TOP > 家庭生活 > ip電話とは&光電話の加入手続き >家庭生活の目次へ

 
ip電話の加入方法
ip電話の加入方法
手続き 手続き
  一般加入電話網を使用した従来の通話では、相手との距離に応じて通話料が高くなっていました。しかしip電話では、全国どこへかけても通話料は一律です。
長距離電話をかける機会が多い方にはますますお得なサービスです。

同じVoIP基盤を利用したIP電話(提携ISP)通話料「無料」メリットが大きいのが特徴です今後全ての電話がipに変わると言われている次世代電話です。
手続き 手続き
.
IP電話って何? IP電話のメリット IP電話に加入するには?
 

.
IP電話って何?
電話会社の料金比較

IP電話とは、インターネット回線を使って提供されている電話のことです。

 

インターネットプロトコル(Internet Protocol)を利用し、メールと同じように音声のパケット通信を行ないます。

ip電話は、送信する距離に関係なく、データ量ごとに一定の料金で電話をかけることができるため、例えば引っ越しをしても同じ電話番号を使うことができます(※)し、長距離であればあるほど電話代もお得になります。
(※)ただし、そのIP電話事業者のサービス内容によります

ip電話といっても、NTTやKDDIなどの加入電話事業者・NTTドコモなどの携帯電話事業者・ケーブルテレビ事業者などの通信事業者が提供するネットワーク
(ADSL・光ファイバー・ケーブルテレビ回線など)を経由するもの、Yahoo!BBフォンやフュージョンコミュニケーションズのようにインターネットを経由するものなどがあり、電話機を使うものもあればパソコンで音声をやり取りするものもあります
Skypeも、仕組みは異なりますが、IP電話の仲間です。

 

ip電話は、以前は(050)で始まる番号しか割り当てられませんでしたが、今では加入電話に近い品質を提供できるものについては、普通の市外局番から始まる番号も割り当てられるようになりました。

手続きページ

 


IP電話のメリット
ip

IP電話を導入する上での最大のメリットといえば、なんと言ってもその料金の安さです。

 

同じ提携グループのIP電話同士なら、通話料は無料のところがほとんどです。

また、相手が加入電話でも、日本全国どこにかけても均一料金で、その料金は会社によって若干の違いがあるものの、およそ3分間で8円前後ですから、特に市外電話が多い方にとっては大きな魅力です。


もちろん、国際電話もグーンとお得になっています
例えば、アメリカに1分間かけると、一般の固定電話の場合は1分間で53円かかりますが、IP電話だと約9円!   国際電話や市外電話の多い人は、IP電話が断然お得なのです。

下記に主なプロバイダ料金比較がありますので参考にして下さい。

主なIP電話プロバイダの料金比較

さらに、ブロードバンド環境が整っていれば、その同じ会社のIP電話を利用することで、基本料も安くなります。

NTTの固定電話の基本料金は、地域によって差がありますが、およそ2000円はかかっているのではないでしょうか?
でも、IP電話だと、モデムやアダプタのレンタル料を合わせても1000円ちょっと。

基本料金のみで考えると、300円程度のところが多いのです。毎月のことですから、この差は大きいですね!
(ただし、すでにブロードバンド環境が整っている場合)

しかも、今、加入電話を引いていなくても導入することができますし、今の加入電話との併用もできます。
電話機から今までどおりに話ができるIP電話も多くあります

SKYPEやアジルフォンだと、パソコンに無料ダウンロードするだけで使うこともできます。(端末はパソコン)
ただし、これらから加入電話や携帯電話にかけるためには、有料の契約をする必要があります。

それ以外にも、パソコンのIP電話だとファイルを送信したり、文字でチャットを行うことができたりするものもありますし、Webカメラを取り付ければテレビ電話にもなります。

NTTのフレッツフォンなど電話機によるテレビ電話も登場しています。これらは、加入電話にはなかったメリットですね。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

IP電話に加入するには?

IP電話に加入する方法は、それぞれのプロバイダや通信事業者によって異なります。

例えば、NTTのひかり電話の場合、下記のような流れになります

  1. ホームページで電話番号を入力、あるいは申し込み専用フリーダイヤルに電話。
  2. 開通工事日までに、対応ルータが送られてくる。
  3. 対応ルータを自分で設置、あるいは有料で設置してもらう。
  4. 開通工事後、利用開始

IP電話を扱っているプロバイダから申し込む場合も、多くはホームページで申し込むことができます。

申し込み画面に沿って、必要事項を入力していきましょう。
後はほぼ上記の流れと同じですが、すでにADSLや光ファイバー通信網を利用している場合は、対応ルータは設置してありますので、設定の変更をします。

Skypeやアジルフォンは、ホームページから必要なソフトをパソコンにダウンロードするだけで使えるようになりますので、申し込みは不要です。

但し、加入電話や携帯電話との通話をしようと思うなら、有料サービスの申し込みが必要です。

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ
 


ココがPOINT
ココがPOINT

IP電話は安くて便利ですし、これから電話以外のいろいろな可能性を広げていけるものです。けれども、IP電話の中には、110番や119番の緊急電話に対応していないものや、フリーダイヤルにはかけられないものなどがあります。また、提供している通信事業者によって音声品質の差があることも事実です。価格だけで判断せず、他社と比較しながらサービス内容を検討するといいでしょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT