TOP > 仕事 > 履歴書の書き方手続き

 
書き方ダウンロード
ダウンロード
手続き 手続き
  就職や転職、アルバイトの応募をする時に必ず求められるのが「履歴書」。履歴書は貴方のこれまでの経歴やスキルを相手側に伝える為の大切な応募書類です。
決められた書式の中に、どれだけ貴方の熱意やPRが書き込めるかで採用不採用が左右されるもの。
実際に履歴書を提出する機会がきた時に困らないためにも、履歴書の書き方のポイントをしっかり勉強しておきましょう。
手続き 手続き
.
履歴書ってどうやって書くの? 履歴書と職務経歴書の違いって?
 

.
履歴書ってどうやって書くの?

ダウンロード 履歴書の書き方

就職活動やアルバイトなどの面接時に必ず言われるのが、
「履歴書をお持ちください」
という言葉。

 

履歴書というのは、その名の通り貴方のこれまでの「履歴」を明記した書類です。

採用する側は、その履歴を貴方の採用・不採用判断材料の一つとするわけです。

 

では履歴書には一体どんな事を書いたらいいのでしょうか?

 

ここで挙げてみると、

  1. 名前、住所、電話番号と緊急連絡先
  2. 三ヶ月以内に撮影した写真
  3. これまでの学歴
  4. これまでの職歴
  5. 持っている資格、免許
  6. 趣味、特技
  7. 自己PR
  8. 志望動機
  9. その他仕事に対する希望などになります。

また、履歴書を書く時の注意点として、鉛筆は控えるようにしましょう。

 

基本的にはボールペンもしくはサインペン、万年筆の黒で書くのが好ましいとされています。

 

また、最近はオンラインで自分の履歴を打ち込めば自動的に履歴書のフォームが作成されてプリントアウト出来るものもありますが、必ずしもそれは一般的ではありません。

採用する側は、採用試験の第一段階が「書類審査」の場合、その履歴書を見てあなたの合否を判定します。

パソコンで打ち出されているものではなく、直筆された履歴書を見ることで、あなたの熱意や意欲を感じ取ってくれる場合も多々あるのです。

 

「綺麗」な履歴書ももちろん必要ですが、貴方の気持ちを表現したいのならばやはり直筆が一番です。

履歴書で熱意を伝えたいなら、直筆のほうが好ましいでしょう。

 

また写真はスナップ写真ではなく、「証明写真」を用いるようにしましょう。
写真屋さんにお願いするのもよし、現在ではスピード写真のような証明写真発行用の機械も街中に点在していますので、利用する事も可能です。

 

そして一点ご注意を。
写真を履歴書に貼り付ける場合には、両面テープやノリなどで外側から貼り付けたという事が見えないもの
を使用するようにしましょう。

どんなにスーツを着て着飾った写真であっても、セロテープでペタン、なんて貼り付けてあったら興ざめです。

 

履歴書を書き進めていく上で万一字を間違ってしまった場合は、面倒かもしれませんがその履歴書は破棄して書き直すほうが良いでしょう。

修正液や修正テープを使えば訂正することは可能ですが、一般的にそのような履歴書に対しての印象はよくありません。

慌てて殴り書きのように書くよりも、落ち着いて下手でも丁寧に、間違いがないように書くことが好印象を与えるポイントにもなります。

 


資格欄については、持っている資格を全て書けば言いというわけではありません。

一般的に履歴書に書く資格としては英検だったら2級以上、他の資格もそれ相当のレベル以上になります。

書ける資格が少ない場合は、履歴書提出と供に面接がある場合は面接で、書類選考のみの場合は趣味特技欄などで紹介するようにしましょう。

 

 

そして、自己PR欄、志望動機欄・・・これは履歴書の中で非常に重要なポイントです。

 

自己PR欄に関しては、事前に自己分析などを行い自分の性格などを把握した上で書くことが好ましいでしょう。

ちなみに、自己PRの中で最も多くの人が書くと予想されるのが「協調性がある」という言葉。

実はこれはあまり良い例ではありません。志望動機欄は、受ける会社にあわせた内容で書くようにしましょう。

 

 

どの会社にも当てはまるような書き方をすると、「うちでなくてもいいのでは?」や「この人は何をやりたいのか全く伝わってこない」と思われがちです。

採用側は、「どうしてうちの会社をうけたいのか」「うちで何がやりたいのかを、書類から読み取ろうとしているわけです。

 

採用されたい、そこで働きたいという貴方の熱意が伝わるような書き方をするのが一番です。


最後に、その他の希望欄に関しては、例えば何月何日から勤務が可能だとかどこどこ支社への勤務を希望するだとか、何か伝えたい事がある場合に利用するようにしましょう。

履歴書サンプル

ダウンロード基本的に履歴書は空欄を作らないようにしましょう。

もしも資格や免許が何もない場合は、「なし」と書くよりも、興味を持って勉強しているものがある場合などには「××資格取得のため勉強中」というように書くことも一つのポイントです。 履歴書の書き方とサンプル見本がありますので上記を参考にすると良いでしょう。

手続きページ

 



履歴書と職務経歴書の違いって?

ダウンロード

正式な就職活動などでは、この履歴書の他に「職務経歴書と言うものを提出するように言われることがあります。

 

では、履歴書と職務経歴書とは何が違うのでしょうか?

職務経歴書は、履歴書に書かれた職歴を更に詳しく書いた物になります


ただ、職歴を詳しく書いた物とは、今までの仕事内容をだらだらと書けば言いというものではありません。

別途の紙を利用して制作するわけですから、きちんとわかりやすく、そして自分がこれまでやって来た仕事の内容、スキルを的確に相手に伝えるように書かなくてはいけません。

 

 

採用側は、履歴書同様にこの職務経歴書であなたの具体的なレベルや、即戦力として使えるかなどを見ます。

 

自分が今まで経験してきたこと、実績をきちんと伝えられなければ、本当は求められているスキルをもっているにも関わらず採用されなかった・・・という悲しいことも起こりかねません。

そうならないためにも、職務経歴書もきちんと作成するようにしましょう。

 

職務経歴書に記載する内容は以下の通りです。
  1. 今まで勤務してきた会社の名称
  2. 勤務年数
  3. 仕事内容、そこで行ってきた自分の役割など

 

勤務してきた会社名や年数、入社月・退職月は明確に書くようにしましょう。 そして重要なのは仕事内容とそれまで行ってきた自分の職務内容!

 

「××部に所属して部内の事務を全般的に行いました。

営業部に異動してからはアシスタントや営業事務も経験しました」のようにだらだらと長く書くのではなく、「××部にて総務事務業務。備品発注や勤怠管理を担当。

 

営業部にて営業アシスタント兼事務業務。見積書の作成、受発注業務など・・・」のように、実際に行ってきた業務内容を項目ごとに箇条書きにすると、相手にも比較的伝わりやすいと思われます。

 

また、応募した側が求めるスキルを経験した部署などは特に細かく、実際に自分がどのように仕事を行ってきたのか書くことが相手に自分のスキルを伝えるコツになります。

 

そして、語学のスキルやOAなど特化したスキルを持っている場合は、作品事例や資格証明などもつけると良いでしょう。

 

仕事でwebサイトなどを制作したことがある場合は、それらのURLなども記載すれば実際に貴方がどのくらいのレベルをもつのか採用側は分かりやすいでしょう。

職務経歴書の書き方と見本
ダウンロード

職務経歴書は、履歴書と違い手書きではなくワードなどを使ってダウンロード、プリントアウトをしてもOKです。

 

職務経歴書だけ単品で提出する事はありませんし、それにOAが使えるというアピールにもなりますよね。

例にあげたフォーマルな物でも構いませんし、あまりデザインチックにならなければあくまでビジネス文書、そして常識の範囲で個性的に作成しても可能かと思われます。

 

貴方のこれまでの職歴

そして経験してきたスキルをきちんと伝えられるにふさわしい経歴書を作るようにしましょう!

詳しい職務経歴書の書き方については手続きネットの職務経歴書の書き方ダウンロードを参考にして下さい。

手続きページ

 


1位クチコミ人気
Topics Topics Topics
 

履歴書の提出心得。
人事としては、面接最初の第一印象そして重要なのが履歴書です。履歴書の書き方一つで、天と地の差があるのです。就活、転職活動の時は頭に入れておきましょう。
しかし、在職中や激務の中に転職活動なんて時間が無いに決まっている!
では登録するだけで貴方をスカウトし求職提案までして貰ったらどうでしょう?
そこで手続きネットのお勧めは、業界最大手リクルート社運営のリクルートエージェントです。
あなたの市場価値を査定し、転職や就職優位に働きかける。
転職就職希望は、必ず登録しておきましょう。

 
  HP リクルート 参考ページへ行く http://www.r-agent.com/  
トピックス

ココがPOINT
ココがPOINT

あなたがその会社に就職をしたいと熱意を伝える為にも、分かりやすく且つ詳細に自分の経歴やPRを表現できるようにしましょう。
いくら不採用になって履歴書を返却されたからといって、その履歴書を別の会社に使いまわすなんてもってのほかですよ!
それぞれの会社にあったものをその都度制作するように心がけましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT

・仕事のカテゴリー

仕事のカテゴリー
・就職・履歴書の関係 仕事のカテゴリー
┣履歴書の書き方 履歴書サンプル 職務経歴書 職務経歴書サンプル 職務経歴書見本 転職の心得 人材派遣登 就活の手続 仕事のカテゴリー ・失業・退職の関係 仕事のカテゴリー ・ネットの仕事関係 仕事のカテゴリー ・就職支援の関係 仕事のカテゴリー ・会社設立の関係 仕事のカテゴリー ・会社の手続き関係 仕事のカテゴリー ・その他の仕事の関係