TOP > 税金 > 供託の手続き

 
家賃問題や借金問題などに役にたつとは
家賃問題や借金問題などに役にたつとはの手続き
手続き 手続き
  供託とは、国の機関である「供託所」にお金などを預けることで、地代などを「支払ったこと」と同じ効果になる制度です。供託所とは、法務局、地方法務局とその支局、法務大臣が指定する出張所などになります。種類や手続き方法などをしっかり把握しておきましょう。
手続き 手続き
.
不動産業界において 必要なものとは?
手続き方法
 

.
不動産業界において

家賃問題や借金問題とは?

不動産業界においての『供託とは?』

 

 

一般の人が物件を購入をする時は不動産業者に相談をします。

不動産購入手続は非常に複雑でその業界で働いている人でなければわからないことが数多くあります。

 

  • まず、不動産業者が宅建免許を取得をして業として開業をしようとする時には必ず、営業保証金を供託しなければいけません。

この『供託とは?』についてですが、以下になります。

 

例えば

Aさんが業者Bより物件を購入をしたときに、建物を5000万円で買うことにし、1000万円の手付金を支払った場合、業者Bの不始末でAが物件引き渡し直前で焼失をしてしまった時に、Aは業者と契約を解除をして手付金1000万円を返金してもらうことができます。

  • しかしながら、何かの問題で、業者Bが手付金を返金できない状態になっていた時に、業者が開業をする時に供託をしている供託金が役に立ちます。

この場合、お客さんは供託所より還付金を受け取ることができます。

 

 

このように、不動産における『供託とは?』についてはお客さんを守るためのものになります。

 

この供託金には2種類あります。

  • 一つは営業保証金と呼ばれるものです。これは金銭や一定の有価証券でも大丈夫なものになります。
  • 次には保証協会の社員となりべ弁済業務保証金を供託するケースもあります。

 

このように、不動産業界では供託金を収めることで、お客様に対して損害を与えたときなどに、手付金等を補てんする役割として供託金制度があります。

 

そのため、このことは非常に大切であり、業者が開業をするプロセスの順番も保証金を供託して供託した旨を宅建の免許権者にきちんと届け出た後でなければ開業をすることができません。

 

さらに、本店以外に事務所を開業をした場合も供託金を納めなければならず、その旨を免許権者に届け出た後でなければ開業をすることができません。

 

  • もし、この順番をきちんと守らないで、そのまま営業をしていると、免許権者は任意ではありますが、違反業者の免許を取り消すことができます。

不動産で物件を購入することは一生の買い物であり、お客様に対して不測の事態を想定した備えが必要になります。

 

特に、金銭についてはトラブルとなり、不動産業者が倒産をして、手付金等を返還できないケースが出ないように、このような供託制度がきちんと確立をされています。

 

この制度があるため、たとえ業者が行方をくらましても、お客様は返還について請求をできる場所が確保をされています。

 

これが不動産業界における『供託とは?』についての説明になります。

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

家賃問題や借金問題手続きページ

 



家賃問題や借金問題に必要なものとは?

家賃問題や借金問題などに役にたつとはの手続き

供託に必要なものとは

 

  • 金銭あるいは有価証券等の管理を委ねる為に供託所へ提出する事
  • 及び管理を委ねられた供託所から任意の相手へ金銭あるいは有価証券等を取得させる事で法律的な目的を目指す制度です。

 

ちなみに法令の規定による義務付け又は供託が許容されている範囲においてのみ認められています。

そして、供託は保管や弁済あるいは担保や強制執行の為など機能によって種類が大別されている点が特徴的です。

 

基本的に供託に関する事務は国の機関が行っています。

  • 又、供託の種類によって供託所が異なる為、種類を考慮する事が望ましいです。

 

 

さて、供託に必要なものは資格証明書及び代理権限証書及び供託通知書及び郵券を付している封筒です。

 

  • 資格証明書に関しては供託者が登記されている場合においては代表者の資格を証明する書面です
  • (供託時において提示する事が必要です)

 

  • 又、供託者が登記されていない場合においては
  • 代表者の資格を証明する書面を添付する事が必要である為、供託書に代表者又は管理人に関する定めがある際には定款や代表者の資格を証明する書面の添付を行います。

作成後一定の期間内のみ有効です。

 

 

代理権限証書は代理人が供託者を代行する際に代理人としての権限を有している事を証明する書面です。

  • 主な種類には委任状戸籍謄抄本
  • (未成年が供託者の場合において親権者が供託を行う場合に必要です)
  • あるいは登記簿謄抄本(支配人が供託を行う際に必要です)や登記事項証明書などがあります。

代理権限証書も作成後一定の期間のみ有効です。

 

 

供託通知書及び郵券を付している封筒は、供託通史書(書式が定められています)と郵券を被供託者(人数分)へ提出します。

  1. 何故なら供託した事を被供託者へ通知する必要がある為です。
  2. 場合によっては供託通知書や封筒などは不要になり郵券のみの提出になる事もあります。

 

供託物の払い渡しに関しては還付請求あるいは取り戻し請求があります。

 

還付請求とは被供託者からの払い渡し請求の事である為、払い渡し請求によって供託関係が終了します。

取り戻し請求は供託後に供託原因が消滅した場合や供託が無効になった場合などの原因によって目的を達する事なく終了する事です。

 

  • 供託においては手続き終了までに若干時間を必要とする場合があります。
  • 又、年末や月末には混雑する事がある為に待機時間が生じる事があります。

 

事前に所定の供託所に問い合わせる事によって情報を得る事が出来ます。

 

・税金お金手続き目次へ行く

 
家賃問題や借金問題手続きページ

 



家賃問題や借金問題の手続き方法
家賃問題や借金問題などに役にたつとは

供託の手続き方法

 

供託の手続き方法について書きたいと思います。

供託と言っても私たちの普段の生活においては、あまり縁がないものかも知れません。

 

 

しかしこの供託のやり方を知っていると、特に家賃問題や借金問題などに役にたつかも知れません。

  • 供託とは簡単に言ってしまうと、支払わなければならないお金を相手が受け取らない場合などに、国が変わりに受け取ってくれる制度です。

 

供託にはいくつか種類がありますが、今回は私たちの生活に最も身近であろうと思う供託弁済について説明しようと思います。

 

供託弁済とは

お金を支払わなければいけないのにお金を受け取ってくれない場合や、支払うべき相手が行方不明でわからない場合や、支払うべき人が権利関係などで複数人現れて、誰に支払って良いかわからない場合などに、国にお金を供託して支払ったことを証明できる制度です。

その手続き方法は債務履行地にある法務局などの供託所で行うことができます。

 

 

供託所に持参するものは。

  • @供託金
  • A印鑑(シャチハタ不可)
  • B郵便切手C封筒
  • ※BとCは供託通知書を発送するために必要。以上の4点です。

供託所には供託をするための所定の用紙がありますので、供託書と供託通知書に必要事項を記入して供託金と共に提出します。

 

わからない箇所は供託所にいる局員に聞くと詳しく説明してくれますので心配いりません。これで手続きは終了です。

これで支払うべきお金を相手に支払った時と同じ効果を得ることができます。

 

また、支払うべき相手にも供託を受けた旨の通知が行きます。

このような効果を発揮する供託ですが、1つ注意するべき点があります。

 

 

供託は債権者に債務の提供をした後でなければ行うことができません。

 

  • わかりやすく説明すると、債権者(支払いを受ける人)に債務者(支払いをしなければいけない人)が、1度支払いをしに行って断られないと(若しくは支払うべき相手が不明でないと)できないということです。

 

しかし

  • 債権者があらかじめ支払いを拒否している場合や、債権者がお金を回収しにくる場合には、『お金を支払う準備ができているので取りに来て下さい』と、お金を支払う意思があることを伝えるだけで大丈夫です。
  • 上記の要件が揃わないと供託は行うことができませんので注意が必要です。

 

また現在では供託所に出向かなくともオンライン上でオンライン申請で行うこともできます。

 

オンライン申請では、できる供託とできない供託の種類がありますので注意が必要です。

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

家賃問題や借金問題手続きページ

 



1位口コミ
Topics Topics Topics
 

住友信託銀行とSBIホールディングスが出資して開業した銀行。
今のニーズにピッタリのネット専業銀行の住宅ローンです。貸し出し実績はトップであろう。
保証料、団信保険料、一部繰上げ返済手数料無料にした利便性の高さと、固定金利特約型の金利を大幅に優遇するサービスを展開する
(※その他にも、住宅ローンに8疾病保障を付帯することもできる魅力のローンに力を入れる。)

 だからこそ、手続きネットもお勧めする。低金利を実現しサービス満足度は数ある住宅ローンの中でも圧倒的に住信SBIネット銀行との評判は高い。
口座開設と住宅ローンの審査依頼が一緒にでき更にネットで完結できます。他の銀行各社の住宅ローン金利が上昇もする中、現在の所お得な住宅ローンと言える。

 
  HP家賃問題や借金問題などに役にたつとは 住信SBIネット銀行 参考ページへ行くhttp://www.netbk.co.jp/  
Topics

・新築マンションをお探しの方はコチラの【Yahoo!不動産】 家賃問題や借金問題などに役にたつとは
ココがPOINT
ココがPOINT

供託?と聞いてピンと来ない方も多いかと思いますが、生活していると供託が必要な場面が出てくることがあります。供託には様々な種類のものがあります、供託の中で最も一般的な弁済供託というものがあります。
例えば借家に住んでいて、ある日大家さんが家賃の値上げを要求。そんな無謀な値上げは許せないと、値上げする前の家賃を大家さんに払おうとしました。ところが大家さんはその額では家賃を受け取ってくれません。
そこで、大家さんの代わりに国に家賃のお支払いをすることが弁済供託です。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT