TOP > 日常 > 手紙の書き方 > お中元の手紙や返信礼状の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
お中元の手紙の書き方手紙の書き方
お中元の手紙の書き方手紙の書き方
お中元の手紙の書き方手続き お中元の手紙の書き方手続き
  お中元とは夏の風物詩ですね。身近に感じる人を思いやること。その方にしてあげたいと思う気持ちの表れが日本古来の伝統行事になっているお中元ですね。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
お中元の手紙の書き方手続き お中元の手紙の書き方手続き
お中元の手紙の書き方
お中元の手紙の書き方 お中元の手紙の書き方 お中元の手紙の書き方
 
お中元の手紙の書き方

お中元の手紙の書き方手紙の書き方
お中元の手紙の書き方手紙の書き方

お中元の手紙の書き方

 

 

文例

 

日ごと暑さが増す季節ではありますが皆様にはご健勝にお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。おかげ様で私どもは皆元気に過ごしております。子どもたちは、夏休みとばかりにはしゃぎまくっており山や川に飛び回る毎日です、私共は夏休み入ったばかりと言うのに、すっかり疲れてしまっています。

いつもお世話になりっぱなしで感謝する次第で御座います。お中元のしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしましたので、皆様で御賞味いただければ幸いです。末筆ながら皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

今後も、よろしくお願いいたします。

 

 

文例1

暑い日が続いてまいりましたね。先日ですが○○に家族旅行してまいりました。その時にふと入った○○屋さんの○○が大変に美味しく是非、○○様にも食べて頂きたくお中元のしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしましたので、皆様で御賞味いただければ幸いです。この季節ならではの物だそうです。

末筆ながら皆様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。
またお会いできるのを楽しみにしています。まずは、お中元のご挨拶まで。

 

 

 

文例2

梅雨もすっかり明け日差しが強くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

常日頃から気遣い心遣いを頂きまして感謝の念は尽きません。
こちらは相変わらず皆元気に過ごしております。

さて、この度は、当地の○○をぜひ召し上がっていただきたく、お中元のしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしました。
とても新鮮ですから、そのまま召し上がっても、調理などしてもおいしいですよ。
少しばかりで恐縮ですが、皆様で御賞味いただければ幸いです。


末筆ながら皆様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。 まずは、お中元のご挨拶まで。

 

 

文例3

寒いと思っていたら暑い年々四季が薄れている気がしますが、いかがお過ごしでしょうか。

先日は、歓迎の会を開いて頂きまして誠にありがとうございます。あの後はしばらく余韻に浸っていたしだいです。

つきましては、お気持ちばかりですがお中元のしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしましたので、皆様で御賞味いただければ幸いです。

今後も幸せとご健康が、いつまでも続きますように心よりお祈り申し上げます 。 まずは、お中元のご挨拶まで。

 

 

文例4

 

お○○さん、お○○さん お変わりなくお元気にお過ごしですか。
先日、家族で○○旅行に出かけました。

その時にふと入ったお店の○○が大変に美味しく是非ともお○○さんお○○さんに召し上がって頂きたく別便でお送りいたしました。ほんのお中元のしるしですから、お気兼ねなくお受け取りください。気持ちばかりで恐縮ですがお口に合いますでしょうか。

これからもこれまでと変わらずにお体を大切に、いつまでも健康でいてください。まずは、お中元のご挨拶まで。○○子

 

 

 

文例5

○○さん○○さん お変わりなくお元気にお過ごしですか。

最近ご近所さんの方々とコミニュティーを広げる中、○○県が実家の方に沢山の○○を頂きました。大変に風味豊かな味わいですので、是非○○さん○○さんにも召し上がって頂きたくお送り致しましたが、お口に合いましたら幸いで御座います。ほんのお中元のしるしですから、お気兼ねなくお受け取りください。

これからもお体には十分に気を付けて楽しく過ごしてくださいね。まずは、お中元のご挨拶まで。○○子

 

 

 

文例6

お父さんお母さん。私たちのために何かとお心遣いいただきありがとうございます。
感謝の印と致しまして、○○旅行へ出かけた時の○○をお贈り致します。ほんのお中元のしるしですから、お気兼ねなくお受け取りください。いつも忙しく動き回っていますお母さん、少しは体を労わってくださいね。
お父さんお母さんには心から感謝しています。これからも体には十分に気をつけて、長生きで元気でいて下さい。まずは、お中元のご挨拶まで。○○子

 

 

文例7

○○様、日ごろお心遣い頂きまして誠に感謝いたしております。暑い日が続いて来ましたがいかがお過ごしでしょうか。
本日は、私どもが作り上げました無農薬野菜が出来ましたので是非ご賞味いただきたく、お中元のしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしました。これから益々、健康に仕事に頑張れますようお祈り申し上げます。またお近くにお越しの際は是非お寄りください。
お礼もゆっくりと出来ずに申し訳ありません。

今後も幸せとご健康が、いつまでも続きますように心よりお祈り申し上げます 。 まずは、お中元のご挨拶まで。

 

 

文例8

○○様、日ごろよりお気遣い頂きまして誠にありがとうございます。暑い日が続いて来ましたがいかがお過ごしでしょうか。

この度、家族で旅行した時に○○狩りに行ってきました。その時に食べました○○が旬の香りが高く美味しかったので○○様にも食べて頂きたいと思い現地よりお中元のしるしまでに心ばかり別送させて頂きました。

お口に合えば幸いですが、ご賞味ください。
今後も幸せとご健康が、いつまでも続きますように心よりお祈り申し上げます 。 まずは、お中元のご挨拶まで。

 

 

 

文例9

○○会社御中

暑い日が続いて来ましたが益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。
いつも御社にはお世話になりまたお気遣い頂きまして誠に幸せで御座います。
今日、我社があるのも○○社一同様のお蔭と感謝致しております。

つきましては日ごろの感謝の気持ちとして、ささやかでは御座いますが季節の○○品を、お中元のしるしまでに心ばかりお送りいたしました。
風味豊かな味わいに心も癒される気分になりましたので是非ご賞味頂けましたら幸いに思います。
末筆ながら、○○社様のますますのご健勝を心よりお祈り申し上げます。 まずは、お中元のご挨拶まで。

 

 

 

手紙の目次へ行く

 
お中元の手紙の書き方手続きページ

 



お中元の手紙の書き方手紙の書き方

お中元の手紙の書き方手紙の書き方

お中元の返信礼状 手紙の書き方

文例

 

暑さ厳しき折 ○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

先だっては御丁重なお手紙と美味しい物を送って頂きまして、誠にありがとうございました。
平素、心強い励ましやお気遣いの言葉をおかけいただき誠に嬉しく思います。

温かく接してくださる○○様のお気持ちは何よりも力になります。
○○様も、明るいお気持ちで日々をお過ごしになられますよう、心からお祈り申し上げます。

暑さはまだまだ続くようです。末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

 

 

文例1

暑さ厳しき折 ○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度は、心温まる贈り物とお手紙ありがとうございました。

お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。

子供も皆独立し、夫婦二人の静かな毎日を送っています中、この様な温かい贈り物は誠に嬉しい物ですね。

こうして毎日を平穏に暮らせるのも○○様のお気遣いの賜物のお蔭と思い感謝しています。○○様ご一家も、とても良い日々をお過ごしになられますよう、心からお祈り申し上げます。

また、近いうちにご挨拶に伺わせて下さいね。追って連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。まずはお礼まで。

 

 

文例2

暑さ厳しき折 ○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

このたびは、誠に素敵な贈り物と手紙をいただき、ありがとうございました。こうしてお気遣いもらえることを、とても幸せに感じています。
いただいた○○は、早速、大切に使わせていただいております。

他行事やお付き合いで、何かと気忙しい毎日ではございましょうが、ご健康には十分にご留意ください。
近々お会いできますことを楽しみにしています。まずはお礼まで。

 

 

 

文例3

毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

先日は、私共に温かいお手紙お品をお贈りいただき、ありがとうございました。
お母さんの趣味にピッタリ合う素敵な○○。毎日の様に愛用していますよ。
○○の温かい心遣いに感謝しています。近々会えることを楽しみにしていますよ。
○○君にもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが体調にはくれぐれも注意して下さいね。
取り急ぎ、まずはお礼まで。

 

 

 

文例4

毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

先日は私共に、素敵な○○と手紙をいただき誠に有難うございました。
お心遣いにとても感激し胸が熱い気持ちでいっぱいになりました。
私共は誠に良き友人や近隣の方々と家族に恵まれたと感謝の念は尽きません。

まだしばらくは厳しい暑さが続きますのでご自愛ください。今後とも温かいご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

文例5

拝啓 暑い日が続いて来ましたが、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は私共に、ご丁寧なお手紙と結構な贈り物など賜りまして、誠にありがたくお礼申し上げます。

今年は還暦をを迎え、嬉しいと思う反面、もうそんなに長く生きたのかと時の速さに驚く次第です。

また、今も働けている事に有難く感謝する次第です。これもひとえにお気遣い頂いています○○様のお蔭と感謝いたします。

今後ともよろしく御指導、御厚情をいただけますようお願い申し上げます。

まずは書中をもちまして、御礼申し上げます。

敬具

 

手紙の目次へ

 
お中元の手紙の書き方手続きページ

 


 
お中元の手紙の書き方
お中元の書き方

お中元は贈らないよりも贈った方が丁寧ですね。相手への気遣いや思いが入る古来より日本の文化的な行事とも言えるものですね。また送って貰った相手へのお礼の手紙やお返事は必ず忘れずにお返ししましょう。
スポンサード リンク

お中元の書き方
お中元の書き方