TOP > 趣味・レジャー >プロテニスプレーヤーの手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
プロプレーヤー
プロプレーヤー手続き
プロプレーヤー手続き プロプレーヤー手続き
  プロのテニスの選手になる夢を叶えたい。テニスプレーヤーになって活躍を志す方にプロのテニス選手になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
プロプレーヤー手続き プロプレーヤー手続き
.
プロテニスプレーヤーとは プロテニスプレーヤーになる為の基本
プロテニスプレーヤーを目指す別れ道  
 

.
プロプレーヤーとは

プロプレーヤー

プロテニスプレーヤーとは

 

 

 

現在のプロのテニス選手の人数

  1. 日本では公認されプロになります
  2. 世界では自称プロが沢山います
  3. 実際にはテニスでお金を受け取ればプロです。

 

テニス界における公式なプロ人数は公表されていないのでアバウトです。

  • 全世界では約3500人〜4000人
  • 男子:約2000人〜2300人
  • 女子:約1500人〜1700人

世界男子テニスツアーはATPという組織

テニスの試合ツアーはグランドスラムが頂点

  1. 日本の小さな大会から公式競技へ
  2. 世界ツアー(グランプリ大会)徐々に大きな大会へ昇って行く
  • 全世界共通の競技であるテニスは実力次第で勝ち上がる

男子

  • グランドスラムは年4大会開催
  • ATPマスターズ1000は:約9大会開催
  • ATPツアー500は:約9大会開催
  • ATPツアー250は:約39大会開催

それ以下の大会

若手などが中心に出場している

  • ツアー以下の大会
  • ATPチャレンジャー約115大会開催
  • ATPフューチャーズ約420大会開催

世界女子テニスツアーはWTAという組織

女子テニスの試合ツアーはグランドスラムが頂点

世界ツアー(グランプリ大会)徐々に大きな大会へ昇って行く

女子

  • グランドスラムは年4大会開催
  • WTAプレミアは:約19大会開催
  • WTAインターナショナルは:約29大会開催

それ以下の大会

若手などが中心に出場している

  • ツアー以下の大会
  • ITF女子サーキット

試合数

プロテニスプレーヤーが1年間で試合をする数

  • トッププレイヤー:16大会〜24大会
  • 1カ月に1大会以上の出場です
  • 1年間にする試合の数は70試合〜90試合
  • (1試合の時間は3時間〜4時間)

最終11月まで

  • プロテニスプレーヤー1月から11月までが1シーズンとして戦う

 

テニス選手の契約の種類

  • 契約は3種類あり
  • 専属契約
  • 用品使用契約
  • ウエアロゴ契約
    • その他、大きな大会で勝ち残るとボーナスなど
    • プロテニスプレーヤーは個人経営者と同じです

専属契約の選手

最も年収の高い契約を結ぶ

  1. 契約に制限はない
  2. 基本報酬は年額
  3. 企業とのスポンサー契約と呼ばれるもの
  4. 高額報酬で年間に数億円とも言われる

 

用品使用契約の選手

  1. 専属の企業が提供する
  2. 選手に使用して貰う
  3. 使用料を契約支払いしている
  4. また選手専用のオリジナル用品の提供もある

ウエアロゴ契約の選手

  1. 選手に着用して貰うユニホームなど
  2. 全てにロゴ契約をしている
  3. 契約する報酬額は様々です

プロテニスプレーヤー賞金

最も権威のある大会グランドスラム

  • 全豪オープン:優勝賞金:約2億8千万円
  • 全仏オープン:優勝賞金:約2億3千万円
  • ウィンブルドン(全英オープン):優勝賞金:約3億4千万円
  • 全米オープン:優勝賞金:約4億7千万円

 

テニスプレーヤーの平均年収

全世界ランキング100位以内でなければテニスで生計は出来ない

グランドスラム出場者
  1. 1回戦負け:賞金額:約350万円
  2. グランドスラム4大会出場のみ獲得賞金:約1400万円貰える
ランキング100位のテニスプレーヤー
  1. 年間収入:約3000万円〜4000万円
  2. 必要経費:コーチ代、遠征費、航空機、宿泊などなど
  3. 全て2人分用意する必要があります。
  4. 残る収入は1000万円〜1500万円
  5. つまり、必要となる経費が多く経済的に良いとは言えない

 

年間タイトル上位のテニスプレーヤー

  • 世界ランキング10位以内のプロ選手
  • 桁違いの賞金を獲得する
  • (CM,メディア、雑誌、広告収入など)
  • 年間収入は数十億円になる

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

プロプレーヤー手続きページ

 



プロテニスプレーヤーになる為の基本

プロプレーヤー

プロテニスプレーヤーになる為の基本

 

 

 

プロのテニス選手になり活躍する為の基本的な考え

テニスを覚える

  • プロのテニス選手になるには本物のテニスを知ることです。
    1. 単にボールを打つだけでは無く
    2. どの様に打つのか?
    3. どの様に脚や腕またはラケットを動かすのか?など
  • つまりプロのテニス選手になる為の動きです。
  • つまり頭の回転の良さも要求されるのです。

 

テニス選手の身体になる

  • プロテニス選手は身体フィジカルが重要です。
    1. 激しいスポーツでもあるテニス
    2. 個人競技であり孤独と過酷の戦い
    3. 長時間に及ぶ試合を戦い抜く
    4. 試合のたびにケガをしていては務まりません。
  • つまり、丈夫な身体、プロで通用する身体を作り上げる為の日々のトレーニングと練習です。
  • プロを目指すのであれば、幼い頃から意識したフィジカルトレーニングが大事になるのです。

 

プロで通用する技術

  • プロのテニス選手になる為の技術を身に付ける事も重要です。
    1. 技術は今日明日に身に付くことはありません。
    2. 一流プロの真似をする。
    3. 最初は見たままの真似で構いません。
    4. 最終的に出来る様になるまでやることです。
  • 日々の努力と忍耐による練習や目標に向かって努力を積み重ねること。
  • 個個の個人で才能だったり実力は違うものですが、それ相応の実力が身に付くまで努力すると言う気持ちと精神が必要になります。

テニススクール

  1. プロを目指すにはテニススクール入門は欠かせません。
  2. プロを排出しているスクールに入門する事
  3. 英才教育を受けるための海外の施設テニスアカデミーなどへ入校する

 

実力と経験は比例

  • 小さい町の大会から始まっても良いですが、全国レベルの大会や、それに相応しい実力を持った選手が出る大会などに積極的に参加する。
    1. また、可能であれば、日本トップ選手の練習に参加させて貰うなど。
  • つまり、経験があれば実力も付くし武器になる
  • また、その様な有名な選手の目に留まれば道も開けます。

 

精神力で目指す

  • メンタルはスポーツの世界においても、何かを目指す人にとって重要なものです。
    1. このメンタルつまり精神力が無ければ何をやってもうまくは行きません。
    2. つまり、精神力で負ける様なら初めからプロなどの世界は目指さない事を勧めます。
  • つまり、メンタルはどの世界においても切っても切れない大事な要素である。
  • プロのテニスは個人競技で自分との戦いでもある過酷なスポーツです。
  • テニス選手になりたいと思うなら、尚更強くそして何があっても諦めない強いメンタルが要求されるのは当然のことなのです。

 

資金力

  • どの様な事を行うにも、無料で出来ると言う事は無い。
    1. ある程度の経費は必要になるのは覚悟することです。
  • つまり、どんな習い事をするにも月謝を支払うように
  • プロのテニス選手を目指すなら、身体作りや遠征費、習得費用など最低限必要になる資金が、必ず必要になることを覚悟する。
  • テニス界はお金が必要になります。
  • プロのテニスプレーヤーになる為の年間経費
  • ジュニア時代の年間費用:約1500万円〜2000万円
  • (クラブ費、スクール費、個人レッスン費、テニス用具、大会参加費、遠征費、宿泊費、海外遠征費、海外スクール費、個人レッスン費など、、、)

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

プロプレーヤー手続きページ

 



プロテニスプレーヤーを目指す別れ道
プロプレーヤー

プロテニスプレーヤーを目指す別れ道

 

 

 

プロのテニス選手を目指す道

  • プロスクールやプロになる指導ができる者がいること
  • テニスで有名な高校や大学へ
  • 盛田ファンドの支援を受ける選手になる
  • 日本のスクールから海外のテニススクールへ

※プロテニスプレーヤーとは

  1. 日本ではある程度の経験があれば誰でもプロテニス選手になれます。
  2. プロになるにはテニス協会に申請をするだけで良いのです。

ここで、話すプロテニスプレーヤーとは

  1. テニスで生活する。
  2. つまり生計を維持して多額の報酬を獲得すると言う意味です。

 

プロスクールやプロになる指導ができる者がいる

テニスのクラブやスクールは幼い頃からプロ育てるための練習を促進する。

  1. 小学生以下
  2. 小学生
    • 幼い頃から、テニスに溶け込み慣れていく事で自然と英才教育が身に付いて行きます。
    • 幼い頃は実力も均衡していますので、その時により鍛錬し鍛えて抜きに出る事も大事です。

また、プロになる事を目標におき、プロになる為の練習をする。

  • ジュニア時代に実力を磨きさらに上位の位置づけにいる事でプロが近くなります。

 

テニスプレーヤーとしての才能

  • 生まれ持った才能がどこまであるか。
  • 才能を呼び覚ますほどの練習が出来るか。
  • ジュニア時代に高校生と互角に戦える才能があるか。
  • つまり、プロのテニスプレーヤーとして通用する才能があるかです。
  • 努力も当然必要です。
  • その努力が相乗効果として現れる才能が必要になります。
    • その才能を開花させるのも実力なのです。

ただ、何事も諦めない事が大切だと何度も言っているその通りなのです。

 

資金力と経済力

プロのテニスプレーヤーになり活躍できるまでには、相当の資金が必要になります。

  • 世界のプロテニス選手として通用する為の年間経費
  • ジュニア時代:約1500万円〜2000万円必要になる
  • 一部の例を下記に挙げます。
  • テニススクール料金
  • プライベートレッスン(個別指導)の料金
  • ラケット、シューズ、ウェア、ボールや付属品など、、、
  • 大会への参加、国内遠征や移動、交通費、宿泊費など、、、
  • 海外への遠征や移動など、、、
  • 海外でのスクール
  • 海外での個別指導など

 

 

有名な高校または大学へ

  • ジュニアスクールからテニス名門高校へ
    1. ジュニア時代から活躍している前提で考えてテニスの一流高校へ進む。
    2. また大学へ進むのも同じ考えです。

 

盛田ファンドの支援を受ける選手になる

盛田ファンドの目に留まるにはどうしたら良いか?

  1. ジュニア時代からトップレベルの選手となり海外へ進学を目指すこと。
  2. つまり、全国レベルの大会で優勝などの常連になる。
  3. 逆を言えば全国大会優勝する選手になれば、良き指導陣の目に自分をさらすことが出来ると言う事になります。
  • また都道府県別の代表に選抜されるなど実力を身に付け目立つことが求められるのも事実です。
    • 中学であろうと高校であろうとプロの目に付くような光るプレーが出来れば期待も大きく膨らんで行きます。

良き指導者に目に留まれば紹介も多くなる

  • つまり、盛田ファンドなどの支援を受けて海外のテニススクールに留学も出来ます。

海外のテニススクールで有名なのはフロリダ州のテニスアカデミーです。

テニスアカデミーの年間費用:約1000万円です。

 

 

日本のスクールから海外のテニススクールへ

  • プロで通用する選手の登竜門

日本のスクールから海外のスクールへ

実力が伴えば自動的に盛田ファンドなどの支援を受ける事が出来ます。

  1. エスカレート式に海外のテニススクールへ
  2. つまりテニスアカデミーへ進みます。
    • つまりプロのテニスプレーヤー養成所です。

その後プロとして通用する英才教育を徹底的に行います。

  • 英語は勿論のこと。
  • 世界のインタビューの受け答えなど。
  • 徹底した食事管理。
  • テニスとしての生活を24時間毎日おこなう。
    • テニスアカデミーで、どこまでの実力が発揮できるのかが勝負です。

 

テニスアカデミー卒業後は本格プロへ

  • 本格テニスプロとしてデビュー

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

プレーヤー手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

プロのテニス選手になるには多額の金額が必要になります。しかし才能が認められた選手は支援の手が差し伸べられます。世界ランキング選手で数十億の収入を獲得している選手も数人います。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT