TOP > 趣味・レジャー >麻薬取締官の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
麻薬Gメン
麻薬Gメン手続き
麻薬Gメン手続き 麻薬Gメン手続き
  麻薬取締官になる夢を叶えたい。国家公務員である麻薬取締官になって活躍を志す方に麻薬取締官になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
麻薬Gメン手続き 麻薬Gメン手続き
.
取締官とは 取締官になる為の基本
取締官になる道  
 

.
取締官とは

麻薬Gメン

麻薬取締官とは

 

 

 

麻薬取締官

麻薬取締官とは、不正に扱われる薬物を監視する人。

  • 簡単に言えば、薬物犯罪を犯した人間を法的に罪に問う人です。
    • つまり、一般的には、マトリ、麻薬Gメンと呼ばれる人。

つまり、法で秩序が保たれる様に見極めている。

 

麻薬取締官とは

厚生労働省の地方支分、地方厚生局に設置されている麻薬取締部に所属する厚生労働省の職員です。

  • つまり、厚生労働省の職員でありながら警察と同じ権限を持つ取締官。

また、一般的には警察などと協力して捜査を進めて行き事件解決や薬物の蔓延を防ぐ。

つまり

  1. 麻薬取締や薬物の不正ルートの解明
  2. 薬物犯罪の捜査
  3. 医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される正規麻薬の監視
  4. 不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う

    つまり、薬物全般に監視し捜査する取締官です。

 

 

麻薬取締官の職場

  • 麻薬取締官は、国の厚生労働省に属する地方厚生局で働く職員です。
  • 刑事訴訟法に基づく特別司法警察員としての権限を持っています。

 

麻薬取締官の人数

  • 全国の麻薬取締官:約300名弱(296名)

 

麻薬取締官の職務

  1. 一般家庭の主婦や子供から会社員まで、簡単にドラッグを入手できてしまう。
  2. つまり、薬物乱用という深い闇へ突入する入口が当たり前の生活日常の中にある。
  3. 初めは好奇心や友人の誘惑、知識の無さが原因だったりする。
    • つまり、簡単に入手出来てしまう薬物、そして乱用してしまう薬物から人々を守るのが麻薬取締官。
  • 薬物密売人や薬物乱用者を検挙して排除する。
  • 薬物汚染のない健全社会の実現を目指す。
  • 日々薬物犯罪に挑み続けて行く事が職務です。

麻薬取締官の役割

  1. 違法薬物に係る捜査
  2. 医療麻薬の監督、指導
  3. 相談業務・啓発活動
  • 違法薬物に係る捜査
    • 特別司法警察員として、薬物犯罪にかかる捜査・情報収集活動を行っている。
    • 薬物乱用者、暴力団や不良外国人等の規制薬物密売人を取り締まるため、昼夜を問わず捜査に従事している。
  • 医療麻薬の監督、指導
    • 医療上有用な麻薬や向精神薬の流通経路を監視するため、定期的に病院、薬局、製薬会社等に立入検査に入っている。
    • 正規流通経路からの横流しや不正使用を防止するための指導と助言を行っている。
  • 相談業務・啓発活動
    • 相談業務として、薬物乱用者の家族や友人からの相談を行っている。
    • また一般市民からの通報も受理している。
    • 他に各種学校、関係機関での講演、さらには薬物乱用防止啓発活動も官民一体となって行っている。

麻薬取締官の仕事

麻薬取締官は厚生労働大臣の指揮監督を受けて司法警察官の職務を遂行する。

薬物関連5法

  • 麻薬及び向精神薬取締法
  • あへん法
  • 大麻取締法
  • 覚せい剤取締法
  • 国際的な協力の下に規制薬物に係る行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(麻薬特例法)
  • 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

また

  • 医薬品
  • 医療機器等の品質
  • 有効性及び安全性の確保等に関する法律(指定薬物に係る部分に限る)に違反する罪
  • 刑法2編第14章(阿片煙に関する罪)
  • 麻薬
  • あへん若しくは覚せい剤の中毒により犯された罪
    • 刑事訴訟法に基づく司法警察員としての職務を行っています。

また

  • 都道府県警察や税関、海上保安庁等の機関と協力している
    1. 国外から密輸される薬物の押収に努める
    2. 麻薬特例法を適用した薬物犯罪収益の没収
    3. 泳がせ捜査による犯罪組織の首謀者の逮捕などを行う。
  • 更に、麻薬取締官の専門性を活かして
  • 医療関係者による薬物の不正流出・使用事犯
  • インターネットを利用した広域犯罪についても積極的に捜査を行う。

麻薬取締官の情報能力

薬物犯罪は被害者無き犯罪と言われる。

  1. また、潜在性が強い犯罪であり
  2. 端緒情報なく捜査に着手することは困難
  3. 情報の確度が事件検挙の成否を握る

確度の高い情報を入手

  1. 効果的な情報収集
  2. 幅広い情報網を確立させる
  3. 入手情報を分析や評価し捜査へ反映させる
  • 新聞や雑誌、投書、一般からの通報、国内及び外国の捜査情報、インターネットなど
  • 数多くの規制薬物に関する情報をデータベース化し一元管理している
  • 未規制薬物(危険ドラッグなどは対象外)の販売や乱用に関する情報収集し、将来の法規制に備える

麻薬取締官の鑑定

麻薬取締部は、中立的な立場を維持する

  1. 精度の高い迅速鑑定試験を行うために、独立した部門を設置している
  2. 鑑定官が最新の精密機器を用いて薬物の分析を行う
  3. 薬物使用歴の毛髪分析や不正薬物の成分的特徴を明らかにする
  4. プロファイリング分析など、専門分野での研究も推し進めている

中毒者の治療・相談・再乱用防止

麻薬(MDMAやコカイン)、覚せい剤、あへん、大麻などの薬物は依存性が強い

  1. 一度乱用すると自分の意思で中断することが困難である
  2. 身体的・精神的障害を伴うことが非常に多い
  3. つまり、専門家による治療や乱用防止のための助言が必要になる
  • 麻薬取締官は麻薬・覚せい剤乱用者の実態把握に努める
  1. 地域で活動する麻薬中毒者相談員
  2. 麻薬取締員
  3. 保健所
  4. 精神保健福祉センター及び医療機関
    • 上記機関と協力し、薬物乱用者の治療や社会復帰の助言を実施する。
  • 薬物は乱用者個人の問題だけでは無くなる
  • 家族など周囲の人たちを巻き込む
  • 周囲の生活も脅かす
  • 麻薬取締官は乱用者の相談に応じる専用電話を設置している

上記の様なこと全て取締官の仕事つまり職務になる。

 

麻薬取締官の将来

麻薬取締官は、正義感と責任感がある仕事です。

  • 麻薬取締官の仕事は、この先も必要で無くてはならない仕事になります。

    • 特殊な職業なので、少なくなる事や消失する事はあり得ません。
    • 薬物の常用など薬物依存になってしまう場合は非常に多く増加の一途
    • つまり、取締官の職務は年々増加し激務になっている現実がある
    • 国家公務員ですので収入的に安定しています。

つまり、今後も取締官に求められる職務も多くあり必要とされる存在であることは間違えありません。

 

麻薬取締官の魅力

麻薬取締官は、組織から構成される一員です。

  • 取締官の職務を全うする
  • 担当事件でスムーズに犯罪を解明したり
  • また、担当した犯罪が未然に防げた時などは何より嬉しい事です
  • また、人には見えない資料調査や検査担当官など影の功績

裏方の仕事が多いながら、犯罪撲滅に貢献出来る素晴らしい仕事です。

  • 一人前の取締官になるまでに、多くの時間を要する。
  • 多くの経験や習得があります。
  • 但し、取締官になれば、安定した収入は確保される魅力があります。

 

麻薬取締官の年収

麻薬取締官として働く場合

  • 基本的に公務員です
  • つまり公務員給与になります。
  • 年数経験が重要とされる職場のため
  • 経験や年齢により変化する
  • 平均年収:約600万円〜700万円
  • 20代:約500万円〜600万円
  • 40代:約700万円〜900万円

 

麻薬取締官の業務許可

麻薬取締官の業務をする人は公務員になる事が必要です。

  • 業務を行う場合
    • 公務員の国家試験で合格する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

麻薬Gメン手続きページ

 



取締官になる為の基本

麻薬Gメン

麻薬取締官になる為の基本

 

 

 

麻薬取締官になり活躍する為の基本的な考え

基本的に公務員になる事が必要です。

 

麻薬取締官の業務が出来る為に

  • 麻薬取締官になるには
      国家公務員となること

麻薬取締官になるには

  1. 国家公務員一般職に合格
  2. 薬剤師国家試験に合格
  3. 厚生労働省麻薬取締部の採用試験に合格し、採用される必要がある

つまり、麻薬取締官になるには、国家試験に合格後、採用試験を受ける必要がある。

  1. 採用試験合格後、麻薬取締官としての各種研修
  2. 事務官などの経験を習得後、麻薬取締官として任命される

 

検察官としての素質

  1. 正義感が必要です。
  2. 律儀で協調性に優れ組織を守れる秩序。
    • 上記のことは麻薬取締官としての最低限必要な条件になります。

様々な事件の状況に合わせて真相解明に対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • 麻薬取締官は冷静であること
  • 難解な事件の究明に粘り強く執着できること
  • 決断力や実行力も必要です
  • 何かほかの作業をしながらも目配りができる力があること
  • 体力や健康に自信があること
  • 冷静で公正であること
    • つまり、取締官などに適正に指示し、職務を遂行する事
    • つまり、カッーとなったり冷静さを失い暴走し周囲が見えなくなるタイプは不向きです

また

  1. 最近は犯罪の国際化に伴い取締官の英語力も必要です。
  2. 麻薬取締官は適正な判断力と集中力。
  3. 麻薬取締官は、過酷な任務なので、身体的にも優れていることが必要です。
  4. 麻薬取締官は、常に冷静でいられる事。
  5. 麻薬取締官は、頭脳明晰でなければいけない。
  6. 厳しい秩序や序列と規律に適応できる精神力が必要です。

 

麻薬取締官の勤務時間

  • 土・日曜日及び祝日等の休日は休み
  • 勤務時間は1日7時間45分
  • 長時間の張り込みや尾行
  • 否認する被疑者の取調べ等
  • 肉体的、精神的にきつい業務が非常に多い
  • 残業などは、ほぼ毎日です
  • 非常に激しいハードワークです。
  • つまり、やるべき仕事が山の様にあります。

トラブルも付きまとう

  • 例えば、警察関係に敵意を持つ者
  • 例えば、犯人が突然暴れだす
  • 例えば、薬物犯罪は凶悪な犯人が多く命の危険が伴う
  • 例えば、組織的な国内の組組織や海外の密売組織からもマークされる
  • 忙しい時には終電も乗れない激務が連日続く時もある
  • 麻薬取締官は、どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  • 権力がある
  • 名前の響きが良い
  • カッコ良い仕事など言っている場合では無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に適正に対応できること。
    • 同じ対応と公正、冷静さで取締官の職務を全うしなければならないのです。

つまり、どんな事件や犯罪に対してもプロとしての責任感を持つ、公正と安心感を与える事が出来るのが麻薬取締官なのです。

つまり、取締官が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  1. 少しでもこの時点で辛そうや無理かもと心に思う方は?
  2. 麻薬取締官には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

麻薬取締官は信頼と安定性が求められる

常に正義感を持って事態を遂行する職務があり、正しい行動と判断をすることが求められる。

また、その正しい姿勢から規律は厳しく統制されている。

つまり、その様な厳しい規律と公正を持った取締官の姿が信頼を生むし求められる姿なのです。

つまり

  • どの様な局面に出くわし
    • 様々な問題が勃発しても丁寧に適切に指示する
    • 安定した指示を出せること
    • そんな存在が信頼を生むことに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られる麻薬取締官の姿が必要になると言う事なのです。

 

麻薬取締官の喜び

  • 問題無く1日が終了した時
  • 最悪な状況の中でも公正に安定した職務を遂行が出来た時
  • 捜査が実り、薬物密売人を逮捕し違法薬物の流出を阻止できた時
  • 薬物乱用者が社会復帰し真面目に働いている時
  • 上記の様な嬉しい喜びが得られると新たな活力がわいて来る
  • 当たり前のことですが、国が安全で国民に笑い声などの様子が見れる時

これからも、職務を正義感持って遂行する姿が求められます。

  • 自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します

上記の様な正義あふれる精神を持った人が麻薬取締官の仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

麻薬Gメン手続きページ

 



マトリGメンになる道
マトリ

麻薬取締官になる道

 

 

 

麻薬取締官を目指す道はパターンがある

  1. 大学卒業後に国家公務員一般職に合格
  2. 薬科大学卒業後に薬剤師国家試験に合格
  3. 厚生労働省麻薬取締部の採用試験に合格し、採用される必要がある
  4. 採用試験合格後、麻薬取締官としての各種研修
  • 大学において薬学や法学を専攻した学士であることなどの資質が要求される

大学卒業後に国家公務員一般職に合格

  • 大学4年間(法学部など)卒業後に国家試験へ
  • 一般職試験(大学卒業程度)の行政または電気・電子・情報、化学の受験者

薬科大学卒業後に薬剤師国家試験に合格

  • 薬科大学卒業後に、薬剤師国家試験へ
  • 30歳以下であること

 

採用基準

  1. 採用の倍率:約15倍〜30倍と非常に厳しい
  2. 全国の取締官の人数枠は300人弱と人数制限がある
  • 応募のあった有資格者の中から、採用面接試験等により成績優秀者を採用

 

 

採用試験合格の後は

  • 麻薬取締官としての各種研修
  • 事務官などの経験を習得
  • 順調にキャリアを重ねると、採用後1〜2年で司法警察員麻薬取締官に任官する。

 

研修

  1. 麻薬取締部で業務を行う心構えを涵養等する
  2. つまり、10日程度の新規採用研修を受講する
  3. 更に2週間程度の初等科研修を受講し、業務に関する基本法令等の知識を習得する
  4. ※採用後1〜2年程度で麻薬取締官に任官する
  5. つまり、採用後すぐに捜査課等に配属される
  6. 上司、先輩に従って現場に出向き、捜査、情報収集、行政等の業務に従事する
  7. 上司や先輩の指導は厳しく、知識習得や業務の進め方、麻薬取締官のあり方を経験で学ぶ
  8. その後、キャリアを重ね、中等科研修や高等科研修を数年後に受講する 

 

研修期間終了後に本格的に麻薬取締官の道へ

  • 厚生労働省の麻薬取締官としてデビューする

 

その後

  1. 任官後
  2. 10年程度で捜査係長(係員を伴って捜査等に従事等)
  3. 15年程度で捜査課課長補佐(小規模な捜査等の現場における指揮を実施等)
  4. 25年程度で捜査課長(大規模捜査等における現場指揮を実施等)
  5. などの幹部、管理職に昇任する
  6. (幹部に昇任するまでに総務課(庶務・行政)捜査課、薬系職員は鑑定課の経験を重ねる

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

取締官手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

麻薬取締官になるには、頭脳明晰で冷静、そして公正で的確な判断と責任感があることが大切です。正義感に満ち溢れていると言う方が向いています。更に厳しい国家試験に受かる必要があります。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT