へ科学や医学スピードは加速して時代は移り変わります。

しかし、こんな時代だからこそ家族の在り方や存在していた又は存在する価値や意味はなど家族で話し合われる方が良いと思われる。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



永代供養墓の流れと手順
墓

永代供養墓の流れと手順

永代供養墓の形

  • 宗派には関係なく墓石の地下に納骨室を作りその棚の上に納骨
  • 納骨室に棚をつくり、その下に合祀墓を設ける
  • 合葬墓の納骨堂
  • 個別、故人のお墓

 

納骨の記録簿

 

  • 石板に刻字
  • 過去帳に台帳記載
  • 墓籍簿に台帳記載

 

永代供養墓の納骨の方法

納骨を執り行う寺院でまちまちですが、流れ的には同じです。

  1. 納骨時には骨壺から遺骨を全て取り出し1ヵ所に納めた後供養し土に還ると言う合祀墓
  2. ある一定の期間を安置した後に(三十三回忌後など)合祀
  3. 分骨した遺骨を安置し、後の遺骨は合祀

 

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



永代供養墓の納骨後と一般的な費用
墓

永代供養墓の納骨後と一般的な費用

これも納骨をお願いする寺院によってまちまちですが供養は共に行って貰えます。

  1. 日本に毎年来るお彼岸に合わせて合同供養をする
  2. 毎月もしくは年1数回の供養
  3. 毎年祥月命日も供養
  4. 回忌の供養

 

永代供養の料金(一般的)

 

  • 供養してもらう費用
  • 納骨法要のお布施の費用
  • 墓に納骨者名などを彫る費用

これらを全て合わせた金額(一式)の料金です。

  • 安くて10万円〜100万円以上まで
  • 合祀のみ1体10万円〜
  • 遺骨を安置する30万円〜50万円

この辺りが相場と言われていますので目安にすると良いでしょう。

 

夫婦遺族がいる場合の注意

永代供養墓は平均60万円程度と想定し、存命中は年間管理料も納めます。

但し自分が亡くなった後は費用は必要ありませんが、例えばですが、後に残された遺族が自分と同じ永代供養墓を希望したら、新たに60万支払って入ることになります。

 

結果ですが二人で100〜120万円程度の費用が必要です。

だったら小さめのお墓100万円前後の物を用意しておけば夫婦で共有できます。

 

申込は

生前契約を行う方が多いですが、寺院によっては、生前の間は管理料や年会費を支払う所も多くありますので、生前契約をお考えの場合は必ず事前確認をする事。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ



ココがPOINT
ココがPOINT

現代におけるお墓の在り方で急速に加速し需要が伸びている永代供養墓の存在。若い世代に面倒をかけたくは無いもしくは跡取りや子孫がいないなど現代の根強い問題があるからです!
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT