TOP > 税金 > 認印の作り方手続き > 税金お金の手続き目次へ

 
認印の作り方や登録の方法手続き
認印の登録の方法の作り方手続き
認印の作り方手続き 認印の作り方手続き
 

印鑑の中でも、良く耳にする認印とは何か?
認印の使用目的や使用方法はどこでどの様に使うの?。そもそも認印って何処に捺印するのに向いている印鑑なのなど。この機会に認印のことを把握してください。

作り方手続き 作り方手続き
.
   
 

.
作り方登録の方法って?
作り方や登録の方法

認印とはどんな判子なの?

 

認印とは。

よく思い出してください。

ココに判子かサインをくださいって言われますよね。続けて判子は認めで構いませんよと。

 

では、実際どのような時に言われているでしょうか?

例えば宅配便や郵便物など確かに受け取りましたと言う時に捺印していませんか。

そうです受領印ですね。

 

認印とは簡単なサイン代わりに押した印鑑(ハンコ)のことをいいます。

 

また、認印に使用される印鑑もリーズナブルな価格で買われた印鑑を使用する事が多くあり決して実印使用に使う印鑑ではありません。

 

判子の目的

本人の認証や確認の表示を目的としていますが、実際に同じものがいくつもあると意味を成さなくなります。

 

またシャチハタなどは大量生産によって造られているため、同じ姓であれば全く同じものが流通しています。

その意味では、三文判やシャチハタなどの大量生産印鑑は認印として適切ではないということになります。

 

 

認印の大きさ

  • 認印は丸い囲みの中に苗字が刻印されている
  • シンプルなものが多く、大きさも10mm程度と一般的に利用され小さめ
  • 苗字2〜3文字程度まで

 

 

印鑑の文字

  • 古印体の書体
  • 文字に安定感があり判読もしやすいことから適しています

 

 

<印鑑のワンポイント>


銀行印


金融機関へ口座開設時に届ける一般的に一番多く使用する印鑑のことを言います。
実際に認印と同じ使用をしている方が多いですが、使い分けましょう。

実印との併用は絶対にやめましょう。銀行印のページへ行く



実印は

実印は、印鑑登録する実際の「本人の印」印鑑証明として登録してある印鑑のことを言います。

身分を証明する時の必要な重要箇所に押す印鑑です。
用途は車購入時や不動産購入時または借用書などの手続きです。 実印の作り方ページへ行く

 

認印を持った後の注意

ただの本人確認用として作成した印鑑なので、悪用されると言うケースは少ないですが、やはり無くしたり他人が持ったりするのは気分が良くありません。

印鑑は専用の箱か保管場所を特定しておきましょう。

余計な用も無いのに持ち歩かない事。

持ち運びに適している判子は三文判やシャチハタです。

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

作り方手続きページ




1位口コミ
Topics Topics Topics
 

印鑑作り方 印鑑作り方印鑑が無ければ日本は生活出来ない!
何かと印鑑を利用する事が多い
そこでオススメなのがインターネットのハンコヤドットコムさんです。一つ一つ、彫りこんで作成してくれます。世界に一つのあなただけの印鑑をこの機会に作成してみてはいかがでしょうか?

 
  HP印鑑作り方 ハンコヤドットコム 参考ページへhankoya.com  
手続き最後

ココがPOINT
ココがPOINT

判子は日本では欠かせないものです。とくに認印は尚更です。例え認印と言えどしっかりとした、印鑑を作る事で大切に扱いたくなります。ですから、安易に三文判で済まさない適度な認め印鑑をつくるようにしましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT