TOP > 家庭生活 > モラハラ対策の手続

 
対策の改善と完全対応の対策
対策の改善と完全対応の対策
対策の改善と完全対応の対策手続き 対策の改善と完全対応の対策手続き
  モラハラ最近では珍しくない言葉になりましたが、自分もモラハラを受けているの?と感じた事は無いでしょうか。また、辛く苦しい思いと何とも言えない感情に疲れ果てている人もいると思います。この機会にモラハラについて、しっかり勉強をしておきましょう。
対策の改善と完全対応の対策手続き 対策の改善と完全対応の対策手続き
.
対策の改善と完全対応の対策とは 対策を受けてしまう人とは
対策の対応と策
 

.
対策の改善と完全対応の対策とは

対策の改善と完全対応の対策 モラハラとは

 

 

モラハラとは、モラルハラスメントの略語なのです。

どう言う行為がモラハラと言うのか。

簡単に言えば

  • 夫婦や上司または知人などから受ける、高圧的な言葉の暴力や暴言で精神的に追い込む行為です。

つまり

  • 夫から暴言
  • 妻から暴言
  • 学校で先生からの暴言
  • 仕事場で上司などから暴言
  • 近所や知人から暴言

など、その個人によって様々なモラハラ行為を受けているのが現実的な話なのです。

日常的に行われるモラハラは非常に多く驚くばかりですね。

 

モラハラの分類

  1. 精神に
    • (怒鳴る、侮辱する、怒る、言葉の暴力行為)
    • (消えろ、辞めろ、ウザいなど)
  2.  

  3. 家事に
    • (遅い、何故だ、せかす行為)
    • (何で遅い、マズい、出来ないんだなど)
    •  

  4. 仕事に
    • (出来ない、遅い、簡単な事だと迫る行為)
    • (何故出来ない遅いんだ、小学生でも出来るなど)

     

  5. 外見内面への
    • (見た目、内面、所有物、全てに文句や理由を付ける行為)
    • (プライベートにも入り込み高圧的な言葉など)

上記の様な問題が多く寄せられているのです。

  • つまり、あなたをコントロールしようとする行為を、回答できるものがモラハラとなります。

 

あなたが、該当するパターンと一致したら、それはモラハラ行為を受けている事になるのです。

 

つまり、モラハラと理解できたら、やるべき事があると言っているのです。

  1. モラハラ相手を徹底的に分析するのです。
  2. モラハラ相手が何をし、何がそんなに嫌なのか?
  3. モラハラ相手がどんな所でどの様に言ったのか?
  4. モラハラ相手のどういう所が我慢できないのか?
  5. その時の、自分の考え方は?
  6. 自分は、どの様に対処をしたのか?
  7. つまり、モラハラを改善しなくては毎日が辛く悲しい日々を送り続ける事になるのです。
    • いいですか、手続きネットを信じてモラハラ対応の対策を実行してください。

 

小さな組織の職場や家庭

職場や家庭と言う場所とは、複数の人が集まり成り立っている組織です。

そんな小さい組織で日々おきる出来事におびえたり怖がったり感情が不安定になるのは辛い事です。

つまり、モラハラ被害者は常にその様な感情に揺れ動いています。

モラハラを受ける人

  • 自分がダメな人間だから
  • 自分がシッカリしてないから
  • 出来ないと認めてもらえない

その一方で

  • 不平等に頭に来る
  • 正しい事を教えたい
  • 相手を理解させたい
  • 相手のペースに何故合わせる必要がある
  • 自分の方針や行動を分からせたい
  • 話し合いや対立で負けるのは嫌だ

上記の様に二面性な性質を持ち合わせている事も多くあり起伏や感情が不安定に揺れ動くのです。

 

人を傷つける行為

  • どちらにして、モラハラなどの行為はあってはならないのです。

では、どの様に対応して行くのか?

 

・家庭生活手続き目次へ行く

対策の改善と完全対応の対策手続きページ

 



対策の改善と完全対応の対策を行う

対策の改善と完全対応の対策

モラハラを受けてしまう人とは

 

 

モラハラは何処で起きている

モラハラの原因はどこ。

  1. モラハラ相手との考え方の違い
  2. モラハラ相手と行動の違い
  • モラハラ相手との考えや行動に違いがあるとはいえ、世間一般的に大きく掛け離れていると言う事は無いのです。
    • もしも、世間と掛け離れた行動が有るなら、あなたに原因があります。

 

やっぱり辛い苦しい

  • 普段からモラハラを受けている人は一種のマインドコントロールに合っている状態になります。

つまり

  • 相手の言う事が正しい
  • 俺なんか、私なんか全然ダメ
  • 言われて当然の人間だ
    • つまり、全てが受入れ体制となってしまうのも特徴です。

自分を責め続ける

  1. モラハラを受ける人の特徴は、強い思い込みが生み出す恐怖心を持っている。
  2. つまり、自分が悪いから、自分がだらしないから、だからだよ。
  • つまり、自分を責める事で安心し、そこを居場所だと思い安らぎさえ感じています。
  • モラハラを受ける事に存在を感じ、更には、ココが良いと感じる場合もあるのが最大の特徴なのです。

 

自分を自己分析

自分が何気なく使う言葉はどの様な言葉が多いのか分析する。

例えば

  • 何で
  • だって
  • 嫌だ
  • 無理
  • 私には
  • 私なんてそんなものなど
  • 全てが否定的(マイナス思考)である

上記の様な言葉が何気なく出ている、またはつぶやいている人は間違えなくモラハラ受けるタイプです。

つまり

自分は辛い思いをする被害者意識の固まり状態となる。

  • 心は常に、辛い苦しい
  • つまらない、良い事など無い
  • モラハラ相手に対しては、ヒドイ、憎い、嫌いと言う感情のみなのです。

 

顔の表現

  • 顔には精彩を欠き
  • 暗くどんより
  • 笑顔はほとんど無く
  • 根暗顔

モラハラを受けている人の顔にも影響を与え、常につまらなそうな表情をしている。

 

友人または知人に相談

  • モラハラ生活の辛さ
  • 苦しさ
  • 恐怖心
  • 存在を無視
  • 自分は悪くないのに
  • 自分を理解してくれないなど
    • 話す会話は全て被害者感情をむき出した愚痴

つまり

  • 自分は悪くないのに責められる怒られる強要されるのは何故なの?
  • 悪いのは実はすべて相手の方に原因があるのに、相手は自分を悪く言う。

 

モラハラで無いと考える人

憎しみは愛情表現の裏返し、と言う言葉もある様に人の受け止め方で考え方も大きく変わるのです。

例えば

  • 相手が、○○の様に言って来るのは、私を心配または愛しているからなで、いつも気にかけてくれている。

上記の様に考える人はモラハラとは無縁の生活を送っているのです。

  • つまり、自分の考え方次第でも、大きくモラハラに対する定義が変化すると言う事なのです。

 

モラハラが改善しない

改善出来ない場合

  • 法的な処置で改善する方法があります。
  • つまり、裁判を起こすと言う事になります。

但し、この打開策は最終的な方法となり、あなたが夫婦なら離婚を覚悟の上で行うと言う事になりそうです。

 

・家庭生活手続き目次へ行く


対策の改善と完全対応の対策手続きページ

 



 

対策の改善と完全対応の対策

対策の改善と完全対応の対策

モラハラの対応と対策

 

 

友人や知人に相談

友人は親身に聞いて貰えますが、その立場や状況を見ていないので、やはりどこか理解して貰えなかったりしますね。

  • また、そんな相手は無視したらいいよ。とか
  • あまり気にしないでと言われる事も多く
  • あなたはモラハラ相手の悪口、愚痴、文句
  • あなたは被害者の代表の様になり
  • 被害者意識の固まりで頭が固定されます

やはり、自分でしか分からない辛く苦しい現実は私だけと考えたりします。

 

モラハラを行う者は

  • 自分の立場が上位
  • 周りから常に誉められたい
  • 自己中心的で周囲と合わせようとはしない
  • 誉める様なことはまず少ない
  • 口を開けば欠点や悪口を言っている
  • 誰かの忠告や意見を嫌う
  • 自分の無条件に相手を従わせる
  • 自分の追求と利益に夢中になる
  • 自分は選ばれた人だと思い込む
  • その様に思っている人がほとんどだからです。

つまり、あなたを標的にして家族や周りに力を示しているのです。

また、自分だけを大事にする自己防衛型の人間なのです。

そんな相手に対し対策する

  • 対策1.何故?必要以上に私を責めるのか?
  • 対策2.何故?集中的に攻撃をするのか?
  • 対策3.何故?周囲の前で馬鹿にするのか?
  • 対策4.その様な事は今後一切やめてください。
    • 上記を伝えた所で改善されないのがモラハラ相手の特徴。
    • 全て自分が正しいと正論を並び立てる。

あなたが面と向かって相手と対立し言い争いすると、相手の自己防衛能力に疲れ切ってしまうのです。

 

つまり、モラハラ相手とは争わない事

  • 争わないと言う事は、理解は出来ないと思いますので、受け流すと言う表現がぴったりです。
    • 簡単に対策から言えば、軽く受け流す事です。

つまり、聞いて聞いて無ければ良いのです。

  • ※聞こえなければ何の感情も沸き上がって来ませんね。

視覚に入る

相手の動き、つまり映像は、形態模写かハリウッドスターで有名なチャップリンでも見ていると思えば良いのです。

つまり、面白い動きだなーと感心していれば良いのです。

 

モラハラは攻撃では無い

  • モラハラ相手を強制的に改善させる対策や手立てはほぼ無いと等しい
  1. つまり、相手を変えようとしても無駄に終わるのです。
  2. そこには、相手の幼稚的な考えを変える事が出来ないからです。
  3. つまり、モラハラ相手は、あなたに危害や攻撃をしていると言う意識は全くないのです。
  • むしろ、モラハラ相手は
  • あなたを治してあげている
  • 良い事をしている
  • 改善出来ればお互いに良い
  • あなたが変わって喜んでもらえる
  • 自分がいるから相手も平和でいられるなど、思い込んでいる。

 

つまり、幼稚な愛情表現であるのです。


また、その様な考えの人と対立をすれば、良くない方向へ動くのは当然で、もっともっとあなたを改善つまり良い方向へ導かなくてはと、更にエスカレートして行くのです。

 

改善の対応と対策

  1. つまり、対立しなければ、エスカレートはしないのです。
  2. ですから、受け入れること、そして受け流すこと。

つまり、モラハラ相手がする行為は

  • 幼稚な愛情表現で上手に表現が出来ない為にあらわれる行動と言動なんだと思う様にするのです。
  1. その受け入れ態勢が、いとも簡単にできる様になること
  2. 受入れが出来れば、とても生き生きと自分を取り戻すこともできる
  3. なにより嬉しいことは、モラハラ相手を操作することが簡単にできる様になっていると言う事なのです。

 

その様に自分の心と感情をコントロール出来る様になれば、愛として受け止める事も優しさと受け止める事も出来る様になるのです。

 

モラハラが解決しない場合

  • 何をしても拉致の開かない場合の対策は社会的に訴える方法があります。
  • また、あなたが精神状態が不安定の場合は、呑気にしている場合ではありませんね。

あなたが健康を害しては何にもなりません。

つまり、対策として法的に訴えるのです。

例えば、モラハラが会社の問題で上司のモラハラだとしても結局は会社への訴えと言う事になります。

  • つまり、会社は退職覚悟で訴訟を起こすと言う考えで行ってください。

 

訴える前に用意するもの

ただ単に訴えたとしても、誰も取り合って貰えません。

  1. つまり、あなたがモラハラを受けていると言う証拠が必要なのです。
  2. その証拠が無ければ、第三者に相談しても、動きたくても動きようがありませんね。

 

モラハラ証拠

あなたはどの様なモラハラを受けているか?証拠となる物を確保する必要があるのです。

  1. 日々行われるモラハラ日記
  2. 何処でどの様にモラハラを受けたか
  3. 誰から受けているのか
  4. どの様な行為なのか
  5. モラハラ相手の詳細
  6. 承認や証拠となる目撃人物

以上の様な事を詳細に説明できる事。

つまり

徹底的な証拠

モラハラを受けている事が分かる物証など

  1. モラハラの写真
  2. 録音や録画
  3. 医師の診断書など

モラハラは、日々エスカレートして行くのですが、モラハラを行う者は頭が良い方が多いのも特徴なのです。

上記の医師の診断書などは時として身体に影響を与える暴力の行為の診断書ですが、モラハラ相手が自分に不利になるような行為は、ほとんど無いのが特徴なのです。

それよりも、診療内科でモラハラの為に心が病んでると言う診断書が良いでしょう。

精神的な苦痛の場合は、迷わず医師の診断書を貰ってください。

 

モラハラで耐え難い場合の手続き

  1. 市町村の市民相談窓口などに相談すること
  2. (暴力などの身体に影響がある場合は最寄りの警察)
  3. 弁護士などの専門家に相談する
  4. 必要に応じて訴訟を起こす

 

1.市町村の市民相談窓口などに相談する

  • 無料で行う相談窓口なので気軽に相談できますが、予約が必要です。
  • 別途に相談依頼や専門家などの紹介も行って貰えるのです。

2.警察に訴える

  • 身体などに与えられる暴力行為がある場合は被害届を出します。
  • ※もし、生命に影響する場合は保護を求めてください。

3.弁護士に相談

  • 弁護士は相談してからの動き出しが非常に早いです。
  • もし依頼した場合は、法律のプロなので、不当な扱いを受けたとされる証拠から相手の交渉までバンバン進めて行ってもらえます。
  • ※相談だけでも、話しを聞いて答えを出して貰えます。

 

4.訴訟を起こす

  • 簡潔に問題を重要視して、解決をもとめるなら、訴訟を起こすと良いです。
  • モラルハラスメントの行為に損害賠償と慰謝料を請求するのです。
  • 基本は、自分だけでも訴訟申立て出来ますが、裁判は素人には難しいので弁護士に依頼します。

上記が、モラハラを受けた後に行う訴えの手順と手続きです。

 

 

モラハラの慰謝料

ごく、一般的な慰謝料として

  • 50万円〜
  • 200万円くらいとなっています

上記の様な慰謝料となりますが、時と場合により、更に高額になる場合もあります。

また、損害賠償の額も、事案によっては大きくその額が異なって来ると言う事になります。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

 

対策の改善と完全対応の対策手続きページ

 

ココがPOINT
対策の改善と完全対応の対策手続きポイント

モラハラを受ける人の苦しみは想像を超えると思います。しかし同じモラハラを受けてる人で、それをモラハラと感じていない人もいるのが現実です。またモラハラを与える人はモラハラなどと微塵(みじん)も思っていないむしろ良い事をしている意識でしかないと言う事です。しかし受ける人は迷惑でしかありませんね。
スポンサード リンク

手続きポイント
対策の改善と完全対応の対策手続きポイント