TOP > 日常 > 食中毒予防

 
引き起こす原因の予防
引き起こす原因の予防方法
原因と対策や予防手続き 対策や予防手続き
  食中毒は原因となる細菌やウイルスが食品に付着し、体内へ侵入して発生します。食中毒予防のための3原則があります。ここでシッカリ食中毒の対策と手続きを覚えておきましょう。
原因と対策や予防手続き 対策や予防手続き
原因と対策や予防
食中毒の原因 食中毒の予防と対策
食中毒になった時の対処方法  
 

対策や予防
食中毒

引き起こす原因 食中毒の原因

食中毒を引き起こす原因は、細菌やウィルス、食品に含まれる天然の毒などさまざまです。

 

夏の季節になりますと、食べ物も腐りやすくなりますので、食事にもいろいろ気を使う時期でもあります。一番怖いのが食中毒です。

  • 日本では、梅雨から夏季にかけては高温多湿になり、食品は傷みやすくなり食中毒を引き起こす細菌が増えます。

 

また、カビの繁殖も強くなります。特に暑くジメジメしている時はカビ菌も活発になるので注意が必要です。

ですから、この時期は特に食中毒予防に気を配らなくてはいけません。

 

食中毒は原因となる細菌やウイルスやカビが食品に付着し、体内へ侵入して発生します。

 

・日常手続き目次へ行く

原因と対策や手続きページ

 



食中毒の対策

引き起こす原因

食中毒の予防と対策の手続き

 

食中毒予防の3原則という言葉があります。

 

  • 食中毒の予防と対策には、細菌やカビ菌をつけない、増やさない、やっつける事が有効です。

 

細菌をつけないためには、石鹸でしっかり手洗いを行うことです。

  • 特に家庭で食事を調理する方は、キレイに手洗いをするように気をつけましょう。
  • 水洗いだけで済ます人が多いようですが、これでは手についた細菌やウィルスはとれません。

 

 

見た目は綺麗でも、細菌がたくさん付着している事があります。

特に食器やまな板・包丁・布巾は食品に触れたり手で触ったりする物ですので、細菌を寄せ付けないようにしなければなりません。

  • 対策として洗浄消毒をして除菌する事が大切です。

 

身の周りのどんなところにも、細菌やウィルスが存在することを再認識する必要があります。

また、細菌を増やさないためには、食品の保存をしっかりすることです。

 

  • 細菌は高温多湿を好みます。
  • また、細菌は時間が経つに連れて増殖します。

すごいスピードで増え続けますので、食品を出しっぱなしにせず、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

 

また、食品のほとんどをスーパーなどで購入しますが、ここでの対策を考える必要があります。

まずは消費期限です。

間違っても消費期限の過ぎているものを購入してはいけませんが、誤って購入してしまったら、思い切って捨てることが大切です。

そして肉や魚などの生物は最後に購入し、長時間の常温を防ぐ必要もあると言うことです。

 

 

また、細菌をやっつけるために、生ものは極力避け、しっかり加熱したものを食べるようにすると良いでしょう。

  • 食品の中心温度が1分以上75℃になるように加熱します。
  • 細菌は熱に弱いので、火を通す事で殺菌できるのです。

冷蔵・冷凍する事でも細菌の増殖を抑える事ができますが、死滅するわけではありませんので、常温に戻すと増殖します。やはり食べる前には加熱する事をお勧めします。

 

 

さらに、調理器具や食器、ふきんなどは、毎日消毒をするなどの対策が必要で、また清潔を心がけるようにしましょう。

以上のような食中毒対策をするよう心掛けると良いでしょう。

 

・日常手続き目次へ行く

原因と対策手続きページ

 


食中毒になった時の対処方法

引き起こす原因 食中毒になった時の対処

 

もし万が一、食中毒になった時の対処手続きの方法は、水分を多く取り、体内の細菌を薄めるようにすると良いです。

  • 嘔吐の場合は吐けるだけ吐いた方が良いのです。

 

 

下痢の場合は、下痢止めを飲んでしまうと原因菌が体内にとどまってしまいますので、下痢止めは飲まずに体内からの排出に気を使い水分をしっかり摂りましょう。

 

また、病院へいき、きちんと治療するようにしましょう。

 

細菌が体から出てしまえば、症状は良くなります。無理をせず、薬を飲み、安静を心がけましょう。


 

・日常手続き目次へ行く

原因と対策手続きページ

 



原因と対策
ココがPOINT

1996年は、学校給食等が原因となった、過去に例を見ない規模の腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒が多発しました。1997年に入っても、家庭が原因と疑われる散発的な発生が続き、死亡した例も報告されています。食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われますが、毎日の家庭の食事でも発生し危険性がたくさん潜んでいます。 ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと勘違いします。食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もありますので十分に注意しましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
原因と対策や予防