TOP > 家庭生活 > 住民票の移し方や住所変更手続き

 
住民票の移し方の方法
住民票の手続き
手続き 手続き
  住民票とは?個人がどこに住んでいるかを記録するものです。
つまり、国民健康保険や国民年金、児童手当などは、それを元に作成又は手続きされるのです。つまり住所が変わった場合、住所変更し登録しなおすということになっているのです。
手続き 手続き
.
住所変更の方法? 住所変更に伴い必要な事
 

.
住所変更の方法?
住民票の移し方

引越しやその他、住所を移動(変更)した場合は速やかに手続きを行いましょう。

 

1) 引越しまたは住民票移動(異動)先が、同じ、市区町村である場合の住所変更

○旧住所の管轄の市町村役所において、転居届出(住民移動(異動)届)の提出を行なうだけでよいです。市内の場合は手続きも簡単ですので、忘れずに行なってください。

※同じ市内での変更は案外ルーズに忘れがちになるケースがあります。

住所の転居移動(異動)は、転居日より14日以内に市町村役所に届け出する。

2)引越しまたは住民票移動(異動)先が、市外である場合の住所変更

○旧住所の市町村役所で転出届(住民移動(異動)届)を提出し、転出証明書の交付を受ける必要があります。

○新しく住所移動先である市町村役所に行き転出証明書と転入届を提出する。

 

また、転出届をせずに引っ越してしまった場合は、どうなるの?
転出届を出さずに、引っ越し先に移動した場合は、住民票移動(異動)先で転入届を提出することができません。

覚えておきたい事。原則として、引っ越す前に住民票の変更及び住民票移動(異動)は出来ないという事になります!

転入(異動)は、転入日より14日以内に市町村役所に届け出する。

※「住民移動(異動)届の際に窓口に来られた方の本人確認が必要である為に次の提示求め(本人氏名等が記載された書面(免許証等の提示)を行います。」

 

これは、第三者からの偽り、なりすまし行為、その他不正な届出を防止するための必要な策として求められます。


住所の移動(異動)手続きは土日祝日にはできません。

転出証明書を無くした場合は、転出した方(旧住所)の市町村窓口で再交付をうけることになります。

・引越しについての手続きを、知りたい方は引越し手続き(←クリック)を参考にしてください。

手続きページ


住所変更に伴い必要な事
住民票の移し方

住所変更に伴い必要になる事があります。

・国民健康保険
  旧住所での届出になっていますので、必ず変更しなければいけません。もしも、国民健康保険の使用する用事が生じた場合に面倒な事になってしまいます。

 

・国民年金
旧住所での届出になっていますので、必ず変更しなければいけません。とくに年金問題など解決していない事が多だありますので忘れずに変更しましょう。

 

・印鑑登録
印鑑証明など必要となる場合に、住所が違うなど後からでは面倒です。出来るときに一緒に行なうようにしてください。

 

・金融機関
銀行などの口座照会などは登録住所に送られます。旧住所等に別の方が住んでいる場合は送られた書類を開封される場合もあります。個人情報を守る必要性があり必ず変更をしてください。

 

・郵便局に転居の移転届
郵便局に移転の届出を出しておくと良いでしょう。旧住所に送られた書類等を新住所に転送して貰える便利なサービスです。(1年間有効)

 

・電話やインターネット
電話の開通工事には内部工事と外部工事があり開通は、その日に出来るものではありません。必ず前もっての予約が必要になります。

また、インターネットの回線もネット開通までに必ず日数が必要とされます。 NTTもしくは最寄りの業者に必ず連絡予約を入れてください。 (光回線やインターネットは新規の申し込みをするとキャンペーンなど安くなる可能性があります)

 

※その他、住民票の取得戸籍謄本、戸籍抄本の取得は手続きネットを参考にしてください。

手続きネット住民票の取得手続き

手続きネット戸籍謄本および戸籍抄本の取得手続き

 
手続きページ

1位口コミ
Topics Topics Topics
 

あなたも驚いていませんか!
社会に出ると、何かと印鑑を利用する事が多いことに

印鑑登録をするにしても、大切な書類に利用する印鑑を、まさか100円ショップにおいてあるもので済ますのはNGです。

そこでオススメするのはハンコヤドットコムさんです。
個人から法人まで幅広い各種印鑑を、一つ一つ、彫りこんで作成してくれます。
気合と気持ちがこもった世界でたった一つのあなただけの印鑑をこの機会に作成してみてはいかがでしょうか?

 
  HP印鑑 ハンコヤドットコム 参考ページへ行く http://www.hankoya.com//  
手続き最後

ココがPOINT
ココがPOINT

住民票の写しや住民票移動(異動)する際には、必ず「本人確認書類」を提示する必要になりました。
  郵便で証明書等を請求される方も本人確認が必要となりますので、本人と証明できる物や書類のコピーを添付してください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT

・結婚・婚姻 住民票の移し方 婚姻届の書き方 結婚式アンケート 国際結婚の仕方 住民票の移し方 ・お見合い 住民票の移し方 お見合の基礎手順 お見合い履歴書 住民票の移し方 ・離婚・調停裁判 住民票の移し方 離婚届の書き方 離婚調停申し立て 離婚裁判の方法 離婚相談 住民票の移し方 ・住民届け 住民票の移し方 住民票の取得住民票の移し方 戸籍謄本・抄本 本籍変更 住民票の移し方 ・外国人住民届け 住民票の移し方 外国人登録届出 外国人登録の変更届 在留管理制度 住民票の移し方 ・婚前・結婚前 住民票の移し方 婚前契約 婚前契約書 結納の準備 結婚の手続き 住民票の移し方 ・裁判 住民票の移し方 裁判の手続き 裁判傍聴申込み 住民票の移し方 ・学校関係 住民票の移し方 転校や転入 奨学金制度 進学の手続き 住民票の移し方 ・その他の関係 住民票の移し方 女性ママ関係の手続 引越し関係の手続き 端午の節句 お墓の建て方 ip電話 養子縁組の手続き


実印印鑑ハンコヤドットコム