TOP > 家庭生活 > 進学の手続き

 
4月の時期は進学の手続き
4月の時期は進学手続
進学の手続き 進学の手続き
  進学手続き
4月のこの時期に大学や専門学校に進学するには、決して少なくない進学費用が必要になります。 手続きネットでは、受験から入学までに必要な費用となる金額など解説しますので、進学する際の目安としてください。
進学の手続き 進学の手続き
.
進学の手続きするには進学の手続き
進学の手続き
   
 
.

進学の手続きするには

4月の時期は大学や専門学校の手続き進学するには

 

 

4月の時期に進学、大学や専門学校へ進む

多くの学生が進学するため、大学が人気になり短大や大学の数の増加が急速に加速しました。

その反面、現代の少子化により、入学希望者の数が大学の定員を下回ると言う逆転現象が起きています。

結果として大学に定員割れで入学できる時代が到来したとも言えます。


とは言っても、難関大学や有名な人気の大学は相変わらず倍率が高く、入学するのは難しい状況は変わっていません。

 

つまり、進学するにも人気の高い大学と人気の無い大学の二極化が進んでいるのが現状です。

 

そのため多くの大学では、より魅力ある大学に、より入学しやすい大学に取り組んでいます。

結果、多くの大学の中から、自分の目指す大学を選ぶ事が出来るようになったとも言えるのです。

 

大学を選べる時代に入り選択の幅も広がりました。

とは言っても、大学卒業後の就職内定率は相変わらず低い状態です。

就職の求人倍率は高いものの、大学卒業後の内定率の低さにギャップが生じています。

 

卒業後の就職内定を見据えた進学の方法を考えるようにすると良いでしょう。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



進学費用はどのくらいかかる
4月の時期は大学や専門学校の手続き

進学費用はどのくらいかかるの?

 

進学するには、まず受験をしなければいけませんね。

あの大学やこの学校に進学したいと希望はありますが、無料で受験を受ける事は出来ません。

 

では1回の受験料はいくらくらい必要になるのでしょうか。

下記の参考金額を目安に考えて下さい。

※「合否に関係なく、受験する数だけ受験料の数だけ受験費用が必要となります。」

 

複数校受験する場合は、その合計です。

・進学するための各学校の受験料

学校および種目

金額

大学入試センター試験→2教科以下

12,000円

大学入試センター試験→3教科以上

18,000円

国公立大学・2次試験

17,000円

私立大学・センター利用試験

15,000円〜20,000円

私立大学・一般(推薦)試験

35,000円

私立専門学校・一般選考

20,000円〜30,000円

私立大学・AO試験

25,000円〜35,000円

・受験に合格するといよいよ入学金を支払わなければいけません。

 

入学金の目安は以下を参考にしてください。

・入学金は初年度のみ入学する時のみ必要になります。(1回のみ)

学校

入学金

国公立大学

地元出身者の場合: 約240,000円
他府県入学者の場合:約400,000円

私立大学(文系)

260,000円

私立大学(理系)

260,000円

私立大学(その他系統)

380,000円

私立大学(医歯系)

380,000円

専修学校(専門課程)

200,000円

 

 

・受講料や施設料は毎年必要になります。

学校

授業料

施設費等

国公立大学

540,000円

-

私立大学(文系)

720,000円

160,000円

私立大学(理系)

930,000円

180,000円

私立大学(その他系統)

1,400,000円

330,000円

私立大学(医歯系)

1,400,000円

330,000円

専修学校(専門課程)

660,000円

280,000円

・初年度は入学金と授業料、施設料を合わせた合計金額です。

以上のように、進学するには、高額な費用が必要になるのが分かると思います。

 

負担するのは進学する子供の親になるかと思います。

進学を控えている場合は上記の目安にあわせ事前に準備しておくと良いでしょう。

また、奨学金制度を活用するのも良いかと思います。

奨学金については、手続きネットの奨学金制度手続き←を参考にしてください。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



授業料はいつまでに支払うか

4月の時期は大学や専門学校へ準備・入学金や授業料、学費はいつまでに支払うか?

 

 

入学金や授業料、学費の支払い納付期限

  • 合格発表後の約2〜3週間以内が通常の期間となります。

 

※受験する入試の種類によって試験日もバラバラです。

 

つまり、入試の種類によって支払い納付期限も異なってくるのです。

 

また、納付金額は

  1. 「入学金」は全額支払い
  2. 「授業料半年分と施設費半年分」

授業料と施設料は半年分としている学校がほとんどです。

 

半年分と言っても、まとまったお金が必要になるのは間違いなく、その分の高額な授業費用の用意が必要になります。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ
Topics Topics Topics
 

 進学を考えている学生が、将来なにをしたいかを発見し、それを実現するためのピッタリな学校探しをサポートする大手リクルートのサイトです。 資料請求してみてはいかがでしょうか。

 
  HP大学や専門学校へ準備最大手企業リクルート 参考ページへshingakunet.com  
Topics

人気サポート
Topics Topics Topics
 

奨学金手続き準備 進学

 進学に伴い引越しを考えてる方に大手引越社の比較と見積り依頼がまとめて出来る参考サイトを教えますので、引越しの際には一度、見積依頼してみてはいかがでしょうか。

 
  HP大学や専門学校へ準備 引越し比較 参考ページへhikkoshihikaku.com  
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

有名大学を卒業して大企業へ就職と言う流れが定番だった時代も幕を下ろし。学歴と将来の保証が当然のようにイコールでは無くなったと言えるでしょう。
現代ではグローバル化により社会の構造が変化し企業が求める人材とのマッチングが大事になります。 大学や専門学校での選び方や学び方をシッカリと見極めることがより強く求められます。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT