TOP > 仕事 > 面接のマナー手続き > 仕事の手続き目次へ

 
希望の会社から内定をもらう面接マナー手続き
希望の会社から内定をもらう面接マナー手続き
希望の会社から内定をもらうマナー手続き 希望の会社から内定をもらう面接マナー手続き
  知らないと危ない「面接」のマナー。えっそんな常識があったの?今や面接は常識とやる気を見られる流れとなり逆に言えば常識をわきまえていなければ受からないと言う事にもなります。知らないでは済まされない後で後悔しない為にもココでシッカリ勉強をして身に付けましょう
希望の会社から内定をもらうマナー手続き 希望の会社から内定をもらう面接マナー手続き
希望の会社から内定をもらう面接マナー手続き
面接に挑むマナー 出来ない挨拶の面接マナーと常識
面接に受かるマナーの注目点  
 

面接に挑むマナー
希望の会社から内定をもらうマナー手続き

面接に挑むマナー。


面接官があれ?と思う様な予想外な服装などはNGです。

 

女性の面接身だしなみの場合

  1. 髪型・・・・・・・基本的に黒色で清潔感がある感じが好まれる(長い場合はまとめるなど)
  2. ワイシャツ・・基本的に白シャツ(開襟シャツでも可)
  3. 制服・・・・・・・基本的に黒色もしくはグレー(スーツ系の物で、その時の流行でも良い)
  4. カバン・・・・・基本的に黒色または茶色(その時の流行に合わせても良い)
  5. 靴・・・・・・・・黒色(その時の流行でも良い)

 

男性の面接身だしなみの場合

  1. 髪型・・・・・・・基本的に黒色で清潔感がある短髪(長髪はNG)
  2. ワイシャツ・・基本的に白Yシャツ(袖から1センチ程度シャツが出る物)
  3. ネクタイ・・・・基本的に青系が好まれるが(個性があれば奇抜で無ければ何色でも良い)
  4. 制服・・・・・・・基本的に黒色もしくはグレー(スーツ系の物で、その時の流行でも良い)
  5. カバン・・・・・基本的に黒色または茶色(その時の流行に合わせても良い)
  6. 靴下・・・・・・スーツに合わす(黒か紺色)
  7. 靴・・・・・・・・黒色(その時の流行でも良い)

 

 

○忘れるな面接持ち物!

  1. 履歴書・エントリーシート
  2. 会社のパンフレットやホームページ資料
  3. 筆記用具
  4. 印鑑
  5. 手帳やメモ用紙
  6. ハンカチやティシュ
  7. 手鏡やブラシ
  8. 腕時計
  9. 折りたたみ傘
  10. 現金
  11. その他(女性は体調に合わせ用意する物は忘れずに。ストッキングなども)

 

 

・仕事手続き目次へ行く

希望の会社から内定をもらうマナー手続きページ

 



出来ない挨拶の面接マナーと常識
希望の会社から内定をもらうマナー手続き

出来ない挨拶のマナーと常識

 

基本的に脚は揃え真っすぐに正面を見て立つのが基本です。

 

○面接の挨拶の基本動作

  1. 両足を揃えて真っすぐに姿勢を良く正面を見る
  2. 背筋は真っすぐに絶対に猫背にならない様に腰だけを45度に折り曲げる
  3. 45度で姿勢を止め、約1〜2秒数える
  4. 2秒の時にゆっくりと上体を起こす

 

○入室する時の面接マナー

※挨拶の言葉の基本は、語尾は絶対に伸ばしてはいけません。

  1. 最近では、おじゃましまーーーす。や
  2. 失礼しまーーーす。など
  3. 極端に語尾を伸ばしますが普通の社会人には通用しませんので要注意です。

 

  1. ノック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ドアを2回軽くノックする。担当官から「どうぞ。お入り下さい」の声が聞こえたら、ドアを開ける。もし応答がない場合は再度ノックする。その後「失礼致します」と言った後にドアを開ける。
  2.  

  3. ドアを開けたら・・・・・・・・・・・・・・面接官の目を見た後、再度「失礼いたします」と大き目な声で挨拶する(3人面接官がいる場合は、真ん中の面接官の目を見る)
  4.  

  5. 入室してドアを開ける時・・・・・・ドアは片手で開ける。(身体が正面に自然に向くように、右開きのドアなら右手で、左開きのドアならば左でドアを開ける)
  6.  

  7. 入室してドアを閉める時・・・・・・なるべく面接官の方に、お尻を向けず臨機応変に斜め立ちでドアを閉める。 閉める音が鳴らないように注意する
  8.  

  9. 面接官に挨拶・・・・・・・・・・・・・・・面接官の正面に向き一礼し挨拶「よろしくお願いいたします」
  10.  

  11. 椅子の左横側まで移動・・・・・・・この時は面接官の事はきにせず姿勢の良く歩く。(背筋は真っすぐに猫背注意)イスの横側に立ったら姿勢を正し 男性は手を身体に付け真っすぐ下に、女性は身体の前で両手を重ねますが組まない様に
  12.  

  13. 椅子の横に立ったまま挨拶・・・・・「どうぞお名前をお願いします」と言われたら、 聞かれた面接官に向かって「○○の○○と申します。本日はよろしくお願い致します。」と言い一礼する。(必ず話し終わってから一礼)
  14. 「どうぞ、お掛け下さい」の後に「失礼いたします」と言い再度軽く一礼し着席する

     

  15. 着席します・・・・・・・・・・・・・・・・・・・深く腰かけず(目安はイスに半分程度に腰をかける)男性の手の位置は、軽く握りひざの上に置く。女性の手の位置は、重ねてひざの中央に置く

 

 

○退室する時の面接マナー

 

  1. 座ったままでお礼と一礼・・・面接官「これで面接を終わります」の面接終了の合図の後、座ったまま「本日は、お時間を頂きまして有難う御座いました」などのお礼を伝える
  2.  

  3. 椅子の横側に立ち一礼・・・横に立ち「失礼いたします」と言った後一礼する。一礼後、ドア付近まで歩く背筋は真っすぐに
  4.  

  5. ドアの前で向き直り挨拶・・・面接官の方に向き直り「失礼いたします」と挨拶後に一礼する

    一礼の後、ドアを開け室外に出る。 ドアを閉める前にもう一度、面接官の顔を見る。最後のドアを閉める音が鳴らないように注意する

 

マナーは面接だけに関わらず、普段の生活の中でも身近なものです。

例えば、目上の人に挨拶や電話をする時、お願い事をする時には、自分の立場をわきまえた態度で話をしまた、学生であれば、人の話をしっかりと聞くのは当然のマナーです。

  • 普段の行動や態度が企業訪問に役に立ちます。

また、企業説明会の参加には予約が必要な場合がありますが予約をするその時の話し方で聞き手がどういう印象を持つかを考えながら会話をする。

  • また、説明会に参加した時点で見られている事を意識せよ。

説明会の参加態度などで会社は、その人を採用不採用を決定する場合もあります。

  • しかし、説明会で聞きたいことを質問したり、話を理解する姿勢を示していれば好印象に繋がります。
  • 面接官に質問して好印象のアピールをしたい方は面接質問で好印象の手続き←を参考にしてください。

 

マナーに不安がある人は、普段の行動から正し素直な気持ちで見直すことです。


面接における一連のマナーは社会人の常識です。

  1. 最低限のマナーが出来ている事が求められるのが普通です。
  2. この様な常識をシッカリと面接官は見ているのです。

 

就活エントリーシート見本

希望の会社から内定をもらう面接マナー手続き
希望の会社から内定をもらうマナー手続き職務経歴書

解りやすく職務経歴書のテンプレート見本サンプルを用意しておりますので参考に解りやすく、まとめ書いてください。

 

・仕事手続き目次へ行く

 

 

面接に受かるマナーの注目点。
希望の会社から内定をもらうマナー手続き

面接に受かるマナーの注目点。

 

 

○常識的なマナーは確実に抑えておこう。

  • 言葉の大切さ(声のトーン)など
    • あいさつは基本中の基本。挨拶=コミュニケーションです。相手に伝わり難い認識されていない聞こえていないのであれば意味はありません「挨拶も出来ない」と思われて当然。
    • 最初の一声はとくに大事ですので普段よりも大きな声でハッキリと、面接官の目を見て笑顔を忘れずに明るさを心掛けること
  • 清潔である事
    • 見た目の印象で80%も判断される。
    • これは内定に大きく左右する。面接ではとくに見た印象から、普段の私生活まで推測されます。
    • 髪の毛から靴の先までが判断材料に。基本は清潔感があり身だしなみに気を使えるかなどです。
    • 奇抜なものは避け自分に合ったコーディネートが望ましい。
  • 話す時は目を見る
    • 表情が怖い固い険しい、声のトーンが一定では無く、目線があちこちに向くなど上がってしまう状態です。
    • 緊張するのは当たり前ですが挙動不審はダメです。
    • 緊張するのは仕方ありませんが落ち着くことで印象も良くなります。
    • 面接はその様な緊張状態を観察される場所でもあるので、受け答えはシッカリ面接官の目を見て笑顔で話しましょう。
  • 会話がしどろもどろ
    • 面接は一方的に話をまとめて伝えれば良い訳ではありません。
    • いくら素晴らしく力説しても面接官の質疑応答に反応し会話が出来ないとダメです。
    • コミュニケーション能力に不満と思われるのは致命傷です。
    • 仕事は会話の上に成り立っているからです。面接官の話に耳を傾け質問に対して簡潔に、要点をまとめ言葉で説明します。
    • 出来れば面接官と会話のキャッチボールが出来るのが理想です。
    • また、話す言葉は標準語で早口にならず少しトーンを上げて話ます。

 

○まとめ要点

企業や会社の就職採用担当者はどこに着目しているのか!

  1. 応募者の印象で重要視する所は、ズバリ態度や仕草に加え話し方が重要だと答えます。
  2. 次に表情と挨拶は不自然では無いか、身だしなみは常識並みか、一般のマナーは出来ているのか。

会社採用者によると、新たに入社してマナーまで会社で教える様なロスはしたくないとの回答です。

  • 社会に出る覚悟であれば一般的な常識やマナーを身に付けてから面接や採用応募する事が理想だそうです。

 

面接ではある程度のラインで厳しくチェックされます。

面接の受け答えも大事ですが、最初に身に付ける(やるべきこと)はまずはこれらの一般的なマナーの習得です。

 

・仕事手続き目次へ行く

希望の会社から内定をもらうマナー手続きページ

 


1位希望の会社から内定をもらうマナー手続き
Topics Topics Topics
 

履歴書の提出心得。
人事は、面接の第一印象そして重要なのが履歴書。履歴書の書き方一つで、天と地の差がある。在職中に転職活動なんて無理と思われる方も少なくないでしょう。そこでお勧めなのが、登録しているだけで貴方をスカウトしてくれる求職サイト最大手リクルート社が運営する履歴書の書き方リクナビNEXTです。あなたの市場価値を無料で査定してもらえるなど、転職が楽になるのは間違いなし。転職をお考えなら、登録してみてはいかがでしょうか?

 
  HP リクナビNEXT 参考ページへ行く http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/希望の会社から内定をもらうマナー手続き  
希望の会社から内定をもらうマナー手続き

ココがPOINT
ココがPOINT

緊張するのは当たり前で、面接官も承知の上です。面接官は緊張した中でも、どの様にこの人は対処して行くのだろうか、危機回避能力まで見ています。声のトーンは少し高めで丁度よくなります。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT