TOP > 家庭生活 >最近の女性の実態と産休手続き > ママの手続き目次へ

 
最近の女性の産休と実態
ママ手続き
手続き 手続き
  出産のための入院費をはじめ、家族が一人増えるということはそれなりに出費がかさみます。ですが、出産のためにかかった費用は手続きする事で手当金を受給することができるという事をご存知ですか?
仕組みや手続き方法を理解して、貰えるお金は最大限、受給できるようにしましょう。
手続き 手続き
.
最近の女性の産休と実態って?
 
 

.
最近の女性の産休と実態って?
ママや女性必見手続き

最近の女性の産休と実態

 

最近の女性は結婚をしても働き続ける人が増えてきています。

結婚しても働き続ける女性が増えてきたということは、当然のことながら子供を産んでも働き続ける女性も増えてきています。

 

したがって、これから 結婚出産を考えている女性は特に、産休条件産休期間、産休の給料 などをしっかり確認しておくことが必要となってきます。

 

結婚出産をしても働くことを考える女性は、大概において働くことによるヤリガイや収入が欲しい人が殆どです。

だからこそ、働くのでしょう。

しかし子供を産むということは、人によって個人差はあるものの、リスクもありそれなりに大変なことです。

 

実際、どんなに本人が働くことを希望していても、産後6週間は必ず休業することが労働基準法で定められています。

 

また、勤めている会社の就業規則などに、産休条件産休期間、産休の給料などは詳しく定められている場合がほとんどです。

一般的には、1年以上の雇用があることを条件にし、産前は予定日より6週間、多胎妊娠の場合は14週間と、産後は分娩日の翌日より8週間を産休期間として、産休の給料は無給としているところが多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはそれだけではありません。

産休のほかにも育休があるところも多くなって来ています。

あわせてお休みを取ることができるところも多いのではないでしょうか。

 

それ以外は、健康保険組合や共済組合からは「出産手当金」を受け取ることができる人もいるでしょう。

そのようなことを念頭においておくと、いざ子供ができたときにも慌てないで対応することができます。

子供ができれば、その分の生活費もかさんでいくことになります。かといって、子育ては、きちんとしたいというのが心情ではないでしょうか。

  • そもそも、子供を授かれば、それだけ今まで以上に身体に負担がかかります。
  • まずは母子共に健康であることが第一にもなります。

 

働くことも大事ですが、自分や授かった子供の健康のこと、これから先の将来設計も大事なことです。

そのためにも、きちんと条件を確認しておくことは大事なことです。

  • 今の政府では、産休、育休に関して、期間や条件が検討されつつあります。
  • また女性のみならず男性についても検討がなされてきています。

 

条件は時とともに変わる可能性があります。きちんと確認をしておくことが重要なのではないでしょうか。

 

・ママの手続き目次へ行く

手続きページ

 



Topics Topics Topics
 

妊娠線や肉割れ線・お腹のたるみでお悩みの方に朗報です!妊娠中・産後のお肌トラブルにこれ1つママのためのボディーケアクリーム【素顔のママで】

 
  HP 素顔のママで 参考ページへhttp://shop.dazzles.co.jp初期の症状初期心得  
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

正社員、契約社員、パート、アルバイト、派遣社員でも会社の健康保険(共済組合)に加入している、出産後も働き続ける意志があり、産休中も健康保険料を支払っている人であれば貰うことができます。また出産手当金は、たとえ常勤であっても、国民健康保険に加入している人は、原則としてもらえません。ただし、例外もあります。「どうかな?」と思ったら、職場の健康保険組合に問い合わせてみてくださいね。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT