TOP > 家庭生活 > 婚前契約の手続き

 
婚前契約の具体的な決めごと手続きの準備
見合い
手続き 手続き
 

誰もが幸せな結婚にしたいと、そう願う。結婚前は誰もが、幸せになれることを望んでいるのです。でも実際には、どうでしょうか?お互いの立場やプライド、そして価値観が違って、離婚してしまう夫婦が多いのが現状です。また、離婚理由の1番は性格の不一致によるものです。もしもの時に備えて婚前契約を整えておくことも大切な時代なのでしょう。

手続き 手続き
.
婚前契約とは? 婚前契約で注意点や必要なもの
婚前契約の手順や流れ  

.
婚前契約の具体的な決めごととは?

婚前契約の具体的な決めごと手続き

婚前契約とは

 

有名芸能人が作成したことで話題の婚前契約とは?

婚前契約とは?

  1. 結婚する前に予め結婚生活に関する具体的な決めごとをしておきます。
  2. その内容を契約書や覚書などの書面で作成しておくことを言います。

ヨーロッパの常識

  • ヨーロッパでは、夫婦の共有財産については厳密に取り決めを行う傾向があるため、多くのカップルが婚前契約書を交わしています。

日本の常識

  • 日本では、少し前までは浸透していませんでしたが、有名人が婚前契約書を作成したことが話題となり、婚前契約を考えるカップルが増えています。

婚前契約の内容

  1. 婚前契約書で決めることが出来る内容に制限は無い。
  2. 夫婦の共有財産だけでなく
  3. 普段の生活における行動
  4. 普段の生活における姿勢にも取り決めを行うことができます。

例えば

結婚した後に飲食で肥満になることを嫌う人であれば、結婚後も何キロ以上太ってはいけないなどと言った取り決めも可能です。

また、良く夫婦喧嘩の元となる子育てのことを決める人もいます。

子どもが生まれたら、どちらか一方の負担が大きくならないために、夫婦で協力し合って子育てをするといったことを盛り込んでいます。

その他の記載

  • 嫁姑問題についてもよく記載事項に載せています。

多すぎる取り決めに注意

  • このように細かく自由に取り決めを行うことが出来ます。
  • あまりにも取り決めが多すぎると、普段の行動にも支障が起きる可能性があります。
  • ある程度許容できる事項は記載しないよう考え直すことも大事です。

なお、この婚前契約書

  • 一般的に婚前契約書は私文書であり、法的効力が発揮されることは少ないです。
  • しかし、公的機関に作成してもらったり、法律の知識に基づいて作成された契約書は、裁判所でも根拠の資料となりうる場合があります。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



婚前契約で注意点や必要なもの

婚前契約の具体的な決めごと手続き方法

婚前契約の必要性と、注意して置くべき点

 

 

婚前契約とは

  • これから始まる結婚生活を快適なものとするため、婚前に様々な面での取り決めをおこなっておくことです。

婚前契約の必要性

  • これをしっかりとおこなっておかなければ、夫婦間でのいざこざが起こる可能性が高くなります。
  • 結婚生活は、惚れた腫れたという思いだけでうまくやっていけるものではありません。
  • それまで全く異なる環境で暮らしてきた他人同士が、共同生活を始めるのです。
  • 生活習慣の違いや金銭に対する考え方の違いなど、多くの面で相容れない部分が出てくることが多いです。
  • そのような場合に相手を否定したり自分を否定されたりしていたのでは、結婚生活は幸せとは程遠いものとなってしまいます。

 

  1. 結婚前はうまくいっていた二人が、結婚後は衝突が増え、こんなはずではなかったと悔やみながら離婚するケースは、非常に多いです。
  2. ですからそうならないようにするために、婚前契約をしっかり交わしておくことは、自分を守り結婚生活を幸せなものとするために必要なことなのです。

 

断トツに多い夫婦の衝突

  • たとえば家事の分担や生活費の負担額などです。
  • お互いに相手に100%任せるつもりで結婚したのでは、いきなり結婚生活が破綻してしまいます。
  • また子供を作るか作らないか、作るとしたら何人かということも、婚前にある程度決めておくことが必要です。

さらに

  1. 介護に関する取り決めも大事です。
  2. どちらかの親が倒れた時に、どのように介護をおこなうのか?
  3. また施設に任せるのか?
  4. またその際の費用はどうするのかといった具合です。

 

婚前契約の大切なこと

大事な所は、自分の希望を述べるばかりでなく相手の意見も聞き入れ、うまく折り合いをつけることです。

そうしなければ、この段階で話がこじれて結婚話が白紙に戻ることもあります。

上手くまとまらない場合

  • この段階で相手が無理難題を押し付けてくるような場合
  • 結婚することを今一度考え直してみるのもひとつの手です
  • 不幸せな結婚にしないように相手の人間性をしっかり見ること

つまり、上記の様なことが、婚前契約で注意点とすべきことなのです。

 

結婚後の規則

  • 結婚後に、もしも婚前契約を破った場合にはどうするかという罰則を決めておくことも必要です。
  • さらに契約を口約束だけで済ませるのではなく、文書にしておくことも必要です。
  • 相手が契約を破った時に、口約束だと婚前契約自体がなかったと言い逃れをされてしまうこともありえます。
  • ですから証拠となる契約書は絶対に婚前契約に必要なものなのです。

効果的な婚前契約

  • 公正証書であればベストなのですが、自筆の契約書にサインをしたものでも効力はあります。

このように婚前契約をおこない、それを形で残しておけば、夫婦間で問題が起こった場合に解決しやすくなります。


 

それはつまり、幸せな結婚生活を長く続ける可能性が高くなるということです。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 

 

具体的な決めごとの手順や流れ

婚前契約の具体的な決めごとをする

婚前契約の手順と流れ

 

結婚を考えている人は、一生に一回しかないことなので失敗をしない結婚をしたい考えています。

最近は離婚する人も多くなってきているので、できるだけ幸せな結婚生活を送りたいと望んでいる人が多いようです。

 

結婚について話す重要性

  1. これから結婚を考えている人
  2. もうすぐ結婚をする人
  3. 結婚をしたばかりの人など
  4. お互いに結婚後のことについてじっくりと話したことがない人が多いです。

つまり

しっかりと二人の考えについてお互いに理解を示しておかないと、後でトラブルになったりします。

文章として残す大切さ

  1. この話し合いについてしっかりと文章にしておくことで、これが二人の記念にもなったりします。
  2. この文章のことを婚前契約書と言います。
  3. 自分たちで作成するのが難しいという人のために事務所に依頼をすることができます。

 

婚前契約書の作成を専門家に依頼

  • 婚前契約の手順
  • 婚前契約の流れ

婚前契約の申込み手順は次のようになっています。

  1. まずは電話などで事務所に依頼をします。
  2. そして事務所から結婚契約書作成目録が郵送やメールで送られてきます。
  3. このときに支払い口座についてもお知らせがあるので、入金を行います。
  4. この送られてきた目録から必要な項目を選んで、項目記入用紙に当てはまる記載にチェックか備考欄に契約書に記載したい内容を記入するようにします。
  5. そして記入した結婚契約書作成目録と項目用紙を事務所に送ります。
  6. これらをもとに事務所で契約書の作成を行っていきます。
  7. そしてできあがるのを待ちます。
  8. できあがれば証書ホルダーに入れてもらえるので、そのまま自宅へ郵送してくれます。

このような流れで作成が行われますが、気になるのがその費用です。

 

婚前契約書の費用

  • 項目は70以上あるのです。
  • ここから必要とされる項目を選ぶます。
  • それを基準に作成費用が変わってきますので一概には答えられません。

項目の基準

  1. 項目数が15個までと
  2. 項目数が30個までと
  3. 項目数が45個までと言うように分けられています。

更新の料金

  • 更新の場合には何も特別なことがない限り一律で5250円となっています。

婚前契約の項目

  1. 選ぶことができる項目としてはお金に関すること
  2. 仕事
  3. 家事に関すること
  4. 育児に関すること
  5. 親や親戚とのつきあいに関することなどがあります。
  6. またお金に関することはさらに細かく分けられています。

お金に関する項目

  1. 具体的には家計に入れる金額はいくらなのか?
  2. 貯蓄の目標額?
  3. お小遣いの金額はいくらなのか?
  4. また家計の管理は誰がするのか等まで決めることができます。

専門家に相談する前に

  • 以上のような内容に関してあらかじめ二人の間で話し合いをしておくようにします。

相手の真意を知ることができれば二人の意思疎通ができます。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ


Topics Topics Topics
 

北海道から九州まで全国34店舗で展開
たくさんのカップル・ご夫婦にダイヤモンドリングと笑顔を届けてきましたダイヤモンドの専門店です。ゼクシでも絶賛のアイテム1万点以上極上の幸せを届けましょう。

この機会に参考にしてみてはいかがでしょうか。

 
  HP ダイヤモンドシライシ 参考ページへ行く diamond-shiraishi.jp/銀座結婚指輪  
Topics
ココがPOINT
ココがPOINT

婚前契約書を作成する事は自分らしく結婚後も生活するための計画書でもある。婚前契約を結ぶことで、お互いの結婚観や希望のライフスタイルが法律的に守られることになります。お互いが自分らしく、そして価値観を尊重し幸せな結婚生活を送るために、必要とされる物なのかも知れません。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT

・女性ママの手続関係 家庭の生活手続 ・婚姻・結婚や仕方↓ 婚前の具体的な決めごとをする 婚姻届の書き方 婚姻届受理証明書 結婚式アンケート 結婚指輪の常識 国際結婚の仕方 モラハラ相手の対策 再婚で結婚式を挙げる 結婚式の服装と常識 結婚式に招待での常識 婚前 婚前↓ 婚前 婚活で失敗しない方法 女性の婚活の仕方 男性が婚活する方法婚前契約 婚前契約書 結納の準備 結婚する為の手続き ご祝儀で結婚式挙げる 会費制で結婚式挙げる 離婚後に再婚する方法 家庭の生活手続 ・お見合い 家庭の生活手続 お見合の基礎手順 お見合い履歴書 家庭の生活手続 ・離婚・調停裁判関係 家庭の生活手続 ・裁判の手続き 家庭の生活手続 ・住民届け関係 家庭の生活手続 ・外国人住民届出関係 家庭の生活手続 ・学校関係 家庭の生活手続 ・引越関係の手続き ・養子縁組の関係 家庭の生活手続 ・お墓の関係 家庭の生活手続 家庭の生活手続 ・その他の関係