TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 借用の申込み手紙や承諾や断り返信の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
借用の申込み手紙の書き方と借金お願い
借用の申込み手紙の書き方と借金お願い
借用の申込み手紙手続きと借金お願い 借用の申込み手紙手続きと借金お願い
  借用の申込やお願いで申込んだ相手と疎遠になってしまう事もあります。そうならない為にも常識のある申込み。相手の都合など気遣いを忘れずに申し込みをすると良いでしょう。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
借用の申込み手紙手続きと借金お願い 借用の申込み手紙手続きと借金お願い
借用の申込み手紙
借用の申込み手紙 借用の申込み手紙 借用の申込み手紙
 
借用の申込み手紙

借用の申込み手紙の書き方と借金お願い
借用の申込み手紙の書き方と借金お願い

借金の申込みの手紙の書き方

 

 

文例

おだやかな日を迎えられ、いかがお過ごしでしょうか。

今年は、晴れて大学卒業し就職を迎える年になりました。
先月、就職試験で東京へ行って参りました結果、見事試験に合格し就職の内定を頂きました。
これも、いつもお世話になりっぱなしの○○様の応援のお蔭と、感謝の気持ちで一杯で御座います。

実は誠に申し上げ辛い話なのですが、就職の際、引越し、アパート契約などで、お金が随分と必要になり今現在のバイトでの給与と蓄えでは、どうしてもまかないきれずに困っています。

つきましては、○○様に来月の仕事の給与まで○○万円借用出来ないかとのお願いでペンを執りました。給与は月末の○○日で、手取り○○円と言う事になっております。

就職したからには一生懸命に働くつもりです。他に頼める身寄りもなくて、誠にご迷惑な話だと思いますが、貸して頂けましたら幸いでございます。ご承諾いただけるのでしたら借用書を作成し伺わせて頂きたいと思います。

図々しいと思いますが書中を持ちましてお願い申し上げます。

 

 

 

文例1

おだやかな日を迎えられ、いかがお過ごしでしょうか。

春先から、晴れて東京の方へ就職することが決まりましたので、先日ですが不動産や引越しの手続きをしました。滅多に東京などへ出掛ける事が無かったので戸惑いも多くあります。

話しは変わりますが、本日は誠に申し上げ辛い事を伝えさせて頂きますが、就職に際しまして、東京は初めてであり、費用等が随分と必要になってしまいました。今の貯金では、どうしても○○万円が足りずに非常に困っています。そこで図々しいお話しだとは思いますが、○○様に○○万円の借用をお願いを致したくご連絡させて貰いました。

給与は、毎月○○日に○○万円の予定となっておりますので、良く週末には返済できる予定となります。

就職したからには一生懸命に働くつもりですし○○様には一切ご迷惑をお掛け致しませんことをお約束いたします。どうか御承諾いただけますようお願い申し上げます。

 

なお、承諾を頂けるのであれば、借用書類を持って伺いたいと思いますので、またご連絡させて頂きます。

末筆ながら○○様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。

 

 

 

文例2

春おだやかな日を迎えられ、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、折り入ってお願いしたい事があり、筆を執らせていただきました。

この度、私ごとではありますが、勤務先が変わり、それに伴い住居を引越す予定となりました。

つきましては、居住契約や引越しの費用など必要以上にお金が必要になってしまいました。

つきましては、誠に申し上げ難いのですが、○○様にお金のご都合は頂く事は可能かと、恥を忍んでお願いを申し上げる次第で御座います。

誠に失礼とは存じますが、他に頼める相手もおらず無理を承知のお願いで御座います。
借用金額は引越し費用の○○万円をお願いしたいと思っております。私の給与は毎月○○日になり、お借り出来ましたら○○日に1回目、来月○○日に2回目の支払いでお願い申し上げます。

この様なお願い事態ご迷惑な話と思いますが、その後は決してご迷惑は無いようお約束いたしますので、何卒ご承諾くださいますようお願い申し上げます。

 

もし、受けて頂けるのであれば、引越しの期日もありますので、借用書類を持って伺いたいと思います。
図々しい話で、恐縮ではございますが、まずは書中を持ちまして、ご返事のほど、お待ちいたしております。


末筆ながら皆様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。

 

 

文例3

暖かな日が続く季節となってまいりました。いかがお過ごしでしょうか。

本日は、折り入ってお願いしたい事があり、筆を執らせていただきました。

実は○○年に亘り運営しております○○店ですが、この度、業務多忙につき、新店舗の計画があり、○○市の駅ビル○○に、出店の計画があります。出店に伴い○○銀行の融資を受けることになりました。

頭金は○○○万円を用意しておりますが、どうしても初回の費用として○○万円の資金不足となります。

つきましては、不躾な話しで誠に申し訳ありませんが○○様にお金ををお借りする事は可能でしょうか。借用のお願いが出来れば幸いと存じ、誠に失礼なお願いではございますが、ご懇願申し上げる次第です。

 

また、融資の額は○○○万円です。月々の返済額は○○万円と言う計画になっております。今現在ですが、店舗売上も○○○万円と決して悪い数字では御座いませんし当然ですが黒字経営で御座います。

また、融資を銀行に受ける事が決定していますので、融資が実行されましたら、そのまま○○様にご返金に参ります。融資実行は来月末○○日となっております。今後、○○様には、決してご迷惑をおかけするようなことは致しません。
詳細に関しまして返済計画書及び経営計画書を同封いたしましたので、目を通して頂けないでしょうか。

 

また、近くにお伺いさせて頂きたいのですがご都合の方はいかがでしょうか。まずは書中を持ちましてお願い申し上げます。

今後も幸せとご健康が、いつまでも続きますように心よりお祈り申し上げます 。

 

 

文例4

 

○○さんへ。お変わりなくお元気にお過ごしですか。

本日は、折り入ってお願いしたい事があり、筆を執らせていただきました。

この度、私たち、小さいながらも念願のマンションを購入したいと思い不動産に相談いたしました所、銀行融資が可能だと言う事でした。念のため、ΟΟ銀行で住宅ローンの見積もりを頂きましたが、住宅ローンは、毎月○万円程度で良いとの事でした。

一つだけ誠に申し上げ辛い事なのですが、諸費用等の頭金が○○まる万円必要との事ですが、現在まとまった金額の持ち合わせが無く誠に困ってしまいました。

つきましては、○○さんに、頭金不足分の○○万円借用のお願いは可能かとご連絡させて頂きました。私には近親者がいませんので○○さんしか頼りに出来ず誠に不躾なお願いと恐縮いたしております。今回は一生に一度の大きなお買物なので無理を承知でお願いした次第でございます。

また、私達夫婦とも、共働きで二人で○○万円の収入があり毎月○○日が給与です。毎月返済を○万円で○回支払いでお願い出来れば幸いでございます。

 

また、詳細のローン返済の資料を同封します。月の支払いは○万円で余裕をもった返済計画を行いたいと考えていますし、その他○○さんにご迷惑をおかけするようなことは一切ないことをお約束します。

近日中に伺わせて頂きたいのですが、その時にお返事いただければ有難く思います。

これからもこれまでと変わらずにお体を大切に、いつまでも健康でいてください。○○より

 

 

 

文例5

○○さん お変わりなくお元気にお過ごしですか。

実は、本日とても申し上げ辛いご連絡を差し上げることをお許しください。

今回、私、長年勤めていた○○屋を独立し開店する事を決意いたしましたが、一つだけ行き詰っている事がございます。資金は○○○百万円を自己資金として用意しましたが、設備投資や運営資金が、どうしても○○万円不足し運営して行くのに必要との事です。

○○さんも知っての通り父母は年金暮らしの為、収入もありません。

つきましては、○○さんに不足分の○○万円のご都合をお願い出来ないかとのご相談のお願いでございます。

計画では毎月○○万円の売上予定で家賃や経費を差し引いても○○万円の利益予定でございます。

 

○○さんには、毎月○○日に○万円の○回支払いでお願い出来れば幸いでございますが如何でしょうか。その他ま○○さんにはご迷惑は絶対におかけいたしませんので、何卒ご理解と応援して頂けると幸いです。
ご承諾いただけましたら必要書類と事業のご説明に伺いたいと思っております。まずは書中をもちましてお願いでございます。

 

 

 

文例6

お父さんお母さん。お元気ですか。私はとても元気です。


本日は、口では中々言い辛いのでお手紙にしました。

実は、会社で英語の話す機会が多く、もっとビジネスに役立てたいと思い英語の教材と教室に通いたく申し込んだ所、以外にも高額で○○万円必要との事です。

私も働いて間も無く、まとまったお金もなくローンで借りるにしても、保証人が必要との事です。

つきましては、お父さんお母さんにお金を貸して頂けないかとお願いのお手紙を書きました。お父さんお母さんには心配かけたく無かったのですが、ご返済の支払いも月に○万円の○○回払いとさせて貰えば無理なく支払えます。

 

いつも助けて貰ってばかりで申し訳ありませんが、お願いできますか。また近々連絡します。
お父さんお母さんには心から感謝しています。これからも体には十分に気をつけて元気でいて下さい。○○子

 

 

 

手紙の目次へ行く

 
借用の申込み手紙手続きページと借金お願い

 



借用の申込み手紙の書き方と借金お願い

借用の申込み手紙の書き方と借金お願い

借用の承諾や断り返信 手紙の書き方

文例 承諾

 

先だっては御丁重なお手紙を送って頂きまして、誠にありがとうございました。
平素、心強い励ましやお気遣いの言葉をおかけいただき誠に嬉しく思います。

常日頃、温かく接してくださる○○様のお気持ちは何よりも力になります。

さて○○君の引越し金借用のお話しの件ですが、私で宜しければ喜んでお受けいたしますよ。○○君は、とてもシッカリと自分を持っていますので何の心配もしておりませんので、お気軽にお越し下さいね。楽しみにお待ちしております。

末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

文例 承諾1

この度は、お気遣いの心温まるお手紙ありがとうございました。

お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。

私共の子供も皆独立し、夫婦二人の静かな毎日を送っています。こうして毎日を平穏に暮らせるのも○○様のお気遣いの賜物のお蔭と思い感謝しています。

○○さんの借用のお話しですが、喜んでお受けいたしますので、お気になさらないで下さい。

また、近いうちにお越し下さると言う事で誠に楽しみにして待っております。末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

文例 承諾2

このたびは、誠に素敵なお手紙をいただき、ありがとうございました。こうしてお気遣いもらえることを、とても幸せに感じています。

さた、○○さんの住宅ローン頭金のお話ですが、○○さんとは他人行儀でも無いので、何も気になさらずに伝えて貰えば良いのですよ。喜んでお貸し致しますよ。

また、こちらに出向いて下さると言う事でお会いできますことを誠に楽しみに待っております。

 

 

 

文例 承諾3

先日は、私共に温かいお手紙をお送りいただき、ありがとうございました。
お母さんは、○○の温かい心遣いに感謝しています。またお金の事ですが何も気にしなくても良いのですよ。

近々出向いて貰えると言う事で会えることを楽しみにしていますよ。
○○君にもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。

油断しやすい季節です、くれぐれも風邪などひかずに注意して下さいね。

 

 

 

文例 断り

先日は私共に、素敵なお手紙をいただき誠に有難うございました。
お心遣いにとても感激し胸が熱い気持ちでいっぱいになりました。
私共は誠に良き友人や近隣の方々そして家族に恵まれたと感謝の念は尽きません。

今回は使途金借用と言う事でしたが、あいにく長期海外赴任となっており日本にいませんので、引き受けることが出来ずに誠に申し訳ありません。また日を改めてご連絡させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

今後とも温かいご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

文例 断り1

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は私共に、ご丁寧なお手紙を賜りまして、誠にありがたくお礼申し上げます。

今年は還暦を迎え、嬉しいと思う反面、もうそんなに長く生きたのかと時の速さに驚く次第です。

また、早期退社を迎え現在は夫婦ともども隠居の生活に入っており、お金を用立てる事ができず、借用のお話ですが受けることが叶いません。

また、来週末にこちらへ出向いて頂けると言う事、誠に有難く感謝する次第ですが、あいにく来週より○○の方へ長期休養に出る予定となっております。せっかくのご希望に添えず申し訳ありません。近いうちに日を改めてお会いできることを楽しみにしております。
今後も、御指導、御厚情をいただけますようお願い申し上げます。

まずは書中をもちまして、失礼申し上げます。

敬具

 

 

文例 断り2

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は私共に、ご丁寧なお手紙を賜りまして、誠にありがたくお礼申し上げます。

現在、私も就職先を離職したばかりで、新しい職場を求職中でございます。

また、借用とのお話ですが自分自身も、まとまった資金がありませんので、逆に申し訳ありませんが借用の話を受けることが出来ません。

また、来週末にこちらへ出向いて頂けると言うお話しですが求職中ですのでバタバタと動き回っていますので慌ただしく、せっかくのご希望に添えず申し訳ありません。近いうちに日を改めてご連絡をいたします。
今回は希望に添えず申し訳ありませんがお気を悪くしないでくださいませ。

まずは書中をもちまして、失礼申し上げます。

敬具

 

手紙の目次へ

 
借用の申込み手紙手続きページと借金お願い

 


 
借用の申込み手紙と借金お願い
借用の申込み手紙と借金お願い

借金や借用の申込をお願いする人も、申込を頼まれる人も両者間にとって、日本人はとくにルーズな人種で物をハッキリ言葉にしない方が多いです。またお金の問題はとくにシッカリとお願いを頼まれた相手への手紙やお返事は断りも承諾の場合も必ず忘れずにお返ししましょう。
スポンサード リンク

借用の申込み手紙
借用の申込み手紙と借金お願い