TOP > 趣味・レジャー > パソコンを詐欺や盗みから守る手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続き
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続き インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続き
  ウイルスと聞いて何を想像するだろうか?病原体のインフルエンザウイルスなどの事を考える方がほとんどでしょう。しかしインターネットの世界にも病原体と同じようなウイルスが存在するのです。ではその対策に必要な手続き方法を、ここでしっかり理解しておきましょう。
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続き インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続き
.
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法とは 感染しない為にインターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法など送られても安心  
 

.
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法

 

インターネットのウイルスとは

 

ウイルスと聞くと一般にインフルエンザの様に人の病原体のようですが、コンピュータ(インターネットパソコン)の世界にもウイルスと言うものが存在します。

それをインターネットウイルスと呼びます。

 

では、ウイルスに感染すると、どうなるのか?その対策について説明します。

 

インターネットウイルスは

  • 電子メール
  • ホームページ閲覧など

上記によって、コンピュータ(インターネットパソコン)に侵入そして感染する特殊なプログラムの事です。

最近では、マルウェア(悪いソフトウェア(アプリ)の事)とも呼びます。

 

少し前までは、意図的な作業をしなければ感染しませんでした。

しかし、最近はインターネットの急速な普及により、電子メールを見ただけや、ホームページを閲覧しただけで感染するものも多くなってきました。

また、圧倒的な利用者の増加や常にインターネット接続がしているため、ウイルスの増殖する速度が急速になっています。

 

インターネット感染するとどうなるの?

ウイルスは様々な種類があります。

  • 例えば、何かのメッセージやパソコン画像を表示させたり
  • 自分の意志を意図的、一方的に他人に送りつけてくる

危険度が高いものは

  • ハードディスク(パソコン内部)侵入しパソコンに保管されているファイルやデーターを消去したり
  • コンピュータ(インターネットのパソコン)が起動できない状態や動かさ無くしたりする

その他

  • 他人のパソコンを故意に遠隔操作して勝手に動かしたり
  • パソコンに保管されているパスワードなどを盗み外部に自動的に送信したりもする

 

また、多くのインターネットウイルスは勝手に増え続ける特徴を持つため、増殖しています。

つまり、コンピュータ(インターネットパソコン)内のファイルに自動的に感染したウイルスは、パソコン同士で繋がっているインターネットのケーブルを伝わって他の身内のコンピュータ(パソコン)のファイルに自動的に感染するプログラムを持っています。

 

また、電子メールに感染しアドレス帳や過去の電子メールの送受信の履歴を見て、自動的にウイルスを他人や友人の電子メールに送信までします。

 

また、怪しいホームページを見ただけで感染するものも多く、見た瞬間にインターネットウイルスがパソコンに侵入し、パソコンを壊したり他人にメールを送ったりするのです。

その為に、世界中にインターネットウイルスが蔓延する事にも繋がります。

 

これらの全ては

  1. 送り付けられた電子メールのファイルを見てしまったり
  2. 送り付けられたメールファイルをダウンロードしたり保存したり
  3. 怪しいホームページを見てクリックしてしまった事で感染する

以上の様に、人の病原体ウイルスに似ている事からインターネットウイルスと呼ばれているのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続きページ

 



感染しない為にインターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法

 

インターネットウイルスに感染しない対策

 

ウイルスは怪しいホームページの観覧で感染したり、メールにクリップマークが添付されていたファイルによって感染したり、今や様々な方法でコンピューター(パソコン)に侵入してきます。

 

とくに、怪しいホームページ(AVページが多い)または英語文だらけのページを観覧すると、コチラをクリックしてくださいなど大きく表示されたり強調するようにクリックを促すページがありますが要注意です。

もしも、ウイルスページをクリックすると、そのままインターネットウイルスに感染したり、他のページに誘導されたりします。

 

  1. 銀行のホームページを装ったり
  2. 有名なSNSのページを装ったり
  3. 知らぬ間に不正にアクセスをされたりもします。

上記の様な手口は巧妙ですので注意が必要です。

 

そのような事態を避けるために

  • インターネット接続時にパスワードやIDを入力し強化をします。
  • 事前に侵入を防ぐファイヤーウォールと言うものがあるので設定する。

 

最も怖いウィルス

  • インターネットを利用した詐欺
  • 盗み
  • 犯罪被害に合う事

次々に新しい悪質な手口が登場しています。

では、どうする?

パソコンを使う上で犯罪に巻き込まれない様に心がけを行なえば何も怖い事はありません。

犯罪や被害に合うのは?

結局のところ

  1. パソコンを何も知らず
  2. 何もしない
  3. 何も勉強や見ようとしない
  4. パソコン音痴
  5. 面倒くさがり屋の利用者からなのですよ。
    • 普段からインターネットウイルスにおける詐欺や犯罪などの行為や、やり方を知ること。
    • その対策を知って知識を高め対策を取れば良いだけです。

 

まず、疑うこと

  1. このメールは誰からの?
  2. 何故クリップマークのファイルが添付されている?
  3. このホームページは見た事もない過大にクリックせよと迫って来る?

インターネット上で、少しでも不審だと感じたら、その情報の観覧を停止し検索サイトなどでホームページ名の情報を入力し調べたり確認したりして見ること。

 

また、インターネットサイトには、様々な誘導方法で違法な情報や、法律違反を促すサイトが多くあります。

知らない間に、犯罪行為に加担してしまった場合もあります。

インターネットの世界も法律は存在しますので、必ず常識の範囲で考え良い行為や悪い行為の判断をする事。

 

注意

とくに多いのはインターネット誘惑、怪しい儲け話しです。

オレオレ詐欺や母さん助けて詐欺などの電話で詐欺が主流ですが、インターネットの世界にも存在する事を知ってください。

平気で人を騙したり、犯罪行為に加担させるという誘導メールや誘導ホームページもありますので、普段から、怪しいもうけ話などの誘惑に乗らない事や下心を出さない様に心を強く持つ事です。

 

不用意に掲示板やSNS(ソーシャルネットワーク)に書き込みをしない。

インターネットの世界は気軽に自分の意志や思いを書き込めます。

  1. しかし誰がどこで読んでいるのか?
  2. 誰が、気分を勝手に害し嫌がらせをして来るのか想像すらつきません。

相手から被害に合わない為に

  • SNSに書き込んでも名前や住所、ましてや携帯などの書込みは絶対にNGです。
  • またメールアドレスの書込みも必要以上にしない事が良いのです。

 

不用意に書きこんだメールアドレスからウイルスの脅威にさらされる事に繋がることも多く存在します。

現在では、スマホにもインターネットウイルスが送られて来ます。

いつ自分が狙われているのか分かりもしません。

 

プロハッカーの存在

もし、本気でハッカーと言うプロに狙われてしまったら、どうする事も出来ません。

簡単にインターネットセキュリティーなど突破されてしまいます。

 

ただの一般個人を、プロハッカーが狙うと言う事は、ほとんどありません。

ハッカーはプロです。

  • ハッカーに対抗できるのはハッカーのみです。
  • それだけ高度な知識と豊富なプログラムを操れるのです。

一般人がハッカーに太刀打ちなど出来ませんし、相手にもされないと言うのが本音です。

普通の日常の生活レベルでパソコンやスマホを行っている人々に、ハッカーと言われるプロは、相手にもしません。

それほど高度の知識を持っているということですね。なので普通の人には興味は無いので安心していて大丈夫です。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続きページ

 



送られても安心インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法
インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法

 

インターネットウイルスが送られても守って貰える

 

コンピューター(パソコン)に送られてくるウイルスから守る為には、インターネットウイルス対策を行うソフト(アプリ)をパソコンに導入する必要があります。

 

つまり、インターネットウイルス対策用のソフトです。

その役割は、一般的にコンピューター(パソコン)の電源がオンになった時に

  • パソコンに送られてくるメールのチェック
  • ホームページを見た時に、このページは安全かな?
  • 上記などの監視をして、時には警告を出して貰えます。

通常、ウイルス対策ソフト(アプリ)は電源がパソコンに入れば勝手に起動状態となり、外部から受け取った怪しい情報を監視したりインターネットやLAN接続の、コンピューター(パソコン)をウイルス感染から守る役割を果たします。

 

 

ウイルスも常に新たなインターネットウイルスへと進化します。

その為、ウイルス対策ソフトは、これまでのウイルスには、対応するものの、新しいウイルスは検知できないことがあります。その様な事態を防ぐために常に最新のものをウイルス対策ソフト更新する必要があります。

通常は最新ウイルス対策ソフトは勝手にメーカーが自動更新する為、安心はしておいて良いでしょう。

安心できるためにも

  • 有料のウイルス対策ソフトメーカーの使用をお勧めします。
  • クラウドサービス型のウイルス対策ソフトと呼ばれるものです。

有料のウイルス対策ソフトには契約期間がありますので、必ず契約期間を確認する事。

 

 

その他の安全対策として、インターネット接続する時には必ずインターネットサービスプロバイダなどで契約する必要があります。

そのプロバイダー自社で利用者向けに提供しているウイルス対策サービスを行っています。

その利用もウイルス対策ソフトと同時に行うと良いでしょう。

  • プロバイダーが提供するサービスは各社まちまちですので、契約のプロバイダーに、どこまでの対策を行っているのか?必ず確認する事。

 

  • プロバイダーでは、自動的に更新を行って貰えるので、利用者による更新作業は要らなくなります。

    その点は忘れる心配事は無くなり安心です。

 

ウイルスソフトは下記を参考にしてください。

インターネットウイルスの危険から守るパソコンやスマホの対策方法イーセットのスマートセキュリティ(ESET Smart Security)

インターネットウイルスの危険から守るパソコンやスマホの対策方法【KINGSOFT Office】オフィス互換ソフト販売本数No.1、30日間無料体験!

インターネットウイルスの危険から守るパソコンやスマホの対策方法「セキュリティソフト」はソースネクスト

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法手続きページ

 


 

1位インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法
Topics Topics Topics
  インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法

インターネットウイルス備えは万全ですか!
特に気をつけたいインターネットセキュリティーの問題。プロも愛用する信頼のトレンドマイクロソフトなら対策は万全です。安心して導入できるウイルスバスター

 
  HP インターネットの危険から守るパソコンやスマホの対策方法3年版で2ヵ月無料延長キャンペーン safe.trendmicro.jp  
Topics

 


ココがPOINT
ココがPOINT

今や、ウイルスの存在は当たり前として認識する事と必ずウイルスはメールやホームページで入って来ようとしているんだと言う事を理解してください。但し通常のウイルス対策ソフトなどを行っている場合は、さほどの心配は無いんだと言う事も理解しておきましょう。
スポンサード リンク

インターネットウイルスの危険から守るパソコンやスマホの対策方法
ココがPOINT