TOP > 家庭生活 >子供がほしい 妊娠方法手続き

 
妊娠したい
妊娠したい
手続き 手続き
  女性のからだにはリズムがあり、ほぼ1ヶ月の短いサイクルでも変化しています。
女性のからだは女性特有の構造になっており、初潮、乳腺の発育、妊娠、出産、授乳、更年期、閉経など、一生のうちに色々と変化を体験します。ここでは妊娠のメカニズムについて勉強しておきましょう。
手続き 手続き
.
妊娠の仕組み 子供を授かるために。
 

.

妊娠の仕組み
出産

妊娠の仕組みはどのようなメカニズムでしょうか。

子供がほしいと思ったら。自分の体の仕組みとサイクルを知ることからはじめましょう。

体の仕組みとサイクルはどうなっているのか?

女性の体は複雑に出来ています。
そしてホルモンのはたらきで、月1回の排卵と月経のサイクルを繰り返す仕組みになっています。

卵はどうなっているのか?

月経の頃に脳下垂体からホルモンが出ます、それが卵巣を刺激して卵の成熟を始めます。成熟しはじめた卵は、脳下垂体から出ていたホルモンをストップさせます。こうして成熟する卵は最後に1つだけとなり、約2週間かけ排卵の方向へと向かいます。


排卵後はどうなるか?

排卵後、卵巣に残った細胞は黄体ホルモンを出す黄体という状態になります。

黄体ホルモンの働きによって子宮内膜は厚くなり、受精卵を迎え入れる準備が始まります。そして、排卵のあとの精子を受入れられずに卵が受精しないと黄体ホルモンはストップします。やがて必要なくなった子宮内膜ははがれ落ちて排卵から約2週間後に次の月経が始まります。

また、排卵された時に、運よく卵子と精子が出会って結合すると、受精卵となり妊娠準備となります。

受精卵は分割を繰り返しながら細胞の数を増やしていきます。それと同時に子宮を目指して、卵管の中を移動していくのです。

やがて受精卵が子宮内膜までたどり着くと、この子宮内膜を溶かしながら着床します。これが妊娠です。

手続きページ


体の仕組みは?
出産

女性が妊娠する体の仕組み。

子宮の働きは。

赤ちゃんが育つ場所または育てるママの部屋となるのが子宮です。全長が約7,5cm、幅は約4,3cm、厚さが約2,5cmのらっきょのような形をしています。子宮は全体が厚い筋肉でできていて、その内側に小さなすき間があり、この子宮の筋肉の内側が子宮内膜と言い 外側が子宮外膜と言います。

 

卵巣と卵管は。

卵巣と卵管は左右に1対あり、卵巣は成熟した卵を周期的に排卵する役目と卵胞ホルモンや黄体ホルモンというホルモンの合成・分泌を行ないます。
また、卵管は卵巣から排卵されて出てくる卵子を大事に受け取る役割があり。受精卵を子宮に運ぶのに、卵管の内側にある線毛と卵管自体のぜん動運動によって行なう働きをします。

 

受精は。

排卵された卵は、卵管采から卵管に入り、そのまま子宮へと進みます。途中、卵管の入り口付近で一時待機し、精子がやってくるのを待ちます。

女性の膣内に射精された精子は、射精後約2時間で子宮・卵管を泳ぎきって、卵子の近くまでこれる精子はわずか数百匹ほどです。
その厳しい競争を勝ち残ってきた精子だけが受精するチャンスがあり、卵子は、精子にとっては分厚くて硬い膜(透明帯)に覆われています。
この膜を突破するのには精子の先端にあるヒアルロニデースという特別な酵素の働きが必要になります。
しかし1匹の精子が持っている酵素の量ではこの透明帯を突き破ことは不可能です。 何匹もの精子が協力して透明帯にアタックし、一匹の精子が卵子の細胞膜を破って中に入り込むと受精となります。受精すると卵子には膜ができ、他の精子が入ることはできません。

更に細かく言えば沢山ありますが、このような緻密で繊細な作業を繰り返して妊娠を迎える事ができるのです。

 

基礎体温をチェック。

基礎体温は毎朝、目が覚めたらすぐにはかるようにします。布団からでる前に寝たままで行なうようにします。計測の方法は、脇ではなく体温計を舌の下で測る舌下式です。測ったら、すぐに体温表に点で記録します。

月経、下腹痛、出血などは分かるように記号や印を決めて、日付の下に記録。月経が始まった日を月経周期第1日目とし、月経開始日から次の月経が始まる前の日までを1周期とします。

低温期

月経が始まってから約半月の期間、低温期が続きます。この間、次の排卵まで卵胞ホルモンが分泌されます。個人差があるので、低温期が何度という平均値はありません。

排卵

基礎体温の上下がはっきり分かる人の場合は、一度体温がグーンと下がります。そこから急激に体温が上昇し高温期に移行します。この急上昇するあたりが排卵と考えられます。

高温期

排卵後、黄体ホルモンが分泌されて体温が高くなります。受精がなければ約2週間で黄体ホルモンの分泌が止まり、必要のなくなった子宮内膜ははがれ落ち、月経が始まります。妊娠しなければ約2週間、体温の高い日が続きます。
手続きページ


2位人気サポート
Topics Topics Topics
 

赤ちゃんと出会うための需要な主成分!マカ本来の“質”を体感ください!
マカはどれもが同じではありません。
お身体の健康のために摂取するものですから、「安いから」「近くで売っていたから」という理由で購入してしまうのは全くの本末転倒です。
 マカ自体の素材にこだわり本来の力を最大限に引出す効果的な物でなければいけません。そこでオススメするのが徹底的に品質に自信を持った「Hot Store, Inc」です。
この機会にぜひ一度、本物の“質”をご体感ください。

 
  HP のこだわりマカHot Store, Inc 参考ページへ行く http://ww.maca10.com/  
Topics

子供を授かるために。
出産

子供がほしい妊娠したい子供を授かるために必要な事。
妊娠しやすい体作りを心がける事が大切です

毎日の生活を改善し規則正しくが基本です。極端な太りすぎ、やせすぎも妊娠の妨げになります。

食事

毎日の規則正しい食事はからだそのものを作り出す基本でもあり非常に大切な部分です。
朝食を抜いたり、簡単にファーストフードで食事を済ますことはNGとしてください。 

すぐにでも赤ちゃんをほしいと考えるのであれば、人間の体を作り出しているもっとも必要な栄養素、炭水化物、油脂類、たんぱく質、ビタミン・ミネラル類をバランス良くとることです。

惣菜や出来合い物、加工食品では十分ではありません。むしろ避けたいものです。新鮮で安全な食材を、自分で作り、家族や友人と楽しみながら食事をする事で栄養の消化・吸収にも良いのです。

 

NGな物

缶や缶詰食品 缶の内側の塗料にエポキシ樹脂が使われている物が多くあり、缶から環境ホルモンと疑われるビスフェノールAが混入しているといわれています。
プラスティック容器に入った食材 惣菜やお弁当の容器は、加工する過程で化学薬品を使用しているおそれがありますので、陶器など別の容器に移し替えてから電子レンジを使用しましょう。

※もし妊娠した場合、喫煙&アルコールの摂取はやめる覚悟が必要です。喫煙していると低体重児や、お酒も胎児アルコール症候群などのトラブルを招く可能性が非常に高いです。赤ちゃんがほしいと考えるなら、パパもママもタバコやお酒は必ず控えるようにしましょう。できれば辞めてください。

 

冷え性体質

冷えは、不妊を引き起こす原因となります。おなかが冷えていると、子宮や卵巣の機能が低下し、婦人科系の疾患を引き起こす場合もあります。
冷え性の改善方法として、適度な運動を習慣づけ、基礎代謝をあげ血液の循環を良くするように心がける事です。

ストレス

ストレスは人間の生殖機能に大きな影響を与えている事実が確認されています。
そのストレスが原因で不妊になることがありますので注意が必要です。

生理痛や生理周期の異常はホルモンの分泌やバランスの乱れなどの原因に(不妊に)繋がる場合も多くあります。
ホルモンの分泌異常は特に注意が必要となります。

おおまかに以上の事は特に注意が必要な項目です。元気な赤ちゃんを授かり産むためにも日々の努力が必要です。

※もしも、赤ちゃんが健康の状態で生まれてこなかった場合?

原因の90%以上が親の不摂生または母体時の要因が引き金になっているといわれています。元気な体で生んであげる事は親(母親)として当然の義務だと言うことを忘れずに。

また、不妊で悩むママさんの強い見方になる不妊治療の療法が活発に進んでおります。中でも高度生殖療法など最先端での治療も目覚しく進んでいますのでお悩みのママさんは一度参考の為にも目を通してください。

手続きネット不妊治療の療法

手続きページ


人気サポート
Topics Topics Topics
 

食事のバランスは体作りに大切な事はご存知でしょうか?特にお腹に赤ちゃんを身ごもりたい、あなたや身ごもったあなたには需要だと認識してください。そこで手続きネットがお勧めしたいのが、温めるだけでおいしいディナーが完成!カロリーはたったの400kcal前後が中心です。
この機会にバランス栄養美食セットに問合せしてみてはいかがでしょうか。

 
  HP 美建倶楽部 参考ページへ行く http://www.bikenclub.com/  
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

食品添加物、大気汚染物質の注意は必要ですね。また、タバコの煙の中にはダイオキシンをはじめとする発がん物質が含まれていると言うデーターも一部で検証されていますので、健康に今後の家庭生活を営みたい、送りたいと考えているなら毎日の行いを健康に過ごせるように注意が必要と言えるでしょう。
スポンサーリンク

ココがPOINT
ココがPOINT

ママのカテゴリー


・妊娠・出産

妊娠の心得
出産の手続き
出産届け書き方
出産手当金
┣妊娠の仕組み
不妊治療の方法

・子育て・小児

児童手当金
小児医療費助成
児童扶養手当の受取り
子育て成長基礎知識
保育園の入園手続き

・母子父子家庭

シングルマザーの仕事
母子家庭の手続き
遺族基礎年金

・産休

最近の女性の産休
産休の条件と計画
産休期間の手続き

・その他

更年期障害の対策