TOP > 家庭生活 > 引越し準備の手続き

 
住まいの準備
住まいの準備の手続き
手続き 手続き
  引越しするぞ!と決めてはみたものの、一体何から手をつけていいのか分からない
・・・引越しの経験が何度もある人でも、いざその状況になると困るものです。

トラブルに巻き込まれないためにも、引越しにまつわる様々な準備と手続きを理解し、気持ちよく引越しを出来るように心がけましょう。
手続き 手続き
.
転居をしようと思ったら? 転居を頼めるところ
転居までにしておきたいこと 転居するときの手続きは?
 
.

国民健康保険に届け出が必要なときと必要書類引越しに伴う公的手続き
住まいの準備をしようと思ったら?

住まいの準備 引越しは、一大行事ですね。

 

 

新居の準備や契約、さまざまな手続き、荷物を運ぶ段取りなどなど、引越しの準備をしなければならないことが山ほどあります。

 

引越をしようと思ったら、まずはじめに考えることは、「どのような引越をするか」です。

  • 引越の方法によって、手間も段取りも料金も変わってきます。


例えば

  • 「お金はかかっても、少しでも手間を省きたい」と思うかもしれませんし
  • 「引越費用はできるだけ節約したい」
  • 「業者に梱包や荷解きまで任せるのはなんだかイヤ」という人もいるでしょう。

 

友人や知人に助けてもらって自分たちで引越するのか、最低限のことは引越し業者に頼むのか、それとも、できる限り引越業者のサービスを利用するのか、などを、荷物や部屋を見ながら考えましょう。

 

 

  • 自分たちだけで引越をしたいと思っても、クレーンでタンスを吊り上げなくては搬入や搬出ができない部屋では、引越し業者の手を借りなくてはいけませんよね。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



転居を頼めるところ

住まいの準備

引越を頼めるところ

 

引越を扱う業者は

  1. 引越を専門に扱うところと
  2. 他の運送業などと兼業しているところがあります。

 

  • 引越を兼業で請け負っている業者は、リーズナブルな場合が多いのですが、梱包資材などは最低限のものですし、引越しに不慣れな作業員が来る場合もあります。

 

 

  • その点、引越専門業者は、梱包資材や引越用の機材も豊富で、ダンボールなどもサービスでついてくるところもあります。
    • 作業員も、引越を専門にしているため、段取りよく作業をしてくれます。
    • バラエティ豊かなオプションサービスが取り揃えられているのも、引越し専門業者ならではです。


その分、兼業業者に比べると、価格はやや高めになります。

 

また、引越し業者をその事業の規模で分けることもできます。

 

大手引越し業者

テレビCMなどで知られているように、引越を専業として請け負っている場合が多いでしょう。

  • こちらは、引越の方法や段取り、料金体制などがマニュアル化されているため、全国規模で均一化されたサービスを受けることができます。
    • ただし、宣伝費などには莫大な費用がかかるため、その分価格に跳ね返っています。

 

中堅の引越し業者

ここも引越専門に行っているところが多いでしょう。

  • こちらはリーズナブルな料金で大手に対抗し、薄利多売を狙っています。ですから、引越しの依頼も多く、経験も豊富です。

 


ただ、業者によってサービス内容や料金に大きな開きがあることは否めません。
引越し業者の中では一番需要が多く、また、業者の数も多いのが特徴です。

 

軽貨物引越し業者

一人暮らしなど、規模の小さい引越しに向いています。

  • 小規模の引越なら、一番価格が抑えられます。
  • ただ、こちらは引越専門という業者は少ないでしょう。
  • また、運転手が一人で引越作業に来るため、手伝いが必須です。
  • 梱包資材も豊富とはいえません。

 

けれども、業者によっては引越しを意識して、大型家具も積める特装車などを用意している場合もありますので、価格と引越し規模によっては魅力的です。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



転居までにしておきたいこと

住まいの準備

引越までにしておきたいこと

 

自分スタイルの引越し方法が決まったら、早速引越し準備に取り掛かります。

 

自分たちだけの引越しの場合

  1. 引越しを手伝ってくれる人を探したり
  2. レンタカー(トラック)を手配したり
  3. 引越しを手伝ってくれた人の飲食の段取りも必要になります。

 

  1. また、荷造りは、日頃使わないものから早めに始めておいたほうがいいでしょう。
  2. 引越し1ヶ月前から前日までにしておいたほうがいいことをピックアップしておきます。

下記を参考に、引越しのスケジュールを組みましょう。

国民健康保険に届け出が必要なときと必要書類

・引越し業者への対応手続きは引越し業者手続き(←クリック)を参考にしてください。

手続きページ

 



2位人気サポート
Topics Topics Topics
 

「ハウスクリーニング」はお得!
業者に頼むのは高額と思っていませんか?
意外にもハウスクリーニングは身近なもので、ハウスクリーニングを依頼している方のほとんどは決してお金持ちではなく、ごく普通の家にお住まいの方たちなのです。

毎日忙しくお掃除する時間がなかなか取れなかったイライラも解消できますし一度ピカピカにしてしまえば、毎日のお手入れがラクになり、いままでお掃除に費やしていた時間の節約にもなります
結果、コスト面、衛生面、設備の機能回復、を総合的に考えるとプロにおまかせするのが一番安上がりですね。
手続きネットもお勧めするプロのクリーニングに一度、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 
  HP ハウスクリーニング比較 参考ページへhchikaku.com/ハウスクリーニング  
Topics

転居するときの手続きは?

住まいの準備
引越しをするときの手続き

 

住所の変更など

 

  1. 住民登録など公的なものばかりではなく
  2. 保険クレジットカード
  3. 金融機関など
  4. さまざまなところで住所変更の手続きをしなければなりません。

 

・引越しに伴う住民票の異動手続きは住民票の移し方(←クリック)手続きを参考にしてください。

お子さんがいる人は、学校や幼稚園、保育所、学童保育などでも転出や転入の手続きが必要ですね。

 

私的なものは、それぞれの会社で手続き方法が違いますから、電話などで問い合わせてみましょう。


ホームページがある会社は、そこに手続き方法が記載されていたり、必要書類がダウンロードできたりすることもあります。

ここでは、公的な手続きについてご紹介しておきます。

 

引越しに伴う、市区町村やガス・電力会社などによっては、多少違いがあるかもしれませんので、詳しくはお住まいの地域の会社や市区町村役場、転居先の市区町村役場などに問い合わせてみてください。

なお、市区町村のホームページで必要書類がダウンロードできる場合もあります。

転居に伴う公的手続き

 

他の引越し手続きは以下を参考にしてください。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



人気サポート
Topics Topics Topics
 

大手社 大手社

 引越しを大手に任せたいあなたにチェック。

最近、人気急上昇をみせる日本通運の理由。日本通運の最大の特徴は、環境とエコを考えた(えころじこんぽ)のサービスです。(えころじこんぽ)は引越を完全におまかせするパックで、一切のダンボールを使わないため環境にやさしくゴミは、まったく出さないを実現しています。

また、引越後は日通アシスタンスサービスを受けることができる。
これは生活における水周りや鍵、窓ガラス破損などに対する30分以内の現場作業に無料で対応して貰えるサービスです。参考にしておくと良いでしょう。

また、 大手引越社の比較と見積り依頼がまとめて出来る参考サイトを教えますので、引越しの際には一度、見積依頼してみてはいかがでしょうか。

 
  HP住まいの準備 引越し比較 参考ページへhikkoshihikaku.com/  
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

引越しの手続きをするとき、何度も役所に足を運ばなくてもいいように、必要なことはまとめて済ませてしまうようにしたいものですね。

不用品の処分で、古毛布が余っている場合、引越し業者に引き取ってもらえることがあります。家具の梱包に使うので、喜んでもらえる場合がありますよ。見積もりや当日の打ち合わせのときに、話してみるといいでしょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT