TOP > 趣味・レジャー >国税専門官の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
国税専門官
国税専門官手続き
国税専門官手続き 国税専門官手続き
  国税専門官になる夢を叶えたい。納税を正しく管理するプロになって活躍を志す方に国税専門官になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
税金専門官手続き 税金専門官手続き
.
税金専門官とは 税金専門官になる為の基本
税金専門官になる道  
 

.
税金専門官とは

税金専門官

国税専門官とは

 

 

 

国税専門官

国税専門官とは、納税を監視するプロの事。

  • 簡単に言えば、納税が正しい申告か調査する人です。

つまり、納税の管理や検査を行う専門家です。

国税専門官の人数

  • 全国で働く国税専門官の人数:約6万人弱

 

国税専門官とは

  • 簡単に言えば税務の仕事
  • 国の財政基盤を支える為に、監視する。
  • 国民生活の安定・向上と社会福祉に寄与する極めて重要な仕事。
  • 国税職員は、国税局や税務署で、適正な課税を維持し租税収入を確保する。
  • 税務のスペシャリストとして法律、経済、会計等の専門的知識を駆使します。
  • つまり、国税の賦課・徴収などの事務を行っている。

 

国税専門官の職場

全国の税務署または国税局。

 

国税専門官の仕事

  • 国税専門官は、国の財源となる税金を賦課・徴収するプロです。
    • 国税調査官
    • 国税徴収官
    • 国税査察官
  • 国税調査官
    • 税の申告が正しく適正に行われているか調査などを行い税務者に申告指導を行う。
  • 国税徴収官
    • 納付の義務期限が過ぎた税金の督促や税務者に納税指導や滞納処分を行う。
  • 国税査察官
    • 悪質な納税者。
    • つまり、脱税者に対し、家宅捜索など強制調査を行う。
    • また、刑事犯として告発する権限を持っている。
    • よく聞く言葉がマルサと呼ばれている国税専門官です。
  1. 国税専門官は納税の不正を行う納税者を防止し国の財源を守る。
  2. 権限は警察並みの力を持つ。

 

国税専門官が専門とする仕事

  1. 納税調査
  2. 納税徴収
  3. 納税違反者摘発

 

国税専門官の職務

国税専門官の役割や職務は幅広い

  1. 税金の専門家であることは当然のことですが
  2. お客様の相談や問題を正しく指導するのも役割となります。
  3. つまり、不正を行うつもりが無く誤って申告してしまう納税者を未然に防ぐ。
  4. また、不正を行う犯罪性のある者に対して規律を厳しく問う。

警察との違い

  1. 国税専門官は、税関係の専門家です。
  2. つまり、納税や国税に関するプロです。
  3. 扱う案件はすべて税金関係に関してのみです。

 

国税専門官の将来

国の税を守るスペシャリストの仕事です。

  • 日本の業種も数多く更に新たな業種が生まれます。
  • 更に国際化に伴い外国資本や海外からのグローバルな企業の参入も多くある現実
  • しかし、それ以上に国税専門官関係の仕事は間に合っていません。
  • つまり、年々増加する税金滞納や指導など
  • 求められる仕事が多くやるべき事が山の様にあります。

つまり、今後の国税専門官に求められる役割や必要とされる事は、数多くあり将来的にも安定であると間違えありません。

 

国税専門官の魅力

専門的に求められる仕事です。

  • 国の根幹でもある税の管理ができる
  • 専門的で複雑になる高度な税調査など
  • 相談者の問題などに合わせた打開策の提案など何より嬉しい事です
  • また、人には見えない地味な作業の功績

裏方の調査や監視、様々な専門分野に貢献出来る素晴らしい仕事です。

  • 一人前の国税専門官になるまでに、時間を要する経験や習得があります。
  • しかし、独り立ち出来るような国税専門官になれば、収入もある程度は確保される。

 

国税専門官の勤務体制

  • 基本的に公務員です
  • 一般的な国税専門官は土曜日・日曜日・祝日は休日となっています。
  • 1日8時間労働

 

国税専門官の年収

各都道府県の国税専門官として働く場合

  • 基本的に公務員給与
  • 平均年収:約500万円〜600万円
  • 年代や経験により変化する
  • 20代:約400万円〜500万円
  • 40代以上:約700万円〜900万円

 

国税専門官の業務許可

国税専門官の業務をする人は国家資格を取得する事が必要です。

  • 業務を行う場合
    • 国税専門官の採用試験で合格する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

税金専門官手続きページ

 



税金専門官になる為の基本

税金専門官

国税専門官になる為の基本

 

 

 

国税専門官になり活躍する為の基本的な考え

基本的に国家資格の取得が必要です。

国税専門官業務が出来る為に

  • 国税専門官の採用試験を受験する必要があります。

 

国税専門官としての素質

  1. 真面目で正義感が必要です。
  2. 律儀で協調性に優れ慎重かつ正確で真面目なこと。
    • 上記のことは国税専門官としての最低限必要な条件になります。

その日の内容や状況に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • 税金が正しく納められているかどうかを監視し徴収する
  • 公正な判断力を備え責任感が強いこと
  • 国税専門官は慎重で正確であること
  • 何かほかの作業をしながらも集中できる力があること
  • 困難や圧力にも屈せず徹底的に追及する勇気と粘り強さがあること
  • 以外にハードワークなので体力や健康に自信があること
  • 個人や企業の税金を管理する。
    • つまり、税金や計算など絶対に間違える事無く正確であること
    • つまり、大雑把で大体このくらいで良い的なタイプは不向きです

また

  1. 最近は日本も国際化が進んでいますので英語力も必要になって来ています。
  2. 税金のことは熟知していること。
  3. 相談される方が利害関係などで衝突する仕事でもあり、ある程度の覚悟は必要になる。
  4. 自分に厳しく正確で誰とでも平等に適応できる精神力が必要です。

 

気苦労も付きまとう

  • 例えば、ミスは許されない
  • 例えば、案件や業務が多忙すぎる
  • 例えば、期日指定のストレス
  • 例えば、納税者との衝突など
  • 例えば、長時間勤務は当たり前
  • 終電に乗ることが出来れば早い帰りの方です
  • 休日の出勤命令や付き合いも非常に多い
  • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  • 専門分野である
  • 名前がカッコイイ
  • 事務ワークが好きなど言っている場合では無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に迅速に正確に対応できること。
    • 同じ対応と内容で職務を全うしなければならないのです。
    • また、絶対に少しのミスも許されません。

つまり、どの様な事案に対してもプロとしての責任感を持つ、納税者に安心と安定感を与える事が出来るのが国税専門官なのです。

つまり、専門的な税関係が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  1. 少しでもこの時点で大変そうや無理かもと心に思う方は?
  2. 国税専門官には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

国税専門官は信頼性が求められる

長年やっているベテランなどは、経験を積んでいるので、その場での判断や状況で段取りよく業務を遂行しますが、しかし、若手の国税専門官は何気に不安な表情やつまづいたりします。

  • 不安やつまづきは相談者などを不安にする要因になります。

つまり

  • どの様な状況になっても冷静に上司の指示に従う
    • 様々な問題の勃発に対しても丁寧に適切に行動する
    • 安定した正確な答えを提供する
    • 常に冷静に判断し状況を見極める
    • そんな存在が信頼を生み感謝されることに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られる国税専門官の姿が必要になると言う事なのです。

 

国税専門官の喜び

  • 問題無く1日が終了した時
  • 多忙な状況の中でも無事にミスなく職務の遂行が出来た時
  • 納税相談者から、助かった。ありがとう。などの声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、何も問題がない無事な日常の時

これからも、職務を正確性を持って遂行する姿が求められます。

  • 国税専門官は自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します

上記の様な正義あふれる精神を持った人が国税専門官の仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

税金専門官手続きページ

 



税専門官になる道
税金

国税専門官になる道

 

 

 

国税専門官を目指す道はパターンがある

  1. 高校卒業後に税務職員の採用試験へ
  2. 短大や大学へ卒業後に国税専門官の採用試験へ
  3. 採用試験合格後、各国税局または税務署へ

 

高校卒業後に国税専門官の国家資格試験へ

基本的に税務職員の採用試験になります。

1次試験

  • 基礎能力試験(多肢選択式)
    1. 公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験(出題数合計40題)
    • 知能分野20題(文章理解7、課題処理7、数的処理4、資料解釈2)
    • 知識分野20題(自然科学5、人文科学9、社会科学6)
  • 適性試験(多肢選択式)
    1. 速く正確に事務処理を行う能力についての筆記試験(出題数120題)
    2. (置換・照合・計算・分類などの比較的簡単な問題を限られた時間内に番号順にできるだけ多く解答するスピード検査)
  • 作文試験
    1. 文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験

2次試験

  • 人物試験
    1. 人柄・対人的能力などについての個別面接
    2. 第2次試験の際、人物試験の参考とするため、性格検査を行います。
  • 身体検査
    1. 主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)
    2. 尿
    3. その他一般内科系検査

 

短大や大学へ卒業後に国税専門官の国家試験

受験資格

  • 学歴不問
  • 年齢21歳〜30歳
  • 高校卒は税務職員に


試験内容

第一次試験

  • 基礎能力試験(多肢選択式)
    1. 公務員として必要な基礎的な能力(知識及び知能)についての筆記試験(出題数は40題)
    2. 知能分野27題(文章理解11、判断推理8、数的推理5、資料解釈3)
    3. 知識分野13題(自然、人文、社会13)
  • 専門試験(多肢選択式)
    1. 出題数は70題
    2. <必須>次の2科目(16題)(民法・商法、会計学(簿記を含む。)
    3. <選択>次の9科目54題(各6題)から4科目24題選択
      • 憲法・行政法
      • 経済学
      • 財政学
      • 経営学
      • 政治学・社会学・社会事情
      • 英語
      • 商業英語
      • 情報数学
      • 情報工学
  • 専門試験(記述式)
    1. 次の5科目(各1題)のうち1科目選択(憲法、民法、経済学、会計学、社会学)

 

第2次試験

  • 人物試験
    1. 人柄・対人的能力などについての個別面接
  • 身体検査
    1. 主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む)
    2. 尿
    3. その他一般内科系検査

 

短大や大学へ卒業後に国税専門官の採用試験へ

  1. 大学では法学科・法律学科へ進む方が多い
  2. 必ずしも法律関係学科である必要はない
  3. 合格率:約5%〜9%と非常に厳しい
  • 普通程度の勉強では合格は出来ない

 

国税専門官の採用試験合格後、税務の学校へ

  • 採用試験合格後は、税務大学校等で専門官基礎研修を受ける
  • その後、各地の税務署で一定期間の実務経験を習得する
  • 更に専科研修などがありやっと国税専門官に任命される

 

国税専門官に任命後は本格的に国税専門官の道へ

  1. 各都道府県の国税局に所属し国税専門官としてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

税金手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

国税専門官になるには、正確で迅速そして的確な判断と責任感があることが大切です。それに加え数字に強く几帳面で意欲に満ち溢れていると言う方が向いています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT