TOP > 趣味・レジャー >キャビンアテンダントの手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
キャビンアテンダント(客室乗務員)
キャビンアテンダント(客室乗務員)手続き
手続き 手続き
  キャビンアテンダントになる夢を叶えたい。旅客機に乗務するプロになって活躍を志す方にキャビンアテンダント(客室乗務員)になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
手続き 手続き
.
キャビンアテンダント(客室乗務員)とは キャビンアテンダント(客室乗務員)になる為の基本
キャビンアテンダント(客室乗務員)になる道  
 

.
キャビンアテンダント(客室乗務員)とは

キャビンアテンダント(客室乗務員)

キャビンアテンダント(客室乗務員)とは

 

 

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の仕事

キャビンアテンダントとはよく聞く言葉ですが、旅客機に乗務する客室乗務員の事。

  • キャビンアテンダントとは、簡単に言えば客室乗務員のことです。
    • つまり、スチュワーデス、フライトアテンダント、エアホステスとも言います。

つまり、旅客機に乗務するプロの接客サービス乗務員と言う事です。
また、緊急時には避難誘導なども訓練されています。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の職場

キャビンアテンダントの主な仕事は一般の旅客機に乗務し、スムーズに問題無くお客様が目的地に到着できるように機内で接客サービスを行います。

キャビンアテンダントの接客手順

  • 国内線は一日数便の乗務。
  • 国際線は数日間の長期乗務です。
  1. 搭乗ゲートからの乗客案内
  2. 機内アナウンス
  3. 緊急時の対応説明
  4. 機内での雑務
  5. 機内食の用意
  6. などサービス全てを行います。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の職務

キャビンアテンダント(客室乗務員)はお客様の接客サービスと安全運航のサポートになります。

 

お客様の接客サービス

  • 搭乗客の管理を行います。

つまり、お客様が安心して楽しい旅が出来る様に気を配りながらサービス提供をします。

  • 注意事項
  • 非常時の確認と説明
  • 食事
  • ドリンク
  • 新聞や雑誌
  • 毛布の提供
  • 免税品のサービスなど
    • お客様からの要望や質問などサービスの全てを提供しています。

安全運航のサポート

キャビンアテンダントは常日頃から緊急時に対応できる訓練を行っています。

つまり、搭乗のお客様を安全に目的地まで送るのが仕事です。

  • 機体の安全確認や、搭乗客の安全を守るためトラブルは無いかなど。
  • また、緊急トラブルがあれば迅速で適切な対応をしなければいけません。

機内トラブル時の対応

  • 急病人が出た時の救急処置
  • 悪天候のアナウンスと安全対策
  • 機体の事故
  • ハイジャック起きた時
  • 緊急に着陸する時
  • 乗客を安全に誘導するなど
    • つまり、乗客の安全を守るために、冷静に対応する事がキャビンアテンダントの大切な役割となります。

また、緊急時やトラブルなどパイロットとの連携は欠かせません。パイロットに代わってお客様に安心を与える様にしなければいけません。

 

キャビンアテンダントの業務

キャビンアテンダントは搭乗前からフライトが終了し日報報告までが一つの流れになります。

また、とくに搭乗中は、再三の注意を払い気を配らなくてはいけません。

また搭乗客は年配から赤ちゃんまで幅広く、持病を持った人や具合が悪くなる人までいるので、全ての人に心のこもったサービス提供を心掛けなければいけません。

つまり出発から到着まで緊張の連続です。

 

お客様の要望

お客様からの要望や問い合わせは的確に応えていく。

  • 例えば、今何がしたいのか?など出来る限りのことをする。
  • また、お客様同士のトラブルや盗難、事故、病気などにも迅速に対応していくのも仕事なのです。
    • いつ何が起こっても大丈夫な様に事前に対策などは考えておくこと。

 

お客様の状況をいち早く把握する

お客様の年代層や女性比率や子供の状況などで応対を変化させていく。

  • つまり、その搭乗のお客様の適正に合わせたサービスにしなければなりません。
  • また、何かあれば直接お客さまと接するサービスです。
  • つまり、心のこもったサービスは人間性も出ますので、自分を磨くうえでも良いサービスの提供に努めていく事が重要になります。
  • ただし、キャビンアテンダントとのチームワークも大切にしなければ務まりません。

つまり、人間味あふれる仕事であると言う事は間違えありません。

 

キャビンアテンダントの重要性

キャビンアテンダントは、自分が担当する機内の搭乗客には最後まで責任を持つ必要があります。

  • お客様は、初めて会ったも者同士が旅行の最初から最後まで隣同士になることもあります。
  • つまり、赤の他人同士が何時間も隣同士で、食事や時には睡眠もします。
  • その様なお客様すべてを把握する必要があります。

当然ですが、旅の安全確保を第一優先に考え、お客様の手助けを行うようにします。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の適正

  • 旅客機の客室はキャビンアテンダントがいなければ大混雑してしまう。

つまり

  1. 赤の他人が多く集まった機内でキャビンアテンダントの言う事を聞いて貰うようにしなければならない。
  2. キャビンアテンダントは機内の誘導員的な存在でなければいけないのです。
    • つまり、キャビンアテンダントの指示に従って行動して貰うようにしなければいけません。

お客様が勝手な行動を行わない様にする為にもキャビンアテンダントが必要になるのです。

とくに

  • 旅行に不慣れなお客様。
  • 年配のお客様。
    • 幼児または乳幼児を連れた母子など。
    • 上記のような方々にはキャビンアテンダントが頼りになります。

今後も、キャビンアテンダントの存在が必要とされていく事になります。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の魅力

キャビンアテンダントは旅行好きの人には、嬉しい仕事の一つです。

フライトで様々な場所に行くことができ、様々な土地や国の食事や文化に触れる事ができるのは大きな魅力の一つです。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の年収

キャビンアテンダントとして働く場合

  • 月額給与:約35万円〜
  • 平均年収:約350万円〜500万円

 

キャビンアテンダントの就職先

  • 中小の国内航空会社
  • 外資系航空会社

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の業務許可

キャビンアテンダントの業務をする人は特別な許可は必要では無い。

  • キャビンアテンダントの業務を行う場合
    • 特別な資格はありません。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



キャビンアテンダント(客室乗務員)になる為の基本

キャビンアテンダント(客室乗務員)

キャビンアテンダント(客室乗務員)になる為の基本

 

 

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)になり活躍する為の基本的な考え

基本的に資格などが必要としない

キャビンアテンダント(客室乗務員)の業務が出来る為の資格

  • 国家試験などの資格は必要としない

 

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)としての素質

  1. 旅行が大好きであることが前提です。
  2. また、正確で几帳面、面倒見が良いことが挙げられます。
    • 上記のことはキャビンアテンダントとしての最低限必要な条件になります。

また、お客様の年代や男女比率でも応対など若干変化します。

つまり、そのお客様に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • キャビンアテンダントは冷静であること
  • 安全な旅の行動やあり方も確保していかなければいけません。
    • つまり、お客様に安全を理解して貰える様に説明をしていく語学力やコミュニケーション力も備わっていなければいけません。

キャビンアテンダント(客室乗務員)の勤務時間と消耗率

  • キャビンアテンダントは体力勝負の仕事です。
  • 狭い通路を何往復も何時間も立ったまま動き回るハードワークです。
  • 勤務時間や休日の決まりも無く不定期です。
  1. つまり、フライトは長時間にわたり、国内線は1日数回ものフライトに乗務する。
  2. ハードな仕事の中でも、機内は笑顔でサービスを提供する体力勝負の仕事。
  3. 国際線は何時間も機内に拘束され時差もあり体調管理が大切になります。
  4. 高いコミュニケーション能力は当然の事でマナーや姿勢など歩き方や態度も重要なのです。

 

キャビンアテンダントにはトラブルも付きまとう

  • 例えば、お客様が病気、ケガなどした時
  • 例えば、お客様同士がトラブルになった時
  • 例えば、盗難に遭った時
  • 例えば、予期せぬ天候悪化になった時
  • 例えば、時間が大幅に狂った時
  • 例えば、事故などに遭った時
    • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  1. 楽しい
  2. 面白いなど
  3. 旅行は見どころが一杯だけでは無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に迅速に対応できること。
    • 同じ対応と同じ接し方でキャビンアテンダントの職務を全うしなければならないのです。

つまり、旅行に導く乗務員としての責任感を持つ、お客様に安心感を与える事が出来るのがキャビンアテンダントなのです。

つまり、旅行が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

また

キャビンアテンダント(客室乗務員)は離職率も非常に高い

  • 体力勝負であるキャビンアテンダント(客室乗務員)は離職率が高いので有名です。
    • 平均勤続年数:約5年〜長くても13年しかありません。

 

もしも

  • 少しでもこの時点で無理かもと心に思う方は?
  • キャビンアテンダント(客室乗務員)には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)は信頼性が求められる

機内に搭乗するお客様は、旅慣れた人もいますが、ほとんどが素人であるためキャビンアテンダントに聞けばなんでも知っている、何でも分かると思っている人が大半です。

つまり、キャビンアテンダントはお客様に質問攻めに合う事を想定して答えていく必要があります。

  • 色々な難題に対しても丁寧に答えてあげるキャビンアテンダント
  • そんな存在が信頼を生み感謝されることに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られるキャビンアテンダントの姿が必要になると言う事なのです。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)の喜び

  • 問題無くフライトが終了した時
  • 若い人からお年寄り全ての人々と良いコミュニケーションが出来た時
  • お客様から、ありがとうなどの感謝の声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、お客様が喜んでいる姿を見た時。

これから、キャビンアテンダントを行う者は、お客様に信頼されるような礼儀や作法と心で接する事が求められます。

  • キャビンアテンダントは自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します。

上記の様な正義あふれる精神を持った人がキャビンアテンダントの仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



キャビンアテンダント(客室乗務員)になる道
キャビン(客室乗務員)

キャビンアテンダント(客室乗務員)になる道

 

 

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)を目指す道はパターンがある

  • 専門学校や短大、大学卒業後に航空会社へ
  • 航空会社の客室乗務員の採用試験に合格する

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)養成の学校

客室乗務員の仕事や知識やスキルを学ぶのが目的

  • 旅行や観光専門学校
  • 客室乗務員養成に特化した学科・コースがある短大
  • ※就職実績は必ずチェックすること。

 

大学や短大に進学して客室乗務員を目指す

  • 観光系や語学、国際教養などの学科
  • 客室乗務員の仕事と関連がある学科を希望すること。

 

キャビンアテンダント(客室乗務員)専門の学校へ

  • 客室乗務員の養成コース
  • 専門学校の通学期間:平均2年
  • 短大や大学は通常の年数です。

講座内容

  • キャビンアテンダント・客室乗務員養成を目的とした学科・コースでお客様を快適な旅へ導く為の心得

専門学校に通い習得するもの

  • 接客マナーや航空業界の専門知識と使える英語を学ぶ
  • 元キャビンアテンダントの教員が直接指導も行っている。
  • 英語力、接客マナー、空港・航空専門知識など、幅広いカリキュラムで学習する。
  • エアライン採用試験の対策や指導しています。

教育内容

  1. 地理学
  2. 歴史学
  3. 言語学
  4. 教養学
  5. 観光学
  6. コミュニケーション学
  7. 国際関係学
  8. 国際文化学
  9. 語学(英語、その他)

 

キャビンアテンダント養成学校の資格を取得目標

  • TOEIC(R)テスト (C〜Aレベル)
  • 実用英語技能検定 (準2〜準1級)
  • 秘書技能検定 (2〜1級)
  • 観光英語検定試験 (2級)
  • 日本漢字能力検定 (2級)
  • コンピュータサービス技能評価試験 (3〜2級)

キャビンアテンダント養成学校卒業後の就職先

  • ANA
  • JAL
  • 大韓航空
  • ソラシドエア
  • カタール航空
  • JALスカイ
  • ANAエアポートサービス
  • スターフライヤー
  • スカイマーク
  • 空港ターミナルサービスなど

キャビンアテンダント専門の養成学校で習得する学費

  • 養成学校に通う:1年間約120万円〜150万円

 

養成終了後は航空会社の採用試験

キャビンアテンダント(客室乗務員)になるには各航空会社の採用試験を受験し、合格する必要があります。

  • 一般的な合格倍率:約20倍以上と厳しいです。

 

特別な資格や条件

  1. 基本的に特別な資格などは必要ありません。
  2. 視力1.0以上
  3. TOEIC600点以上
  4. 学歴は専門学校・短大卒以上が条件
    • 各航空会社によって条件は違います。

 

※キャビンアテンダント専門学校のスクールを活用

  • 客室乗務員採用試験の情報提供や対策
  • 客室乗務員になるための専門学校(エアラインスクール)があるので活用する
  • 受験の際にはエアラインスクールが効果を発揮する

男女や年齢

  • 年齢制限は緩い状態となって来ています。
  • 経験者を中途採用うする航空会社も出ています。
  • 男女を比較すると男性の客室乗務員が非常に少ないのが現状です。
  • また、男性の客室乗務員の給与は20万円台と低めです。

採用の比率

各航空会社で採用試験に必要な学歴は異なります。

  • 一般的に採用試験は短期大学卒や専門学校卒以上から受験可能です。

実際の採用事例の現実

  • キャビンアテンダントに採用されるのは圧倒的に大学卒です。
    1. 本気でキャビンアテンダントになりたい方は大学に進学すること。
    2. 専門学校卒からの採用は、ほとんどありません。
    3. 大学での学部は、英語が学べ話せるようになる学部を選択します。

 

見事採用試験に合格後は本格的にキャビンアテンダント(客室乗務員)の道へ

  • 旅客機の添乗員キャビンアテンダント(客室乗務員)としてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

キャビンアテンダント(客室乗務員)になるには、冷静で的確な判断と責任感があることが大切です。何があってもお客様に信頼されると言う強い思いと心を持って客室乗務が出来ると言う方が向いています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT