TOP > 年金・保険 > 高額医療費制度の申請 > 年金・保険の目次へ

 
高額になった物に申請の制度
高額になった物に申請の制度の控除の手続き
申請の制度手続き 高額になった物に申請の手続き
  高額医療費制度なんて初めて聞いた?など知らないと損する事もあります。高額な医療費になってしまった場合ですが医療費のお金がが戻って来るって知ってましたか?
ここで医療費の高額医療費制度の手続きをしっかり理解しておきましょう。
申請の制度手続き 高額になった物に申請の手続き
.
高額制度とは 高額制度のメリット
高額制度の申請に必要な手続き  
 


申請の制度

高額制度とは
申請の際に必要

高額医療費制度とは

 

 

高額医療費制度と言う言葉は聞いた事はありますか。

高額医療費制度とは名前の通り高額な医療費への制度です。

  • 簡単に言ってしまえば、医療費が高額になると、本人や家族の負担は増大します。
  • また借金しなければ医療費が支払えないと言う事態にも成りかねません。

そこで活用されるのが「高額療養費制度」と言う減額制度です。


高額療養費制度を利用すると、医療費の自己負担を軽減できると言う本当に素晴らしい制度です。

やはり、日本の保険制度は世界に誇れる素晴らしいシステムです。

 

高額医療費制度の自己負担限度額

  • 標準報酬月額
  • 非課税の方・・・・・・35,400円(多数該当24,600円)
  • 26万円以下の方・・・・・57,600円(多数該当44,400円)
  • 28万〜50万円の方・・80,100円↓(多数該当44,400円)
    自己負担限度額の計算式
    80,100円+(医療費ー267,000円)X1%
  •  

  • 53万〜79万円の方・・・・167,400円↓(多数該当93,000円)
    自己負担限度額の計算式
    167,400円+(医療費ー558,000円)X1%
  •  

  • 83万円以上の方・・・・252,600円↓(多数該当140,100円)
    自己負担限度額の計算式
    252,600円+(医療費ー842,000円)X1%

 

例を計算式に当てはめて

  • ひと月の医療費合計>100万円
  • 月額報酬>40万円
  • 保険適用3割

80,100円+(100万円の医療費ー267,000円)X1%=87,430円

自己負担限度額=87,430円となります。

この制度で理解できる事は自身の負担が随分と軽減されると言う事ですね。

高額に支払わなければいけないケースも無いとは言い切れませんので、今後もしその様な事態が起きた時には積極的にこの高額医療費制度を活用して下さい。

 

・年金保険手続き目次へ行く

 
高額になった物に申請の制度手続きページ

 



高額制度のメリット
申請の際に必要

高額医療費制度のメリット

 

 

押さえておくべきポイント

  1. 高額療養費制度は家族で合算できる
  2. 単独月単位の入院する
  3. 入院する前に限度額適用認定証の用意
  4. 2年以内に申請する

 

1.高額療養費制度は家族で合算できる

  • 家族が同時に病気やケガをして各種病院で受診した。一人で複数の病院で受診した。
  • 一つの病院で入院や通院で受診した。いずれの場合も自己負担額は家族で合算することが可能です。

その合わせた金額が自己負担限度額を超えた場合などは超過した金額が戻って来ます。

条件として

  • 70歳未満は原則(月額21000円)以上の自己負担分
  • 内科や整形外科などに別け(更に入院や通院)に別ける事
  • 調剤薬局の薬代は病院の医療金額に合算する

 

 

・単独月単位の入院する

  • 高額療養費制度は、ひと月単位と覚えてください。
  • 「月初め〜月末」までの医療費です。

この、ひと月の医療費が高額なった場合に、既定の自己負担額が超えた部分に返金される制度です。

つまり、入院するなら頭を使うです。

月初め〜月末なので月をまたがないで入院予定を組むのです。

例えば「○日に入院と言われても」即決はせずに、月頭になる様に、また入院はどの位か?聞いた上で返事をするようにしましょう。

ここは高額医療費の制度がかかっていますので慎重に行ってください。

 

 

・入院する前に限度額適用認定証の用意

70歳未満で高額な医療費が必要と事前に判断できる時は前もって、治療前に「限度額適用認定証」を用意します。

  • 何故?先に用意するのか、限度額適用認定証を病院の窓口に提出すると、自己負担限度額の医療費で支払いを済ませることが出来るのです。

事前に用意が無い場合は、高額な医療費を病院に支払った後に、高額療養費制度の申請を行うことになり、医療費負担金が戻って来るまでの間に、更に何かの入用でお金が必要になった場合は困ってしまいます。

特別気にならないと言う方は後で申請を出しても十分に大丈夫です。

 

 

・2年以内に申請する

高額療養費を申請するの忘れた!

  1. 安心して下さい。高額医療費の請求は受診した月のその翌月から2年間は大丈夫なのです。
  2. つまり2年以内であれば高額医療費制度の申請し、払い戻しが受けられるのです。

2年も待って貰えるのですから親切な制度ですね。

 

・年金保険手続き目次へ行く

高額になった物に申請の制度手続きページ

 



高額制度の申請に必要な手続き
申請の際に必要

高額医療費制度の申請に必要な手続き

 

 

・高額医療費の事前手続き(限度額適用認定証を用意する)

70歳未満で高額医療費が必要と予測される場合

  1. 保険証(国民健康保険などの問合せ)に限度額適用認定証を申請し受取る
  2. 病院(医療機関など)の窓口に限度額適用認定証を提出
  3. 高額医療費の支払いは自己負担限度額まで支払う形となる

 

申請場所や必要となる物

  • 自身の保険証に記載のお問合せ先に申請する
  • 保険証
  • 印鑑

 

・高額療養費を治療終了後に支給申請する

  1. 病院(医療機関など)の窓口で医療費3割負担額を先に支払います
  2. 治療終了後に高額療養費の支給申請をする
  3. 自己負担限度額を超えた分の医療費が戻って来る
  4. 病院(医療機関など)から受け取った領収書の提出が必要になる

申請場所や必要となる物

  • 自身の保険証に記載のお問合せ先に申請する
  • 領収書
  • 保険証
  • 印鑑
  • 自身の振込口座(通帳)

 

※70歳以上の高齢者は自己負担額の軽減額は最初からお得なMAXレベルになっていますので申請の必要はありませんよ。

 

・年金保険手続き目次へ行く

高額になった物に申請の制度手続きページ

 



Topics Topics Topics
 

保険も安心で選ぶ時代です。現代病とも言われる女性特有の病気発症率はグングン上がっています。保険に入るなら少しでも安心できるものを選ぶ事が理想だ。そこで手続きネットがオススメするのが女性のためのボーナス付き医療保険フェミニーヌ です。
「女性特定疾病医療保険」女性特有の病気に特化した医療保険なのだ。
「フェミニーヌ」は、3年ごとに15万円のボーナスがついています。「入院したら、ボーナスは受け取れない?」そんなご心配は不要です。入院しても受け取れる、手厚い保障は嬉しい所だろう 。保険の種類は沢山あるが、どれだけ安心できる物を選ぶかが分かれ目だろう。

 
   
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

「高額医療費制度」まったく有難い制度の一言です。医療費はバカになりません、保険適用でもかなりの額になる事もしばしばです。そんな医療費を更に軽減しましょう。と言うのがこの高額医療費制度です!
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT