TOP > 趣味・レジャー >ツアーコンダクターの手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
旅行案内人
旅行案内人手続き
手続き 手続き
  ツアーコンダクターになる夢を叶えたい。旅行の企画をするプロになって活躍を志す方にツアーコンダクターになる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
手続き 手続き
.
旅行案内人とは 旅行案内人になる為の基本
旅行案内人になる道  
 

.
旅行案内人とは

旅行案内人

ツアーコンダクターとは

 

 

 

ツアーコンダクターの仕事

ツアーコンダクターとはよく聞く言葉ですが、旅行する時の案内をする人の事。

  • ツアーコンダクターとは、簡単に言えば旅先案内人のことです。
    • つまり、団体旅行などに一緒にいて案内をして貰える添乗員をツアーコンダクターと言います。

つまり、旅行案内のプロと言う事です。

 

ツアーコンダクターの職場

この仕事は、大きく分けて2つの形態で働いている人がほとんどです。

  1. 旅行会社に所属してツアーコンダクター
  2. ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録するツアーコンダクター

ただし現状は

  1. 旅行会社に所属するツアーコンダクターは、非常に少なくなっています。
  2. つまり、旅行会社はツアーコンダクターの応募を行っていないのです。

なぜ応募しないのか?

ツアーコンダクターの仕事は非常にハードワークです。旅行会社は次から次へと新企画の旅行を発売しますが、その新企画のツアーにツアーコンダクターの社員が追いついていけないのです。

つまり

  • 下見も満足にできず添乗員として同行してしまう
  • 結果として
  • 何も知らない
  • 何も分からない
  • 案内が出来ない
  • 粗悪な添乗員となりクレームがお客様から寄せられる
  • 上記の様な悪循環になってしまっているのです。

その為、旅行会社は自らツアーコンダクターを応募するのでは無く、派遣会社に依頼する様になり、旅行会社の専門ツアーコンダクターが減少してしまったのです。

旅行会社は派遣会社に依頼する

派遣会社のツアーコンダクター

  1. 現地の知識をより深め勉強熱心。
  2. 添乗員としての努力を惜しまない。
  3. つまり、お客さんの満足度と評価がどんどん上昇する。

その結果、ツアーコンダクターの仕事は、プロ人材が揃った旅行専門の派遣会社に依頼するのです。

 

ツアーコンダクターの内容

  1. ツアーの確認
  2. ツアーの打ち合わせ
  3. ツアーの下見や現地の情報収集
  4. ツアーリスト確認と最終チェック
  5. 上記を出発前に準備します。
  6. ツアー中にトラブルなどがあれば会社と連携し報告や処理にあたります。
  7. ツアー終了時には日報や報告手続きなどを遂行します。

 

ツアーコンダクターの添乗業務

ツアーコンダクターは出発前から旅行が終了し日報報告までが一つの流れになります。

また、とくにツアー中の添乗するときは、再三の注意を払い気を配らなくてはいけません。

つまり出発から到着まで緊張の連続です。

添乗員の流れとして

  1. 旅行ツアーの集合場所には誰よりも早く到着し準備しておく。
  2. ツアー名簿の確認を取り点呼をする。
  3. ツアーのお客様が全員揃っているか確認する。
  4. バスなどに乗り込んだら旅行中の注意事項を説明します。
  5. 旅行途中お客様を飽きさせない様に名所など紹介や解説も行う。
  6. ホテルのチェックインやチェックアウト、食事やホテルの内館の説明を行う。
  7. その後、観光コースのチェック、スケジュールのチェック、現地の観光の打ち合わせ。
  8. 観光中は、お客様に観光案内など注意事項などの説明を行う。
  9. 空き時間を見つけては次の観光地へのチェックや時間通り遂行しているか確認する。
  10. 帰宅到着時の最終チェック、お客様の健康や不都合、忘れ物など無いかなど。

お客様の要望

お客様からの要望や問い合わせは的確に応えていく。

  • 例えば、名産や美味しい物などお店なども紹介出来る様にする。
  • また、お客様同士のトラブルや盗難、事故、病気などにも迅速に対応していくのも仕事なのです。
    • いつ何が起こっても大丈夫な様に事前に対策などは考えておくこと。

 

お客様の適正を見抜く

同じツアー場所でもお客様の年代層や女性比率などで応対を変化させていく。

  • つまり、そのツアーのお客様の適正に合わせたスケジュールにしなければなりません。

 

ツアーコンダクターの重要性

ツアーコンダクターは、自分が担当するツアーには最後まで責任を持つ必要があります。

  • ツアーのお客様は、初めて会ったも者同士が旅行の最初から最後まで一緒に行動します。
  • つまり、赤の他人同士の団体旅行なので、交通、食事、観光、宿泊まですべてのお客様に案内する必要があります。

当然ですが、旅行の安全確保を第一優先に考え、観光情報や旅行の手助けを行うようにします。

 

ツアーコンダクターの適正

  • 旅行はツアーコンダクターのスケジュールに沿って行かなければ大崩れする。

つまり

  1. 赤の他人が多く集まったツアーでツアーコンダクターの言う事を聞いて貰うようにしなければならない。
  2. ツアーコンダクターは学校の学級委員長的な存在でなければいけないのです。
    • つまり、ツアーコンダクターの指示に従って行動して貰うようにしなければいけません。

お客様が勝手な行動を行わない様にする為にもツアーコンダクターが必要になるのです。

とくに

  • 旅行に不慣れなお客様。
  • 年配のお客様。
    • 幼児または乳幼児を連れた母子など。
    • 上記のような方々にはツアーコンダクターが頼りになります。

今後も、ツアーコンダクターの存在が必要とされていく事になります。

 

ツアーコンダクターの年収

ツアーコンダクターの社員として働く場合

  • 月額給与:約20万円〜25万円

ツアーコンダクターの契約社員として働く場合

  • 日給:約8000円〜15000円
  • 月間のツアー日X日給=月給です

 

ツアーコンダクター就職先

  • 旅行会社
  • 旅行専門の派遣会社
  • テーマパーク
  • 空港
  • 観光地
  • 観光局
  • 海外

 

ツアーコンダクターの業務許可

ツアーコンダクターの業務をする人は特別な許可が必要です。

  • ツアーコンダクターの業務を行う場合
    • 旅程管理主任者の資格を取得します。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



旅行案内人になる為の基本

旅行案内人

ツアーコンダクターになる為の基本

 

 

 

ツアーコンダクターになり活躍する為の基本的な考え

基本的に資格などが必要となる

添乗員の業務が出来る為の資格

  • 旅程管理主任者の資格を取得する

 

資格取得する為の条件

  • 条件はとくに無し

 

ツアーコンダクターとしての素質

  1. 旅行が大好きであることが前提です。
  2. また、正確で几帳面、面倒見が良いことが挙げられます。
    • 上記のことはツアーコンダクターとしての最低限必要な条件になります。

また同じツアー場所であっても、お客様の年代や男女比率でもスケジュールが変わります。

つまり、そのお客様に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • ツアーコンダクターは冷静であること
  • 安全なツアーの行動やあり方も教えていかなければいけません。
    • つまり、お客様に理解して貰える様に説明をしていくコミュニケーション力も備わっていなければいけません。

 

トラブルも付きまとう

  • 例えば、お客様が病気、ケガなどした時
  • 例えば、お客様同士がトラブルになった時
  • 例えば、盗難に遭った時
  • 例えば、予期せぬ天候悪化になった時
  • 例えば、時間が大幅に狂った時
  • 例えば、事故などに遭った時
    • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  1. 楽しい
  2. 面白いなど
  3. 旅行は見どころが一杯だけでは無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に迅速に対応できること。
    • 同じ対応と同じ接し方でツアーコンダクターの職務を全うしなければならないのです。

つまり、旅行に導く添乗員としての責任感を持つ、お客様に安心感を与える事が出来るのがツアーコンダクターなのです。

つまり、旅行が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  • 少しでもこの時点で無理かもと心に思う方は?
  • ツアーコンダクターには向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

ツアーコンダクターは信頼性が求められる

ツアーに参加するお客様は、素人であるためツアーコンダクターに聞けばなんでも知っている、何でも分かると思っている人が大半です。

つまり、ツアーコンダクターはお客様に質問攻めに合う事を想定して答えていく必要があります。

  • 色々な難題に対しても丁寧に答えてあげるツアーコンダクター
  • そんな存在が信頼を生み感謝されることに繋がるのです。

つまり、信頼され頼られるツアーコンダクターの姿が必要になると言う事なのです。

 

ツアーコンダクターの喜び

  • 問題無くツアーが終了した時
  • 若い人からお年寄り全ての人々と絆が結ばれた時
  • お客様から、ありがとうなどの感謝の声をかけられた時
  • 当たり前のことですが、お客様が喜んでいる姿を見た時。

これから、ツアーコンダクターを行う者は、お客様に信頼されるような礼儀や作法と心で接する事が求められます。

  • 自分に任せて貰えば安心だと思って貰えるような態度と口調や服装まで整えます。

上記の様な正義あふれる精神を持った人がツアーコンダクターの仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



旅行案内人になる道
コンダクター

ツアーコンダクターになる道

 

 

 

ツアーコンダクターを目指す道はパターンがある

  • 高校卒業後に旅行会社や派遣会社へ
  • 専門学校や短大、大学卒業後に旅行会社や派遣会社へ
  • 旅程管理主任者の資格を取得する

 

高校卒業後に旅行会社や派遣会社へ

  1. 旅行会社に就職
  2. 派遣会社へ登録する
  3. その後
  4. 旅程管理主任者の資格を取得する

 

ツアーコンダクター専門の学校へ

  • 専門学校の通学期間:平均2年
  • 短大や大学は通常の年数です。

講座内容

  • 乗務員としてスムーズな進行でお客様を快適な旅へ導く為の心得

専門学校に通い習得

  • 1年次は様々な研修旅行や校外実習、インターンシップ(企業研修)など、イベント中心に学ぶ。
  • 2年次からは専門性を高める授業や就職活動を視野に入れた授業、実習を行う。

教育内容

  1. 教養学
  2. 経済学
  3. 経営学
  4. 商学
  5. 観光学
  6. コミュニケーション学
  7. マスコミ学
  8. メディア学
  9. 語学(英語)
  10. 心理学なdp

 

旅程管理主任者の資格を取得する

  • 旅程管理主任者の資格が無いとツアーコンダクターの仕事は出来ません。
  • 旅程管理主任者の資格は2つと国家資格1つがあります。
    1. 国内旅程管理主任者
    2. 総合旅程管理主任者
    3. その他、旅行業務取扱管理者(国家資格)

国内旅程管理主任者とは

  • 国内旅行のみ添乗員として仕事が可能です。

総合旅程管理主任者とは

  • 海外旅行でも添乗員として仕事が可能になります。

旅行業務取扱管理者とは

  • 旅行業務取扱管理者は国家試験で取得する国家資格になります。
    1. この試験に合格し取得すると
    2. ツアー企画の立案や取引
    3. ツアー実施の業務など
    4. 旅行全般の仕事を幅広く扱うことができます。

 

ツアーコンダクター習得する学費

  • 養成学校に通う:1年間約120万円〜150万円

 

養成終了後

  • 旅行会社や派遣会社へ就職します。
  • その後
  • 旅程管理主任者の資格を取得します。

 

本格的にツアーコンダクターの道へ

  • 旅行ツアーの添乗員ツアーコンダクターとしてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

ツアーコンダクターになるには、冷静で的確な判断と責任感があることが大切です。何があってもお客様に信頼されると言う強い思いと心を持ってツアーコンダクターが出来ると言う方が向いています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT