TOP > 税金 >株式投資の方法 手続き

 
株式投資の方法
株式投資の仕方手続き
株式投資の方法と手続き 株式投資の方法と手続き
  インターネットの普及により株式投資(株の取引)が身近になった事もあり、現在専門家以外の一般サラリーマンや主婦、学生などの個人投資家が増えています。しかし、基本的な売買方法やそれに伴う手続き方法を知らなければ、知らない内に損をしていた
・・・なんて事もあり得るのです。これを機会に株式投資についてキチンと勉強しておきましょう。
株式投資の方法と手続き 株式投資の方法と手続き
.
株って? 株主になるとできること 株を買うには?
 
.

株って?
株式投資の方法

「株で儲けた」「株で大損した」

 

などという話をよく聞きますね。
でも、株ってなんだか知っていますか? なぜ儲かったり損したりするのでしょう?

株というのは、企業が運営資金を調達するために発行している証券です。

会社を大きくするためには資金が必要ですが、すべてを自己資金でまかなうわけにもいかず、銀行から借りられるお金も限られています。

ですから、その資金を集めるために、「自社が儲かったら、その分に上乗せしてお返ししますよ。

だから、これに投資してください」ということで、有価証券を発行するわけです。

株(株式)には株式市場に上場・公開されているものと、未公開のものがあります。

でも、一般投資家が株に投資するのは、通常は上場・公開されている株です。

「株が上がった」「株が下がった」というのもよく聞きますが、なぜ上がったり下がったりするかというと、それは企業の経営にあるのです。

その企業が利益を上げそうな風潮があると、配当が多くもらえると思って株の人気も上がり、株価は上昇します。

逆に、「この企業はダメかも」という雰囲気に包まれると、「大きな損をしないうちに売ってしまえ!」と思う人が増え、買う人が減るために、株が値下がりしてしまうのです。

政府が何かしたときに、株が上がったり下がったりすることがありますね。
これは、景気の上昇や下落によって、特定の企業だけでなく日本の経済全体が、活気づいたりしぼんだりすることが予測されるためです。

このように、株価は、単に企業の経営状態だけでなく、国際情勢や政治・経済などさまざまな要因で変わります。

株で利益を上げるには、売買によってその差額で利益を上げる「キャピタルゲイン」という方法と、株を持ち続けて配当をもらう「インカムゲイン」という方法の2通りがあります。

一般に、株式投資というとキャピタルゲインがメインですが、インカムゲインであっても、このゼロ金利が続く情勢では、預金の利息よりも配当のほうが期待できます。

 

・税金お金手続き目次へ行く

株式投資の方法と手続きページ

 



株主になるとできること
株式投資の方法

株主というのは、株を持っている人です。

 

たとえ少数でも株を持っていれば、株主総会のお知らせもありますし、株主優待を受けることもできます。

人気球団を持つ電鉄会社の株主優待は、そのグループのデパートでの商品購入が5%引きになるなどです。飲食店の割引券や、電車に乗るときの無料券なども配布されています。

株主は、株主優待を受けるだけではありません。

 

以下のようなこともできます。

  • 株主総会で、経営方針などに賛否の意思を表すことができる「議決権」
  • 企業が上げた利益を配当として受け取れる「利益配当請求権」
  • 倒産などのときに、出資額に応じて財産を分配してもらえる「残余財産分配請求権」

単に、自分の利益を上げるために株式投資をするのなら、「利益配当請求権」以外はあまり気にすることはありません。

株を持っているからといって、企業の経営に参加する義務はないのです。

ただ、権利ですから、もちろん使うことができます。だから、株主は本来、経営に対して物申すこともできるのです。

 

・税金お金手続き目次へ行く

株式投資の方法と手続きページ

 



株を買うには?

株式投資の方法

株を買うには?

「株式市場」という言葉をよく耳にしますね。だから、株を買うときは、株式市場に行こう!と思ったら、大きな間違い。

株式は、証券会社で購入します。

証券会社に自分の取引口座を作ったら、そこにお金を入れると、取引の準備ができます。

証券口座を作るのは、普通の銀行口座を開設するのとさほど変わりません。

印鑑と身分証明書を持って、証券会社に行きましょう。

入金するときは、銀行のATMや郵便局から自分の証券口座に振り込みます。
インターネットからの振込みに対応している証券会社もあります。

証券会社自体が店舗を持たず、インターネットのみで取引しているところも。
こういったところは、わざわざ出かけなくてはならないわずらわしさがないので、忙しい人やこっそり儲けたい人には最適かも。

さて、証券口座に入金したら、いよいよ投資する株を選びます。

どの企業の株が利益を生んでくれそうかこまめに情報収集をして、よく考えましょう。

自分が買いたい株が決まったら、証券会社の指定画面を見て注文を出します。

このとき、「成り行き注文」か「指値注文」かを選んで買います。

  • 「成り行き注文」というのは、価格ではなくタイミングで「今買います!」と株を買うこと。
  • 「指値注文」は、「○○円になったら買います!」と、値段を指定して株を買うことです。
  • 「成り行き注文」の場合、値段を指定することはできませんが、「指値注文」より優先的に買うことができます。

株は、1株100円未満のものもあれば、1万円以上するものもあります。

東証や大証の平均株価を見ると、数万円単位なのがわかりますね。

だからといって、「2万円の株1株ください!」と注文することはできません。

多くの株は、最低購入数(1000株からが多い)が決められているので、その値段の1000倍ほどは資金が必要なのです。

1株100円のものなら10万円、2万円のものなら2000万円は資金が必要になりますから、よく考えて買いましょう。

 

また、株に投資する資金は、預金のように元本保証はありません。

株の投資は自己責任ですので、自分で情報を収集して、利益の上がりそうな株を買いたいですね。

今や株を自動で売買、利益を確定するロボットソフトも開発されています。

益々、進化するネット株投資方法にも注目したいものですね。

 

・税金お金手続き目次へ行く

株式投資の方法と手続きページ

 



Topics Topics Topics
 

楽天グループのオンライン証券会社。手数料を更に下げ、業界最低水準にSBI証券と並び、オンライン証券会社で最も低い手数料体系を提供している。
楽天証券の魅力は、手数料の安さに加え、初心者はもちろん投資上級者からも高い評価を受けているツール「マーケットスピード」を利用できる所。マーケットスピードは、20種類を超える分析チャート機能を備え、気になる株価や売買情報のランキングはリアルタイムで更新、速報ニュースや日経テレコンも無料とその充実度はトップクラス。また、現物株はもちろん、投信や外国株・オプション取引、外貨MMF、FX等様々な商品を取り扱っており、利便性も高いので投資上級者からも支持率は非常に高い。
また、口座開設キャンペーンも充実。現在最もユーザーから支持されているオンライン証券会社の一つ。初心者に解りやすいサービスを提供していますので一度、参考にすると良いでしょう。

 
  HP 楽天証券 参考ページへ行く https://www.rakuten-sec.co.jp/  
手続きTopics

ココがPOINT
ココがPOINT

株の売買には、その日のうちに売り買いするデイトレードや、数日間で売り買いする短期、何年も持ち続ける長期など、さまざまな売買方法があります。デイトレードは、ローリスクローリターンなので、個人投資家でも手がけている人が多いでしょう。
ただし、その日のうちに同じ銘柄を「買→売」「売→買」はしてもかまいませんが、「売→買→売」「買→売→買」は、差金決済(*)とみなされてできませんので注意が必要です。

(*)差金決済とは、実際に自分のお金を動かさず、利益だけを受け取る取引をすること。先物取引では認められますが、 株式では認められていません。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT