TOP > 趣味・レジャー >弁護士の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
法律家
法律家手続き
法律家手続き 法律家手続き
  弁護士になる夢を叶えたい。法律で人権を守る弁護士になって活躍を志す方に弁護士になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
法律家手続き 法律家手続き
.
法律家とは 法律家になる為の基本
法律家になる道  
 

.
法律家とは

法律家

弁護士とは

 

 

 

弁護士の仕事

弁護士とは、法律で人権を守る専門家の事。

  • 簡単に言えば、人の権利を守る人です。
    • つまり、一般的に、弁護士先生などと呼ばれる人。

つまり、法律を持って正しい判断と適正を訴える人です。

弁護士の職階

弁護士には、検察官(検事)や裁判官(判事)の様な職階はありません。

 

弁護士の女性比率

  • 女性の弁護士:約20%弱となっています。

 

弁護士とは

弁護士は、国民の社会生活に関する様々な事件や紛争などを解決に導く。

つまり

  • 法律の専門家として
    • 適切な解決や予防の方法など
    • 対処する方法を教え指導することが仕事です。

社会生活問題

  1. 生活に関する人権問題
  2. 紛争問題
  3. 会社企業の問題
  4. 立法など法廷での正確性を正すことが職務です。

 

身近な弁護士

弁護士は司法試験に合格しなければ仕事をする事ができません。

  • また、検察官や裁判官も同じく司法試験が必要ですが、中でも国民に1番身近な存在が弁護士となります。

しかし

  • 弁護士とはよく聞く言葉で、接触がありそうですが、実際に弁護士にお世話になったと言う方は少ないかも知れません。

では、何が身近に感じるのでしょうか。

いつもと変わらぬ生活をしている中で、トラブルに巻き込まれたり、知人や友人が事件事故に遭遇したりと、突然起こる問題に頭を抱えてしまう様な時に必要になるのが弁護士と言う事になります。

  • つまり、法律が絡んで来るようなトラブルは、予測が付きません。
  • そんな、突然起こる出来事の事件や事故から守って貰える存在が弁護士なのです。
    • つまり、相談しようと思えばできる専門家それが弁護士なのです。

つまり、日常の安定した生活や平穏な暮らしの為に相談や力を貸して貰える頼もしい存在でもあります。

予期せぬ冤罪で罪を問われた時や傷害に巻き込まれた時など解決して貰える頼もしい存在。

弁護士の仕事

法的な仕事全般を行う。

  • 法廷での当事者の代理人や被告人の弁護
  • 法律に係わるすべての相談や事務や書類

つまり、弁護士の資格がなければ、法律関係の仕事は出来ない、してはいけないのです。

 

弁護士の業務

  1. 弁護士資格を持たない者が、金銭など報酬をもらい、紛争性のある事案などを弁護士の様に仕事をする事は禁止されている。
  2. また、弁護士資格を持ってない者に、弁護士であると名乗ることも禁止されている。

但し、金銭の報酬を貰い事案の相談や依頼を受け弁護できる業務独占資格の一つの特権でもある。

 

弁護士の法廷での職場

全国にある裁判所

  • 最高裁
  • 高裁
  • 地裁
  • 家裁
  • 簡易裁判所など全国の裁判所
    1. 民事
    2. 刑事
    3. 行政
    4. 家庭
    5. 少年など
  • 法律に基づき適正に代理や弁護をする。

 

民事裁判

民事裁判は、一般的に家庭の問題や生活問題を争う裁判になります。

  • 依頼人の利益や人権をを守る
  • 例えば、騒音問題や金銭問題など、原告と被告の双方の意見や書面を調査し法律に照らし合わせて当事者の代理人または弁護人になり法的な解決を進めていく。

刑事裁判

刑事裁判は、事件や事故など罪を犯した犯人と被害の程度を適正に判断し判決を下す裁判。

  • 例えば、犯罪を犯した被告人の証拠や被告人本人または弁護人が意見を行う。
  • 被告人の弁護を行う事は、つまり検察官との法的争いになる。
  • また、裁判所が選定した国選弁護人を請け負う事もある。

 

弁護士の人数

  • 裁判官:約36,000人以上
  • 男性:約30,000人以上
  • 女性:約6,000人以上

 

弁護士の仕事場

  1. 弁護士事務所
  2. 裁判所
  3. 弁護士会館
  4. 依頼先の相談場所
  5. 警察署、拘置所
  6. 事件や事故現場

 

弁護士の現場

  • 弁護士事務所
    • 法律相談や交渉相手との電話など
    • 訴状や申立書等の裁判所に提出する書面
    • 報告書や文書作成など
  • 裁判所
    • 民事や刑事裁判、民事や家事調停、破産や事件の債権者集会など
    • 週に平均:約2回〜4回出向く
  • 弁護士会館
    • 弁護士交代制の法律相談など
    • 弁護士会議や決め事など
  • 依頼先の相談場所
    • 依頼者との相談や打ち合わせ
  • 警察や拘置所
    • ほとんどが面会など接見です。
  • 事件や事故現場
    • 検証や状況証拠の見直し分析など

 

弁護士の職務

  • 誰もが公平な裁判を受けられる権利を守ること
  • 正義を正すことが弁護士の役割

 

弁護士の将来

正義感と公正である仕事です。

  • 適正に正すことが仕事

    • 正義感を持った弁護士が増えている
    • つまり良いことであり、多すぎても困る
    • 飽和状態になりつつある
    • 弁護士事務所に就職が出来ない

つまり、今後も弁護士に求められる職務も多くあり必要とされる存在であることは間違えありませんが、弁護士が毎年多く誕生しているのも事実で、事務所就職ができずに独立弁護士となり仕事依頼がほとんど無い日々が続くと言う事も現実として起きている。

 

弁護士の魅力

弁護士は、弁護士会など組織から構成される一員です。

  • 弁護士の職務を全うする
  • 担当する依頼でスムーズに事件や犯罪を解明し成果が出た時
  • また、担当した事件が公正に正しく裁かれ一件落着した時などは何より嬉しい事です
  • また、人には見えない資料調査や証拠の調査など影の功績

裏方の仕事も多いながら、適正に正義を見抜くことが出来る素晴らしい仕事です。

  • 一人前になるまでに、多くの時間を要する。
  • 多くの経験や習得があります。
  • 但し、一人前の弁護士になれば、安定した収入は確保される魅力があります。

 

弁護士の年収

弁護士事務所で働く場合

  • 基本的に報酬です
  • つまり出来高になります。
  • 年数経験が重要とされる職場のため
  • 経験や年齢により変化する
  • 平均年収:約700万円〜1500万円
  • 20代:約500万円〜700万円
  • 40代:約1000万円〜2000万円

 

弁護士事務所を持つ場合

  • 基本的に報酬です
  • つまり出来高になります。
  • 平均年収:約1000万円〜1500万円

 

弁護士の業務許可

弁護士の業務をする人は司法試験を受ける必要です。

  • 業務を行う場合
    • 司法試験で合格する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

法律家手続きページ

 



法律家になる為の基本

法律家

弁護士になる為の基本

 

 

 

弁護士になり活躍する為の基本的な考え

基本的に司法試験に受かることです。

 

弁護士の業務が出来る為に

  1. 司法試験に合格した後、司法修習を終えた者
    • 以上の司法資格を有していることが必要です。

つまり、弁護士になるには、司法試験に合格後、1年間の司法修習を受ける必要がある。

  1. 司法修習生考試に合格する

 

弁護士としての素質

  1. 正義感が必要です。
  2. 律儀で責任感に優れ公正であること。
    • 上記のことは最低限必要な条件になります。

様々な事件の状況に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • 弁護士は冷静であること
  • 難解な事件の究明に粘り強く執着できること
  • 決断力や実行力も必要です
  • 何かほかの作業をしながらも目配りができる力があること
  • 体力や健康に自信があること
  • 冷静で公正であること
    • つまり、適正に正義感を持って正しく、職務を遂行する事
    • つまり、カッーとなったり冷静さを失い暴走し周囲が見えなくなるタイプは不向きです

また

  1. 最近は犯罪の国際化に伴い裁判官の英語力も必要です。
  2. 適正な判断力と集中力。
  3. 過酷な任務なので、身体的にも優れていることが必要です。
  4. 常に冷静でいられる事。
  5. 頭脳明晰でなければいけない。
  6. 厳しい環境や状況に適応できる精神力が必要です。

 

弁護士の勤務時間

  • 基本的な決まりは無い
  • 勤務時間の決まりも無いが事務所勤務は決まりあり
  • 残業などは、ほぼ毎日です
  • 非常に激しいハードワークです
  • 裁判所などに出向くことも非常に多く外回りも多い
  • つまり、やるべき仕事が山の様にあります。

トラブルも付きまとう

  • 例えば、弁護士に敵意を持つ者
  • 例えば、弁護士事務所にいたずら電話や来る場合もある
  • 例えば、裁判中、騒ぎを起す者
  • 忙しい時には激務が連日続く時もある
  • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  • 権力がある
  • 名前の響きが良い
  • カッコ良い仕事など言っている場合では無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に適正に対応できること。
    • 同じ対応と公正、冷静さで弁護士の職務を全うしなければならないのです。

つまり、どんな事件や犯罪に対してもプロとしての責任感を持つ、公正と安心感を与える事が出来るのが弁護士なのです。

つまり、弁護が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  1. 少しでもこの時点で辛そうや無理かもと心に思う方は?
  2. 弁護士には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

弁護士は信頼と安定性が求められる

常に正義感を持って公正に遂行する職務があり、正しい行動と判断をすることが求められる。

また、その正しい姿勢から規律は厳しく統制されている。

つまり、その様な厳しい判断と公正を持った姿が信頼を生むし求められる姿なのです。

つまり

  • どの様な局面に出くわし
    • 様々な問題が勃発しても丁寧に適切に指示する
    • 安定した指示を出す
    • そんな存在が信頼を生むことに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られる弁護士の姿が必要になると言う事なのです。

 

弁護士の喜び

  • 問題無く1日が終了した時
  • 最悪な状況の中でも公正に安定した職務を遂行が出来た時
  • 深く頭を下げられたり、ありがとうなどの声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、国が安全で国民に笑い声などの様子が見れる時

これからも、職務を正義感持って遂行する姿が求められます。

  • 弁護士は自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します

上記の様な正義あふれる精神を持った人が弁護士の仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

法律家手続きページ

 



法律家になる道
法律家

弁護士になる道

 

 

 

弁護士を目指す道はパターンがある

  1. 大学卒業後に法科大学院へ卒業後、司法試験へ
  2. 法学部の大学卒業後に法科大学院へ卒業後、司法試験へ
  3. 司法試験予備試験に合格し司法試験へ
  4. 司法試験を受けて合格すれば司法修習へ

 

 

大学卒業後に法科大学院卒業後、司法試験へ

  • 大学4年間卒業後に法科大学院へ3年間進み卒業後、司法試験へ

法学部の大学卒業後に法科大学院卒業後、司法試験へ

  • 法学部4年間卒業後に法科大学院へ2年間進み卒業後、司法試験へ

 

司法試験

  1. 憲法
  2. 民法
  3. 商法
  4. 刑法
  5. など幅広い法律の知識が問われます。
    • また論文式試験は、法的な分析・構成
    • 論述の能力も判定される
    • ※社会(公民)、国語は特に必要
  • 司法試験の合格率:約25%と非常に厳しい
    1. 5年以内に司法試験に3回落ちた場合は、それ以上受験することは出来ない。
    2. つまり、弁護士への職には就けない。

 

司法試験合格の後は

  • 司法試験を受けて合格すれば司法修習へ
  • 司法修習の試験に合格の後は、弁護士、検事、判事(裁判官)のいずれか選択する。

 

司法修習

  1. 司法修習生として司法研修所に出願します。
  2. 出願は9月に行い、採用は11月末にされます。
  3. 分野別に実務修習が12月からから始まり、8月の初めまで続きます。
    • 実務研修は、民事裁判、刑事裁判、検察、弁護の4項目を2ヶ月間づつ全国の配属地で受ける。

 

 

その他、司法試験予備試験に合格し司法試験へ

  1. 試験で受験資格を取得
    • 学歴や年齢の制限はありません。
    • 資格スクールなど50万円〜150万円程度
  • 司法試験の受験資格を獲得
    1. 最短で2年程度で司法試験の受験資格を獲得
    2. 通常は科大学院以上の時間がかかる
    3. つまり、非常に難関試験である。
    4. 予備試験合格には、法科大学院修了者と同等の法律知識と実務知識が必要

予備試験に合格し資格を取得

  • 資格を取得したら、司法試験へ挑む

 

研修期間終了後に採用され本格的に弁護士の道へ

  • 弁護士事務所の弁護士または独立弁護士としてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

法律家手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

弁護士になるには、頭脳明晰で冷静、そして法的に公正で的確な判断と正しい判断が出来ることが大切です。正義感に満ち溢れていると言う方が向いています。更に厳しい司法試験に受かる必要があります。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT