TOP > 仕事 > 在宅勤務の手続き > 仕事の目次へ

 
自宅や在宅で働く手続き
自宅や在宅で働く手続き
自宅や在宅で働く手続き 自宅や在宅で働く手続き
  在宅勤務で働きたいけど。自分がどの様な会社で、どの様に在宅勤務するのか?不安が正直に言うとあります。そう思うのも当然です。ここで在宅勤務の心構えや良い所、悪い所を解説しますのでシッカリ理解してください。
自宅や在宅で働く手続き 自宅や在宅で働く手続き
.
自宅や在宅勤務で働く手続きとは 自宅や在宅勤務で働く良い所、悪い所
自宅や在宅で働く手続きの職種  
 

在宅勤務とは

自宅や在宅で働く手続き

在宅勤務とは

 

在宅勤務とはどう言うもの

一言で、在宅勤務です。と言ってもどの様な事を行うのか?

また、どう言う事ができるのか?

知らなければ、何も前に進めませんね。

では、在宅勤務って

勤務先のオフィス制度などに捉われない柔軟な働き方が出来る様にすること。

  • つまり、家に居ながら、勤務先の仕事を規定通りに遂行し支障が無い様に労働に従事すること。

それなら、私も在宅勤務したいと思う方が増えるのは当然で、希望する方も年々増加しているのも当然と言えば当然の話ですね。

  • 働き手の要望に応え、勤務体制を整えて貰えるのは有難い事です。
  • 子どもも小さいので、なるべく家に一緒にいてあげたいなど。

つまり、働き手は家の用事も行いながら、通常の仕事も出来る?はずですが、、、

 

在宅勤務の現実

現在、週1日以上で、自宅で勤務する人は、どのくらいいるのか?

  1. 在宅勤務者の数は、実は300万人弱
  2. つまり、通常の勤務者の4%程度しかいないのです。

日本では在宅勤務が受け入れられないのか?

  • その伸び率は極めて低いのが現実なのです。

しかし、伸び率は低いと言ってもメリットも確かにあるのです。

では、どう言うメリットややデメリットがあるのか。

 

・仕事手続き目次へ行く

自宅や在宅で働く手続きページ

 



自宅で働く手続きの良い所、悪い所
自宅や在宅で働く手続き

在宅勤務の良い所、悪い所

 

 

在宅勤務のメリット

  • 通勤日や通勤時間の有効活用が出来る
  • 家族と過ごせる、子どもとの時間が増える
  • 自分自身の個人的に動ける時間も増える
  • 職場での葛藤などストレス削減
  • 周囲に影響を受けない集中力の向上
  • 育児をしながら勤務できる
  • 障害を持ったが勤務できる
  • 高年齢となったが勤務できる

上記の様に

  1. メリットには大きな利点があるのです。
  2. しかし、この様な問題に直面しながら職場で通常の勤務している人も多くいるのが現実です。

つまり

  • 在宅勤務は悩みが解消された働き方が出来ると言うのが最大の利点です。
  1. 自分の有効な時間に仕事が出来る
  2. 集中して仕事が出来るのは効率も上がり仕事への意欲も上がります。

最大の利点

また、在宅勤務になると

  • 家族との時間が圧倒的に長くなります。
  • 家族とコミュニケーションが増えること。
  • 通勤時間が削減され通勤時間の間に在宅で仕事が出来てしまう。

また電車やバスなど満員の嫌な思いを感じていたストレスから解放されることなどは大きなメリットですね。

この様に、在宅勤務になる事で良い所は非常に多くなる事も事実ですね。

 

しかし、その様に良い事ばかりではない事も事実です。

 

在宅勤務のデメリット

  • 在宅勤務による仕事場との隔離化が増す
  • 勤務先の社員とのコミュニケーションの不足
  • 自発的なコミュニケーションを求められる
  • 自己管理は全て自分で行う
  • 高い精神力が必要になる
  • 村八分的な孤独
  • 在宅と言う罪悪感
  • 更に高いスキルが必要
  • 求めれる仕事率が多くなる又は高くなる
  • 職場勤務よりも頑張らなくてはいけない

在宅勤務のメリットも大きくありますが、デメリットも非常に多くあると言う事を知っておく事。

例えば

  1. 勤務先の上司からの電話は即対応
  2. 在宅なので仕事は人一倍頑張らないといけないし
  3. 高い能力で仕事を整理するなど
  4. 精神面の苦労やストレスは非常に大きなものとなるのです。

 

また、IT関係の仕事などPCを使って仕事をする企業は、PC関係さえあれば、仕事が出来ると言うメリットがある反面、PC環境を職場と同じ様に自宅に導入するのはコスト面や環境にも大きく影響を与えます。

つまり、それなりのランニングコストも必要になって来ると言う事ですね。

また

自宅が職場であり家庭である

  • 仕事の切り替えがシッカリ出来るか?
  • 気持ちに切り替えが出来るか?
  • などと言う事が在宅勤務成功の秘訣となるのです。

また、家庭であるならではの悩み

自宅兼仕事である以上、家庭の環境に合わせて仕事が入って来るのでは無いのです。

つまり

  • 食事
  • 休憩
  • トイレなど
  • 時間に構わず仕事の依頼が入ります。

例えば

家族で食事の支度途中

  1. 上司からの電話などあれば、支度を中断され食事の時間が遅くなったりします。
  2. また急な仕事であれば食事の支度どころでは無くなり家庭に影響を与えます。
    • その様な急な仕事依頼は
    • 勤務する現場とは全く違います
    • いつでも所構わず仕事が入って来ます。

当然、依頼をする上司や仕事相手は、コチラの状況を見ている訳でも確認している訳でもありません。

つまり

  • 仕事は仕事と割り切った在宅勤務の環境にいなければいけないと言う事です。

とは言え、家族で外出先でも仕事の電話が鳴る、プライベートなどの家族はおろそかになり家族にもつまらない思いをさせる事もしばしばである。

 

また、家庭との両立ですから、当然電話に出られない場合もあります。

  • 上司からの急ぎの電話などで出られない場合は、後で強い叱責を受ける事も多くなり。
  • 精神的なプレッシャーとストレスは、日を追うごとに大きくなる事もあるのです。

納期や期限を確実に守ることも求められます。

  • その為、自己管理能力が必要になりますね。
  • また納期限内に出来なかったりすることで収入削減となる。
  • 能力給となり不安定になる事も多くあります。

また、仕事量の多さから、勤務先の同僚に仕事をお願いしようと思っても、あなたは在宅勤務でしょ。

  • 私達は職場で目一杯、働いているから無理だよと言われてしまう。

その様な環境に適応し、少なからずの圧力に耐えて行くようにしなければ、在宅勤務は難しとなってしまうのです。

簡単に話せば、デメリットの方が多くあると言っても間違っていません。

 

・仕事手続き目次へ行く

 

 

自宅や在宅で働く手続きの職種
自宅や在宅で働く手続き

在宅勤務の職種

 

在宅で勤務できる仕事とは何?

家にいながら仕事ができるものと言えば、圧倒的にPC関連の仕事ですね。

例えば

  • イラストレーター
  • デザイナー
  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ライター
  • オペレーター
  • データー管理
  • 開発など

上記でも記載の様に、在宅勤務をしたくても、働く職種や稼げる職種がなければ在宅勤務は出来ません。

在宅勤務を希望にするなら

  1. どのような職種で働くのか?
  2. 現在募集がある職種は何か?
  3. 求められている自分のスキルは何なのか?
  4. 自分の条件と働きたい職種は合っているのか?
    • などをよく考え、自分に合った仕事つまり職種を探すことが大事になります。


一度、在宅勤務になったら

在宅勤務は基本的にフリーの仕事、つまり自由な時間が多くあるので、あこがれる魅力的な仕事に感じます。

しかし

  • 通常の勤務者に比べ遥かに求められる物も多くなり、評価も厳しくなります。

また、個人差で実力に差が出てしまうのです。

 

在宅勤務を志し絶対に成功させようと思うなら

  • 職種のスキルアップ
  • 専門的な知識の豊富さと向上
  • 以上を持って実力を身に付ける必要があります。

在宅勤務制度を導入している企業は

  • それなりに高いスキルを要求する企業が多いと言う事にもなります。

自分に合った会社を見つけるのが大きなポイントです。

 

働くメリハリが重要

最も難しく、最も大事になる事は、仕事のメリハリです。

  • つまり、仕事時間を決めると言う事なのです。

自宅と言う事で、ついつい仕事時間を延ばしてしまう、何処までも残業と言う事になってしまうのです。

つまり

  • 仕事の終わり
  • 終了時間を決める事
  • 緊急性や急を要する事は別として、後は一切仕事に携わらないようにする。

これは、勤務先の職場とよく話し合う事が必要になります。

  • 自分勝手に行い辞めてくださいなど言われては元も子もないとなります。

また

  1. ある特定の自宅の場所を仕事場として決める事も大事です。
  2. 更に外出先では一切仕事とは縁を切ると言う姿勢が大事になります。

毎日の仕事の終了時間

  1. 通常の職場と同じ様に片づけを行い終了を迎える。
  2. また、途中で仕事を抜けたら、その分残業時間を与えるなどキッチリ働く事。

つまり

  • 仕事、プライベートのメリハリを付けて生活そして仕事する事が必要になるのです。

これが在宅勤務で成功するための秘訣なのです。

 

日本は厳しい在宅勤務

日本での在宅勤務を導入する企業は増えていると言う一方で、導入を避ける企業が圧倒的に多いのが現実です。

つまり

  1. 日本は在宅勤務が進む欧米などとは異なる仕事環境があると言う事です。
  2. 日本はチームワークを重んじる気質があると言う事です。

つまり

  • 仕事をするなら仲間、みんで仕事をする。
  • 共に仕事の問題や仕事終わりの時間で話し合う事を喜び共有するのが日本のルールです。

つまり在宅勤務は仲間では無い、何処か内職的な考えを持ってしまうのも日本の特徴です。

 

在宅勤務の導入率

企業が在宅勤務を導入する姿勢は極めて低いのです。

  1. 導入する企業は、全企業全体で約10%です。
  2. つまり、今後も導入するつもりは無いと答えた企業が90%もいると言うのが現実の世界です。

つまり

  • 在宅勤務するなら、この10%の少ない企業の中から仕事を探すと言う狭い世界となっています。

 

在宅勤務の働き方

在宅勤務の働き方は、企業に勤める方法だけが在宅勤務では無いのです。

  1. 経験やスキルを生かしてフリーランスと言う形で働くのも一つの方法です。
  2. 会社から雇われて自宅で勤務するのでは無く、自信が営業も兼ねて仕事を見つけ在宅で働くと言う形です。

これは、更にコミュニケーション能力や営業力を必要とするのも確かです。

 

・仕事手続き目次へ行く

自宅や在宅で働く手続きページ

 


1位クチコミ人気
Topics Topics Topics
 

就活の心得。面接の第一印象そして履歴書。履歴書の書き方一つで、天と地の差があるのです。もしも転職と考えても在職中に転職活動なんて時間が無い。そこでお勧めする、登録しているだけで貴方をスカウトしてくれる求職サイトです。最大手リクルート社が運営する自宅で働く手続きリクナビNEXTです。あなたの市場価値を無料で査定してもらえるなど、転職に優位に役立つことは間違いなし。転職をお考えなら、登録してみてはいかがでしょうか?

 
  HP リクナビNEXT 参考ページへ行く http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/自宅で働く手続き  
トピックス

ココがPOINT
ココがPOINT

焦りは禁物。早く仕事を探さなくてはなど、焦り過ぎて見つけた会社がブラック企業だったなど失敗はダメです。のんびり過ぎるのも良くはありませんが、シッカリと見極め自分が出来る仕事を探す事です。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT