TOP > 仕事 > 面接の質問手続き > 仕事の手続き目次へ

 
面接の怖い質問に答える
面接の怖い質問に答える
面接の怖い質問に答える手続き 面接の怖い質問に答える手続き
  「面接の質問」が怖くなくなる。傾向と対策を事前に知っておけば怖くなくなるのは当然の事ですね。また逆に採用担当者に興味を持って貰う質問を考えましょう。知らないでは済まされない一発勝負の面接ですのでココでシッカリ勉強をして身に付けましょう
面接の怖い質問に答える手続き 面接の怖い質問に答える手続き
.
面接の質問も怖くない 面接質問で採用担当者の興味を引こう
   
 

面接の質問も怖くない
面接の怖い質問に答える

面接の質問も怖くない。

 


面接の質問は簡単に言ってしまえば九九の段と一緒です。2X2が4(ににんが し)と言う様に。

  • 例えば面接官の質問の答えが分かっているがの如く答えられたら楽ですよね。

それと同じです。

面接官の知りたい聞きたい質問を事前に把握して怖くない面接に挑みましょう。

 

採用担当者の聞きたい面接の質問(定番)

  1. 自己紹介・・・・・経歴紹介など少しのアピール自己PRを簡潔に話す
  2. 長所短所・・・・・長所は強みや成功体験など実績をアピール・伝えた長所が台無しにならぬ様に長所の裏返しを短所とするなど。
  3. 大切な物やこだわりなど・・・今までの体験談の中からこだわって行っているものなどアピール
  4. ヤリガイを感じる時・・・・・・・基本的に面接会社の仕事に繋がるヤリガイ話を作る
  5. 最近の気になるニュース・・・時流に乗っている出来る限り最先端のニュースを伝える
  6. 周囲から見た貴方・・・・・・・・簡単に仲間といる時の貴方の立ち位置や立場を話す
  7. 仕事とは何か・・・・・・・・・・・・面接会社と繋がった内容で仕事とどの様に向き合って行くか話す

 

 

面接の質問、職歴や経験

(バイトも含めた今までの経験

  1. 職歴や経歴・・・・・・・立場や役割はどうだったか?どのような経験と成果を残したのか話す
  2. 実績や成功体験・・・仕事のアイディアや改善提案し業績が上がったことなど話す
  3. 失敗談やミス話し・・・失敗した事をどの様に改善し修復したかなど話す

 

 

○ブランクが有る事の面接質問(正社員経験少ない)

  1. ブランクが有る理由・・・・・・・・・・・・・他業種のスキルも身に付け今後に役立つ様にしたいと○○のバイトをしていた。もしくは○○資格を取得する為に集中的に専念していたなど前向きを話す
  2. ブランク期間は何をしていたか・・・・夢の為に身に付けたい○○があって集中していた。もしくは面接会社にとって前向きなプラスをイメージ出来る様な内容を話す
  3. アルバイトだったのは何故・・・・・・・とくに自分にとって何が良いかを模索し幅広くスキルを求めるのはバイトなどの小回りが利かないと実現できないので、またその中から御社と共通する○○を見つけ自己を高める上でも応募に至ったなど

 

 

○中途採用者への面接質問(転職)

  1. 転職の理由・・・・・・・・・・・・・・・・・前向き理由が功を奏す。前職ではこの様に改善提案したかったが拒否されやむをえず
  2. 前職場への入社の決め手は・・・自分がよりスキルアップ出来ると信じまた求めれれていた分野が高いスキルを求めていたなどを話す
  3. 転職先を選ぶ基準・・・・・・・・・・・自分なりの意見でまとめ思っている事を話せば良いが面接会社と関連付けて話す様にする事

○中途が多い人への面接質問(転職回数が多い)

  1. 転職数が多いには何故・・・・体質に合わないなど後ろ向きは発言はNG!自分に合う職場のスキルを求め日々自己を高めようと努力して来たと言う自信はあります。その経験から今までの職場での実績や成果などの前向きな結果を話しこの経験を面接会社で大いに活かしたいと話す
  2. つまらない仕事はどうする?・・貪欲に仕事をこなしていけば、つまらない仕事など有り得ないなど仕事に対する意欲を積極的にアピールする

 

 

○志望動機この面接質問は最重要視

  1. 多くの企業から我社を選んだ理由・・・事前に会社を調べる。競合と比較しての独自性や強みを答え尚この会社に入社してから、やりたいことなどを話す
  2. この職種を選んだ理由・・・・・・・・・・・・職種を通してやれることややりたい事、職への強い意欲などを話す
  3. 面接会社の商品やサービスは・・・・・代表的な物については最低限の形で話せる事。また無理に知ったかぶりをせず知らぬものは聞いて感想を伝える事
  4. 他に応募している企業は・・・・・・・・・素直に伝えるのは良いが、余りにも職種違いな会社も応募しています。などと答えると前の質問とずれるので要注意です
  5. この業界の今後は・・・・・・・・・・・・・・ヤリガイと生きがいの詰まった業界で行く末と将来に夢がありワクワクする様な業界の形が見えるしまたその様に私が変えて行きたいなどを話す

○志望動機の面接質問(キャリアチェンジの方)

  1. 前職と同じ職種で無い何故か?・・・・今までの実績と経験を話しそれを活かして更に自分にスキルアップを目指せるような職場に就きたいと考えたなどを話す

 

 

○この会社でやりたい事や出来そうな事への面接質問

  1. この仕事で重要な事・・・・・・・・・・・・・・・仕事内容から推測しどの様な場面で役割を果たすか、またこの様な能力や知識が必要と言う事を話す
  2. 今までの経験とスキルをどう生かす・・・過去の実体験やクラブ運動活動の経験から繋げられる話し方をする事
  3. この会社でやりたい事・・・・・・・・・・・・・・入社後の活躍イメージがシッカリ出来ているかの確認もありここはアピールポイントなので入社後はどの様にしたいし行っていくを明確に答える事
  4. 貴方の課題は・・・・・・・・・考え方の基本は短所の改善点を話す感じです。要点をまとめ短所で話した部分とずれない様に簡潔に話す
  5. この会社で身に付けたいスキル・・・・・・スキルはいくつでも身に付けて貰う事は大いに結構と会社は考えます。共に会社も成長するのだから、なので貪欲にアピールする事

 

 

○女性対象の面接質問

  1. ハードな仕事でもOK・・・・ハードとはどの意味か?どの程度のハードな仕事になるか?質問します。その上で判断する。例えば休日に出勤や残業が毎日など、、、出来る場合、出来ない場合のハッキリとした意見を話す
  2. 結婚後も勤務OK・・・・・・・・・・結婚後も働きたい意欲を示す事は大切です。ただ不便な事も有るかも知れませんが出来る限りの範囲で働きたいなど
  3. 子どもが出来ても勤務OK・・・今までの実績を子どもが出来ても生かして行きたいと考えますので迷惑を掛ける事も有るかも知れませんが頑張って行きたいと考えます
  4. 子どもがいる場合の入社後の勤務は・・・出来る限り支障が無い様に突然の熱が出た場合などは近くの母や姉にお願いする予定で極力支障が無い様にするなど(出来ない場合は正直に、どうしてもその場合は無理)と話す

 

 

○キャリアプランの面接質問(将来的な計画)

  1. 今後のキャリアプラン・・・・どの会社でも入社後、すぐに辞めてしまっては元も子もないですね。入社後の計画はどう考えているか興味を持つのは普通です。計画と言っても絶対で無ければいけない訳では無いので1年後から3年後の計画を話せると良い
  2. 夢は何ですか・・・・・・・・・・夢を持つから仕事に情熱が持てると言っても過言では無い。採用担当者も夢を聞くことにより貴方の未来をイメージできるのです。夢は仕事でもプライベートでも構いませんが、面接会社を土台に5年後独立する事など退職をイメージさせる事はNGです

 

 

○会社条件の面接質問

  1. 勤務地や転勤・・・・・・・・・・希望があるならばハッキリ伝えましょう。もしも曖昧な返事をした為に海外や大きく距離の離れた僻地と言う可能性もあります
  2. 休日や残業・・・・・・・・・・・・希望がある場合にはハッキリ伝えます。これを言ったからって採用にさほどの影響はありません。むしろ言わ無い事で貴方の働き方に影響を及ぼす場合があります
  3. 今の給与と希望の給与・・・貴方の発言能力や意見そして価値を見られます。希望を聞かれた時はシッカリと○○万円と伝えます。だからと言えその金額が貰える訳では決してありません
  4. 複数社の内定決定は・・・・当然ですが面接会社に決定する場合はシッカリ意欲を伝え、第二希望の場合は前向きな意欲を伝える手腕を身に付けて話す事
  5. 最初数か月仮採用でもOK・・・熱いやる気がある場合は仮採用の私を見てくださいとアピールすると良いでしょう。また腑に落ちない場合は私では不満ですか?と逆質問も効果的です。

 

 

○最後に質問は

  1. 質問をどうぞ・・・・・決してとくに無いとは答えない長い面接の後でも意欲があると思われる様に最後の質問は用意しておきましょう

 

 

・仕事手続き目次へ行く

面接の怖い質問に答える手続きページ

 



面接の怖い質問に答える挨拶のマナーと常識
面接の怖い質問に答える

質問で採用担当者の興味を引こう

 

仕事の中身や重要とする所などを聞くことで、やる気を見せることに繋がる

 

採用担当者に面接で質問して自分の今のやる気や視点の鋭さなどをアピール出来ればポイントもかなり高い評価に繋がります。

 

○採用担当者に熱意を伝える面接の質問

  1. 採用して頂いた場合、配属先の部署はどこになりますか
  2. 志望の部署について、詳しく仕事内容を教えて頂けますか
  3. 配属先部署の人数、社員構成を教えて頂けますか
  4. 配属先社員の一日の行動スケジュールを教えて頂けますか
  5. 配属先社員の人と面会させて頂けますか
  6. 同年代入社で、活躍している人の例を教えて頂けますか
  7. 私の積んできた経験で不足があれば教えて頂けますか
  8. もし採用されたら入社までに勉強をしておくことを教えて頂けますか
  9. 御社の○○商品に興味がありますが、携わる仕事に就かせて頂けますか

 

 

○自分をアピールする絶賛の面接質問

※自分の長所や良いと思う部分を質問し絶賛されるようにしましょう。

 

  1. 自分は粘り強く我慢強い性格ですが、その他にどのような資質が必要ですか
  2. ハードワークにも自信ありますが、仕事の負担はどれくらいですか
  3. 親しみ易く仲間意識が強いと思いますが、社員の雰囲気を教えてください
  4. ○○資格や○○を持っているのですが、御社の仕事で活用したいのですが
  5. 前職では○○の実績を獲得しましたが、御社では表彰などありますか
  6. 運動は得意で体力は申し分ないですが、勤務時間はどのくらいですか
  7. 現在まで○○のキャリアを積み上げましたが、このキャリアを更に伸ばす為には何が必要ですか

 

責任感や協調性などは最も好かれる用語の一つです。会社は今いる社員も大切ですので、その仲間と上手にやっていける責任のある人をイメージします。

 

 

○面接で聞き辛い事も聞ける発言力

 

  1. 残業は通常の場合で平均どのくらいあるのですか
  2. 仕事の繁忙期は何月ですか
  3. 勤務地は希望を出せるのですか
  4. 転勤はあるのですか、またサイクルはどのくらいですか
  5. 前職は○○日の休日でしたが通常で月に何日ありますか
  6. 前職のお盆休みや年末年始の休日は○○日でしたが通常で何日ありますか
  7. 私の経歴で平均の年収は(月収)いくらくらいですか

 

あまりにもストレートすぎると心象を悪くする事もありますので言い回しが必要ですね。ただシッカリと自分の意見で聞ける力があると良いイメージで見て貰えると好印象です。

 

 

○その他、面接で補足する質問

 

  1. 女性の社員は全部で何人くらいいるのですか
  2. 今後の事業展開など教えて頂けますかまたプロジェクトに参加可能ですか
  3. 所属部署でも新たなスキル資格を取得する事は可能ですか
  4. 海外支店の配属はありますか、また海外支店での営業方針など教えて頂けますか
  5. 社員の講習やモチベーションセミナーなどありますか
  6. 今まで携わった仕事で嬉しかった事など教えて頂けますか

 

面接の常識を知りたい方は、怖くない面接マナーと常識の手続き←を参考にしてください。

 

 

就活エントリーシート見本

面接の怖い質問に答える
面接の怖い質問に答える

解りやすく職務経歴書のテンプレート見本サンプルを用意しておりますので参考に解りやすく、まとめ書いてください。

 

・仕事手続き目次へ行く

 


1位面接の怖い質問に答える
Topics Topics Topics
 

面接心得。人事の印象は、面接の第一印象そして履歴書です。履歴書の書き方一つで、天と地の差があるのです。在職中の方が転職活動なんて時間が無いと思われるでしょう。でも登録しているだけで貴方をスカウトしてくれる求職があれば。そこでお勧めするのは、最大手リクルート社が運営する面接の怖い質問に答えるリクナビNEXTです。あなたの市場価値を無料で査定し、転職に優位に働きかける転職をお考えなら、登録してみてはいかがでしょうか?

 
  HP リクナビNEXT 参考ページへ行く http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/面接の怖い質問に答える  
トピックス

ココがPOINT
ココがPOINT

質問を的確に答え質問を投げたりすることの重要性を把握する事が面接の成功の早道です。自身のアピールは面接官に好印象を与えることは間違えありません。声のトーンは少し高めで丁度よくなります。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT