TOP > 趣味・レジャー >航空整備士の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
整備
整備手続き
手続き 手続き
  航空整備士になる夢を叶えたい。航空機を整備するプロになって活躍を志す方に航空整備士になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
手続き 手続き
.
航空整備士とは 航空整備士になる為の基本
航空整備士になる道  
 

.
整備とは

整備

航空整備士とは

 

 

 

航空整備士の仕事

航空整備士とは、航空機を整備するエンジニアの事。

  • 航空整備士とは、簡単に言えば航空機の修理点検をすることです。
    • つまり、一般的に整備士と呼ばれています。
    • 航空整備士は国家資格が必要です。

つまり、旅客機や航空機を整備するエンジニアと言う事です。

 

航空整備士の職場

航空整備士の職場は、大きく別けるとライン整備とドッグ整備になる。

  1. 航空整備士は、各空港で航空機の安全や点検をする。
  2. 航空機の精密なエンジンから車輪まで全ての部品のチェックを細かく行っていく。

また、それぞれの航空機の構造が違う為、各航空会社の基準を基にして機体が正常に機能するかを点検、保守していかなければならない。

航空整備士が行う大事な作業

  • 運航ライン整備
  • 定期整備
  • ドッグ整備で機体を構成する膨大な数の部品を一つ一つ細かく点検する。

ライン整備

フライトする前には必ず行わなくてはいけない航空機の目視や超音波、X線での点検作業です。

つまり

  • 航空機が空港に到着して次にフライトを行う短時間の時間内で、整備や点検を行う。
  • スピード重視と正確さ重視が要求される高度な整備。

この作業を行う整備士は国家資格を持ち最終的な点検とOKを出す権限を持っている。この整備士のOKが出ない機体はフライトは出来ない。

ドッグ整備

一定の飛行時間を超えると行う保守点検整備。

つまり

  • 空港内の格納庫で1ヵ月から2ヶ月間かけて行われ、幅広く点検する整備です。
  • 簡単に言えば車検のようなもの、一定のフライト時間の経過後、エンジンをはじめ、車輪など着陸装置、コックピットの全ての部分の点検整備を行う。

また、夜間に行う保守点検整備もある。

 

航空整備士希望

  • 厳しい試験や検査、訓練も何年も行い専門知識と技術を磨く人のみ出来る職業なのです。

 

航空整備士の現場

的確に安全に旅客機などを点検し安全運航できる様に整備する命を守る現場です。

  • つまり、旅客機は人を乗せて空を何時間も飛ばなければいけません。
  • その飛行時間に耐える機体の整備を行う航空整備士の責任は重大なものとなる。

 

 

航空整備士の職務

  • 旅客機を整備し安全に運航出来る機体にします。

航空整備士の役割

  • ライン整備
  • ドッグ整備

航空会社のマニュアル通り既定の点検整備を行う事が役割です。

  • 突然起こるトラブル
  • パイロットからの異変の報告
  • 飛行中のエンジンのトラブルや機体の故障など
  • 燃料の残量など

つまり

トラブルに対応し安全で快適な旅を提供する為に、確認と注意は怠りません。

  • また、トラブルや故障などの場合は、航空整備士に問われる責任は非常に重いものとなる。

つまり

  1. 航空整備士は国家資格を持つ者であり、より高度な資格を取ることで、スキルや技術を身に付ける事が要求される。
  2. また日々変化する最先端の技術のアイディアや開発にも貢献しています。

つまり、航空機の進歩と共に航空整備士も進歩して行くと言う事になります。

 

航空整備士の将来

航空会社それぞれで様々なサービスを展開する中、格安航空会社の存在も大きくなってきました。

  1. また、成田や羽田空港を整備し国際線などの発着数を増大し益々多くの航空機が増えています。
  2. また、最先端の新たな整備技術も開発され、更に新たな航空機の精密部品が増えています。
    • つまり、新技術や新しい部品に、対応できる技術者の人材が求められています。

つまり、今後も航空整備士に求められる職務も多くあり必要とされる存在であることは間違えありません。

 

航空整備士の醍醐味

航空整備士は空高く舞い上がる航空機の整備全般に携わる仕事です。

  • 整備した航空機が快適に何もなくフライトする事が何よりも嬉しい。
  • また、新たな技術や資格を習得できる楽しみ。

つまり、航空機の新たな技術開発と同時に航空整備士の技術習得が出来る素晴らしい仕事です。

  • 一人前の航空整備士になるまでに、長い時間を要する訓練や習得があります。
  • しかし、1度航空整備士になってしまえば、絶対的な地位は確保されています。

 

航空整備士の年収

航空整備士として働く場合

  • 航空整備士は経験が重要とされる職場のため
  • 経験や年齢により変化する
  • 平均年収:約500万円〜600万円
  • 20代平均年収:約200万円〜300万円
  • 40代以上平均年収:約500万円〜700万円

 

航空整備士の就職先

  • 国内航空会社
  • 外資系航空会社
  • 新聞社
  • 警察および消防
  • 航空関係
  • ヘリコプターの整備
  • 小型機の整備

 

航空整備士の業務許可

航空整備士の業務をする人は特別な資格が必要です。

  • 業務を行う場合
    • 一等航空整備士
    • 二等航空整備士
    • 一等航空運航整備士
    • 二等航空運航整備士
    • 航空工場整備士などの国家資格を取得する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



パイロット(機長)になる為の基本

整備

航空整備士になる為の基本

 

 

 

航空整備士になり活躍する為の基本的な考え

基本的に国家資格が必要です

航空整備士の業務が出来る為の資格

  • 一等航空整備士
  • 二等航空整備士
  • 一等航空運航整備士
  • 二等航空運航整備士
  • 航空工場整備士の国家資格を取得する必要があります。

航空整備士になるには国家資格の取得が必須です。

また、国家資格は何種類かに分かれており、取得するレベルによって整備する業務範囲が変化する。

つまり、扱える航空機の種類が違います。

  • 一等航空整備士・・・ドッグ、ライン整備(ジャンボ機などの整備)
  • 一等航空運航整備士・・・ライン整備(ジャンボ機などの整備)
  • 二等航空整備士・・・ドッグ、ライン整備(ヘリコプターやセスナなどの整備)
  • 二等航空運航整備士・・・ライン整備(ヘリコプターやセスナなどの整備)

航空会社などは、資格範囲など航空整備士に設けています。

 

 

航空整備士としての素質

  1. 機械いじりが大好きであることが前提です。
  2. また、正確で几帳面、妥協しないことが挙げられます。
    • 上記のことは航空整備士としての最低限必要な条件になります。

また、状況に合わせて技術工程を変化できる柔軟な能力の持ち主。

つまり、その日の機体状況に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • 強い責任感を持ち合わせる
  • 正確な技術
  • 機体に対する深い知識
  • 再三の細かい注意を何度も行える
  • 厳しい整備士規約に耐える精神力

また

  1. 航空整備士に必要なのは健康な体です。
  2. 航空整備士はハードワークなので体力も要求される。

 

勤務時間と消耗率

  • 航空整備士は体力勝負の仕事です。
  • 重い工具や力のいるハードワークです。
  • 勤務時間や休日の決まりも無く不定期です。
  1. つまり、フライトは24時間いつでも飛行している、国内線は1日数回ものフライトする。
  2. 航空機が離着陸する間は勤務が続く
  3. つまり、24時間を交代で業務に携わる
  4. ハードな仕事の中でも、冷静で妥協しない安全な整備を提供する仕事。
  5. トラブルや事故などは何時間も残業になる事もあり体調管理が大切になります。
  6. パイロットやキャビンアテンダントなど旅客機に携わる人との連携も重要です。

 

トラブルも付きまとう

  • 例えば、突然トラブルになった時
  • 例えば、予期せぬ天候悪化になった時
  • 例えば、時間が大幅に狂って大混乱になった時
  • 例えば、事故などに遭った時
    • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  1. 楽しい
  2. 面白いなど
  3. 最新の技術習得ができるだけでは無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に迅速に対応できること。
    • 常に同じ対応と冷静さで妥協なく職務を全うしなければならないのです。

つまり、航空機の安全を守るプロとしての責任感を持つ、航空関係者に安心感を与える事が出来るのが航空整備士なのです。

つまり、空を飛ぶ航空機が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  • 少しでもこの時点で無理かもと心に思う方は?
  • 航空整備士には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

航空整備士は信頼性が求められる

航空機の整備は命と直結している為、ほんの些細なミスや落ち度も許されません。

つまり、完璧に作業や整備が出来ることが条件であり大切になります。

  • 色々な問題の勃発に対しても丁寧に妥協無く整備できること
  • 安定した技術とスピードを持つこと
  • 勉強熱心で資格を取得する高い心を常に意識すること
  • そんな存在が信頼を生み安全整備に感謝されることに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られる航空整備士の姿が必要になると言う事なのです。

 

航空整備士の喜び

  • 問題無くフライトが終了した時
  • 最悪な状況の中でも既定の整備や修理の職務を遂行出来た時
  • 関係スタッフなどから、ありがとうなどの感謝の声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、毎日無事に航空機が飛んでいる姿を見た時

これからも、正義感持って職務を遂行する姿が求められます。

  • 自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します。

上記の様な正義あふれる精神を持った人が航空整備士の仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



パイロット(機長)になる道
キャビン(客室乗務員)

航空整備士になる道

 

 

 

航空整備士を目指す道はパターンがある

  1. 専門の学校や大学卒業後に航空関係会社へ
  2. 航空関係会社へ入社後、国家試験に合格する
  3. 国家資格を取得後更に上の資格を取得する

航空整備士の専門学校コース

航空整備士の仕事や知識やスキルを学ぶのが目的

  • 二等航空整備士の資格取得
  • 二等航空運航整備士の資格取得
  • 航空関係会社の採用試験を受ける

 

大学に進学して航空整備士を目指す

  • 航空宇宙学
  • 工学部
  • 機械工学科など
  • 航空関係会社の採用試験を受ける
  • 航空関係会社に就職後、国家資格を取得する
  • ※就職実績は必ずチェックすること。

 

専門学校や大学へ

  • 専門学校の通学期間:平均2〜3年
  • 大学は通常の年数です。

専門学校の講座内容

  • 1年間は学科と基本技術
  • 2年目からは実践的な実技を学ぶ
  • 実技経験を約2年間経験など
  • エンジン、航空機の主要機関を整備できる二等航空整備士資格取得など
  • 一等航空運航整備士資格取得できる学校もある

教育内容

  1. 本物に触れて実践
    • 本物の小型飛行機やヘリコプター実習
    • 機体整備場
    • 装備品実習室
    • コックピット実習設備などで本物の航空技術者を目指す
  2. 活躍した多くの航空機で実践
    • 実習機
    • 双発飛行機
    • 単発飛行機
    • ヘリコプターなど直接触れながら学ぶ

 

パイロット養成学校卒業後の就職先

  • JALエンジニアリング
  • ANAラインメンテナンステクニクス
  • ANAベースメンテナンステクニクス
  • スターフライヤー
  • ジェットスタージャパン
  • ソラシドエア
  • 日本貨物航空
  • バニラエア
  • 民間の航空関係
  • 各公務の航空関係など

航空整備士専門の養成学校で習得する学費

  • 養成学校に通う:1年間約120万円〜150万円
  • その他の実習費が必要

 

航空整備士専門学校や大学終了後は航空関係会社の採用試験

航空整備士になるには各航空関係会社の採用試験を受験し、合格する必要があります。

    一般的に採用幅は広い
    1. 今後も、必要とされる航空整備士の採用は寛大とされる
    2. ヤル気と熱意のある整備士は採用率が高い

採用の比率

  • 各航空関係会社で採用試験に必要な学歴は専門の学問および大学卒です。

 

航空関係会社の採用試験合格後

  1. 航空整備士のスキルを求め実践と勉強をする
  2. 航空整備士の国家資格を取得して行く

 

特別な資格や条件

  1. 航空整備士の国家資格を取得する必要があります。

国家試験内容

  • 学科試験:
    • 空力
    • 機体
    • 航空法規
    • 発動機
    • 電子装備品等
    • 航空通信
    • 空中法
    • 航空気象
    • 空中操作
    • その他
  • 実技試験:
    • 整備基本技術
    • 整備、検査知識
    • 動力操作
    • 点検作業
    • 整備技術

資格取得のための要件

航空整備士

  • 一等航空整備士

    1. 対象航空機:大型機
    2. 業務内容:整備全般
    3. 取得要件:20歳以上、4年以上の航空機の整備の経験を有すること
    4. (技能証明を受けようとする航空機と同等以上のもので6ヶ月以上の経験が必要)
  • 一等航空運航整備士

    1. 対象航空機:大型機
    2. 業務内容:運航に係わる軽微な整備
    3. 取得要件:18歳以上、飛行機輸送C又はT、回転翼航空機輸送TA級又はTB級について6ヶ月以上の経験を含む2年以上の整備の経験を有すること
    4. (整備に関わる訓練課程を終了した場合は1年以上の整備経験を有すること)
  • 二等航空整備士

    1. 対象航空機:中・小型機
    2. 業務内容:整備全般
    3. 取得要件:19歳以上、3年以上の航空機の整備の経験を有すること
    4. (技能証明を受けようとする航空機と同等以上のもので6ヶ月以上の経験が必要)
  • 二等航空運航整備士

    1. 対象航空機:中・小型機
    2. 業務内容:運航に係わる軽微な整備
    3. 取得要件:18歳以上、2年以上の整備の経験を有すること
    4. (技能証明を受けようとする航空機と同等以上のもので6ヶ月以上の経験が必要。また、整備に関わる訓練課程を終了した場合は1年以上の整備経験を有すること)
受験料
  • 学科(一等・二等航空整備士):5,600円
  • 実技(一等航空整備士):50,100円
  • 実技(二等航空整備士):45,000円

 

国家資格合格率

  • 航空整備士学科試験:平均合格率約20%です。

見事国家試験に合格後は本格的に航空整備士の道へ

  • 旅客機の整備を行う航空整備士としてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

航空整備士になるには、冷静で的確な判断と責任感があることが大切です。更に健康面で自信があり常に安定していると言う方が向いています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT