引越し業者
 

 

悪徳・違法引越し業者の見分け方 手続きネット TOP引越し業者選び手続き

引越し悪徳・違法の引越し業者の見分け方

以下のことが守られていない業者は、悪徳・違法業者といえます。

●トラックのナンバー
引越し業者のトラックは、緑ナンバーと黒ナンバーが基本です。
まれに忙しい時期には白ナンバーのトラックを使うことも。ただし、これは陸運局の許可を得たものです。
引越しシーズンでもないのに白ナンバーのトラックがきたら、「ん?」と思っていいでしょう。

●値引率
「半額!」などの高い値引率にも要注意。
もともとの基本料金を高く設定しておき、値引率を上げている場合もあるのです。合い見積もりを取らないと、意外と高い料金を取られていることに気づかないかも…。

●サービス品
まだ成約していないのに、見積もりの時点でダンボールなどを置いて帰る引越し業者があります。
でも、これを受け取ると予約したものとされ、他の業者に発注した場合にキャンセル料を取られることも。
こういったトラブルは多いので、成約するまではサービス品は受け取らないほうがいいでしょう。
また、契約が成約していても、サービス品などの提供を受けていなければ、3日前まで無料でキャンセルできることも覚えておきましょう。

●見積書のチェックを忘れずに
事業所名・所在地・電話番号・許可件名・許可番号・業者番号などは書かれていますか? 
何が有料オプションで、何がサービスなのか明確になっていますか? 
作業内容について、きちんと書かれていますか?
これらの情報は、悪徳・違法業者を見分ける上でとても大切です。必ずチェックしておいてくださいね。

●見積もりの際に「引越し運送約款」の提示があったか?
引越し業者には、正式な見積もりの際に「引越し運送約款」というのを契約者に見せる義務があります。
これは引越しの契約書。必ずチェックしてください。

そしてこの中には、
予約金や手付金の支払い義務はないこと
何のサービスも受けていない場合は、3日前までは無料でキャンセルできること
引越し業者から、引越しの2日前まで何の連絡もない場合、当日キャンセルも無料でできること
特別な引越し契約でない場合、料金は後払いであること
などが書かれています。内容も必ずよく読みましょう。

 
 

close


手続きネット TOPページへ行く

引越し下部