TOP > 趣味・レジャー >パイロットの手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
操縦士(機長)
操縦士(機長)手続き
手続き 手続き
  パイロットになる夢を叶えたい。旅客機を操縦するプロになって活躍を志す方にパイロット(機長)になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
手続き 手続き
.
操縦士(機長)とは 操縦士(機長)になる為の基本
操縦士(機長)になる道  
 

.
操縦士(機長)とは

操縦士(機長)

パイロット(機長)とは

 

 

 

パイロット(機長)の仕事

パイロットとはよく聞く言葉ですが、旅客機を操縦する乗務員の事。

  • パイロットとは、簡単に言えば航空機の操縦士のことです。
    • つまり、一般的には機長や副操縦士と呼ばれています。

つまり、旅客機を操縦する運転士と言う事です。

パイロットの職場

一般的なパイロットは、航空会社に務めると言う事がセオリーです。

一般的に航空会社に努めるパイロットはエアラインパイロットと言います。

その他

  • 公務員パイロット
  • 警察
  • 消防
  • 自衛隊など
  • 小型飛行機
  • チャーター機
  • 報道や取材の飛行機
  • 農薬散布する飛行機など
  • 民間で活躍するパイロットも多くいます。

 

パイロット希望

  1. パイロットになるには、パイロットになりますなど宣言したらなれる簡単な職業ではありません。
  2. つまり、厳しい試験や検査、訓練も何年も行い専門知識と技術を磨く人のみ出来る職業なのです。

 

パイロットの現場

パイロットは、的確に安全に目的地まで旅客機を操縦し人と貨物を運ぶことを目的にしています。

また、パイロットは、様々な業務を行っています。

  1. 搭乗前には
  2. 同じ旅客機に乗り込むクルーや運行管理する人、キャビンアテンダントなどと
  3. 綿密な打ち合わせと確認作業を行います。

また

  1. 旅客機のコックピットでは
  2. 様々な計器の確認など
  3. 実に多くの確認作業を行って旅客機の離陸準備に入ります。

最終チェックとして、キャビンアテンダントや管制塔と連絡をし合いスタートとなります。

 

パイロットの職務

  • パイロット(機長)は、旅客機を操縦し、副操縦は機長と安全運航のサポートをします。

パイロットの役割

  • 旅客機を操縦する役割には機長と副操縦士がいます。
  • 機長は操縦をメインに行います。
  • 副操縦士は機長のサポートを行います。
  • (機長になれる年齢は40歳前後です)

パイロットは安全に計画に沿って目的地まで旅客機を操縦するのが仕事ですが、時にはトラブルや障害などが起こることがあります。

  • 突然起こるトラブル
  • 気象の突然の変化などで気流が乱れ落雷や強風など
  • 飛行中のエンジンのトラブルや機体の故障など
  • 燃料の残量不足など

つまり

パイロットはすべてのトラブルに対応し安全で快適な旅を提供する為に、確認と注意は怠りません。

また、多くの旅客機は自動操縦で運行していますが、上記の様なトラブル時には手動に切り替え、的確に操縦しながら判断し無事に旅客機を目的地まで運ぶことが必要とされます。

更に、無事フライト終了後にも様々な雑務があり、機体の調子や確認、フライト日報などを行い業務終了です。

以上の業務を搭乗する度に行うのが仕事です。

 

パイロットの将来

航空会社それぞれで様々なサービスを展開する中、格安航空会社の存在も大きくなってきました。

また、成田や羽田空港を整備し国際線などの発着数を増大しました。

つまり、今後もパイロットに求められる職務も多くあり必要とされる存在であることは間違えありません。

 

パイロットの醍醐味

パイロットは空高く舞い上がり地上を見下ろせる、何とも爽快感のある仕事です。

  • 雲の上の世界は晴天が広がり感動とワクワクする気持ちを与えて貰える世界観です。
  • また、自分で航空機を操縦できる醍醐味は感動の連続です。

また、様々な土地や国の文化や食事、環境を楽しむことも出来る素晴らしい仕事です。

  • パイロットになるまでに、長い時間を要する訓練や習得があります。
  • しかし、1度パイロットになってしまえば、ある程度の収入は確保されています。

 

パイロットの年収

航空会社のパイロットとして働く場合

  • パイロットは経験が重要とされる職場のため
  • 経験や年齢により変化する
  • 平均年収:約1000万円〜2000万円
  • 20代平均年収:約700万円〜1000万円
  • 40代以上平均年収:約1500万円〜2000万円

 

パイロットの就職先

  • 国内航空会社
  • 外資系航空会社

 

パイロットの業務許可

パイロットの業務をする人は特別な資格が必要です。

  • パイロットの業務を行う場合
    • 事業用操縦士の国家資格を取得する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



パイロット(機長)になる為の基本

操縦士(機長)

パイロット(機長)になる為の基本

 

 

 

パイロット(機長)になり活躍する為の基本的な考え

基本的に国家資格が必要です

パイロット(機長)の業務が出来る為の資格

  • 事業用操縦士および定期運送用操縦士の国家資格を取得する必要があります。

 

パイロットとしての素質

  1. 旅行が大好きであることが前提です。
  2. また、正確で几帳面、妥協しないことが挙げられます。
    • 上記のことはパイロットとしての最低限必要な条件になります。

また、状況に合わせて操縦の応対など若干変化します。

つまり、その日の航空状況に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • パイロットは冷静であること
  • トラブルにどう対処するかを瞬時に決めること
  • 決断力や実行力も必要です
  • 何かほかの作業をしながらも目配りができる力があること
  • 安全な旅の行動やあり方も確保していかなければいけません。
    • つまり、旅客機を適正に操縦し、突然のトラブルも対処しお客様に安全に目的地まで運ぶこと
    • つまり、集中することで冷静さを失い周囲が見えなくなるタイプは不向きです

また

  1. パイロットに必要なのは健康な体です。
  2. パイロットは定期的な身体検査で合格しないとパイロットの仕事を失います。
  3. パイロットは、常に適性検査もチェックされる。

 

勤務時間と消耗率

  • パイロットは体力勝負の仕事です。
  • 狭いコックピットに何時間も拘束されるハードワークです。
  • 勤務時間や休日の決まりも無く不定期です。
  1. つまり、フライトは長時間にわたり、国内線は1日数回ものフライトに乗務する。
  2. ハードな仕事の中でも、冷静で安全なサービスを提供する体力勝負の仕事。
  3. 国際線は何時間も機内に拘束され時差もあり体調管理が大切になります。
  4. 高い語学の能力は当然の事でマナーや姿勢などパイロットとしての態度も重要です。

 

トラブルも付きまとう

  • 例えば、お客様が病気、ケガなどした時
  • 例えば、お客様同士がトラブルになった時
  • 例えば、盗難に遭った時
  • 例えば、予期せぬ天候悪化になった時
  • 例えば、時間が大幅に狂った時
  • 例えば、事故などに遭った時
    • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  1. 楽しい
  2. 面白いなど
  3. 旅行は見どころが一杯だけでは無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に迅速に対応できること。
    • 同じ対応と冷静さでパイロットの職務を全うしなければならないのです。

つまり、旅行に導く操縦士のプロとしての責任感を持つ、お客様に安心感を与える事が出来るのがパイロットなのです。

つまり、空が好き旅行が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  • 少しでもこの時点で無理かもと心に思う方は?
  • パイロット(機長)には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

また、パイロット職を方向転換し、キャビンアテンダントへ進路職を向ける方も多くなってきました。

 

パイロット(機長)は信頼性が求められる

機内に搭乗するお客様は、旅慣れた人もいますが、やはり不安、例えば飛行機事故に遭ったらどうしようなど思っている人が大半です。

つまり、パイロットはお客様に不安を与えない適切な飛行操縦の必要があります。

  • 色々な問題の勃発に対しても丁寧に答えてあげるパイロット
  • 安定した飛行を操作するパイロット
  • そんな存在が信頼を生み感謝されることに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られるパイロットの姿が必要になると言う事なのです。

 

パイロットの喜び

  • 問題無くフライトが終了した時
  • 最悪な状況の中でも無事フライトの職務を遂行出来た時
  • お客様から、ありがとうなどの感謝の声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、お客様が喜んでいる姿を見た時

これからも、職務を正義感持って遂行する姿が求められます。

  • パイロットの機内アナウンスでは自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します。

上記の様な正義あふれる精神を持った人がパイロットの仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



パイロット(機長)になる道
キャビン(客室乗務員)

パイロット(機長)になる道

 

 

 

パイロットを目指す道はパターンがある

  1. 学業卒業後、航空会社の養成コースへ
  2. 専門の学校や大学卒業後に航空会社へ
  3. 航空会社へ入社後、国家試験に合格する
  4. 国家資格を取得後に航空会社の採用試験に合格する

航空会社のパイロット養成コース

パイロットの仕事や知識やスキルを学ぶのが目的

  • 採用は、ほぼ絶望的
  • 採用倍率:約1000倍
  • つまり、ほとんど採用が無い状況です

 

大学に進学してパイロットを目指す

  • 航空宇宙学
  • 工学部
  • 機械工学科など
  • 航空学の教養などの学科
  • パイロットの仕事と関連がある学科を希望すること。
  • ※就職実績は必ずチェックすること。

 

養成学校や大学へ

  • パイロットの養成コース
  • 専門学校の通学期間:平均2年
  • 大学は通常の年数です。
  • パイロットになる大学の倍率は10倍と厳しい倍率です。

講座内容

  • 操縦士養成専攻、プロパイロット養成のプログラムを用意している。
  • また、豊かな人間性と教養を兼ね備えたパイロットの養成を育成している。

大学に通い習得するもの

  • 1年間は事業用操縦士及び計器飛行証明の合格。
  • 留学目的の英語を集中学習など。
  • 2年目は、約数カ月間の海外大学へ留学し、本格的な飛行訓練などを学ぶ。
  • 3年目は、主専攻科目を学び卒業を目指す。

教育内容

  1. 飛行性能や安定性、操縦性についての航空力学など
    • 飛行機が飛行する際の翼のまわりの流体力学
    • 離陸や旋回の飛行性能
    • 安定性や操縦性及び構造学
    • 航空局の実施する事業用操縦士技能証明の学科試験を受験
    • 飛行訓練に必要な知識を習得する
  2. 計器飛行に影響する飛行気象についての航空気象学など
    • 計器飛行に必要な各種気象通報資料の解読
    • 飛行計画実施のための天気図類の解析
    • 計器飛行に影響する飛行気象学
    • 航空局の実施する計器飛行証明の学科試験合格
    • 飛行訓練に必要な知識を習得するなど

 

パイロット養成学校卒業後の就職先

  • ANA
  • JAL
  • 大韓航空
  • ソラシドエア
  • カタール航空
  • JALスカイ
  • ANAエアポートサービス
  • スターフライヤー
  • スカイマーク
  • 空港ターミナルサービスなど

パイロット専門の養成学校で習得する学費

  • 養成学校に通う:1年間約120万円〜150万円
  • その他の実習費が必要

 

パイロット養成終了後は航空会社の採用試験

パイロットになるには各航空会社の採用試験を受験し、合格する必要があります。

    一般的な合格倍率:約100倍以上と厳しいです。
    1. 書類選考
    2. 筆記試験
    3. 心理適性検査
    4. 飛行適性検査
    5. 面接
    6. 航空身体検査
    7. 英会話面接
    8. 最終面接
  • 応募者は何千人で、書類選考と筆記試験でほとんどの応募者は落選する
  • また、パイロットは、身体条件、素質などの適性検査が非常に重要とされる

採用の比率

各航空会社で採用試験に必要な学歴は専門の学問および大学卒です。

  • 一般的に採用試験は大学卒や専門学校卒以上から受験可能です。

実際の採用事例の現実

  • パイロットに採用されるのは圧倒的に大学卒です。
    1. 本気でパイロットになりたい方は大学に進学すること。
    2. 航空会社パイロット養成コースの採用は、ほとんどありません。
    3. 採用倍率:約1000倍
    4. 大学での学部は、航空学部、英語が学べ話せるようになる学部を選択します。
    5. また、大学の就職実績なども重要です。

航空会社の採用試験合格後

  1. 航空会社のパイロット養成講座を勉強
  2. 操縦士の国家資格を取得する

 

特別な資格や条件

  1. 事業用操縦士および定期運送用操縦士の国家資格を取得する必要があります。

 

※パイロット国家資格

  1. 操縦士になるためには、一定の年齢及び飛行経歴を充足し
  2. 更に資格別、航空機の種類(飛行機・回転翼航空機・飛行船及び滑空機)別に行われる国家試験を受ける。
  3. これに合格し、技能証明の交付を受ける必要があります。
  4. また、操縦士は常に健康の保持に留意しなければなりません。
  5. そのため、定期運送用操縦士の場合は、半年に1回、その他の乗組員の場合は1年に1回、国土交通大臣又は指定航空 身体検査医による身体検査を受けて合格し、航空身体検査証明の交付を受ける必要があります。
  6. 従って、航空機乗組員が航空機に乗り組んで航空業務を行う時は、技能証明書と航空身体検査証明書の両方を所持しなければなりません。更に、電波法に基づく無線従事者の資格も必要です。
  • 操縦士の国家試験
  • 学科試験と実地試験とからなり、学科試験に合格しなければ実地試験は受けられません。
  • 学科試験は、原則として年6回 (5月、7月、9月、11月、1月、3月)に行われます。
  • 実施場所及び期日等はその都度官報で公示されます。
  • また、学科試験は、科目合格制度が採られていますので必ずしも1度に全科目について合格しなくても、最初一部の科目に合格してから1年以内に行われる試験を通じて、全体として全科目に合格すれば良いことになっています。
  • 実地試験は、航空局の試験官が航空機に受験者と同乗して実際に飛行し、受験者の技量を見て試験を行っています。
    • なお、受験するための申請書は、国土交通省航空局の地方機関です。

 

資格取得のための要件

定期運送用操縦士

  • 年齢制限は21才以上
  • 総飛行時間1500時間以上
    イ.100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
    ロ.200時間以上の野外飛行
    ハ.100時間以上の夜間の飛行
    ニ.75時間以上の計器飛行

 

見事国家試験に合格後は本格的にパイロットの道へ

  • 旅客機のパイロットとしてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

パイロット(機長)になるには、冷静で的確な判断と責任感があることが大切です。更に健康面で自信があり常に安定していると言う方が向いています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT