TOP > 趣味・レジャー >裁判官の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
判事
判事手続き
判事手続き 判事手続き
  裁判官になる夢を叶えたい。法を正す番人つまり裁判官になって活躍を志す方に裁判官になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
判事手続き 判事手続き
.
判事とは 判事になる為の基本
判事になる道  
 

.
判事とは

判事

裁判官(判事)とは

 

 

 

裁判官の仕事

裁判官(判事)とは、法律を正す専門家の事。

  • 簡単に言えば、犯罪に対する判決を下す人です。
    • つまり、一般的に、裁判長などと呼ばれる人。

つまり、法律を持って正しい裁きを見極める番人です。

裁判官の職階

裁判官(判事)は6つに分かれている。

  1. 最高裁判所長官
  2. 最高裁判所判事
  3. 高等裁判所長官
  4. 判事
  5. 判事補
  6. 簡易裁判所判事

裁判官の服装

  1. 裁判官は法服を着用する。
  2. 法服は真っ黒で、何ものにも染まらないと言う意味がある。

裁判官の女性比率

  • 女性の裁判官:約15%以上となっています。

 

裁判官(判事)とは

裁判官(判事)は、全国各地の裁判所で裁判を担当します。

  1. 口頭弁論や証拠資料などから総合的に分析し判決の決定を下します。
  2. つまり、当事者、弁護士、検察官、証人などの話を聞き、証拠を調べ、法に沿って判断を下します。

裁判所では

  • 民事事件や
  • 刑事事件などの判決を下すことが仕事になります。

裁判官(判事)になったばかりの時は、判事補としての仕事を任されることになり、やっと5年目あたりから1人で裁判を任される様になります。

  • また、判事補から判事に階級が上がるのは、10年間の実務経験が必要になるのです。
  • つまり、一人前の判事と呼ばれる、この時点で既に10年の時が流れるのです。

 

重い責務

裁判官は、数多くの訴訟つまり裁判を担当します。

  1. その裁判の判決の中には、重罪の事件も多く罪を犯した者に極刑の判決を言い渡すことも多くあります。
  2. つまり、裁判官であり罪を法的に見つめる事が仕事、感情が揺れ動いていては裁判官は務まりません。
  • 罪を犯したとはいえ、一人の人生を左右する判決を行うのですから、その責務は重大で非常に重たいものであるのです。

但し、罪は罪、冷静に適正に見つめ職務を遂行する安定した精神力を持ち合わせる事が必要なのです。

  • つまり、妥当な判決を下すことができるのは裁判官だけで他の誰にもできません。

 

裁判官(判事)の決定

すべての裁判の決着

  • 妥当な判決を下すことが責務

 

全国にある裁判所

  • 最高裁
  • 高裁
  • 地裁
  • 家裁
  • 簡易裁判所など全国の裁判所
    1. 民事
    2. 刑事
    3. 行政
    4. 家庭
    5. 少年など
  • 訴訟事件を審理し、事実を認定し法律を適用し判決を下す。

 

民事裁判

民事裁判は、一般的に家庭の問題や生活問題を争う裁判になります。

  • 例えば、騒音問題や金銭問題など、原告と被告の双方の意見や書面を調査し法律に照らし合わせて賠償命令や和解の判決を下す。

刑事裁判

刑事裁判は、事件や事故など罪を犯した犯人と被害の程度を適正に判断し判決を下す。

  • 例えば、犯罪を犯した被告人の証拠や被告人本人または弁護人の意見を聞く、また目撃者がいれば証言などを見極め検察官の求刑に対して判決を下す。

 

その他

  • 逮捕状や捜索差押令状の令状を発布するのも裁判官の仕事になります。

 

裁判官(判事)の職場

  • 裁判官は、国に属する裁判所で働く職員です。

 

裁判官(判事)の人数

  • 裁判官:約3,000名弱

 

 

裁判官(判事)の現場

  • 最高裁判所長官
    • 最高裁長官とは、最高裁判所の長のことです。
    • 最高裁判所は最高裁長官1人と最高裁判事14人の合計15人の裁判官で構成されています。
    • その長が最高裁長官で、内閣の指名に基づいて天皇が任命します。
  • 最高裁判所判事
    • 最高裁判所判事の任命は内閣が行い、天皇が認証する。
    • いわゆる認証官の一つである。
    • 最高裁判所裁判官の定員が長官を含めて15人の裁判官で構成されています。
  • 高等裁判所長官
    • 高等裁判所の長たる裁判官は高等裁判所長官とされる。
    • 最高裁判所の指名に基づき内閣により任命される。
    • 各高等裁判所の司法行政事務を総括し、裁判官会議の議長となる。
  • 簡易裁判所判事
    • 高等裁判所長官、判事の職にあった者
    • 判事補、大学院を置く大学の法律学の教授又は助教授、准教授、検察官、弁護士、裁判所調査官、司法研修所教官、裁判所職員総合研修所教官、法務事務官、法務教官のいずれかの職に、通算して3年以上の在職経験を有する者。

 

裁判官(判事)の職務

国の機関

  • 裁判は、国家社会の治安維持に任ずることを目的としている
  • 法の裁きを公正に遂行する

 

裁判官(判事)の将来

裁判官は、正義感と公正である仕事です。

  • 裁判官の仕事は、この先も必要で無くてはならない仕事になります。

    • 犯罪や事件の件数は増えるばかりで減らない
    • 職業として少なくなる事や消失する事はあり得ません。
    • 公務員ですので収入的に安定しています。

つまり、今後も裁判官に求められる職務も多くあり必要とされる存在であることは間違えありません。

 

裁判官(判事)の魅力

裁判官は、組織から構成される一員です。

  • 裁判官の職務を全うする
  • 担当する裁判でスムーズに事件や犯罪を解明したり
  • また、担当した事件が公正に裁かれ一件落着した時などは何より嬉しい事です
  • また、人には見えない資料調査や証拠の調査など影の功績

裏方の仕事も多いながら、適正に罪を裁くことが出来る素晴らしい仕事です。

  • 一人前の裁判官(判事)になるまでに、多くの時間を要する。
  • 多くの経験や習得があります。
  • 但し、一人前の裁判官になれば、安定した収入は確保される魅力があります。

 

裁判官(判事)の年収

裁判官(判事)として働く場合

  • 基本的に公務員です
  • つまり公務員給与になります。
  • 年数経験が重要とされる職場のため
  • 経験や年齢により変化する
  • 平均年収:約700万円〜1500万円
  • 最高裁判所長官:約4000万円〜5000万円
  • 最高裁判所判事:約2000万円〜3000万円
  • 高等裁判所長官:約1000万円〜2000万円
  • 判事:約500万円〜1000万円
  • 判事補:約300万円〜500万円
  • 簡易裁判所判事:約300万円〜1000万円

 

裁判官(判事)の業務許可

裁判官の業務をする人は公務員になる事が必要です。

  • 業務を行う場合
    • 公務員の司法試験で合格する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

判事手続きページ

 



判事になる為の基本

判事

裁判官(判事)になる為の基本

 

 

 

裁判官になり活躍する為の基本的な考え

基本的に公務員になる事が必要です。

 

裁判官(判事)の業務が出来る為に

  • 裁判官になるには
    1. 判事補を目指します。

判事になるには

  1. 司法試験に合格した後、司法修習を終えた者
  2. 弁護士資格もしくは検察官資格を有する者
    • 以上司法の資格を有していることが必要です。

つまり、裁判官になるには、司法試験に合格後、1年間の司法修習を受ける必要がある。

  1. 司法修習生考試に合格する
  2. さらに採用面接を合格する

 

裁判官(判事)としての素質

  1. 正義感が必要です。
  2. 律儀で責任感に優れ公正であること。
    • 上記のことは裁判官としての最低限必要な条件になります。

様々な事件の状況に合わせて裁きに対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • 裁判官は冷静であること
  • 難解な事件の究明に粘り強く執着できること
  • 決断力や実行力も必要です
  • 何かほかの作業をしながらも目配りができる力があること
  • 体力や健康に自信があること
  • 冷静で公正であること
    • つまり、裁判官などに適正に指示し、職務を遂行する事
    • つまり、カッーとなったり冷静さを失い暴走し周囲が見えなくなるタイプは不向きです

また

  1. 最近は犯罪の国際化に伴い裁判官の英語力も必要です。
  2. 判事は適正な判断力と集中力。
  3. 判事は、過酷な任務なので、身体的にも優れていることが必要です。
  4. 判事は、常に冷静でいられる事。
  5. 判事は、頭脳明晰でなければいけない。
  6. 厳しい秩序や規律に適応できる精神力が必要です。

 

裁判官(判事)の勤務時間

  • 土・日曜日及び祝日等の休日は休み
  • 勤務時間は1日7時間45分
  • 但し残業などは、ほぼ毎日です
  • 非常に激しいハードワークです
  • 裁判に裁判官の人数が追いついていません
  • つまり、やるべき仕事が山の様にあります。

トラブルも付きまとう

  • 例えば、裁判官に敵意を持つ者
  • 例えば、犯人が突然暴れだす
  • 例えば、裁判中、騒ぎを起す者
  • 忙しい時には終電も乗れない激務が連日続く時もある
  • 裁判官は、どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  • 権力がある
  • 名前の響きが良い
  • カッコ良い仕事など言っている場合では無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に適正に対応できること。
    • 同じ対応と公正、冷静さで裁判官の職務を全うしなければならないのです。

つまり、どんな事件や犯罪に対してもプロとしての責任感を持つ、公正と安心感を与える事が出来るのが裁判官なのです。

つまり、判事が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  1. 少しでもこの時点で辛そうや無理かもと心に思う方は?
  2. 裁判官には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

裁判官(判事)は信頼と安定性が求められる

常に正義感を持って公正に遂行する職務があり、正しい行動と判断をすることが求められる。

また、その正しい姿勢から規律は厳しく統制されている。

つまり、その様な厳しい規律と公正を持った裁判官の姿が信頼を生むし求められる姿なのです。

つまり

  • どの様な局面に出くわし
    • 様々な問題が勃発しても丁寧に適切に指示する
    • 安定した指示を出す
    • そんな存在が信頼を生むことに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られる裁判官の姿が必要になると言う事なのです。

 

裁判官(判事)の喜び

  • 問題無く1日が終了した時
  • 最悪な状況の中でも公正に安定した職務を遂行が出来た時
  • 深く頭を下げられたり、ありがとうなどの声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、国が安全で国民に笑い声などの様子が見れる時

これからも、職務を正義感持って遂行する姿が求められます。

  • 裁判官は自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で応対します

上記の様な正義あふれる精神を持った人が裁判官の仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

判事手続きページ

 



判事になる道
(判事)

裁判官(判事)になる道

 

 

 

判事を目指す道はパターンがある

  1. 大学卒業後に法科大学院へ卒業後、司法試験へ
  2. 法学部の大学卒業後に法科大学院へ卒業後、司法試験へ
  3. 司法試験を受けて合格すれば司法修習へ
  4. 弁護士や検察官から非常勤の判事へ

 

 

大学卒業後に法科大学院卒業後、司法試験へ

  • 大学4年間卒業後に法科大学院へ3年間進み卒業後、司法試験へ

法学部の大学卒業後に法科大学院卒業後、司法試験へ

  • 法学部4年間卒業後に法科大学院へ2年間進み卒業後、司法試験へ

 

司法試験

  1. 憲法
  2. 民法
  3. 商法
  4. 刑法
  5. など幅広い法律の知識が問われます。
    • また論文式試験は、法的な分析・構成
    • 論述の能力も判定される
    • ※社会(公民)、国語は特に必要
  • 司法試験の合格率:約25%と非常に厳しい
    1. 司法試験に3回続けて落ちた場合は、それ以上受験することは出来ない。
    2. つまり、判事への職には就けない。

 

司法試験合格の後は

  • 司法試験を受けて合格すれば司法修習へ
  • 司法修習の試験に合格の後は、弁護士、検事、判事(裁判官)のいずれか選択する。
  • 裁判官になる場合は、更に法務省が行う各採用試験を受け合格する必要がある。

 

司法修習

  1. 司法修習生として司法研修所に出願します。
  2. 出願は9月に行い、採用は11月末にされます。
  3. 分野別に実務修習が12月からから始まり、8月の初めまで続きます。
    • 実務研修は、民事裁判、刑事裁判、検察、弁護の4項目を2ヶ月間づつ全国の配属地で受ける。

その後

  1. 集合修習・選択型実務修習を修了し
  2. 2回の試験(考試)を合格する必要がある
  3. 更に面接に合格する必要がある
    • 試験に合格すると判事補への任命を受けるようになります。

つまり

  1. 判事に希望を提出しても誰もがなれる訳では無い
  2. 現状は厳しい採用率となっている

採用の基準

  1. 採用の基準は、人格重視
  2. 司法研修所での成績重視
  3. つまり、司法修習生で、とくに好成績を取る必要がある。

 

その他の判事になる方法

  1. 弁護士や検察官から判事へ
    • この方法は、非常勤判事として働いた後に常勤判事となる。
    • 但し、非常に少ない事例です。

 

研修期間終了後に採用され本格的に裁判官の道へ

  • 裁判官の判事補としてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

(判事)手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

裁判官(判事)になるには、頭脳明晰で冷静、そして公正で的確な判断と責任感があることが大切です。正義感に満ち溢れていると言う方が向いています。更に厳しい司法試験に受かる必要があります。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT