TOP > 家庭生活 > 離婚後の再婚の手続

 
離婚後に再婚する方法の書き方
離婚後に再婚する方法の書き方
離婚後手続き 離婚後手続き
  離婚も珍しくない言葉になりましたが、再婚となると少し感覚が変わりますね。また、子どもがいる場合の再婚など見極めが非常に大事になりますね。ここで、しっかり再婚を勉強をしておきましょう。
離婚後手続き 離婚後手続き
.
離婚後の再婚と心構え 離婚後の子の入籍
離婚後の再婚の期間
 

.
離婚後の心構え

モラハラ 離婚後の再婚と心構え

 

 

現代で、離婚と聞いてビックリする様な人は、まずいませんね。

それだけ離婚する人も多いし離婚が当たり前などと言う感覚もあります。

 

しかし、再婚となると。

チョット待ってという方が多くなります。

それは、そのはず再婚となれば慎重になります。

また、周囲の反応は

  • 次は大丈夫なの?
  • 何やっている人なの?
  • どんな人なの?優しいの?
  • 子ども大丈夫なの?
  • 心配では無いの?

あなたも不安であるなら、周囲も不安で心配になるのは当然のことですね。

つまり、自ずと離婚後の再婚には慎重になると言う事です。

 

再婚の為の心構え

再婚に急がない
  • 離婚は離婚、再婚は再婚です。
  • 離婚したので、すぐに結婚しなくてはなどと思ってはダメ。

つまり、再婚を急ぐあまりに冷静になれず墓穴を掘る人は少なくないと言う事を知ること。

同じ過ちを繰り返さない為にも焦ったり急いだりなどは言語道断です。

 

離婚後に素直に考える

  1. 離婚した事で何故か負い目を感じている人がいます。
  2. 離婚は仕方がない事と割り切る考えも必要です。
  3. また、周囲のことを考えたり目線などが気になると思いますが、周囲はあなたが考えるほど気にはしていないのです。
  • 再婚だからとマイナス感情を持つのでは無く
  • 素直な気持ちで相手と向き合い心を通じ合わせる事が大事です。

 

自分の押し付け

  1. 今度は失敗は絶対にしないぞ。
  2. 離婚後その様に思うことは良い事です。
  3. しかし、自分の考えを押し付け相手をコントロールしようとすることは良くはありません。
  4. また、求めすぎるのも後々ガッカリする要因をつくる可能性があるのでダメですよ。
  • 相手と共に作り合あげると言う姿勢が大切になるのです。

 

新しい気持ち

再婚とは、今までの結婚の延長線上ではありませんよ。

  1. つまり、新たな生活が始まると言う事です。
  2. あなたは再婚なので1度結婚生活を経験していますが、相手は初婚です。全てが初めての経験になるのです。
  3. なので、なんで出来ないの?このくらい分かるでしょ?前婚者は出来たのに、、、などと言う考え方はあってはならない事です。
  • つまり、新たな人生の始まりを一緒に作り上げていくと考えなければ上手に行かないのです。

 

結婚生活の約束を決める

  1. 結婚して夫婦ともなれば、色々な問題に直面するのは誰でも分かるはず。
  2. つまり、問題を放置すれば喧嘩になり、意見が食い違えばすれ違う事が多くなります。
  • お互い性格も違えば趣味も価値観だって多少は違う、そんな二人が楽しい生活を送る為には2人の約束事を作成するのです。
  • つまり、夫婦のルールで、共通する明確な約束事があるだけで、いざこざが極端に少なくなり尊重し合う様になるのです。

 

子連れの再婚心構え

離婚そして再婚と、あなたは自分本位に人生を進めますが、子どもは常に親に従うだけの弱い存在です。

  1. あなたの離婚の時は、不安と恐怖心で心が張り裂けそうな思いでジッとパパとママの成り行きを見守り、出来れば仲良く暮らしたいと考えていたのです。
  2. 再婚する時は、知らぬ相手が自分と親の城に入り込んでくるのです。
  • それは、子どもでしか分からない、とても複雑な心境と恐怖、ストレスでの何物でもありません。

つまり、あなたと再婚相手は第一に子どもの事を考える必要があると言う事です。

  1. まずは、心の不安や恐怖心を取り除き安心感を与え愛の心に導く義務があると言う事です。
  2. 焦りは禁物で、急ぐばかりに子どもが心を閉ざす場合もあり、その後の生活がギクシャクする事も多く報告されています。
  • つまり、心の解放と笑顔が満載に溢れるまで待つと言う事です。

 

最後の最後に慎重になる

  1. 再婚は焦ったり急いだりしては絶対にダメ。
  2. 再婚を急いだ結果、また失敗したと言う事は良くある話です。
  3. また、再婚相手を見抜けないばかりに、子どもがDVで虐待など、良くある事実です。
  4. まさかと思ってはいけません。あり得ないなどと言う事は無いのですから。
  5. 婚前では、良き親を演じているので、結婚した後に変化し始めます。
  6. 変化し始めると急激に変わります。
  • あなたは何の為に再婚したのか?
  • 元も子もないし再婚がもっと最悪の結婚生活になる場合も多くあると言う現実があります。

そんな苦しみの再婚にならない為に、急がず慎重になると言っているのです。

例えば、友人や知人に再婚相手を紹介し観察して貰うのです。

  1. 第三者は冷静です。
  2. つまり、あなたの再婚相手を冷静に見て貰い、途中に出る素の顔や感情などを正直に思った通りに分析して貰う様に、友人や知人に頼んでおくと言う事です。

つまり、あなたには見えていない部分が第三者には良く見える事は良くある事です。

  • 分析は、良い分析ばかりでは無いと言う事
  • そして素直に分析結果を受け止める冷静な心が無いと、この方法は行っても時間の無駄となるだけです。
  • つまり、あなたの受け入れ態勢と心が大事になります。

この方法は、相手を信用していないと言う事では無く、幸せな生活を送る為の見極めです。

ココの分析を怠り、再度失敗している人が多く存在する事実を知っておいてくださいね。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

離婚後手続きページ

 



離婚後の子の入籍

離婚後

離婚後の子の入籍

 

 

親の再婚とは別の考え

親が再婚すると子どもの氏や戸籍はどうなるのか?

  • 通常の場合の考えでいけば、親が再婚相手の籍に入籍する事で、子どもも自動で一緒に入籍すると考えると思いますね。
    • しかし、実は違うのです。

子どもは、親と一緒に戸籍移動するのでは無いのです。

例えば

  • 元々母親の戸籍であれば、そのまま母親の戸籍に残ったままなのです。

 

再婚相手が親子になるには

例えば

  1. 母親が再婚すると氏が変わり再婚相手の氏となります。
  2. しかし、子どもは母の氏のままですね。
  • つまり、子の氏の変更をしなくてはいけません。

変更の方法

  • 家庭裁判所にある氏の変更手続きを行います。

また、氏は変更できましたが、これでは氏が再婚相手と同じになっただけです。

  • つまり、親子の関係にはなっていないと言う事です。

この関係を親子にする

  • 親子の関係に繋ぎ合わせるには養子縁組を行うと言う事です。
  • つまり、再婚相手は子の入籍を行い、自分の子として育てて行くと言うことです。

この養子縁組は市町村窓口で行う事が出来ます。

これで、法律の上では親子の関係が認めれるのです。

 

再婚した事で養育費はどうなる?

通常の場合で、再婚した事で前夫の養育費がストップすると言う事はあってはいけないのです。

しかし

  • 子連れの母が再婚する事で前夫が養育費を支払わなくなるケースは非常に多いのが現実です。

実際に養育費の支払いを無くすのは違反ですが、再婚相手もプライドがあり養育費がストップされたとしても、それについて問いただすなどの言う事は一切しない方が大半です。

また、もしも再婚相手が生活不安定の場合は、前夫との協議の上、養育費の継続や減額など負担額を話し合いで決める事も出来るのです。

 

再婚は子どもを優先

やはり再婚するからには子どもの事を1番に考え配慮した計画を立てて行かなければなりません。

つまり

  • 子どもの幸せが親の幸せでもある様に
  • 子どもが生き生き楽しそうにしている姿を見ること
  • この相手と再婚して本当に良かったと再認識するのです。

まずは、子どもを最優先に計画することを再婚相手と相談し進めて行くようにしてください。

 

・家庭生活手続き目次へ行く


離婚後手続きページ

 



 

離婚後の期間

モラハラ

離婚後の再婚の期間

 

 

再婚期間の決まり

  1. 男性は、離婚後すぐに再婚する事が認められています。
  2. しかし、女性は、離婚後すぐの再婚は認められていないのです。
    • 女性が再婚できるのは、離婚成立後から6ヶ月の期間を経過しなければならないと決まっています。

何故期間があるのか?

  1. 子どもの親を認定する
  2. つまり、女性はお腹の中に子どもを宿している期間が10ヶ月あるのです。
  3. その期間に再婚し親の存在をあやふやにしない為です。

法律の定め

法律で前の夫の子と認められる

  • 離婚成立した日から300日以内に生まれた子は前の夫の子。

法律で再婚の子と認められる

  • 再婚した日から200日以後に生まれた子は再婚の夫の子。

再婚後の早産

  • 再婚後、早産で離婚して300日以内で生まれてしまった場合は、医師の診断書があれば再婚後の夫の子と認められます。

 

つまり、この再婚期間の設定がある事で、子どもの父子関係がハッキリとするのです。

 

再婚の入籍の手続き

  1. 再婚夫の籍に妻は入籍する
  2. 子どがいる場合は家庭裁判所に子の氏の変更願いを提出する
  3. 子どもを養子縁組を市町村窓口で入籍させる
  4. 養子縁組は各自の戸籍謄本、親の本人確認証明(免許証など)が必要

再婚の届出は上記の様に行います。

但し

  • 実子では無いと言う事実は変更できません。
  • あくまでも養子縁組をした親と言う形となる事は仕方がない事ですね。

 

けれど、実子以上に親子の関係になっている方は沢山いますし、例え血は繋がっていなくても親として本気で向き合い育てて行く覚悟があれば幸せに暮らせていけるのです。

また再婚し新たな生活が始まった訳ですから、必ず幸せになる決意、そして相手を思いやり気遣い心を忘れずに、常に共感を覚えて生活する様に心掛けることを忘れてはいけません。

・家庭生活手続き目次へ行く

 

離婚後手続きページ

 



人気サポート
Topics Topics Topics
 

離婚後

マイナビ婚活とは?
マイナビ婚活は「人材のプロ」マイナビが運営する、社会人専用の婚活サービスです。多くの方とお話しされたい方向けの「異業種交流会」 1対1でゆっくりお話ししたい方向けの「婚活パーティー」をはじめ、お話が盛り上がる趣味別のイベントや身近にいなかった職業の方と出会えるパーティーなど様々なイベントを多数開催していきます。◎人々の人生をサポートする企業、マイナビが運営◎マイナビ婚活では社会人限定、公的身分証明書をご確認させていただいており健全な婚活環境を提供させていただいております。
おひとり様でも交流のフォローをさせていただきますので安心してご参加ください。

 
  HP離婚後手順の準備婚活パーティー 参考ページへhttps://konkatsu.mynavi.jp/  
Topics

読者質問

  
ココがPOINT
手続きポイント

離婚して再婚するにも、安易に考えてはいけませんよ。同じ失敗は繰り返してはいけません。慎重にさらに慎重に考える事でより良い結果と繋がり幸せな再婚生活を送る事にもなるのです。
スポンサード リンク

手続きポイント
離婚後手続きポイント