TOP > 税金 > 割印手続き > 税金お金の手続き目次へ

 
印鑑の方法手続き
印鑑の手続き
手続き 手続き
 

割印とは?どの様な印鑑なのでしょうか。割印は比較的に押印する機会があるかと思いますが、どの様な効果と特徴があるかご存知ですか?割印の使い方を知って使うのと知らないで使うのとは使い方が変わりますので、この機会に割印のことを把握してください。

手続き 手続き
.
   

.
印鑑の使い方
印鑑の方法

割印のお役目とは。

 

 

割印とは。

 

割印は何も印鑑を半分に割ると言う事ではありません。

契約書や申請書など意外に重要性の高い書類関係に記入する機会は多くあります。

領収書やそれに使用する収入印紙などにも消印(割印)を押印します。

 

契約書の原本と副本の写しなど、両方の書類が元々一枚だった証として、また同じ契約書を2通作成した場合に、同じ契約書であることを示すために両方の契約書にまたがって(押印)割印します。

また契印と言うものがありますが、基本的な考えは割印と同じ考えだと言う事を覚えておきましょう。

 

 

割印を押す目的

例えば契約内容の改ざんや加筆や抜き取りを防ぐという目的もあります。

 

  • 領収書を発行するときに収入印紙に押すのは割印を押印します。

 

印紙を貼り、そこに売主の(印鑑)割印を押印します。印紙が何者によって発行されたかを明らかにする為にも用います。

 

割印は下記↓の様な重要書類を何枚か、またがって押印する事を言います。

印鑑作り方の方法


割印は、署名または記名、捺印に使用したのと同じ印で押印しても構いません。

 

・税金お金手続き目次へ行く

手続きページ



1位口コミ
Topics Topics Topics
 

印鑑 印鑑何かと印鑑を利用する事が多いこの日本です。そこでオススメなのがインターネットのパイオニアハンコヤドットコムさんで作る印鑑です。個人から法人まで幅広い各種印鑑を、一つ一つ、彫りこんで作成します。気合と気持ちがこもった世界に一つのあなただけの印鑑をこの機会に作成してみてはいかがでしょうか。

 
  HP印鑑 ハンコヤドットコム 参考ページへhankoya.com  
手続き最後

ココがPOINT
ココがPOINT

割印を押印する場面は多かれ少なかれ遭遇すると思います。そんな時に何故?割印するのかなど聞くにきけませんね。覚えておくと得ですよ。 重要書類は自分で確認し目で追ってから捺印する様にしましよう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT