TOP > 家庭生活 > 奨学金制度手続き

 
給付条件など
給付条件など
制度手続き 制度手続き
  奨学金制度
国が運営する日本学生支援機構以外にもさまざまな奨学金制度がありますので、どの奨学金が自分に一番あっているのかを見極めるようにしましょう。
制度手続き 制度手続き
.
制度制度
制度
   
 
.

制度手続とは

給付条件など準備奨学金制度とは

奨学金と聞くとどのような事を連想するでしょうか。

一般的な解釈として、勉強するために大学やその他の進学校へ進む為の学費を貰うことが出来る。このように考えている方が大半では無いでしょうか。

 

・奨学金とは。

奨学金制度を受けようとする者が、十分な学習能力や勉強する力を備えているにも関わらず、経済的もしくは家庭的、金銭的な理由によって進学が難しい学生に対し、学費やその他の生活費の支援をする制度のことを言います。

 

つまり、奨学金の支給により通常の生活するための学費や生活費などの経済的な負担が軽減されます。

それにより、学業や勉強に集中できると言う環境作りが出来ます。

 

何故、奨学金制度が出来たのでしょう?

学業や勉強する為にはお金が必要になります。

例えば大学へ行きたいので通わせてください。と思っても学費を支払わなければ行けませんね。

 

つまり、進学を志しても、母子家庭の事情やその他の経済的な問題により進学が難しい学生は意外に多くいます。

そのような学生にも公平に進学の機会を持って貰いたい目的で設立されたシステムです。

 

また、経済的な問題と言う事ではなく、学業に優れている学生などには、もっと進学を目指して貰いたいと奨学金の支給を行っています。

 

今では短大や専門学校等への進学も含めると学生の10人のうち8人もの学生が高等教育機関へ進学する時代になりました。

それに伴い、年間の授業料は

  • 現在は平均
  • 国立53万円
  • 私立85万円です。


また、授業料以外に必要な入学金やその他費用なども上昇しており、 現在では初年度納付総額の平均国立82万円、私立130万円と高額になっております。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

制度手続きページ

 



制度の判断基準
給付条件など準備

・奨学金の判断基準は?

奨学金制度を受けるには、ただ単に経済的に進学や進級などが難しいという理由では奨学金の支給はされません。

 

奨学金を受けようとする本人の学力のレベルは勿論のこと。

世帯の収入など経済状況、対象となるその本人の人柄なども奨学金支給の判断基準となるのです。

 

また、各大学や進学校とも優秀な学生に入学して学業を学んで欲しいと思うのは当然です。

よって、学業能力に優れ勉強熱心な学生を対象とし希望しているのです。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



手続と支給後
給付制度条件など準備

・奨学金手続と支給を受けた後は?

奨学金の手続き申請を行う場合は通常在学している学校を通じて申請することが多いようです。

 

また、奨学金の全額免除や半額、その他、借入れの制度があり、それぞれの学校によって異なりますので、よく調べてから申請を行うようにしましょう。

 

また、奨学金申請を行う場合は本人が申請を行います。

  1. また、その時には連帯保証人が必要になる事を忘れてはいけません。
  2. 通常の場合は親が保証人となります。

必要な書類関係は、親の収入証明書、源泉徴収票、確定申告書など、学校が定めた書類を用意するようにしましょう。

 

・奨学金の種類は以下を参考にしてください。

  • 国の奨学金
    (日本学生支援機構)・・・・・・・・・貸与型
  • 地方自治体奨学金・・・・・・・・・・貸与型
  • 学校独自奨学金・・・・・貸与型・給付型
  • 民間団体奨学金・・・・・貸与型・給付型
  • 特定分野の奨学金・・・・返済免除あり
  • 新聞奨学金・・・・・・・・・返済免除あり

学校入学した後も、1年に1回は「適格認定奨学金継続願」を提出しなければいけません。

日々の生活態度や成績をチェックされ、場合によっては奨学金の認定を取り消されるケースもありますので注意が必要です。

 

また、奨学金制度の支給を受けた者は、通常の場合、学校卒業後の奨学金の返還義務はありません。

 

但し、奨学金の借入れ申請を行い支給された場合は、定められた返済期間内に返還することが義務付けられています。

  • 通常の返済は学校卒業後6ヶ月を経過してから支払い義務が発生します。
  • 返済は年払い一年に2回などその都度方法がありますので確認しましょう。

 

※最重要「奨学金の返済」

また返済する意向がありながらも、現状生活環境により、返済が難しくなってしまうケースもあります。

返済に困り、せっかく奨学金で入学した学校を辞める事になるケースや学業とはまったく関係が無い職種でバイトを行い本来の志を目指して頑張っていた自分とのギャップに苦しんでいる学生も多くいます。

その様な事態にならない為にも、必ず相談して下さい。

相談は、奨学金を申請した機関もしくは市町村などの無料相談へ。

また、良く分からない場合は手続きネットにメール相談しても構いませんよ。

 

上記の↑場合は、速やかに申し出を行い申告することで返済の猶予期間を設定して貰えますので覚えておきましょう。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

制度手続きページ
Topics Topics Topics
 

 進学を考えている学生が、将来なにをしたいかを発見し、それを実現するためのピッタリな学校探しをサポートする大手リクルートのサイトです。 資料請求してみてはいかがでしょうか。

 
  HP大学や専門学校へ準備最大手企業リクルート 参考ページへshingakunet.com  
Topics

人気サポート
Topics Topics Topics
 

給付制度条件など準備 給付制度条件など

 進学に伴い引越しを考えてる方に大手引越社の比較と見積り依頼がまとめて出来る参考サイトを教えますので、引越しの際には一度、見積依頼してみてはいかがでしょうか。

 
  HP給付条件など制度準備 引越し比較 参考ページへhikkoshihikaku.com  
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

貸与型の奨学金には返済時に利息のつく「有利子」と利息のつかない「無利子」のものがあります。また卒業後に返済した奨学金は、次の世代の後輩たちの奨学金として循環されていく仕組みになっています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT