TOP > 趣味・レジャー >航空管制官の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
航空機を安全に調整するプロ
航空機を安全に調整するプロ手続き
手続き 手続き
  航空管制官になる夢を叶えたい。航空機を管理するプロになって活躍を志す方に航空管制官になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
手続き 手続き
.
航空管制官とは 航空管制官になる為の基本
航空管制官になる道  
 

.
航空機を安全に調整するプロとは

航空機を安全に調整するプロ

航空管制官とは

 

 

 

航空管制官の仕事

航空管制官とは、航空機が安全に飛行できる様に管理する人の事。

  • 簡単に言えば航空機の交通を誘導する警察みたいな人です。
    • つまり、管制塔で飛行機の安全運航を調整する人。

つまり、航空機が安全に離着陸など出来る様に指示する役目を持つのが航空管制官と言う事です。

航空管制官の職場

航空管制官は、そのほとんどが管制塔にいます。

  • 空港にそびえ立つ高い塔で、滑走路の全てが見渡せます。
  • 管制塔に勤務し、航空機が安全に離着陸できるように指示する。
  • つまり、パイロットに進路情報の提供や指示を行う航空運行の専門家です。
  • また、逆にパイロットは、航空管制官の指示なしで飛行する事は出来ません。

 

航空管制官の現場

日本における職場は

  • 航空交通管制部(札幌・東京・福岡・那覇)
  • 全国各地の空港です
    • 航空交通管制部は、日本の空域に出入りする航空機を管理する
    • 各地の空港は、空域内にいる航空機の管理する

 

航空管制官の職務

航空管制官は24時間空港での業務に携わります。

  1. つまり、空港に進入する航空機を、レーダーで監視して指示を的確に出していきます。
  2. 指示の内容は、離着陸の誘導や混雑時のコース変更などを無線で指示を伝えます。
  • ターミナル・レーダー管制の業務
  • 飛行場管制の業務

ターミナル・レーダー管制の業務

ターミナル・レーダーの業務を行う航空管制官は、パイロットに細かい指示や情報を的確に迅速に伝える事が仕事です。

  • 常にレーダー画面で確認
  • 空港の状況や航空機の飛行速度や進路、混雑など
  • 状況に合わせた待機など、数分置きに飛び交う航空機を調整します。

例えば、航空機が空港に到着予定を管制官に連絡し着陸する時に、別の航空機の離発着とピッタリ予定が重なってしまう場合など、迅速に進路の指示を出しスムーズに運行が出来る様にサポートします。

つまり、指示を誤ったりしたら大惨事になる大事な役割を持つ現場なのです。

飛行場管制の業務

飛行場を管制する航空管制官は、管制塔のタワーで、空港周辺の監視を目視しながら指示を出すのが仕事です。

タワーはガラス張りになっていて360度、どこからでも見渡せ、空港に出入りする航空機をレーダーと目で確認しながら事故や混雑しない様にコース指示や誘導を行うのが業務です。

 

航空管制官の将来

航空管制官は、誰でも出来るような仕事ではありません。

  • レーダーやシステムと常に睨み合い的確に指示を出すことは、長い経験と知識が必要なのです。

つまり

  • 専門の知識を持つ技術者で、航空業界に無くてはいけない大切な存在の位置づけになっています。

つまり、今後も一生安定的な職を供給されることになり将来性の面においても永続される仕事です。

つまり、今後も航空管制官に求められる職務も多くあり必要とされる存在であることは間違えありません。

 

航空管制官の魅力

航空管制官は、何機もの航空機を操作するある意味特殊な仕事です。

  • 特殊なレーダーなどを操り管制塔から指示を出す司令塔です
  • また、自分が指示した事で空港がスムーズに運行できる事は何より嬉しい事です

また、様々な資格を次々に取得することも出来る素晴らしい仕事です。

  • 一人前の管制官になるまでに、長い時間を要する訓練や習得があります。
  • しかし、1度航空管制官になってしまえば、ある程度の収入は確保される魅力があります。

 

航空管制官の年収

空港などの管制官として働く場合

  • 航空管制官は国家公務員です
  • つまり公務員給与になります。
  • 年数経験が重要とされる職場のため
  • 経験や年齢により変化する
  • 平均年収:約500万円〜700万円
  • 20代平均年収:約400万円〜500万円
  • 40代以上平均年収:約600万円〜800万円

 

航空管制官の就職先

  • ターミナル・レーダー管制の業務
  • 飛行場管制の業務

 

航空管制官の業務許可

航空管制官の業務をする人は公務員になる事が必要です。

  • 業務を行う場合
    • 航空管制官の国家公務員の採用試験で合格する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



航空機を安全に調整するプロになる為の基本

航空機を安全に調整するプロ

航空管制官になる為の基本

 

 

 

航空管制官になり活躍する為の基本的な考え

基本的に国家公務員になる事が必要です

航空管制官の業務が出来る為

  • 国土交通省の航空管制官採用試験を受験する必要があります。

 

航空管制官としての素質

  1. 安定した語学力が必要です。
  2. 管制官の標準語は英語です。
    • 上記のことは航空管制官としての最低限必要な条件になります。

また、状況に合わせてパイロットに出す指示など変化します。

つまり、その日の航空状況に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • 航空管制官は冷静であること
  • トラブルにどう対処するかを瞬時に決めること
  • 決断力や実行力も必要です
  • 何かほかの作業をしながらも目配りができる力があること
  • 安全に空港が運行するあり方も確保していかなければいけません。
    • つまり、旅客機を適正に指示し、突然のトラブルも対処し安全に離着陸させること
    • つまり、集中することで冷静さを失い周囲が見えなくなるタイプは不向きです

また

  1. 航空管制官に必要なのは英語力です。
  2. 航空管制官は迅速な判断力と集中力。
  3. 航空管制官は、常に冷静でいられる事。

 

勤務時間

  • 航空管制官は基本的に24時間休むことは無い。
  • つまり、24時間を交代で管制の業務に従事します。
  • 勤務時間帯や休日の決まりも無く不定期です。
  1. つまり、早朝勤務や夜勤など24時間のどこかの時間帯に従事します。
  2. 盆暮れ正月、土曜日曜祝祭日に関係なく勤務する。
  3. 高い語学の能力は当然の事でマナーや姿勢など態度も重要です。

 

トラブルも付きまとう

  • 例えば、航空機の離着陸の時間のズレ
  • 例えば、ダイヤの乱れ
  • 例えば、予期せぬ天候悪化になった時
  • 例えば、全ての便の時間が大幅に狂った時
  • 例えば、事故などに遭った時
    • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  1. 楽しい
  2. 面白い
  3. カッコイイなど言っている場合では無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に迅速に対応できること。
    • 同じ対応と冷静さで管制官の職務を全うしなければならないのです。

つまり、空港の運行をスムーズにするプロとしての責任感を持つ、パイロットに安心感を与える事が出来るのが航空管制官なのです。

つまり、飛行機が好き空港が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  • 少しでもこの時点で無理かもと心に思う方は?
  • 航空管制官には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

航空管制官は信頼性が求められる

飛行機を操縦するパイロットで、経験を積んでいるベテランのパイロットはその場での判断や状況を飲み込む能力があります。しかし、航空管制官の指示無しには勝手な行動を行う事は出来ません。

つまり、パイロットに不安を与えない適切な指示をする必要があります。

  • 色々な問題の勃発に対しても丁寧に適切に指示する
  • 安定した指示を提供する
  • そんな存在が信頼を生み感謝されることに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られる航空管制官の姿が必要になると言う事なのです。

 

航空管制官の喜び

  • 問題無くフライトが終了し着陸した時
  • 最悪な状況の中でも無事に航空機の離着陸指示の職務を遂行出来た時
  • パイロットから、サンキューなどの声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、空港がスムーズな運行をしている様子を見た時

これからも、職務を正義感持って遂行する姿が求められます。

  • 航空管制官は自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します。

上記の様な正義あふれる精神を持った人が航空管制官の仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



航空機を安全に調整するプロになる道
航空機を安全に調整するプロ

航空管制官になる道

 

 

 

航空管制官を目指す道はパターンがある

  1. 専門の学校や大学卒業後に航空管制官の採用試験へ
  2. 航空会社へ入社後、航空学校で講習
  3. 航空学校終了後、航空管制官へ

 

専門の学校や大学に進学して航空管制官を目指す

  • 国際関係学
  • 国際文化学
  • 語学(英語)
  • 語学(その他)
  • ※就職実績は必ずチェックすること。

 

養成学校や大学へ

  • 専門学校の通学期間:平均2年
  • 大学は通常の年数です。

講座内容

  • 豊かな人間性と教養を兼ね備えた航空管制官の養成を育成している

大学に通い習得するもの

  • 将来の目標や興味にあわせて学べる
  • 英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、コリア語、イギリス留学など
  • 語学力の習得だけでなく、国の文化を学ぶ実践的で生きた語学力を身につる
  • 言語圏の文化・社会について高い専門性を修得
  • 地域の文化も学び、国際理解と幅広い視野を広げる
  • 将来的には世界の人びとと交流しコミュニケーションを図りながら仕事ができる能力を身に付ける

教育資格内容

  1. 資格
    • 中学校教諭免許状【英語】<国> (一種)
    • 高等学校教諭免許状【英語】<国> (一種)
    • 学芸員<国>
    • 司書<国>
    • 学校図書館司書教諭免許状<国>
    • 社会教育主事任用資格

 

航空管制官の専門の学校で習得する学費

  • 養成学校に通う:1年間約100万円〜150万円
  • その他の実習費が必要

 

航空管制官養成学校終了後は航空管制官の採用試験

航空管制官の採用試験を受験し、合格する必要があります。

    一般的な合格倍率:約20倍〜50倍です。
    1. 基礎能力試験
    2. 適性試験T部
    3. 外国語試験(聞き取り)
    4. 外国語試験(筆記試験)
    5. 外国語試験(面接)
    6. 人物試験
    7. 適性試験U部
    8. 身体検査
  • 応募者は約千人で、合格者50名ほど

採用の基準

航空管制官採用試験の試験レベルは大学卒業レベル

  • 一般的に採用試験は大学卒や専門学校卒以上から受験可能です。

採用試験の条件

  • 21歳以上20歳未満の者
  • 矯正眼鏡等の使用の有無を問わず、視力が次のいずれかに該当する者
  • どちらか眼でも0.7に満たない者
  • ・両目で1.0に満たない者
  • どちらか眼でも、80センチメートルの視距離で、近距離視力表(30センチメートル視力用)0.2の視標を判読できない者
  • どちらか眼でも、3050センチメートルの視距離で、近距離視力表(30センチメートル視力用)0.5の視標を判読できない者
  • 近距離視力表(30センチメートル視力用)0.5の視標を判読できない者

 

航空管制官の採用試験合格後

  1. 合格者は、航空保安大学校で約8カ月の研修を受ける必要がある。
  2. その後、各地の空港や航空交通管制部に配属される。
  3. その後、実地訓練、技能証明を受けて管制業務に就く。

 

研修期間終了後は本格的に航空管制官の道へ

  • 航空機の管制官としてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

航空管制官になるには、冷静で迅速そして的確な判断と責任感があることが大切です。更に健康面で自信があり常に安定していると言う方が向いています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT