TOP > 年金・保険 > 生命保険加入の見直し注意手続き

 
生命保険の加入見直しの注意法
加入見直しの注意法
加入見直し
加入見直し手続き 加入見直し手続き
  病院で支払う医療費の殆どは、私たちが納めている保険料からまかなわれています。ですが、保険に加入していないとこれら医療費を全額自己負担しなくてはいけません。退職や転職等で加入脱退がある場合等も考えられるので、それぞれのケースに合わせた必要な手続きをきちんと理解しておきましょう。
加入見直し手続き 加入見直し手続き
.
生命保険の3つの比較 生命保険の見直しは  
生命保険に加入するとき    
 

加入見直し
生命保険の3つの保険を比較

加入の見直しの方法 生命保険を比較する

生命保険

  1. 大きく分けて「定期保険」
  2. 終身保険
  3. 「養老保険」の3種類の保険があります。

 

生命保険はいろいろな種類があるように思いますが、実はどの会社のどの商品でも、基礎になる保険はこの3種類に分類されています。

 

特色を出しているのは、生命保険のオプションである「 特約」の部分です。

さて、生命保険の3つの保険を比較してみましょう。

 

生命保険は

  • 特約がプラスされたり、組み合わされたりして、それぞれの商品の特色を出しています。

 

例えば、「定期付終身保険」というのは、終身保険をベースに、定期保険を付属させたものです。

  • 子どもが独立するくらいの年齢までは大きな保障、それ以後は生涯小さな保障が受けられます。

ここ数年で人気の高まった「生存給付金付定期保険」は、「定期保険+積み立て」と考えるといいでしょう。

その分、保険料が高めに設定されています。

また

「3大疾病特約」は

  • 終身保険や定期保険によくついている医療特約です。
  • 医療特約には、それだけで独立した保険となっている(死亡保険金のない)「 医療保険」も多くなってきています。

 

・年金保険手続き目次へ行く

 

加入見直し手続きページ

 



生命保険の見直しはライフプランチェックから

加入の見直しの方法 ライフプランのチェック

 

生命保険に加入したり見直しをしたりするときって、どんなときでしょうか? 

意外と多いのが、外交員に勧められるまま「入っておいたほうがいいかな?」くらいの気持ちでの加入するケースです。

また

生命保険見直しをする場合は、結婚子どもが生まれたことなどのライフスタイルの変化を機に、保障が本当に充分なのかと考えて見直しをする人もあれば、「今はいろいろ新しい商品が出ているから、少しでも保険料を節約したい」という気持ちで生命保険の見直しをする人もいます。

 

  • ただ、その前に考えなければいけないのは生命保険に加入する目的です。

 

生命保険は、それぞれの家庭のライフプランに見合った保障が受けられるように加入するのが基本です。

 

  1. 自分が亡くなったときに残された家族に財産を残すのが目的なら死亡保障を厚くする必要がありますし
  2. 入院や通院の際の生活や医療費の保障を重んじるなら、医療保障が充実した生命保険がいいでしょう。

貯蓄とともに多少の保障も受けたいと思うなら、養老保険などの貯蓄性の高いものを選びます

また、年齢や家族構成によっても、必要な保障は変わってきます。

 

例えば、まだまだ教育費のかかる子供を持つ家庭は、保障を手厚くしておいたほうが万が一の備えになります。

  • 子どもがすでに成人し財産ができている場合は、保障を小さくして保険料を節約し、日常の生活を楽しむのも良いでしょう 。

生命保険への新規加入や見直しをする前に、一度自分自身や家族のライフプランを考えてみましょう

自分が何歳のころに子どもが進学就職するか、自宅や車はいつ購入するのか、定年退職の時期などを、年表形式で書き出してみると、いつ、どのくらいのお金が必要になるかが見えてきます。

 

自分に万一のことがあっても、そのライフイベントをクリアできるだけの金額が、あなたに必要な生命保険の保障額となります。

もちろん、すべてが計画通りに行くわけではありませんから、ライフプランの年表も1〜2年ごとに見直しをするほうがいいでしょう。

そして、保障が少なすぎる、または多すぎると思うときには、生命保険の見直しを行うと良いでしょう

保険で受けられるサービス

イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”
情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施、コスト削減を現実のものにする。

読売ウィークリー掲載のマンガで分かる保険説明  『保険マンモス』 参考サイトへ加入の見直しの方法

 

・年金保険手続き目次へ行く

加入の見直しの方法

 



加入見直しするときに注意したい事

加入の見直しの方法 生命保険に加入する注意

 

生命保険加入するというのは、この先何十年も毎月支払いを続ける大きな買い物です。

本当に自分に合った保険かどうか、同じ会社のほかの商品や他社の商品とよく比較してから契約することが大切です。

生命保険は次々と新しい付加価値のある商品が発売されています。

 

保障が厚くなっても保険料はかわらない場合もありますので、情報を集めて検討するのもいいでしょう。

ただし、生命保険の見直しを行なった場合、現在の年齢で保険料が算出されることになります。

  • 若いころにかけていた生命保険なら、月々の支払いも安く済みますが、年齢が上がるにつれて保険料は高くなります。
  • 保険料が変わらない、あるいは安くなっている分、保障内容が下がっていることもありますので、注意が必要です。

 

例えば、「入院1日に対する保障額は同じでも、期間が短くなる」「解約したときの払戻金が少なくなっている」などの場合があります。

  • 生命保険に加入する際は、契約や特約の内容をよく注意して検討しましょう。

 

また、定期保険や定期付終身保険に加入する際は、更新があります。

  • 最初は保険料を抑えていても、更新時にグーンと上がる場合もありますので、注意が必要です。

 

生命保険に加入する際は、外交員の話を信用しがちですが、中には、成績を上げるために強引な勧誘をしたり、商品知識が乏しかったり、100%信用できない外交員がいるのも事実です。

生命保険に加入するときは、外交員の言葉を鵜呑みにするのではなく、保険証券や約款をよく読んで確認しましょう。

  • 生命保険といっても、家庭の主婦の場合は、死亡保障よりも医療保障を手厚くしたいもの。

 

特に、女性特有の疾病に手厚い保険が嬉しいですね。

  • 女性のための終身医療保険、入院給付金日額5000円の医療保険に加えて女性特有の疾病には倍額保証。
  • おまけに、健康ボーナス一生涯受け取れるもの。
  • 万一、配偶者に先立たれたときや三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)にかかったときには、その後の保険料の支払いが免除されるという特約つきなど! 

 

このような手厚い保障で、保険料はすこぶるお得な女性に嬉しい保険を探すと良いでしょう。

女性限定 子宮筋腫など女性特有の病気を重点保障する保険がお勧めですね。

 

・年金保険手続き目次へ行く

加入の見直しの方法手続きページ

 


1位加入の見直しの方法
Topics Topics Topics
 

加入の見直しの方法 加入の見直しの方法生命保険加入や資産運用の知識が豊富なプロが幸せな生活を送るため人生設計をアドバイス?手続きネットが招介したいのが生命保険ドットコムです。幅広い保険やライフプランを提案し保障が足りないまたは多すぎるなどの問題点を気軽に相談できる。保障の組み合わせプランなど、プロの視点を一度参考にしてみては。

 
  HP  生命保険ドットコム www.seimeihoken.com加入の見直しの方法  
Topics

ココがPOINT
加入の見直しの方法手続きポイント

持病がある場合でも、生命保険に加入できることもあります。「部位不担保特約」「特別条件付契約」などです。また、最近では、「無選択型保険」といって、持病があったり、高齢であっても加入できる保険が登場してきました。
生命保険の外交員の中には、契約をとりたいために「告知義務違反」を勧めてくる人がいますが、万一のときに保険料が支払われないばかりか、それまでかけた保険料も戻ってきませんので、正直に告知し、上記のような生命保険に加入するほうがいいでしょう。
スポンサード リンク

加入の見直しの方法手続きポイント
加入の見直しの方法手続きポイント