TOP > 家庭生活 > 住民票の取得手続き

 
住民票の取得の一連の流などの方法
住民票の取得の一連の流など
住民票の取得手続き 住民票の取得手続き
  住民票とは?個人がどこに住んでいるかを記録するもの。
今現在の住んでいるところを登録・証明するもの。例えば引越しして住所が変わった場合など速やかに住所変更し登録しなおすということになっているのです。
住民票の取得手続き 住民票の取得手続き
.
窓口で住民票を取得する方法? 郵送にて住民票を取得する方法?
 

.
窓口にて住民票を取得する?
住民票の取得発行などの一連の流など

住民票の取得(写し)窓請求方法

住民票の写しの請求には、請求者本人またはその世帯の方が直接、区、市町村窓口に出向く、

もしくは代理人や使者が証明書を取る場合は窓口に来られる方の印鑑と請求者の委任状(請求者の押印がされているもの)が必要です。住所が同じでも、世帯が異なる場合は委任状が必要です。

 

住民票の窓口請求の取得方法は以下を参考にしてください。
1 本人または代理人が請求する場合

  1. 提出書類  申請書(区、市町村役所市民生活課または各支所の窓口に備え付けてある専用用紙。)
  2. 請求窓口  区、市町村役所市民生活課
  3. 請求方法  窓口で直接取得または郵送での取得
  4. 必要なもの 印鑑(認め印でかまいません。また、本人及び住民票を同じくする方が窓口で自署の場合は印鑑は不要。)


※代理人が請求するときは委任状が必要です。
(同居をされている親族の方でも住民票上同一世帯でなければ委任状は必要です。)


2 第三者が請求する場合

  1. 提出書類   申請書(区、市町村役所市民生活課または各支所の窓口に備えてあります。)
  2. 請求窓口   区、市町村役所市民生活課または各支所
  3. 請求方法   窓口で直接または郵送
  4. 必要なもの  委任状

代理者の印鑑(みとめ印でOKです。)詳しい請求理由を添える事。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

住民票の取得手続きページ

 



1位口コミ
Topics Topics Topics
 

開運を目的に作られた印鑑屋があります。

創業55年の歴史を持つ開運社本店が開運を目的にこだわっている事があります。

それは、生まれ持った運勢の下降を好転させるために象牙、黒水牛、オノオレカンバ、天然石の水晶、めのう、翡翠などの印鑑を印聖寛山先生の「八方定義」鑑定による彫刻法で作りだします。

この機会に強力な運気のこもった印鑑を作ってみてはいかがでしょう

 
  HP実印 福徳開運本店 参考ページへkaiunsya.co.jp/  
手続き最後

取得の一連の流など
住民票の取得の一連の流など

住民票の取得(写し)の証明は郵送でも請求することができます。遠距離な方は郵送による請求が便利です。

 

住民票の写しについては、区、市町村役所のホームページからダウンロードした請求書または自分で用意した便せんなどに請求に必要な事項を記載し、返信用封筒に切手を貼り、定額小為替(郵便局で購入)の全部を封書に入れて区、市町村役所の市民生活課住民係へ郵送(各支所では受付できません)し、証明書の申請を行うと、返信封筒に入れて送り返して貰える。

ただし、請求の内容や、または手続き上、本人の委任状や請求理由を明らかにする書面等が必要になる場合もあります。
(※ダウンロード出来ず用紙が取得できない場合は、手書きでも申請可能です。その場合は区、市町村役所の担当に直接TELして、書き方の方法をお聞きください)

住民票の写しなどの郵送請求の方法については以下を参照ください。

2.住民票…住所、氏名、生年月日(いずれかが不明でも発行できません)

  1. 本籍地・筆頭者・続柄の記載の有無
  2. 請求者との続柄
  3. 本人以外の請求の場合は委任状が必要です
  4. 請求者の住所、氏名、昼間連絡のとれる電話番号
  5. 抄本の場合、必要な人の氏名

 

●住民票 郵送申請に必要なもの

請求用紙
(担当の窓口)

各市区町村の備付の請求用紙(本籍地、住民票なら所在地の市町村区役所の戸籍係)が無い場合は自作でも良い。

手数料

郵便局の定額小為替、または現金書留での送付が必要(各市区町村により手数料が異なります)

返信用封筒

返送先の住所、宛名を記入し、切手を貼付。目安としては一通80円。それ以上の複数の枚数請求であれば90円、140円。

身分証明書コピー

運転免許書、保険証などのコピー

 

請求にかかる日数は、普通郵便での請求の場合、往復の配達日数や役所での処理等で一週間ほどかかることもあります。

注意:第三者が他人の戸籍の証明を請求する場合は委任状を添付する必要があります。

 

※その他、住民票の移し方戸籍謄本、戸籍抄本の取得は手続きネットを参考にしてください。

手続きネット住民票の移し方の手続き

手続きネット戸籍謄本および戸籍抄本の取得手続き

 

・家庭生活手続き目次へ行く

 
手続きページ

 


1位口コミ
Topics Topics Topics
 

社会に出ると、何かと印鑑を利用する事が多いことにあなたも驚いていませんか!
印鑑登録をするにしても、大切な書類に利用する印鑑を、まさか100円ショップにおいてあるもので済ませてしまうわけには行きません。

そこでオススメなのがこのハンコヤドットコムさんです。
個人から法人まで幅広い各種印鑑を、一つ一つ、彫りこんで作成してくれます。
気合と気持ちがこもった世界でたった一つのあなただけの印鑑をこの機会に作成してみてはいかがでしょうか?

 
  HP印鑑 ハンコヤドットコム 参考ページへhankoya.com//  
手続き最後

ココがPOINT
ココがPOINT

平成20年5月1日より、窓口で住民票の写しや戸籍関係の証明書等を交付請求する際には、必ず「本人確認書類」を提示する必要になりました。これは、なりすましなどの不正行為や住民票の写し等の交付請求を防止する目的と、個人情報保護のため、戸籍法・住民基本台帳法の一部が改正され、本人確認を行うことが義務付けられたことによります。
  郵便で証明書等を請求される方も本人確認が必要となりますので、本人と証明できる物や書類のコピーを添付してください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT