TOP > 年金・保険 > 学資保険の手続き

 
成人まで教育費の学資加入の手続き
成人まで加入する教育費の学資加入の手続き
成人まで加入する教育費の学資加入の手続き 成人まで教育費の学資加入の手続き
  学資保険は中学進学や高校進学の際にまとまった祝い金が給付されたり、保険満了時には満期保険金が受け取れます。出費のかさむ時期に確実に受取る事が出来るのがメリットです。貯蓄は自身の意思がハッキリしていないと中々貯められるものではありません。貯める自信の無い方には良い保険と言えます。この機会に必要な手続きをきちんと理解しておきましょう
成人まで加入する教育費の学資加入の手続き 成人まで教育費の学資加入の手続き
.
成人まで加入する教育費の学資加入とは? 成人までにかかる教育費は学資加入する
 

成人まで教育費の学資加入
成人まで加入する教育費の学資加入とは?
成人まで教育費の学資加入の手続き

学資保険とは。

 

 

属に言う子供保険のことで

  • 簡単に説明すると、子供の教育資金や将来のために、ある一定額の保険料を支払い(積み立て)ます。

 

満期時

例えば子供の年齢(15歳、18歳など)満期の時に今まで積み立てた保険とプラス利息分として保険金が受け取れる事ができるのが学資保険です。

 

つまり

  • 積み立てたお金が全部で200万円になるとしたら、少なくとも200万円は祝い金や満期金として戻ってくるが、貯蓄性がある保険の特徴です。

 

※実際に支払った保険料よりも、満期保険金が少なくなる元本割れのケースもあり、結果としては損になってしまう商品もありますので注意が必要です。

 

また
  • 子供がある一定の年齢に達したときには

  • 祝い金として一定額の給付金を受ける事が出来る学資保険もあります。

保険の契約者が亡くなってしまった場合、それ以降の保険料が免除されるシステムとなっています。

保険契約者が亡くなった日から保険期間満了まで被保険者に給付金が支払われる育英年金や生命保険や入院保険と同じような保障を持った商品もあり、契約者や被保険者の万が一の場合を保障する内容の商品も多く有ります。

 

例えば

  1. 子供が生まれたらすぐに加入し、翌月に親が死亡したとします。
  2. 仮に1回しか掛け金を支払っていない場合でも商品によっては育英年金が貰える学資保険もあります。

 

このように、ほとんどお金を払わないで多額の保険金が受け取れる点が保障性のある保険の特徴です。

つまり

  • 学資保険は必ずしも子供の教育資金に備えるためではなく、子供に何か万が一の事があったときのために、大きな資金を確保するためのものもありますので、将来的にどこを充実させるかを考えると良いでしょう。

 

・年金保険手続き目次へ行く

成人まで加入する教育費の学資加入の手続きページ

 



成人までにかかる教育は学資加入する

成人まで加入する教育費の学資加入の手続き

成人までに必要な教育費

 

<学資保険加入を考える子供に必要な教育費>

 

実際に子供に掛かる教育費などを考えた事があるでしょうか?

 

子供の教育費の考え方は、最低このくらいかかると言う考え方では無く、このくらいは掛かるだろうという考え方が正しい。

 

  • つまり、想定した範囲より多く見積もっておく必要があると言う事です。

実際に文部省が査定した子供の教育費の額が概算されていますので参考にすると良いでしょう。

  公立幼稚園(年間平均) 私立幼稚園(年間平均)
授業料 約74,000円 約243,000円
その他幼稚園教育費(制服、教科、雑費等) 約58,000円 約125,000円
幼稚園給食費 約14,000円 約25,000円
園外活動費(塾、習い事等) 約120,000円 約144,000円
     
学習費合計 約251,000円 約538,000円

 

  公立小学校(年間平均) 私立小学校(年間平均)
授業料 0円 約396,000円
その他学校教育費 約56,000円 約383,000円
学校給食費 約40,000円 約30,000円
学校外活動費(塾、習い事等) 約236,000円 約562,000円
     
学習費合計 約334,000円 約1,373,000円

 

  公立中学校(年間平均) 私立中学校(年間平均)
授業料 0円 約410,000円
その他学校教育費 約133,000円 約546,000円
学校給食費 約36,000円 約7,000円
学校外活動費(塾、習い事等) 約302,000円 約304,000円
     
学習費合計 約471,000円 約1,269,000円

 

  公立高校(年間平均) 私立高校(年間平均)
授業料 約112,000円 約323,000円
その他学校教育費 約231,000円 約461,000円
学校給食費 なし なし
学校外活動費(塾、習い事等) 約176,000円 約259,000円
     
学習費合計 約520,000円 約1,045,000円

 

  国公立大学(4年間平均) 私立大学(4年間理文系平均)
入学費 約890,000円 約1,000,000円
在学費 約4,280,000円 約6,500,000円
     
学習費合計 約5,180,000円 約7,500,000円

※大学に進学入学した地方出身者の場合は家を離れ1人暮らしをしながら大学に通うと言う事になります。

その場合の生活費だけでも平均15万円ほど仕送りしていると言われています。

自宅通学者との差は大きくありますので、最大の出費ケースを考えておくと良いでしょう。


・年金保険手続き目次へ行く

成人まで加入する教育費の学資加入の手続きページ

 



Topics Topics Topics
 

成人まで教育費の学資加入 成人まで教育費の学資加入家計の学資保険加入や資産運用の知識が豊富な家計のプロあなたにとっての幸せな生活を送るための人生設計を多角的にアドバイスしてくれたらどうですか?そこで招介したいのが生命保険ドットコムです。商品に偏ることなく幅広い保険やライフプランを気軽に相談できるのは嬉しい所でしょう。保障の組み合わせプランなど、プロの視点を一度参考にしてみては。

 
  HP  生命保険ドットコムseimeihoken.com成人まで教育費の学資加入  
Topics

成人まで教育費の学資加入の手続き   
ココがPOINT
ココがPOINT

最近の金融業界の影響もあり学資保険でも貯蓄性が悪く、受け取る祝金や満期保険金の総額より、支払う総額のほうが多い「元本割れ」の商品も多くなりました。原因として、主に契約者の死亡保障分が料金に含まれているようになっている事が考えられます。学資保険のメリットとして 貯蓄性が高く、進学資金作りで利用価値があった保険ですが貯蓄性低下となると預貯金の積み立てなどを利用する方向性も考えておきましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT