TOP > 趣味・レジャー > ペット供養の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
動物の安らかな死に方の方法
動物の安らかな死に方の方法
動物の安らかな死に方の手続き 動物の安らかな死に方の手続き
  今まで共に暮らして来たペットが死んでしまった時の供養の方法。ペットの供養にはどの様な考え方や手順があるかなどペット供養の方法など教えますのでシッカリ把握しておきましょう。
動物の安らかな死に方の手続き 動物の安らかな死に方の手続き
.
動物の安らかな死に方と言う考えは? 動物の安らかな死に方の形
動物の安らかな死に方と命日は?
 
.


動物の安らかな死に方と言う考えは?

動物の安らかな死に方の方法 供養と言う考えは?

 

供養は心と気持ち

供養とは、お仏壇やお墓または寺院などで手を合わせること。

  1. 仏さまや故人、故ペットに供物や花を供え
  2. お経やお線香をあげ、手を合わせおまいりする

善行の功徳を積む

  • その善行(ぜんこう)(善い行い)の功徳(くどく)を積み
  • その功徳を回向(えこう)することで、自分を含むすべての幸せを祈るものです。

また

  1. 自分以外のものに対して、見返りを考えずにつくし
  2. 自分も他人も共に救われてゆくことを言います

 

お供え物

  • 物を供えるのは、心くばりを具体的に現す方法のひとつです。
  • 供養は供える物より、その行動をする人の心が重要とされるのです。

また

供養の形

  1. 品物だけでなく、為になる話をしたり
  2. 仏教的教えに基づいた行いをすることも供養です。

お経をあげるのは、為になる具体的行動です。

  • 行供養
  • 法供養
  • 敬供養などと言います。

 

お食事の供養

  • 参会した人への食事の提供
  • お寺に仏具などを奉納するのは
    1. 財供養
    2. または利供養といいます。

また

彩供養

  1. 供養の言葉には彩ると言う意味もあります
  2. 美しいものを供えることも供養です。
    • 花やきらびやかな物、瓔珞(ようらく)や幢幡(どうばん)など
    • その様な飾り物も供養品のひとつです。

十種供養

  1. お香
  2. 瓔珞
  3. 抹香
  4. 塗香ずこう
  5. 焼香
  6. 総蓋そうがい
  7. 幢幡
  8. 衣服
  9. 伎楽の十種類です。
    • これを十種供養といます。

伎楽は古代の舞踊劇

  • その昔の時代には洗練された芸術だったのです。
  • これも供養のひとつと伝えられています。

功徳とは

  • 善行の結果として与えられる仏さまの恵み
  • その他、御利益(ごりやく)のことであります。

回向とは

  • その功徳を自分の悟りのために
  • また他の人の利益のためにめぐらすことです。
    • また回向とは、仏さまの力によって、功徳を差し向けていただくことでもあります。

供養で大切な事

  • 供養は心です。
  • 思いやってあげること
  • その気持ちが一番大事なのです。

姿・形は、去れども、魂はあなたの心にいつまでも、思い出として、残り続けるのです。

 

供養する魂のレベル

  • 人間は魂のレベルは高次元にあると言われます。
    • しかし、ペット(動物)の魂は階層が人間より低いのだそうです。

つまり、人間は遺骨を保存してあっても魂で成仏できるそうなのです。

  • しかし、ペット(動物)は遺骨を自然に返してあげなければ魂が生まれ変われない。
    • つまり、成仏することが出来ないと言われています。

成仏出来なければ、可哀想ですね、不幽霊や迷い霊となってしまう可能性もあり得ます。

 

つまり、自然に返す埋葬する自然葬と言う形です。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物の安らかな死に方の手続きページ

 



動物の安らかな死に方の形

動物の安らかな死に方の方法ペット供養の形

 

ペット供養に定義はありません


一般的な流れで供養を考える人が大半

ペット葬儀業者の火葬の後、そのまま業者依頼すると言う方が圧倒的に多いのが事実です。

供養の形に定義が無いのであれば、業者に全てを任せる必要も本来ありませんね。

つまり

簡単に話せば、ペットを亡くした飼い主の満足度を上げるサービスを提供するのが業者なのです。

  • つまり、飼い主のやってあげた感を高めることを目的のサービスとしている。
  • 悪いい方をしてしまえば商売の一環した流れに持ち込むと言う事ですね。

つまり

  • 生前に何もしてあげられ無かったと言う罪悪感から、死んだ時くらいは!と飼い主の満足度に合わせ感情のまま突き進んでしまうのが一般的なのです。

果たしてペット供養

  • 飼い主の満足度に合わせて行っていることがペット供養になっているのでしょうか?

供養とは何か?

  • 本当の意味を考えて貰うこと
  • 愛したペットはどの様な性格だったのか考える
  • 愛したペットは喜んでいるのか?考える

 

供養の形は

  • ペット供養の形は、その子に合わすことが望ましい。

つまり、飼い主の後悔した満足度に合わせて行うのでは無く

  • 愛したペットが好きだったこと
  • 愛したペットがいつもしていたこと
  • 愛したペットが望んでいること

つまり

  • 極論で伝えれば、あなたの愛したペットは、いつも一緒にいたいのです。
  • 一時も、あなたと離れたくは無いのです。

 

ペットに合わせた供養が理想なのです。

魂は四九日までは、常にそばにいて共に生活を同じ様に続けていると言われています。

  1. つまり、四九日までにお祈りを目一杯してあげると良いのです。
  2. そして、四九日を過ぎると安心して天に召されていくのです。

 

  • 今まで家族の為に頑張ったペットに安らかに眠って貰いたい
    • 自然に安心して天に昇っていける様にしてあげたいですね。

 

人間とペットの魂の階層は違います。

  1. つまり、ペットの遺骨は自然に返してあげないと生まれ変われない。
  2. つまり、成仏の妨げになってしまうと言う事なのです。

安らかに成仏して、生まれ変わり、また会いに来て貰えることが理想ですね。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物の安らかな死に方の手続きページ

 



動物の安らかな死に方と命日は?

動物の安らかな死に方の方法ペット供養と命日は?

 

命日には何をする

命日に何をしたら良いか?迷う方が多くいます。

  • つまり、ペットの命日だから特別なことをした方が良いのではないか?
  • 故ペットに何かしてあげられることを探している。

そう思うのは当然の事ですね。

 

しかし、特別に何かをする必要はありません。

 

ペット供養の本髄

ペットにとって何が良いことか思い出してください。

大事な事や大切な事は、何かしてあげることや飼い主の満足がペット供養では無いのです。

ペットが嬉しいことはただ一つ。

  • あなたと一緒にいられること。

つまり

  • 供養は一緒に過ごして楽しかったことやハプニング可愛い仕草や態度やクセなどを思い出してあげてください。

供養の念は伝わる

  • 祈りや思いは波動としてペットに伝わります。
    1. ペットを思いやってあげる気持ちや感謝。
    2. そして褒めてあげることが大切です。
    3. そして、お花やお水を供えてあげてください。
    4. ペットの写真を家族で見てあげて思いで話をしたりしましょう。

また、ペットが安心できるように普段の生活と行いが常に供養に繋がっていると言う事を覚えておきましょう。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物の安らかな死に方の手続きページ

 



ココがPOINT
動物の安らかな死に方の

ペットの供養に大切な事は飼い主の心です。ペットが好きだったことやして貰いたいことが供養になるのです。飼い主の満足度は供養とは別物です
スポンサード リンク

動物の安らかな死に方の手続きポイント
動物の安らかな死に方の手続きポイント