TOP > 仕事 > 人材派遣登録の手続き > 仕事の手続き目次へ

 
会社の選び方人材登録の手続き
人材登録の手続き会社の選び方
人材登録の手続き 人材登録の手続き
  就職活動をすると言っても、期間や時間、給料や福利厚生など条件が増えればなかなか難しいものです。そんな中、自分の条件を満たす仕事を選択できる働き方として注目されているのが、派遣のお仕事です。
就職・転職の一つの形として派遣社員という働き方を知っておきましょう。
人材登録の手続き 人材登録の手続き
.
人材登録の手続きの仕事って? 人材登録の手続き会社の選び方
登録の手続き後のスケジュール  
 

.
人材登録の手続きの仕事って?
会社の選び方人材登録の手続き

人材派遣とは。

 

 

就職活動をする際、自分がどのような形態で仕事をするのか・・・恐らくほとんどの人がまずそれを考え、活動するかと思います。

  • 週5日フルに働きたい人もいれば、扶養枠内で働きたい人もいる。
  • 期間限定が希望の人もいれば、副業として休日のみ働きたいという人もいるかもしれません。

 

長期で週5日、となればそれなりに仕事数もありますが、働く期間や時間、曜日などが限定されてしまったりすると、中々就職活動も難しいですよね?

 

そんな中、自分の時間的・期間的都合に合わせて仕事を探すのに、アルバイトと並んで近年の主流となったのが「人材派遣」という雇用スタイルです。

  • え?派遣とアルバイトって一緒じゃないの?と思っている人もいるかもしれません。

 

  • しかし、派遣とアルバイトは全く違うものです
  • 派遣は「派遣元」を通して「派遣先」の企業に「派遣」され、働く人を指します。

 

アルバイトでも一部は「請負」というスタイルをとっている所もありますが、長期で継続的に「請負」をして同じスタッフを派遣し、雇用保険や福利厚生面などもサポートしてくれるというのは少ないと思います。

  • そして、人材派遣は18歳以上でないと登録する事ができません。

その点が、アルバイトとは大きく違う点かもしれませんね。
社会人としても自覚や責任があり、そして何より経験豊富。

 

それまでのスキルを生かすことが出来る人材を探す企業にとっても、派遣は心強い存在なわけです。

  • 派遣で仕事をする場合は、働きたい人がまず、人材会社に登録します。
  • そして、その会社から一般企業へと「派遣」されるのが一般的です。

 

基本的に派遣と言うのは

  • 「その職業の経験者」として企業に紹介され雇用されるのが普通です。
  • 現在では「新卒派遣」といわれるいわゆる大学卒業したての人を未経験の状態で採用し人材を育てる派遣スタイルだったり。
  • 「紹介予定派遣」といわれる一定期間派遣社員として働いています。
    • また、双方折り合えば
    • そのままその会社に直接雇用(正社員・契約社員等)されると言うスタイルもあります。

派遣という雇用スタイルが広がり始めた頃は、時間や期間を選べるから派遣社員になる、という考え方で選ぶ人が大半でした。

 

 

しかし

  1. 現在では正社員や契約社員等直接雇用され
  2. 働くためにまず、派遣社員としてその会社に勤務し雰囲気や仕事内容を把握・検討する・・・という考えから選ぶ人も少なくありません。

また、人材派遣を活用し新たな就活転職を積極的に行うようにしましょう。

 

派遣という雇用スタイルを知らないと!

  • 派遣登録をするのが面倒で割りと倦厭(ケンエン)しがちですが
  • 長く勤める会社を見極め安定した雇用を目指すには
  • とても賢く、そして有効的な手段の一つでもあるわけです。

では

この派遣にはどのような仕事があるのでしょうか?

  • 人材派遣の仕事をするのにおいて、まずは知っておかなくてはいけないのが「労働者派遣法」です。

近年この派遣法は改正されていますので、常に最新のものをチェックした方がよいでしょう。

<厚生労働省労働者派遣法について>
http://www.mhlw.go.jp/

そして、実際にどのような職種が派遣で存在しているか、派遣における専門性の高い26職種は以下の表で確認してみてください。

人材登録の手続きにおける専門性の高い26種

 

また、職種や内容と同時に気になるのが、社会保険等の福利厚生面だと思います。

人材派遣社員は、派遣先ではなく派遣元・・・つまり人材派遣会社と契約し仕事をしているわけですので、社会保険も人材派遣会社が用意した保険に入る事になります。

 

  • この場合、勿論自動的に厚生年金等も引かれますので手続きは全て、派遣会社で行います。
  • 年末調整確定申告も、申請すれば行ってくれます。

また有給休暇なども計算され発生しますので、勤務する事になった場合は、自分の勤務年月数における取得状況など、最初に確認しておくと良いでしょう。

 

・仕事手続き目次へ行く

人材登録の手続きページ

 



人材登録の手続き会社の選び方

人材登録の手続き会社の選び方

登録の方法

 

では、一体人材派遣登録をするにはどうしたらよいのでしょうか?

 

ここでは一般的な人材派遣登録方法を説明いたします。

  • 派遣社員として様々な企業に派遣されるには
  • まず人材派遣会社に登録しなければなりません。

ただ人材派遣会社といっても、現在では数え切れないほど設立されています。

 

人材派遣会社によっては一部の専門職を取り扱っている会社や企業直属の人材派遣会社などもありますので、希望する職種がある人はまず、調べてみると良いでしょう。

<人材派遣会社選びの参考サイト>
アデコhttp://haken.adecco.co.jp/人材登録の手続きアデコ短期の仕事
人材登録の手続き時に必要な書類と好ましい服装

ここで注意です。

電話予約をする時点から、あなたの「人材派遣登録」は始まっていますし、派遣登録時に必要な書類と好ましい服装を紹介しますので参考にすると良いでしょう。

 

例え仕事を探していて焦っていたり、体調が芳しくなくイライラしていたとしても、言葉遣いや話し方には十分に注意しましょう。

電話と言うのは相手の顔が見えませんので、ちょっとしたことで相手に悪印象を与えてしまいます。

 

例えあなた側に何か事情があったとしても、電話の向こう側の相手にとってそれは、全く関係のないことなのです。

せっかく素晴らしい職業スキルや資格をたくさん持っていても、電話の印象が悪ければマイナスイメージを与えてしまいます。

 

人材派遣登録は、職業スキルや経験も勿論大切ですが、ヒューマンスキルも非常に重視します。

 

その点は十分に注意しましょう。

 

来社をしたら、履歴書職務経歴書を提出しスキルチェックを行います。

 

このスキルチェックは、「××点以上取れなければ仕事を紹介しない」というものではなく、あくまでも一般常識を測るためのチェックになります。

 

  • 人材派遣会社から自信を持ってあなたを派遣するのです、社会生活をする上で最低限の知識は身につけている人物でないと困ります。

それをチェックするための簡単なものですので、事前に参考書を読んで勉強をしていかなければ!というわけではありません。安心してくださいね。

OA(パソコン)を使う仕事希望の人は、オフィスソフトのチェックも行います。

 

その他、例えば英語を使った仕事希望の人には翻訳、web系の仕事を希望の人には制作した作品の提出・・・等特別なチェックをし、自己申告だけではなく客観的に、あなたにどのくらいの職業スキルがあるかをチェックします。

 

  • スキルチェックが終わったら、今度はいわゆる「コーディネーター」と呼ばれる人と話をします。

コーディネーターは、その名の通り、あなたとあなたに合う仕事を「コーディネート」する人です。

 

今までの職務経歴や、話した感じの印象、そして仕事に対する姿勢・・・などを話しながらチェックをし、あなたにあった仕事があれば紹介をしてくれます。

 

ぴったりとマッチした仕事があればその場で紹介してくれることもありますし、後日仕事が入った時点で連絡をくれることもあります。登録する際の連絡先は、いつでも連絡が取れる電話にしておくと良いでしょう。

 

コーディネーターとの話が終われば、人材派遣の登録自体は終了です。

 

・仕事手続き目次へ行く

人材登録の手続きページ

 


Topics Topics Topics
 

人材登録の手続き会社の選び方日本のリゾート地や海外旅行と同時に現地で働ける仕事があるのはご存知ですか。
長期リゾート地に滞在を希望であれば、現地で働いてしまえば一石二鳥です。

そこで、手続きネットがお勧めしたいのが、リゾート地での仕事探し専門の「リゾバ」です。リゾバの対応地は日本はもちろん世界まで広がっています。あなたが求めている事とマッチングできれば言う事無し。思い当たる所があれば一度、探してみてはいかがでしょうか。

 
  HP リゾバ.com 参考ページへ行く  http://airticket.yazikita.com/ 人材登録の手続き会社の選び方  
Topics

人材登録の手続き会社の選び方

人材登録の手続き会社の選び方

派遣後のスケジュール

 

人材派遣登録後仕事を紹介された場合。

 

紹介された仕事にあなたも興味を持った場合は、今度はコーディネーターではなくその企業を担当している営業が、あなたの職業スキルや人柄を企業に紹介します。

 

  • 先方の求めていたスキルや人材であればその後、直接企業に出向いて「打ち合わせ」をし、双方折り合えば採用。

いよいよ人材派遣スタッフとして先方企業に勤務する事になります。

  • 派遣されるということは、あなたはその人材派遣会社の代表として先方企業で働くわけです。


仕事の取り組み方によって 先方の評価も変わりますので、一生懸命働きましょう!

退職する場合は、先方企業に話をする前にまず、担当営業に相談をしましょう。

社会人のマナーとして、契約終了の1ヵ月前もしくは一つ前の契約更新時に次の契約更新の意志の有無を伝えるのが妥当です。

仕事の紹介が全くない

  • 人材派遣登録したものの、仕事の紹介が全くないという場合は、頃合を見て人材派遣会社に仕事の問い合わせの電話をかけてみても良いかもしれません。

 

人材派遣会社に登録したデータはきちんと管理されていますので、登録後に入ってきた仕事と再度あなたのデータを合わせて紹介してくれるかもしれません。

 

人材派遣登録をしたからといって、必ず仕事を紹介してもらえるわけではありません。

 

これはあなたがうんぬんではなく、先方企業の求めるスキルと、登録されている人材のスキルが合わない場合は紹介する事ができないのです。

 

  • 人材派遣会社によって派遣先企業もそれぞれ異なりますので、1社に限らず色々な人材派遣会社に登録してみるのも良いと思います。

勿論、複数の人材派遣会社に登録しているからといってそれが仕事紹介のネックになる事はありませんのでご安心ください!

 

 

  • 最後に、派遣されていて何か困った事・要望などがある場合は、先方企業に話す前にまず、あなたの担当の人材派遣会社営業に相談するようにしましょう。
  1. 特に時給交渉などは先方企業に直接交渉しないようにしましょう。
  2. 営業に相談しづらいということであれば、登録時に話をしたコーディネーターに話をしてみるのも良いでしょう。

 

 

派遣会社は、スタッフを派遣したら仕事が終わりと言うわけではありません。

 

派遣スタッフが気持ちよく仕事に従事できるよう環境を作っていくのも、人材派遣会社の大切な仕事なのです。

 

お互い気持ちよく仕事をするためにも、困った時には一人で抱えずに、人材派遣会社に相談するようにしましょう!

 

・仕事手続き目次へ行く

人材登録の手続きページ

 



1位人材登録の手続き
Topics Topics Topics
 

就職難の時代、窓口は幅広くしておく事がベスト。

そこで就職活動と言ったら手続きネットがオススメする最大手リクルートのリクナビです。特徴として無料会員登録すると約8,000社の企業の採用情報にアクセスできるほか、匿名の履歴書登録でスカウトを待つ事もできスケジュール管理や説明会・イベント予約等も簡単にできる所。また最近の就職状況では、中小のみならず大手企業でも新卒採用の応募も人材登録の手続き会社の選び方リクナビからというところが増えてきている。 この機会に会員登録してみてはいかがでしょうか。

 
  HP リクナビNEXT 参考ページへ行く next.rikunabi.com/人材登録の手続き  
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

人材派遣会社によっては、派遣登録スタッフ向けに「社会人マナー講座」や「OAトレーニング講座」など設けている所もあります。派遣先で使うスキルの修得や復習などに上手に利用しましょう。就業中の場合は無料で受講できる場合もありますよ!就業していなくても一般にパソコンスクールなどに通うよりも全く安い金額で受講する事が可能です。
人材派遣会社を選ぶ際には、このようなアフターフォローがある、ないも基準に入れると良いかもしれませんね!
詳しくは各人材派遣会社のホームページなどを参考にすると良いでしょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT