TOP > 仕事 > 退職の保険年金手続き > 仕事の目次へ

 
雇用保険や健康保険・厚生年金
雇用保険や健康保険・厚生年金
仕事を辞めた時は 仕事を辞めた時は
  会社を退職することになったけど、手続きは何から始めるの?雇用保険や健康保険・厚生年金など退職届の書き方の手続きや社員の退職時の方法そんな時に事前にしっかり対処法を覚えましょう。まずはきちんとした必要な手続きについてしっかり理解しておきましょう。
仕事を辞めた時は 仕事を辞めた時は
.
仕事を辞めた時の雇用保険 仕事を辞めた時の健康保険
仕事を辞めた時の厚生年金  
 

.
仕事を辞めた時の雇用保険
雇用保険や健康保険・厚生年金

退職の雇用保険手続き

 

退職とは、事情はそれぞれありますが今まで勤めていた会社を辞めることをいいます。

どのような退職を行う場合でも、スムーズな退職を行うために事前に手続きを行い、円満な退職を心がけましょう。

また、常識的な退職願または退職届の書き方をしましょう。

 

退職手続き

今まで会社員なら尚更、退職する事で公的手続きを行う必要があります。

公的と聞くと腰を引き気味になりますが、退職したら行わなければならない面倒な作業ですが、後悔しないためにもしっかり行ってください。

 

まず、真っ先に手続きを行なわなければならない物があります。

  1. 雇用保険
  2. 健康保険
  3. 厚生年金の3つです。

 

雇用保険

  • 通常退職する場合には勤めていた会社から失業給付金の手続きに必要な離職票と、その手続きに必要な用紙や案内書をもらう事が出来ます。
  • しかし、中には自分で請求しなければ離職票を貰えない会社もありますので確認が必要です。
  • 退職後には、会社から雇用保険被保険者証を受け取り、転職先が決まっている場合はに提出する。

すぐに再就職せず失業状態が続くのであれば離職した時に失業給付金をもらいます。
ハローワークで、退職後の失業保険の手続きを行い収入確保の手続きをしてください。

 

失業保険(雇用保険)の手続きに関する確認をしましょう。

  • 退職理由(自己都合・会社都合)、勤続年数による雇用保険基本手当の給付日数の確認します。
  • 雇用保険被保険者証の確認。紛失している場合は会社に再交付の手続きを依頼します。
  • 退職後に会社から受け取る離職票の交付時期と受け取り方法を確認します。
  • 住所地の公共職業安定所(ハローワーク)の所在地を確認します。

 

・仕事手続き目次へ行く

仕事を辞めた時の手続きページ

 



雇用保険や健康保険・厚生年金

雇用保険や健康保険・厚生年金

退職の健康保険

 

退職の健康保険は、労働者が退職するとその翌日に資格を失いますので注意が必要です。

 

それまで使用していた「健康保険被保険者証」での、保険給付は受けられなくなりますが例外もあります。

  • 通常は使用不可となりますが、その反面、会社を辞めても一定期間内までは今まで利用していた保険証が使える事はご存知ですか?


しかし、この手続きを行うには自分で健康保険事務所に出向き手続きを行う必要があります。

 

保険加入は義務

国内に居住する者は所定の医療保険制度に加入することが義務づけられていますので、会社を退職と同時のタイミングで必ず加入手続きが必要です。

 

どちらにせよ 健康保険は任意継続か国民健康保険に新たに加入する必要があります。

また、どちらを選ぶかは保険料を考慮し決めるようにすると良いでしょう。

※任意継続を行う為には、20日以内に手続きを行なわなければ利用できませんのでご注意ください。

 

健康保険の手続きに関する確認をしましょう。

  • 退職後に加入する健康保険を検討します。
  • 健康診断を受けてチェックします。要検査の場合は退職前に受診するようにします。
  • 健康保険被保険者資格喪失証明書の受け取り方法を確認します。
  • 勤務地・住所地の市区町村役場、社会保険事務所、の所在地を確認します。

退職届の書き方サンプルは以下を参考にしてください。(wordでのダウンロードもあります)

 

・仕事手続き目次へ行く
仕事を辞めた時の退職届の書き方サンプル
 
仕事を辞めた時のページ

 




仕事を辞めた時の退職届

仕事を辞めた時

退職の厚生年金

 

退職した時点で今まで厚生年金をかけていた人は国民年金に切り替え手続きを行うようにします。

 

年金の手続きを届け出る場所は市町村役場です。

扶養家族に入っている妻がいる場合は一緒に手続きを行うようにします。

 

保険料は月単位で計算される

月末に加入する方がお得ですが、月初などに加入手続きを行うと丸々一ヶ月分の保険料を支払う事になってしまいます。

また、会社によっては引き落としで徴収される会社も多いのでその場合は退職月の厚生年金も自動的に引き落としになる場合があります。

 

つまり、国民年金もあわせて二重に支払うハメになってしまいますので注意が必要です。

 

年金の手続きに関する確認をしましょう。

  • 厚生年金保険の加入歴を確認します。受給要件を満たしているか確認します。
  • 年金開始年齢を確認したら、年金額の試算依頼しましょう。
  • 特別支給の老齢厚生年金と雇用保険基本手当の比較します。
  • 勤務地・住所地の市区町村役場、社会保険事務所、の所在地を確認します。

 

仕事を辞めた時の退職日に会社から受け取るもの・返すもの

今後の就職失業にそなえて、退職時には会社からの受け取る書類を再確認するようにしましょう。

また、退職する会社から辞めた後に色々な必要手続きを行い頼みごとをするのは心情的にも気持ちの良い事ではありませんので、済ませておけることは事前に手続き完了をしておくと良いでしょう。

 

退職日に会社を辞める時に受け取るもの・返すものは上記を参考にして下さい。

会社から受け取りに関する確認をしましょう。

逆に 会社へ返さなければいけない書類もありますので、注意が必要です。

 

会社へ返却に関する確認をしましょう。

  • 身分証明書
  • 通勤定期
  • 制服
  • 健康保険被保険者証
  • 健康保険遠隔地被保険者証の交付を受けている方
退職した時点で現会社の社員ではなくなります。
つまり、社員であることを証明するものや借与されているものは全て返却対象となります。

また社費で購入して頂いた物全てが会社の資産となっていますので返却対象となります。

 

 

※その他、損しない会社の辞め方退職届の書き方失業保険の受け取り方法、その後の転職方法の手続き離職票の手続きなど知りたい方は下記の手続きネットを参照してください。

 

・仕事手続き目次へ行く

仕事を辞めた時のページ

 



1位仕事を辞めた時
Topics Topics Topics
 


人事の第一印象として重要なのが履歴書です。履歴書の書き方一つで、天と地の差があるのです。就活、転職活動の時は頭に入れておきましょう。就活にお勧めは、業界最大手リクルート社運営の仕事を辞めた時の会社の選び方リクナビです。あなたの市場価値を査定し優位に働きかける。転職就職希望の場合は、必ず登録しておきましょう。

 
  HP リクナビNEXT 参考ページへ行く next.rikunabi.com/仕事を辞めた時の退職  
トピックス

ココがPOINT
ココがPOINT

退職の理由は、もしその原因が会社にある?もしくはこちらにある?は別として、できれば円満退社を目指したい所ですね。辞めるときは自分なりに辞める手続きはしっかりと把握して出来る限りスピーディーに済ませたい物です。 そのためにもしっかりと理解しましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT

年金・保険のカテゴリー

保険の手続き
・年金関係 保険の手続き
厚生年金加入 定年退職後の年金普通退職時の年金 国民年金を知る 保険の手続き
・保険の関係 保険の手続き
・労災保険の関係 保険の手続き
・医療費控除 保険の手続き
・その他の保険関係